Entries

今読んでいる本:喜嶋先生の静かな世界/森博嗣

節分でしたね。
鬼は外に追い出されたでしょうか。

鬼という生き物もイロイロ調べたりすると
また面白いかもしれません。
自分は「泣いた赤鬼」が好きなので
鬼の世界も大変だな〜とか思ったり
案外楽しそうだとか思ったりしています。

140204本

喜嶋先生の静かな世界 森博嗣 著

これは年末に買って読んだ本です。
自分は理科系大学のシステム、
卒論や大学院、助手や准教授の制度、
研究論文の発表などまったく縁のない世界なので
どんな感じなのかわからなかったのですが
まるで院生の一人になった気分になれるお話でした。

最近、新発見をされた研究者が話題になっています。
研究を続けていくうえでの環境作りには
苦労されているのだなと
本を読んでいたので感じることができました。

ここで不思議に思ったことは
研究論文の発表する工程です。

自分はずっとスゴい頭脳を持った博士や人々が集まる
学会とか研究所、公的な認証機関があって
そこで研究の検証や認証を行っていると思っていたのですが
どうも違うようです。

基本的には世界の権威あるサイエンス誌に投稿して
掲載していただくことがそれにあたるとか。

雑誌社にもキチンと検証されるのでしょうが
ちょっとビックリな感じです。

まあ世界記録のギネスブックもビール会社の発行だし。

特に雑誌がどうこうという訳ではないのですが
ちょっと興味深い制度だな〜と思いました。

子供の頃はなにかで受賞したり表彰されたりするのって
キチンとされた方が観ていて
突然手紙がやってきてお知らせしてくれるのだと
思っておりました。
なに事もこちらから応募したり発表したりしないと
評価してくれないのだな〜と最近になって知ったくらい。
ウカウカしていてもなにもおこりません。
逆に自ら応募するのだったら
絶対に落選はできませんよね〜

それでも突然やってくる評価というものが
実は本当なんだと今でも信じていたりします。
 
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://masataromodels.blog116.fc2.com/tb.php/1803-554b5677
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

広告

Extra

プロフィール

雅太郎1号

Author:雅太郎1号
作るの好きなくせに
絶対完成しない人。
やればできる子。

最近はテディベア製作で
フェスに参加しています。
機会がありましたら
お声掛けください。

メリー号制作記は
カテゴリの「ワンピース2」から

ストーム・マシーンの
ロビー製作は「SMG」。

ニャンコ先生とか
その他もジャンルいろいろ。
まとまりがありません。

最近検索の多い
「ハレパネ貼り方」は
カテゴリの「工作」から
参考になれば幸いです。
 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリ

柊 (15)
SMG (53)

FC2カウンター