Entries

陸奥A子展に行ってきました。

最近は部屋で作業することが
多くなってきているので
クルマに乗ることが少なくなりました。
バイクはちょろっと乗っていますが。

駐車するところがないと大変だし
なかなかエンジンをかけることがないのです。
前はいつだったか…。

適度に動かしていないとバッテリーが心配です。
さて乗ろうと思ったときには
エンジンがかからずなんてこともあります。

なんとなく心配になったのですが
ただエンジンを始動させたいだけなんですが
行く場所がない。

いろいろ考えて「根津」方面に行くことにしました。
クルマでは初めてです。

根津といえば「弥生美術館」。
現在は「陸奥A子×少女ふろく展」が開催されています。

おとめチックな展示会に
音だけうるさい雑なクルマが向かいます。

ちょっと道を間違えたりしましたが無事到着。
会場に入ると一気にあの頃に戻った気分になりました。

前にも書きましたが
自分は中学生から浪人生くらいまで
りぼん読者でした。

その中でも陸奥A子先生はお気に入りでした。
少女マンガって目に星が写っているような
大きい目がイメージでしたが
細いペンラインで何度もなぞったような
シンプルな絵柄を見て衝撃を憶えました。

他は田淵由美子先生や小椋冬美先生。
なんとなく好みがお判りでしょうか。
当時としては流行の絵柄だったのかもしれません。

会場には原画や当時の掲載誌、ふろくが展示されています。
原画は全ページ展示されていないので
内容を読むことはできませんが
タイトルを見ると
遠いシナプスの奥から引っぱり出されるような感覚が
なんとも心地よいのでありましたよ。

ふろく展示が「これ持っていた!」というような
ものがあったりして
懐かしい気持ちです。
少年誌とくらべてしっかりとした
実用的なものは多くてよかったのですが
学校では恥ずかしくて使えませんでしたね。

改めて作品を拝見すると初期のものは
画が硬かったりして時代性を感じました。

おとめチックといっても
作者の成長とともに絵柄やストーリーも
変わって行きます。

一時期、自分が離れていたこともあって
気にしていなかったのですが
現在も作品を発表されているのは
驚きました。

前に新刊として発売されていた
「花かご便」は読んだので
今度は最新巻?を購入してきました。

151105A子

これから読むのが楽しみです。

また、クスッとしたりホロッとしたり
するのでしょうかね。



 
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://masataromodels.blog116.fc2.com/tb.php/2157-c92e20c7
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

広告

Extra

プロフィール

雅太郎1号

Author:雅太郎1号
作るの好きなくせに
絶対完成しない人。
やればできる子。

最近はテディベア製作で
フェスに参加しています。
機会がありましたら
お声掛けください。

メリー号制作記は
カテゴリの「ワンピース2」から

ストーム・マシーンの
ロビー製作は「SMG」。

ニャンコ先生とか
その他もジャンルいろいろ。
まとまりがありません。

最近検索の多い
「ハレパネ貼り方」は
カテゴリの「工作」から
参考になれば幸いです。
 

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリ

柊 (15)
SMG (53)

FC2カウンター