Entries

今読んでいる本:クラインの壷/岡嶋二人

引っ越しをしてから適当な整理だからか
ふと見慣れない本が手元にありました。

150127本

クラインの壷 岡嶋二人 著

たしか会社員時代に社長さんから
面白いよと何冊かいただいた中の1冊だったか。
結局ずっと読まずにいたものです。
イヤ前に読んだかな?

今読んでいる本もないので
電車移動の暇つぶしとして読むことにしました。
途中で読んだことに気づきましたが
すっかり忘れていて、また楽しめましたよ。

新作体感ゲームのモニターとなった主人公が
巻き込まれるサスペンスミステリー。

バーチャルなものの危険性を扱っています。

びっくりなのは1989年に刊行されたということ。
当時はテレビゲームが円熟を迎えていた頃。
リアル仮想現実が可能になりそうな頃。

まあテレビを観ていたらバカになる。
ゲームばかりじゃアホになると危惧もありました。

もちろん物語世界では携帯電話もないけれど
逆に今のネット文化とも通じる
今読んでも古くない感じはしますね。
デバイスは今なら直接脳に信号を送るのか?
攻殻機動隊!?

年をとってくると物忘れがあったり
観た夢との区別がつかなくなったりしてきます。
細かいところに拘らなくなる
拘ってもしかたない状況だったりするのですが
そういうのも有る意味怖いことですね。幸せか。

最後まで読ませていただきました。
しかし最大のミステリーは
この作品を最後に「岡嶋二人」自身が消滅したこと。
なんだか20年以上経ってからビックリです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
虚構と現実の区別の本でしたが
最近世界が騒がしい。
ニュースを観ていても、なんか違和感を感じます。
今(過去からですが)起っていることが
なんかリアルに感じられない雰囲気なんです。

テレビではビックリなことがおこっているのに
これからなに食べようとか考えている。
楽観的になりたい気持ちがあるのでしょうかね。

ふと昔のアニメ映画を思い出しました。



現実はシリアスです。

そういえば実写版もありましたね。
あれからどお変わっているのか
いないのか。
 
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://masataromodels.blog116.fc2.com/tb.php/2013-46e6d807
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

広告

Extra

プロフィール

雅太郎1号

Author:雅太郎1号
作るの好きなくせに
絶対完成しない人。
やればできる子。

最近はテディベア製作で
フェスに参加しています。
機会がありましたら
お声掛けください。

メリー号制作記は
カテゴリの「ワンピース2」から

ストーム・マシーンの
ロビー製作は「SMG」。

ニャンコ先生とか
その他もジャンルいろいろ。
まとまりがありません。

最近検索の多い
「ハレパネ貼り方」は
カテゴリの「工作」から
参考になれば幸いです。
 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリ

柊 (15)
SMG (53)

FC2カウンター