Entries

ブースカのご予約再開です。

本日12月1日から
テディベアタイプ「ブースカ」のご予約受付を
再開いたしました。

約1年ぶりの再開なのですね。
前回はたくさんのお問い合わせをいただき
後半のお客様にはお時間をいただいてしまい
申し訳ありませんでした。

今回も一度に数が作れないこともあり
お届けに期間をいただくことになるかもしれませんが
愛情を込めて製作していきますので
よろしくお願いいたします。

以下、販売元のビリケン商会から

ーーーーーーーーーー

171201ブースカ1

テディベア・タイプ 快獣ブースカ
≪受付期間:12月1日(金)~12月29日(水)≫


たいへんお待たせしました。
ご注目いただいております企画・ビリケン商会、制作・雅太郎玩具店〈テディベア・タイプ 快獣ブースカ〉のご予約受付を、12月1日より承ります。
どうぞよろしくお願い申し上げます。



企画・ビリケン商会、制作・雅太郎玩具店の、テディベア・タイプ 快獣ブースカ。
作家が愛情をこめてひとつひとつ手作りしているため、
まとまった数をご用意できずにご迷惑をおかけしておりますが、
この度は限定数でご予約をお受けするのではなく、
受付期間を限定してご予約を承ることになりました。

ブースカをお届けするのはご予約受付先着10名様までが
ご予約受付期間終了後から約1ヶ月半後、
ご予約数が10個を超えた場合は10個ごとにさらに1ヶ月半先となりますことをご了承ください。

ブースカを少しでも早くお手もとに...と、お考えの方は
お早めにお申し込みくださいますよう、お願いいたします。

お申し込み期間は12月1日(土)より12月29日(水)までの約1ヶ月間です。

ブースカと仲良くしてくださる方をお待ちしております。

170101ブースカ2

------------------------------------------------------------------------

企画・ビリケン商会、制作・雅太郎玩具店
テディベア・タイプ 快獣ブースカ
©円谷プロ


■価格 ¥50,000+税(新価格)

■製品の特徴
・大きさ約290mm(本体のみ)
・作家がひとつひとつ手作りしています。
・ぬいぐるみ生地はドイツ製「モヘア」(アンゴラ山羊)使用。
・中綿はポリエステル綿。ステンレス球で重量バランスをとっています。
・目は透明感と輝きのある、透明樹脂の削り出し塗装仕上げ。
・ブー冠はレジン製。金色塗装仕上げ。
・手と足は合成皮革ウルトラスエードを使用。
・ハードボードジョイントで首、手足5箇所が自由に可動。お座りポーズもとれます。
・木製ステイン塗装&オイル仕上げ専用スタンド付属。

※写真のブースカはプロトタイプのため、仕様が変わる場合があります。

------------------------------------------------------------------------

〈ご予約方法〉

ビリケン商会店頭、またはお電話にて承ります。

■店頭でのご予約の場合)
カウンターにてお手続きをお願いいたします。

■お電話でのご予約の場合
お名前、ご住所、お電話番号、ご希望のごお振込み方法(郵便振替/現金書留)をお伝えください。
お電話から一週間以内に品代と送料のごお振込みをお願いいたします。
ご入金の確認をもってご予約完了とさせていただきます。
※ご入金の確認が出来ない場合は、キャンセルとさせていただきます。


〈お振込み方法〉

郵便振替口座、または現金書留にてお振込をお願いいたします。
■郵便振替口座 
口座番号 00150-0-172476

  口座名 ビリケン商会
(通信欄に「テディベアタイプ 快獣ブースカ」とお書き添えください)

■現金書留
ビリケン商会〒107-0062 東京都港区南青山5-17-6-101
TEL.03-3400-2214
※お名前、ご住所、お電話番号、ご希望の品名(テディベア・タイプ 快獣ブースカ)を明記した紙をご同封ください。

------------------------------------------------------------------------

※ご予約後のキャンセルは承ることができません。
 ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。

ーーーーーーーーーー

ショップは少人数で営業しているため
電話が繋がりにくい状況もあるかもしれません。

円谷プロ様とビリケン商会の協力をいただき
またブースカを製作できる幸せ!
皆様のご連絡をお待ちしております。
 
スポンサーサイト

ゴリラちゃん作ってました。

ブースカの受付が始まりました。
たくさんのお申し込みありがとうございます。
年内いっぱい(29日営業日まで)
受付しておりますので
気になっていた方がいらっしゃいましたら
よろしくお願いいたします。
ペース的に次回受付はいつになるか未定です。

その前に作りたかった猿系を製作することにしました。
企画展の時の「孫悟空」が
あまりに印象にあるからです。

171210ゴリ1

当初は古い映画のキングコングを参考にしていました。
サルって自分ではまだ口元が把握できていないのか
いつも悩む部分です。
エポキシバテを練って形を作っていきます。
硬化しては削り、また盛ったりして苦しみます。
開けた口が怖い!!
全く同じのリアル模型にする技術もないので
自分らしさを出そうと検討してみます。

