Entries

着々ブースカ

なかなかブログの更新の間が空きますが
これはキチンと作業をしている証なのですよ。
と言っておきたい。

160702ブースカ1

着々と製作しております。
と言ってもなかなか進んでいませんね。

画像のようにロボットが
手伝ってくれれば良いのですがね。

知らぬ間にこの前買ったレゴのウォーリーが
完成しています。
まあブースカ作りを怠けて
レゴを作っていた訳ではありませんと
言い訳したいところですが
気分転換というところでしょうか。
お許しください。

たとえ徹夜で製作していたとしてもです!

もう何体も作っているのですが
製作開始する時に
材料を全部揃えたつもりが
見落としもあって
製作途中で足りなくなる事態が発生します。

昨日は刺繍糸のこげ茶が足りなくなって
緊急で買い物に出かけました。
ついでに綿が足りなくなるといけないので
余分に購入してきて
万全の体制を整えたつもりが
今日になって綴じ糸が足りなくなるという
事態が発生して
結局毎日のように都会に出かける失態を犯しています。
電車賃もバカにできませんよ。
なんともです。

時間も取られるし、暑くて体力も使うので
作業効率も悪くなりますね。

悔しいので、他に用事を思い出し
なんとか有意義な行動につなげたいと考えます。
まあ、お目当ては飯だったりするのですがね〜。

10702ビースカ2

なんとかアタマが完成しました。
ウ〜ン可愛い!!
手足が完成しても感動はありませんが
アタマが完成するとテンションが上がりますね。

はてさて、次は胴体を製作します!
早く完成せねば!!
はてさて。
 
スポンサーサイト

チェインバーのプラモデル

ブースカのぬいぐるみ製作も折り返しですが
ここで違う話題を。
決して怠けている訳ではありません。
(と言い訳っぽいですね)

なんか元気をいただけるアニメが大好きなのですが
これもその一つなんでしょうかね。



「翠星のガルガンティア(2013)」ですね。
登場人物の成長を描いたSFアニメです。
人生で落ち込んだ時や道を間違えそうになった時
その時々、その人この人に引き戻されて
自分は助けられたということ思い出したりします。

ここで欠かせないのが主題歌とエイミーと
今回プラモデルになった「チェインバー」ですかね。

おもちゃ系は先に発売されていましたが
プラモ版を待ち焦がれていましたよ。

160703チェインバー1

PLAMAX SG-01
マシンキャリバー K6821 チェインバー
マックスファクトリー社

ずいぶん発売延期になっていましたが
無事発売されました。

箱はカッコよくデザインされています。
マットブラックに溶け込むようなイラスト。
アウトラインで部分的にUVインク?を使って
デコボコしています。

こだわりの箱絵なのですが
お店では目立たないだろうな〜と思います。
自分は大好きですけどね。

160703チェインバー2

中身はある程度色分けされていますが
基本はデカールで対処するようです。

ここはキチンとパールかメタリックな粒子感のある
高級そうな仕上がりに塗装したいところですね。
なんかテフロン加工してありみたいな感じで。

内容はガンプラでいうと
MGのガンダムというところでしょうか。

やはり生産数の違いなのでしょうか
3倍くらいの価格になってしまいますよね〜。
ブルーの発光部分はクリアパーツにするという
こだわりもあります。

メーカー自体はガレージキットを販売していた
老舗なのですが
ダグラムシリーズからインジェクションプラモを
開発してきているので
どのような感じなのか味わいたいと思います。

ロボ自体のデザインが複雑なので
どんな形状なのか確認するのも楽しみです。
まあ、結構パーツ数が多いので
いつ作るかはわかりませんがね。

そんなに大型でもないし、操縦者が頭に入るので
頭が大きく子供頭身なのですが
最終回で搭乗カプセルを切り離すと
大人頭身になるという
ロボの成長なんかもデザインで表現されていたのを知り
よりチェインバーを好きになりました。

微妙に読み応えのない冊子や
作る気にさせない細かさの組み立て説明図とかも
付属しています。アクリル板付属のスタンド付。

まあ、気になったら箱を開けて
眺めて、また閉めるとういようなことを
何回もしています。

さてどうなることやら。
プラモは作らないけど買ってはいるからな〜。




 

ブースカの出来上がり!?

