Entries

つげ義春トリビュート展

会期も迫ってきました。
ビリケンギャラリーで開催のトリビュート展
「拝啓つげ義春様」

ベアコンベンション終了とともに
こっそり製作していました。
1ヶ月前には、ほぼ完成していたのですが
それ以降もう一つの企画展作品や
ご予約いただいているチャメゴンの製作等
バタバタしていて
余裕のあるはずが
よりバタバタしてしまっていました。

17080918つげ義春

漫画家つげ義春氏公認のつげ義春トリビュート展
「拝啓つげ義春様」
《前期》9月30日(土)~10月15日(日)
《後期》10月21日(土)~11月5日(日)
会場:ビリケンギャラリー


自分は前期です。
たくさんの超人気作家さんに混じって
こっそり参加させていただきます。
メンバーを拝見すると緊張が溢れてきますね。

つげ義春先生も超有名作家さんでありますし
無知な自分も作品には触れていたつもりでした。

ドラマや映画化もされたり
パロディ作品にも引用されていましたね。
でも自分ではそれくらいだったのですよ。

今回企画展のお話をいただいた時
ギャラリーの方より作品集をお借りして
一気に読む機会をいただきました。

以前までうろ覚えではありましたが
おっさんになってからキチンと拝見すると
面白い!
芸術的な作品もありますが
普段の淡々としたお話が大好きになりました。
当時の空気(自分の子供の頃?)が
感じられる人々のいい加減さがまた良いですね。

自分はぬいぐるみで作るので
可愛い動物キャラがいれば良いなと思ったのですが
なかなか見つからず
李さん一家にしたかったのですが
人数多いなということで
名作「紅い花」のマサジにすることにしました。
まあ、リクエストもあったのですがね。

人型ということで型紙作りは苦心しました。
今回は体毛がないものなので
誤魔化しが聞きません。
素材も毛あしが短い
ミニチュアファーを初めて使いました。
本来のベアならば手足裏や極小ベアに使う素材でしょうか。
ちょっとワクワクします。

肌色を注文したのですが
ワンパクなマサジは季節も夏なんだろうし
日に焼けているよなと
追加で後染めしました。

ちょうど夏休みだったので
行楽家族の子供をジロジロ観察したりして
怪しまれないようにしていましたよ。

170819ドール

年は小学4年生くらいでしょうか。
失敗も続いて染めた生地がギリギリで
なんとか形にすることができました。

腕、指、脚に針金をいれてあるので
微妙なポーズをつけることができます。

髪の毛は丸坊主でしょうから
モヘアのタワシみたいな生地で製作しています。
なかなか色合いが難しくて
これも何回も染め直しています。
高校野球球児なんかも参考にしたりして。

目はいつもの透明樹脂の削り出しなのですが
面積が小さすぎてあまり効果は出ませんでした。

顔はふてぶてしく作りたかったのですが
どちらかというと
子供時代の弟の友達がイメージだったりします。
わからないだろうナ〜。

帽子は特徴の一つです。
旧日本軍の制帽なのですが
これは父親のものでしょうか。
それとも年の離れた兄のものかな。
遺品なのか、それとも大事にされているものを
勝手に持ち出しているのか。
映画ではボロボロだったので
前者なのかもしれませんね。
いろいろ深読みすると面白いです。

ネットで形を調べて作ってみました。
多少デフォルメしていますが
作っていて楽しかったですね。
素材は使い慣れたウールフェルトと合成皮革です。

170819帽子

服装のズボンは学生っぽく青色にしましたが
ベージュっぽくてもよかったかも。
アクセントにはなっているようです。

ランニングは実家に帰省した際に
自分用にとってある
誰も着なくなった父親のシャツの
新品をもらってきました。
昔のグンゼや福助のコットン生地だと
実物ぽいなと思ったのですが
作る時に確認したら、なんとユニクロ製でしたよ。
ちょっとがっかり。

手に持っている「いい感じの棒」ですが
細さと長さでなかなか良い竹が見つからずに
苦労しました。
ハンズやホームセンターを巡ったのですが
結局花屋さんで購入しました。
こういうのも買わないといけない大都会かな。

真鍮を曲げて作った革のベルトや
サンダルを作りました。
自立もしますが
展示の時に転倒しないよう
丸太のスタンドを作って完成!

170927マサジ1

「シンデンのマサジ」です。

シンデンって地名の「新田」でしょうかね。
ここからも川の近くの平らな広い土地で
農家をやっていそうです。

170927マサジ2

わんぱくでぶっきらぼう、
シャイで優しいマサジは再現できたのでしょうかね。

出来上がってみると
ぬいぐるみやドールというより
人形アニメーション用の人形みたいな
イメージですかね。

いつも褒められた自慢の帽子を
目深にかぶっているので
表情は見えませんが
ぜひ会場でご覧いただけたらと思います。

いつもと違う作品がまたできて
作っていて苦労もありましたが
喜びも大きかったです。

今度の週末より始まるトリビュート展。
人気作家さんの力の入った作品を拝見できるのも
楽しみです。

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://masataromodels.blog116.fc2.com/tb.php/2304-98159fd2
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

広告

Extra

プロフィール

雅太郎1号

Author:雅太郎1号
作るの好きなくせに
絶対完成しない人。
やればできる子。

最近はテディベア製作で
フェスに参加しています。
機会がありましたら
お声掛けください。

メリー号制作記は
カテゴリの「ワンピース2」から

ストーム・マシーンの
ロビー製作は「SMG」。

ニャンコ先生とか
その他もジャンルいろいろ。
まとまりがありません。

最近検索の多い
「ハレパネ貼り方」は
カテゴリの「工作」から
参考になれば幸いです。
 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリ

柊 (15)
SMG (53)

FC2カウンター