171210ゴリ2

結局何回も作り直してしまいましたよ。
ようやくカタチが見えてきたでしょうか。

なんだかドンキーコングみたい。

ゴリラの骨格なんかも参考にしています。
最近はネットで検索すればすぐに出てきて
便利ですよね。

まゆの部分の突き出しと
頭頂部の出っ張りとなだらかなカーブ。
スタートレックのクリンゴン人や
プレデターなどを思い出します。
この辺もデザインに参考にしているのでしょうか。

目は今回市販のドールアイを使おうと思いましたが
表情が普通になってしまい決まりません。
多少狂った感じにしたかったので
せっかく購入したアイは使用せず自作しました。
球の一部分を平に削って、瞳孔を書き込んだあと
透明樹脂を角膜代わりに貼って
形を整え完成です。

171210ゴリ9

顔がイメージできたところで胴体の製作です。

今回はフル可動にするため骨格を内臓しました。
関節のあるオリジナルを作ることもできたのですが
回転軸が複雑だと隠れて見えない部分なので
パーツが内部で回転してもわからなくなり
内部がめちゃめちゃになりそうな不安がありました。
なのでテストでもありますので
ぬいぐるみ用のフレキシブル骨格
トイスケルトンのみで組み立ててみました。
人型なのでジョイントも使えそうなものが
用意されています。
しかし足の付け根と首部分はオリジナルの
組み合わせにしました。

ヒジとかスネは90度に曲げることができず
緩やかな曲線になるので不安ではあります。

中野にドールショップがあるのですが
そこで探すも一部パーツが品切れのようで、
本店にはあるようです。
取り寄せも考えましたが
ちょこっとバイクで出かけましたよ。
150円のパーツを買うのに1日がかりです。

無駄なようでもありますが
こういうことは製作しているとよくあることなんです。

なんとか骨格が組みあがりました。

さて長くなってきたのでまた次回といたします。
 

ゴリラちゃん作ってました。2

なんとなくのイメージがあって
こう作ったらああできるなという
作りたいからやっているのですが
何事も初めてのコトってワクワクしますね。

作りながら考えていることもあって
材料なんて行き当たりばったりで
その都度毎日のように買い物に出かけたりして
同じところを何回も行ったり来たりしています。


人形アニメーションに出演している人形が
とても大好きなんです。
走ったり転がったり
劇中で大活躍しているのを観ているせいでしょうか
思ったより小さいサイズに
画面アップにも耐えるような精密な造り。
アニメーター意外触らせてもらえない
なんだか特別な感じが好きなのです。
そんな精度で自分も作ってみたいなと思っていました。

そんなイメージで今回の課題は
・フル可動である。
・ぬいぐるみとしての作り方
・微妙な形はプラモの作り方も併用する。
・雑に扱っても壊れにくい
を課題で制作しています。

前回も紹介しました
ジョイント式フレキシブル骨格
「トイスケルトン」をメインに内臓してみました。

その骨格にウレタンスポンジの筋肉をつけていきます。
これは以前「斑」さまの時に採用した方法です。

カテゴリ:斑さまスポンジのページ

アニメーション用の人形も
真鍮金属の骨格に発砲ウレタンの外装をまとっています。
こちらはキチンと型取りした中に
泡立て器でメレンゲ状態にした樹脂を流し込み
高温で焼くと言うもの。
設備が必要なのですが一度やってみたい素材です。

そんなことはできないので
スポンジを巻きつけて
お得意のハサミでチョキチョキカットして
形を作っていきます。

171211ゴリ1

171211ゴリ2

この辺はゴリラブームもあって
実物ゴリラの凛々しい立ち姿の画像が
たくさんあったので参考にしながら
ハサミでチョキチョキしていきます。

途中スポンジブロックが足りないかなと思って
また次の日買いに行ったりしたのですが
補充した分のスポンジは
結局カットしてしまったりして
なんだかな〜と虚しくなりますね。

心配していたヒジとかの直角に曲げる部分。
曲がる箇所のスポンジを細くすることで
スポンジ自体に硬柔が生まれ補正してくれるので
見た目気にならなくなりました。

形になってくると眺めていて気持ちいい。
しかしスポンジ段階で良い形にするより
毛並みをつけた状態でよくないといけないので
2段階くらい細めにカットしておきます。

猫を風呂に入れるとすごく細身になるのと同じですか。

手足は針金を芯として5本まとめておき、
ジョイントパーツ1個と一緒に
レジンで固めて固定、形を造ります。
針金だけだと表生地から突き抜けそうなので
先端を丸く巻き、フェルトシートでカバーしました。

専用のペンチでパチンパチンとつなげると
全体の形が見れて作りやすいですね。

171211ゴリ3

出来上がったら一旦バラバラにして
それぞれの外皮を作っていきます。
ようやくぬいぐるみ作業っぽくなってきました。

出来上がった形に布を当て
型紙を作っていきます。

今回毛並みの部分はボアを使用することにしました。
毛の密度や生地の伸縮性が欲しかったからです。

ところがいつも買っているお店に行ったら
品揃えが少なくなっているのです。
生地って新発売の入荷や既存品の補充の時期が
あると思うのですが
ちょっと逃したのかな〜と思いました。
後で知ったのですが
なんでもファーのブームがあるらしく
生地も需要があったのですね。

