Entries

ブースカ製作記05

目玉作りのつづきです。

なんか面倒な作業なので
いろいろ語ってしまうのでしょうかね。
すみません。
後半ですよ。

151022ブースカ1

前回貼り合わせをした樹脂板を
1個づつに切り離して削っていきます。
まずは、角を落としてプリントに合わせて丸くします。

次に半球面ぽくするため丸く表面を削って
レンズみたくします。

スティック型の荒めのヤスリで荒削り。
形を作って行きます。

カッターとかで切ってもよいのですが
あまり力がかかると
接着した部分が剥がれてこないか心配で
削る方式にしています。

ですがこれが小さく薄いので
ヤスリで指まで削るのではないかと思うほど
(実際に爪とかは削っているかも)
粉々で大変になります。

151022ブースカ2

大体のカタチが出来たら
次は磨き作業に入ります。

350番くらいから1500番くらいと
徐々にヤスリを細かくしてゆき
最後は研磨剤で磨きます。

透明な樹脂ってあまり削って磨いても
曇るだけでキレイに仕上がらないと
今まで思っていましたが
やってみると意外に自由な形にできるものだなと
最近では思います。

手作業なので正確な半球ではなくて
歪んではいるのでしょうが
そこが複雑な乱反射をするのでしょうか
不思議な光り方をします。

出来たら黒目の部分をマスキングします。
この時点で裏に糸を結ぶための取り付けピンを
接着します。本体と同じプラの棒の先端を
熱して潰して接着面を多くします。
ぬいぐるみに取り付けたときにも
広がったところで止まるので
目本体にテンションがかからないので
取れにくいかな〜とも思っています。

接着剤は昔ながらのプラモデル用でしょうか。
たっぷり付けて双方を半分溶かしながらの
溶接です。これは4日以上乾燥が必要です。

151022ブースカ3

表に白目の色を吹き付け。
最近では白でも隠蔽性の強い塗料が発売されて
助かっています。

乾燥後マスキングを剥がして
最後に仕上げの光沢クリアでコートします。

ヤスリで多少のキズが残っていても
この塗装でほとんど消えてしまいます。

パーツ全体がツヤツヤでキレイにできあがりました。
黒目も奥行きが出て、方向によっては
キラリと怪しく深く輝きます。

まあ、こんな感じで作って行くのですよ。
ブー冠とかと違って
二つあるパーツなので
作る数の倍、作らねばなりません。
しかも手間のかかる方法で!

この分じゃ、指も削って無くなるかもしれませんね。

151022ブースカ4

取り付けるとこんな感じです。

現在はプロトタイプが表参道の「ビリケン商会」店頭に
展示してありますので
ぜひ見つめ合ってくださいね。

さて、ひたすら作るといたしますよ。
 
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://masataromodels.blog116.fc2.com/tb.php/2152-1807707d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

広告

Extra

プロフィール

雅太郎1号

Author:雅太郎1号
作るの好きなくせに
絶対完成しない人。
やればできる子。

最近はテディベア製作で
フェスに参加しています。
機会がありましたら
お声掛けください。

メリー号制作記は
カテゴリの「ワンピース2」から

ストーム・マシーンの
ロビー製作は「SMG」。

ニャンコ先生とか
その他もジャンルいろいろ。
まとまりがありません。

最近検索の多い
「ハレパネ貼り方」は
カテゴリの「工作」から
参考になれば幸いです。
 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリ

柊 (15)
SMG (53)

FC2カウンター