ブログの更新も滞っていました。

既に生活習慣の一部となっていた
ブースカの製作。
いよいよ大詰めですかね。

160709ブースカ1

アタマができてテンションをあげて
その勢いで手足を作りました。

胴体にジョイントで止めていきます。

こうして出来上がりを並べてみると
中の人?がいない抜け殻のようです。

本編でも撮影なんかで汚れてくると
ボアを貼り直したり洗濯なんかもするのでしょうか。

梅雨も明けていないので
洗濯物が貯まっちゃってみたいな感じの
画像になっていますね。

今現在は胴体のワタ詰めも終わって
体表の模様、ブチをマーカーで染めています。

160709ブースカ2

乾燥させているところ。

なんだか自分の部屋にたくさんブースカがいるのが
不思議な感じで微笑ましいですね。
夜中に動き出したりしているのでしょうかな。

その後、最後のシメの作業として
ブランドボタンとタグを縫い付けます。

ようやく完成が見えてきましたよ。

6月にご予約いただいた方々お待たせいたしました。
来週にはショップに納品できますので
7月中旬ごろにはご連絡が入ると思います。
お楽しみに。

いつもは完成したら、
すぐにいなくなってしまうのですが
諸事情で少し部屋にいることになりました。

箱詰めする前に
ひとつひとつ毛並みや形を調整しながら
愛情という念を込めてみるといたしましょうか。
不思議とそういうものに応えてくれるのが
ぬいぐるみの良いところのように思います。


よくこういう造形物やイラストなんかは
作者に似てくると言われます。
一番見ている人物が自分ということだからでしょうか
それとも同類に心が落ち着くからでしょうか。

しかし、ぬいぐるみは里親さまのところに居て
完成するというか
愛されるたびにその持ち主さまに
似てくるような気がします。

仲の良いご夫婦だったり
ペットの犬猫だったり
ぬいぐるみもそういうところがあるような。
大量生産されたモノの中でも
自分のがわかるみたいなこともありますしね。

既に50体以上のブースカたちが
それぞれのおウチにいることになります。
みんなどおしているのかな〜とか
今いるたくさんのブースカを見ながら思っています。

機会があれば全部一度並べてみたいものですね。
きっと壮観で微笑ましくなるでしょうね。
 

ブースカ完成!!!

ブースカって完成していたんじゃないの?と
思われていたと思いますが
最後の仕上げを。

160715ブーズカ1

お尻にボタンとタグをつけています。
くるみボタンは販売元の老舗ビリケン商会のロゴと
MASATARO TOYS(雅太郎玩具店)を入れてあります。
タグには(C)円谷プロと表記。

怪獣好きには見覚えのある(C)円谷プロ表記。
自分の作った物につけさせていただく光栄。
これらが付くことで完成するのです。

怪獣写真ブロマイドを集めていた自分は
右下に書いてあった(C)円谷プロがなんだかわからずに
真似をしていろんな持ち物に書き込んでいましたよ。
憧れでもあったのですよ。
変な子供。

初老のオッサンになった自分には感慨深いですね。

箱も到着したので梱包作業です。

160715ブースカ2

「なっんかアタマに変なのが載っているよ」
「みんなもだ!」「変なの〜」

梱包待ちのブースカたちが言っていそう。
大事なブー冠を守るために
発砲シートと厚紙で保護梱包しています。

さあ!皆さん、箱に入ってくださ〜い。

これでようやく納品することができそうです。
これはこれでみんないなくなったらなったで
寂しくなるんだろうな。
 

フェスに申し込み

5月のデザインフェスタが終了ましたが
以降のフェスの予定がありません。

7月末のベアコンベンションは応募者多数のため
抽選にもかからず
11月のデザフェス秋も抽選落選。
今年後半はフェスの予定が何もない状態でした。

ブースカを納品してからの数日間の
自分を見ていると
何とも情けない日々の過ごし方。
お尻を叩かれないと動かない自分の戒めとして
フェスの申し込むことにしました。

1607171ふぇす1

ネイチャーアニマルワンダーランド2016
2016年12月4日(日)12時〜17時
東京都立 産業貿易センター台東館 5階


浅草で開催されている
ビスクドールフェスを起源とするドールフェスの
アニマル版です。
半分はドールフェスも同時開催です。

以前は浜松町でしたがビルの建て替えで
今は浅草開催となっています。

自分は東京に住んでいてもあまり訪れない観光地浅草。
早めに終わるので夕方街中を歩いてみるのが
楽しみだったりします。
ブースが盛況だったら帰りは豪華「うな丼」を
奢ったりが目標かな。