そんなことであちこち探すことになりましたよ。
久しぶりに日暮里のトマトにも行ったし
他の生地屋さんも探しました。
その都度使えそうな生地を単価の高い生地ですが
買ってはくるのですが
なかなかイメージに合いません。
素材によって風合いも異なりますしね。
結局、家に昔買っておいた
余り生地がぴったりと言う状況、
なんとも労力が報われないギャフンな気持ちです。

地肌が出ている部分は革を使うことにしました。
デシ単位で買うのでなくて
安価な歯切れを探したのです。
当初買ってきた革で制作したのですが
指の部分とか細いところは滑りが悪くて
裏返しに苦労して失敗してしまいました。

結局買い直しに出かねなくてはならず
どうせなら色味にも不満があったので
いろいろ探してみることにしました。
またもや大捜索です。
皮革用品を扱っているお店を巡り
またその都度サンプルとして購入していましたが
結局、近所の手芸屋さんに置いてあったのが
一番イメージに近かったと言う
またもやギャフンな状態になりましたよ。

縫い方も工夫してなんとか指も完成して
骨格にかぶせて行きました。

ボアの表皮も着せるようにかぶせて
毛並みでふむらんだ分のきになるところは
また詰めるなどしながら調整していきます。

171211ゴリ4

なかなか良い感じ。

手につけているアクセサリーは
使えそうな材料を探しましたが
またもや見つからずプラバンで作っています。
クサリ部分もいろいろお店を探し回りました。
これも1日がかりも作業ですよ。
なんとも疲れて辛い作業ですが
探し回るのも意外や楽しかったりしますね。
すでにマゾ状態です。

最後に顔のパーツに革を貼り付けて完成です。
当初は複雑な形状に革が伸びてくれるか心配でしたが
合皮とはやはり違うしっとり感があって
使いやすかったです。

柔らかな革を探しました。
羊や鹿とか。
使ったのは「カーフ」と言う革でした。
後で調べたら仔牛の革だそうで高級品なんだとか。
食肉用の副産物とはいえ
ちょっぴり生命を感じて
キチンと完成できてよかったです。

171211ゴリ5

フル可動なのでいろんなポーズが取れます。

バナナチップスを思い出す手の動き。

171211ゴリ6

ようやく完成しました。
よかったよかった。

こうすれば、ああできるんじゃないかと始めた作業。
なんとか形になりました。

最近の人型ぬいぐるみや今回の猿系の制作は
今後予定している構想に活かせそうな予感がします。

まあ、ここには書ききれない
細かなコツなんてものもあるのですが
さてはて、すっかり忘れていないと良いのですがね。
さて次々。
 

2017年ありがとうございました。

年末です。

今年は例年にもまして
たくさんの時間、製作していたような気がします。
1年もあっという間でした。
皆様にご覧いただける機会も増えて
毎回楽しみだったり
毎回緊張していました。
過去記事をみると
いろんなことが思い出されます。

来年はより新作を増やして行きたいな〜と
思っています。
一年がかりの計画もいただき
初めてのことに真剣に取り組めることも
ありがたいことですね。

171231スズメ

今年は酉年でした。
干支って年賀状を作る年末から
お正月くらいまでしか意識していませんが
来年の戌年はまたどんな出来事になるか
ワクワクですね。

すでにフェス関係では恒例となった
3月のベアフェス
5月のデザフェス
7月のコンベンションも
出展できることになりました。

2月にはリッティベアさんの企画展と
名古屋のデパートイベント
4月は今回も作品展を開催させていただくことに
なりました。

ブースカにもたくさんのお申し込みを
いただいていますので
お待たせしないよう製作していきます。

ウ〜ム
大丈夫でしょうかね。
計画的に製作していかなくてはね。

ーーーーーーーーーー
お休みのところが多いのか、
人が少ないのか、大掃除のせいか、
音が飛行機に乗った後のような、
耳に水が入ったような、
静かでちょっとこざっぱりした
年末年始の雰囲気が大好きだったりします。

本年も大変お世話になりました。
どうぞよい年をお迎えください。
 

Appendix

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

広告

Extra

プロフィール

雅太郎1号

Author:雅太郎1号
作るの好きなくせに
絶対完成しない人。
やればできる子。

最近はテディベア製作で
フェスに参加しています。
機会がありましたら
お声掛けください。

メリー号制作記は
カテゴリの「ワンピース2」から

ストーム・マシーンの
ロビー製作は「SMG」。

ニャンコ先生とか
その他もジャンルいろいろ。
まとまりがありません。

最近検索の多い
「ハレパネ貼り方」は
カテゴリの「工作」から
参考になれば幸いです。
 

カレンダー

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリ

柊 (15)
SMG (53)

FC2カウンター