Entries

ロボ作ってます。

ちょっと更新が滞っていました。

今ロボを作っているのですが
新しい素材で作っているので
なかなか苦心しています。

合皮やエナメルを使ってみたのですが
自分の縫いの精度のセンスの無さが
判りやすく出てしまいますね。

今までと同じ工程が使えず
その都度,問題が起って解決するという
作業の繰り返しです。

しかも材料も作りながら考えて
またその都度買い物に出掛ける。
ほとんど毎日のようにお店にうかがうので
店員さんに憶えられてしまいましたよ。

アイデアは思いつくのですが
それを形にするための素材探しも
大変疲れるのですが
楽しくもありますね。
逆に売っている物から
アイデアがうかんだりもします。

160604ロボ1

そんなわけで
机の上の作業風景は
「ぬいぐるみ」を作っている感じがしませんね。
はげしく散らかっているし
お恥ずかしいかぎりです。

今日はようやく頭部が縫い終わりそうなので
電飾も少ししてみました。

前に買っていたハンダゴテやハンダなんかも
あるはずと探してみたのですが
みつかりません。
こんなことばかりです。
時間がもったいないので
新しいのを買ってきましたよ。
なんともです。

いろいろ苦心はしたのですが
頭部がカタチになってきました。

160604ロボ2

リベットなんか、模型のパーツや
デコビーズとかいろいろ検討しましたが
灯台もと暗しで
いつも使っているパーツに落ち着きましたよ。

これからまたいじっていきますが
胴体の製作も含めて
製作の方向性が見えてきました。

スゴ〜く回り道をして
出来上がったものは意外にシンプルで
簡単そうに作ったように見えるものですね。

さて今度は手足のパーツです。

その都度行き当たりばったりですが
なんとか間に合うでしょうか。

来週には展示されている「はず」ですよ。
 
スポンサーサイト

ロボ建造中!

11日より開催なので
本当は出来上がっていなくてはいけないのですが
なかなか進んでいません。

人類の危機に備えて
建造を急ピッチで進めています。
しかしこういうギリギリの状況で
他の予定ってぽろっと入ってくるものです。
早急に対処して作業に戻ります。

160607ロボ1

実はようやく型紙が出来上がりました。
いろいろ何度も作ってみたりして
失敗も続きました。

今までと違う生地なので
慣れも必要でしたね。

いい加減さを許してくれない素材なので
キチンと型紙段階で詰めています。
ここまで何度修正しましたよ。

しかしキチンとすればキチンと仕上がる生地と
信じているので
もう予期せぬ事態にはならないでしょうね。
祈ります。

160607ロボ2

付属する装飾にはプラ板を組み立てて作っています。

先週、秋葉原へいってきました。
詳しい方のご案内で電気パーツをメインに
いろいろお店を紹介していただきました。

このことは後で書くかもしれませんが
雰囲気が影響をいただけたようです。

本道の古いパーツは発見できませんでしたが
自分のイメージで作ることにしました。

素材なんかもすでに穴の空いたアルミ板があるのですが
キレイにカットする道具がなくて
オールプラスチックです。

塗装で仕上げるのですが
ちょっと昔のシボ加工風にしてみました。
塗料パテを叩くように縫って行くだけですが
思ったように仕上がるでしょうかね。

そんなこんなでパーツ作りも大変です。

ちょっとしたメカも仕込むので
ドキドキですが
なんとか間に合うように
怒濤の勢いで建造いたしますよ。

はてさて。
 

俺の造形展始まりました。

ロボ製作で焦っている自分ですが
前に大阪へ旅立った「オニちゃん」が参加している
企画展が開催されたようです。

160516俺

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
企画展 俺の造形展
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

国内有名作家さまの特別な1点物が集結だそう。
毎度のことながら緊張いたします。
なんとか恥ずかしくないように汗してます。

● 開催期間:6月8日(水)~12日(日)
       11:00~18:00

● 販売方法:抽選販売
 ギャラリー及びインターネットにて応募受付
 1作品に2名以上応募があった場合は
 抽選販売とします。

● 応募期間 :・ギャラリー応募
       6月8日(水)~12日(日)