企画展のお誘いも頂いていて
フェスもまだだいぶ先のお話ですが
その開催を目指して
作品を生み出して行こうと思います。

ブログでも紹介していきますので
お楽しみに。
 

レゴ消防本部の製作その1

前に購入したレゴ。
レゴストア限定ということで
発売日に並んで購入したことが
もう遠い思い出です。
すごく寒かった記憶がありますね。

持って帰るのも大変なくらい
大きくて重い商品でした。
なかなか忙しくて作れないでいました。

部屋の掃除もできて広いスペースが出来たのと
ブースカも納品したので
次の合間で製作することにしました。

160225レゴ1

2016/02/25記事 レゴを買う

前記事ですね。
ようやく製作できます。

中を開けると、たくさんの袋が入っています。
組み立て説明図もすごいページ数です。

作りやすくするために
今回は袋に番号が入れてあり
各パートごとに製作していくようです。
一気に全部袋を開けたら
パーツを探すのも苦労するでしょうから。

まずは1番から。

160723レゴ01

まずはベースと1階部分。
ここはECTO-1を収納するところと
受付なんでしょうかデスクがあります。

ロッカーがあって装備を収納できるのですが
バイトのゼドモアにはロッカーがないようです。
ちょっとかわいそうな感じ。

160723レゴ2

ようやく1階部分が完成!
4番袋を使いました。
袋の番号は14番もあります。
完成はまだまだですね。

しかしこのパーツを探して
組み付けるだけの作業で
慣れるまで大変なのですが
これもなんだかクセになりますね。
いつもパーツが足りなかったら
どおしようとか不安な気持ちなのですが
今回も不備なく進められることができました。
レゴのココがいつも感心してしまいます。

前に作っていたECTO-1を並べると
雰囲気抜群ですね。

160723レゴ3

次は2階部分です。
モジュラー建物シリーズのように
重箱式に各階ごとに作り重ねていくようですね。

160723レゴ4

毎度のことながらキッチンの作り込みがすごいですね。

簡単な形状のパーツを組み合わせているのですが
キチンと雰囲気が出ています。
棚には調味料やラーメンの箱があったり流しも再現。
コンロには鍋が置いてあったり
引き出しも全て開閉できます。

160723レゴ5

アーケードゲーム機が置いてあったり
手前の部屋は寝室になっています。

やはりベットも3つ。
ゼドモアの分はなさそう。

160723レゴ6

寝室のつながりでお隣はバストイレになっています。
白黒のタイルがおしゃれですね。
石鹸やシャンプーもわかるし
思わずシャワーを浴びたくなる再現性。

ここまで2階分ができました。
1日1階というペースでの製作でしたが
だいぶ慣れてきましたね。
毎日少しずつ作るのが楽しみな日課となってます。

長くなりそうなので続きは次回に。
つづく





 

レゴ消防本部の製作その2

レゴ作っていました。
1日一袋分と決めていましたが
出来上がりが近くなると
ソワソワして一気に進めたくなります。

レゴ、ゴーストバスターズ消防本部の製作です。

160723レゴ6

次は3階部分です。
こちらはリビングと研究スペースですね。
ダーツやビリヤード台があります。
研究所と言ってもガレージという感じで
ラジカセや工具箱が棚にあります。
パソコンも
マイコンと呼んでいた時代のものでしょうかね。

160723レゴ8

反対側は小部屋があります。
窓が透明でないのしカメラもあるので
暗室でしょうかね。

2、3階の階段スペースも作りました。
非常口でしょうか外部に梯子があります。

160723レゴ9

ラストは天井と小物類です。
天井は板なのですが展開部を固定する
パチンという所があり
よく考えられていますね。

らせん状の棒は緊急ポールで
設置するとクルクル回りながら降りてきます。
楽しい。

さてパートごとですが
完成したので積みかせねていきますね。

130723レゴ10

ピンに合わせて積みかせねていきます。
ワクワクしますね。

160723レゴ11

ジャジャ〜ン!完成です。
ECTO-1を添えてみました。

出来上がるとパーツ数が多いので
大きいですね。
重いので階ごとに分割できるので
移動させる時便利ですね。

完成して思うことは
シンプルなデザインなので
建物としては面白みがないことでしょうかね。
色もレンガとグレーのみなので寂しいイメージ。
このグレーももうちょっと明るめだったよかな〜と
思いましたよ。

他の建物シリーズと比べると
天井がそれぞれ高いせいか
大きめに仕上がります。
ちょっと大きすぎ?とか思うのですが
アメリカの建物ってこんなものですようね。

別売りのECTO-1がキチンと収納できないのも
残念です。
(スペースを広げるためパーツを外す必要あり)

