Entries

プラモの進化

ベアフェスのチケットご希望いただいております。
現在、ご連絡いただいた方々には
発送いたしましたのでお楽しみに。
もし到着しないようでしたら
お手数ですがお知らせくださいね。

皆様、前回のデザフェスにお越しいただきました。
興味をもっていただき大変嬉しいです。
再開を楽しみにしております。

デザインフェスタも終了して
次の週は疲れをいやしていました。
といってもこれを作っていたのです。

140610プラモ

製作を依頼されていたのですが
もう1年以上もほったらかしだったのです。

ここは気分転換で製作を始めました。
基本的には無理な改造はせずに
キチンと塗装してキチンと完成を目指します。

しかし前々からバンダイ社のガンプラに代表される
キャラプラモの進化には驚かされます。

レゴブロックみたいに
接着剤を使わずにパチパチ、パズルのように組めて
しかもある程度パーツが色分けされているので
塗装しなくても
設定以上のカッコいいものが
作れるようになっています。

可動部決める箇所にはポリキャップという
微妙に抵抗のある素材を使っていたのですが
最近ではそれも使わずに
ABS樹脂のみの擦り合わせだけで再現されています。
別素材を使うことはその分パーツに余分な空間を
作らなくてはいけないのでクリアランスの
問題も出てきます。
それが必要なくなるのですが
その分樹脂の特性や金型精度だけでない
絶妙な技術が活かされています。

空転するところはスムーズに回転して
ある程度の抵抗が必要なところは
程よくきつめにしてあります。

雑に塗装をしてしまうと
塗料の厚み分太くなって
可動できなくなるくらいの精度。

プラモデルなんですが
日本の技術力を感じているのです。

造型的にこのプラモは
まるで実在するロボットを組み立てているような
デティールがふんだんに盛り込まれています。
完成しちゃうと見えなくなってしまう
内部メカフレームや
ボディパネルをわざわざネジパーツで固定したり
最近のキャラプラモってスゲ〜と
感心させられてます。

さて作り始めたプラモですが
旅行による中断の後
塗装に影響する梅雨のシーズンに入ってしまいました。
湿気が塗料に影響して白濁してしまうのです。

雨が続きますのでなかなか製作できないでいるのですが
早めに完成させないと
作業机が片付かなくて
ベアフェスの作業に入れません。

はてさて。
 
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://masataromodels.blog116.fc2.com/tb.php/1877-f84011ee
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

広告

Extra

プロフィール

雅太郎1号

Author:雅太郎1号
作るの好きなくせに
絶対完成しない人。
やればできる子。

最近はテディベア製作で
フェスに参加しています。
機会がありましたら
お声掛けください。

メリー号制作記は
カテゴリの「ワンピース2」から

ストーム・マシーンの
ロビー製作は「SMG」。

ニャンコ先生とか
その他もジャンルいろいろ。
まとまりがありません。

最近検索の多い
「ハレパネ貼り方」は
カテゴリの「工作」から
参考になれば幸いです。
 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリ

柊 (15)
SMG (53)

FC2カウンター