Entries

トータス号買いました。

ウルトラ物(厳密には違うのでしょうが)の中では
大好きな劇中車のひとつでした。

自分でフルスクラッチするため
封入の資料欲しさに
レーザーディスクを購入したりしていましたが
完成せず。

出来の良いガレージキットを購入して作っていましたが
完成せず。
そのうちゴム部品が劣化してとろけてしまうという
悲劇も体験しました。

小スケールのミニカーや食玩もありましたが
出来が今イチだったり。

そんなトラウマもあったのでしょうか、
ようやく1/24の完成品ダイキャストミニカーが
発売されました。

キチンと発売日なんかもチェックしましたよ。

151127トータス1

センムの部屋 Room No.3
怪奇大作戦 トータス号
 海洋堂製

このシリーズは海洋堂のセンムが
好きな物をフィギュア化してゆくシリーズらしい。
なので今まで商品化されにくい題材が選ばれた結果
なのでしょうかね。

なにはともあれ
ブレードランナーのスピナーとともに
キチンとした商品の発売は嬉しいです。

151127トータス2

箱のメインは「果てしなき暴走(22話)」で
給油中にトータスが盗まれたあのスタンドでしょうか。
現在の風景画像に製品を合成しています。

なかなかかっこ良いパッケージデザイン。
ですが、せっかく実写の写真を使っていうのに
もう少し大きく使ってもよかったのにと
思いました。(そうすると格好悪くなるのか?)

中は海洋堂製品にありがちな
拘りの文章がギュッと詰まっています。
裏面も同様みっちり。

読んでみると、あまりセンムは
トータスには拘りが無いようす。
やはり模型が好きでミニカーの感覚が弱いのでしょうか。

そういう意味でリボルティックの
メカシリーズとか拝見していると
素材の制限とかもあるのでしょうが
仕上げが良くも悪くも食玩的なのです。

ハイクォリテーな完成品をお手軽にということで
食玩ブームというものがありました。
出来るだけの拘りとギリギリの妥協点。
模型を作る自分としては
ピークのころの完成品に
スゴく勉強させていただきました。
やめ時の発見というのでしょうか。

まあ、その食玩ぽいところが
「海洋堂」らしさなのでしょうか。

なのでミニカー専門メーカーが作る
同じ価格帯の製品と比べると
ポイントが違うというのか
ミニカーとして見たワクワク感が
ないのです。(個人的な意見です。)

151127トータス4

とはいえ全体的には好印象です。
ギリギリ自分のトータスイメージと同じでしょうか。

もう気持ち、幅があってもよかったのかも。
リアは少し間延び感があります。
こういうスケール物って個人の見え方があるので
難しいところですよね。

151127トータス5

ただ許せないのがライト周り。
まずヘッドライトが奥すぎるよう。
内部のミラーも再現されていなくて残念。
もっと残念なのは個体差もあるのでしょうが
レンズが45度傾いていて溝が×になっているところ。
ここは分解してでも修正したいですね。

よく簡単なお絵描きのときに
クルマのライトレンズには
溝があるのはわかっているのですが
思い込みで×格子に描いてしまう人が
製造しているのでしょうか?
片方でなくて両方ですら。ムム

あとはコストもあるのでしょうが
ワイパーの処理とか
バンパー等のメッキしていないとか
ブレーキランプの微妙な色合いとか
内装のツヤ具合いとか
ナンバープレートの適当さとか
キリがないのですがどおしましょうかね。

やはりミニカーというよりフィギュアという
感じの製品です。

思い入れもあるので
ガレージキットのバーツとか
移植しようかとも考え中だったりしますが
また改造なんか始めると完成しなかったり
自分が信用できません。

151127トータス3

付属の牧さんのフィギュア。
コーギー製に比べたらすごいクォリティですね。
これも塗りでよくなるのでしょうか。しないけど。
微妙な体形のゆがみ具合いが
性格を現しているのでしょうか。

151127トータス6

箱にしまいっぱなしじゃもったいないので
出掛けたついでに展示ケースを買ってきました。

既製品のアクリルケースは高価です。
ただ自分で作るには
カットしたり接着したり断面を磨いたりという
労力を考えると妥当なのかもしれません。
プラ整形の安価なものもあるけれど
透明度が違いますからね。

今回は前にタイヤが劣化したのを防ぐために
情景シートを貼り込みことにしました。
紙なのですが石畳風に立体印刷されています。
これが効果的なのかは疑問です。

151127トータス7

両面テープで貼るだけ。簡単です。
これでホコリを気にせず飾ることができました。

フィギュアと並べるとトータスデカいですか?

いろいろ思い入れも高くて
長々と文句ばかりになってしまいましたが
現状では最高のトータスミニカーだと思います。
製品化に感謝です。

これで人生の思い残しを
また一つ減らすことができましたよ。




スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://masataromodels.blog116.fc2.com/tb.php/2166-2fb983b7
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

広告

Extra

プロフィール

雅太郎1号

Author:雅太郎1号
作るの好きなくせに
絶対完成しない人。
やればできる子。

最近はテディベア製作で
フェスに参加しています。
機会がありましたら
お声掛けください。

メリー号制作記は
カテゴリの「ワンピース2」から

ストーム・マシーンの
ロビー製作は「SMG」。

ニャンコ先生とか
その他もジャンルいろいろ。
まとまりがありません。

最近検索の多い
「ハレパネ貼り方」は
カテゴリの「工作」から
参考になれば幸いです。
 

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリ

柊 (15)
SMG (53)

FC2カウンター