Entries

熊を…

最近ブログが更新できなくてすみません。

あんまり作っていなかったりします。
斑さまもフェスから出して
テーブルに飾っているのですが
次の工程を考えつつ
作業に入る気分を待っているところでしょうか。

141218斑1

いろいろポーズを変えたりして
プロポーションをチェックしてみています。

製作にあたり既に発売されている
いくつかの四つ足動物の可動フィギュアを
参考に検証してみたのですが
うしろ足とかいくつかの関節が省略されていたりして
不満なところもあり
骨格図を参考に、できるだけフル稼働をめざして
製作していました。

しかしお座り状態から四つ足で立つ姿に
可動させてみていると
ちゃんと四つ足が接地するキマリポーズにするのが
細かい調整が必要になって
難しいことに気づきました。

既製品の可動を省略してあるところは
実はこういうポーズつけがしやすいように
設計されているのではと思った次第です。

あまりあらゆるところが調節が自由にできると
逆にセッティングがきまらない
ロータス77F1と同じことがあるようです。

基本の中心があってそこを補うことで
バッチリ決まる。

いつもグニャグニャといじってしまい
難しさを感じていたのですが
そういうお約束ごとには
理由があることを学びましたよ。

さて、どおしょうかな?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
話は変わって友人夫妻より
食事のお招きをいただきました。

前に鹿肉をご馳走になったこともありました。
今回はなんと!熊肉だそうです。

早速伺いご馳走になってきました。

熊の肉は固くて、おもに煮込むなどして
食べるそうです。
食肉用の牛肉のサシが入ったものではなくて
脂と赤肉がはっきりと分かれていたのだとか。
これも野生ってことでしょうか。

うかがったときにはもうシチュウになっていたので
美味しくいただきました。
それでもスジ状に分かれた硬めの肉質が
調理の大変さを感じられました。
人って工夫してなんでも食べるよな〜と。

テディベアなんかを作っている人が
熊食べちゃぁ、いけないでしょうかね。

猫を飼っているご家庭なので
ここぞとばかりに触りまくって骨格を確認。

肩の部分は複雑で同じようにはいけませんね。
前足の人でいうと手首の部分は
下へ90度曲がるよう関節を追加しようか
迷っています。

その日は遅くまで楽しみ
お泊まりさせていただき
朝の出勤とともに自分は帰宅しました。
そのときに「おいしいお米だよ」といって
塩おにぎりをいただきました。
たくあんとのシンプルなもの。

江戸時代など街道を旅するとき
次の宿まで遠いときは
でかけにおにぎりを頼んで
峠の切り株に腰掛け昼食をとったような気分で
いただきましたよ。
なんか久しぶりでした。

141218おにぎり

食いかけ画像ですみませんね。
旅の途中ではなくお家でいただきました。

夕食ともども美味しくいただきました。
ありがとうございます。
また次回もよろしくお願いしますね。
 
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://masataromodels.blog116.fc2.com/tb.php/1990-1784f2c7
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

広告

Extra

プロフィール

雅太郎1号

Author:雅太郎1号
作るの好きなくせに
絶対完成しない人。
やればできる子。

最近はテディベア製作で
フェスに参加しています。
機会がありましたら
お声掛けください。

メリー号制作記は
カテゴリの「ワンピース2」から

ストーム・マシーンの
ロビー製作は「SMG」。

ニャンコ先生とか
その他もジャンルいろいろ。
まとまりがありません。

最近検索の多い
「ハレパネ貼り方」は
カテゴリの「工作」から
参考になれば幸いです。
 

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリ

柊 (15)
SMG (53)

FC2カウンター