160723レゴ12

ただ展開ができてドールハウスのように
内部を観ることができます。

それぞれしっかり再現されているので
プレイバリューもあるのか。
クルクルポールも楽しいですね。

しかし既に30年以上前の映画作品。
日本では放映されなかったけど
アニメ作品もあって
お子様にも馴染みがあり
定番キャラクターになってるのでしょうかね。
現地でも「これ欲しい」という
お子様はいるのでしょうか。

もうすぐ新作が公開間近なのですが
あまり宣伝していませんね。
どおなんでしょうか。

自分はこれを製作したせいで
少し盛り上がっていますが
映画は観にいかないだろうな〜。

それでも、今日材料を探しに行った時見かけた

160723レゴ13

75828 GHOSTBASUTARS ECTO-1&2 LEGO社

なんだかね〜です。
思わず購入してしまいました。

きっと売れ切れで手に入らないだろうと思って
諦めていましたよ。

ポイント併用でお安く購入できました。

しかし一部のレゴは入荷もまばらで
そういうものに限って人気があるものだから
キチンと情報を仕入れないと手に入れられないし
価格もバラバラでどれが本当の定価か
わからなくなりますよね。

なんとかしてほしいところです。

映画公開なので
アクションフィギュア系はどおなっているのでしょうか。
発売されているのかな。
相変わらずNew ECTO-1のミニカーとか
気になったりしているのです。

はてさて。




2016/07/23現在で半額のところがありますが
よく見ると中国ブランド?大丈夫なのかな?
 

人形作っています。

現在ビリケンギャラリーで開催中の

はちみつぱいトリビュート展
「私のセンチメンタル通り」

7月16日(土)~8月7日(日)
12時~19時 ※月曜休廊

自分も好きなムーンライダースの前身バンドと知り
気になっていました。

ちょっと会期中の飛び入りのつもりで
気楽に人剛を作っていたのです。

1973年といえば自分は小学生。
フォークや歌謡曲が全盛でしたので
ちょっと世代が違うのかな
なかなかイメージ出来ないでいましたよ。

あの頃もいろんなコンテンツが
入れ替わり状態だったと思うので
数年違うとガラリと変わっていることも
あるのでしょうね。

ちょっと苦心しながらラクガキをしていましたよ。

160728ドール1

自分が子供の頃の大学生世代に思いを込めて。
長髪、ベルボトムGパンですかね。
シャツの色に悩むところです。

飛び入り参加ということで
製作時間がないという勝手な理由をつけて
作り込みはせず、シンプルにしようと
作り始めました。

なんとなくの製作手順を
その都度考えながら進めているので
なかなか作業がはかどりません。
よく言えば
「ジックリ心を込めて製作」ということでしょうか。w


1607228ドール2

いつものように針金に肉付けをしていきます。
微妙に胴長短足頭身ですね。

関節は針金なので若干ポーズを変更できるよう
可動するようにしています。

身長は20cmくらいで、そんなに大きくありません。

160728ドール3

肌部分はフェルトを巻いて張り込んでいます。
今は手ができてきました。
指にも細い針金が入っているので
手の表情も出せるかと思います。

なかなか進めみませんね。
大丈夫でしょうか。


毎回製作するときには
楽しみなことを一つ考えるようにしています。
新たな製作方法とか
やってみたいことなどですが
今回はギターを木で作ってみようかなと思っています。

楽器は演奏できないのでギターには詳しくないのですが
これまたネットで調べると
ワクワクがたくさん出てきます。
メンバーが持っているギターは何なのかなとか
ギターの形は基本6種類くらいしかないこととか
木の素材は何なのかとか
調べると面白い。
今回はフェンダー社のテレキャスター(グレコかも?)を
作ります。
こっちもあまりこだわらずに
気楽にデフォルメしてみますね。

さて会期に間に合うもかな!!
 

Appendix

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

広告

Extra

プロフィール

雅太郎1号

Author:雅太郎1号
作るの好きなくせに
絶対完成しない人。
やればできる子。

最近はテディベア製作で
フェスに参加しています。
機会がありましたら
お声掛けください。

メリー号制作記は
カテゴリの「ワンピース2」から

ストーム・マシーンの
ロビー製作は「SMG」。

ニャンコ先生とか
その他もジャンルいろいろ。
まとまりがありません。

最近検索の多い
「ハレパネ貼り方」は
カテゴリの「工作」から
参考になれば幸いです。
 

カレンダー

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリ

柊 (15)
SMG (53)

FC2カウンター