       ・ホームページ応募
       6月13日(月)~26日(日)

● 結果発表:6月29日(水)
       11:00~18:00 営業時間内
●開催場所

ギャラリー siroiro./シロイロ.
〒530-0023 大阪府大阪市北区黒崎町14-4
http://siroiro.strikingly.com/

●最寄り駅
谷町線「中崎町駅」1番出口から徒歩1分
堺筋線「天神橋筋六丁目」13番出口から徒歩4分
JR環状線「天満駅」徒歩7分
阪急「梅田駅」徒歩13分

●中崎町からの行き方
中崎町駅1番出口から地上に上がり、
天五商店街の中を右に進みます。
一つ目の筋を左折。
2つ目の筋(小料理屋トリモ)を右折したら左手にあります。 


●主催・お問い合せ:Ritti Bear( リッティ ベア )
〒531-0063 大阪市北区長柄東1-5-21-1403
営業時間 :11:00~18:00
定休日 : 毎週 月・火曜日
tel/fax:06-6809-6820
e-mail:strada@rittibear.com

詳しくは▶俺の造形展

twitterでも会場風景が紹介されていて
楽しみにしています。
毎度のことですが
自分は行けないので
オニちゃんがキチンとお仕事をしているか
心配でもあります。

13日にはHPにも画像入りで紹介されるので
ワクワクしておりますよ。

160608おに

ぜひ会場にお越し下さいね。
オニちゃんがお待ちしております!

よろしくお願いいたします。
 

いよいよ明日からです。

いよいよ明日からはじまります。
「Robota-Robota」~包まれたロボットたち~展
〜22日月曜定休日 ビリケンギャラリー

190528ロボ展

ぬいぐるみだけの企画展です。
超有名作家さまたちに混じって
こっそりと参加させていただきます。

デザインフェスタ終了後
大阪の「オニちゃん」から
「#39 KUMA ROBO」と
製作がつづきました。

KUMA ROBOなんかは
徹夜をしてしまい
納品日の朝完成しましたよ。

いろいろ使ったことがない素材だったので
苦労の連続でした。
もう、このROBOは作らないかも…。
でも間に合ってよかったです。

160611ロボ1

なんとか完成しました。
画像が朝焼けのようで
目がショボショボしますね。

今回は素材に苦労しました。

エナメル生地はほつれにくく使い安い生地で
コスプレ衣装とかに使われているようですが
このポリウレタンのいう素材は
接着剤が付きにくい素材で苦労しましたよ。
瞬間系は広い面に使いにくいし
シリコン系で付きそうなものは
時間がかかります。

発揮乾いて付くボンドは
型のプラスチックとエナメルの広い面を
接着しようとすると
チューブに入った状態になるので
いつまでも乾かなくてベタベタしたり。
縫わないといけない生地なので
作り方を切り替えしなくてはいけませんでしたよ。

今回は基本5ジィントの首・手足に加え
手首も回転できます。

電飾と音声回路を内蔵しましたので
おヘソのボタンを押してみてくださいね。

今回電飾は初めてでしたが
なかなかお勉強になりました。

秋葉原を散策したりして
これからまた新しい作品が生まれそうです。
 それなりに大変でしたがね。

160611ロボ2

背中には乾電池をしょっています。

ひっくり返らないように
軽量にするため単三電池に
アダプターをつけて単二の大きさにしています。
電池らしいカタチはやはりこちらでしょうかね。
なんとかちょうどよいものがありました。
ラベルは昭和40年初期のデザインを真似ています。

父が若い頃作った戦車のプラモデルを
子供に壊されないようにタンスの上に
避難させていたのですが
結局、破壊されてしまいました。

ホコリまみれの戦車の中に入っていた
金属製のギアと錆びた電池は
今も印象に残っています。

乾電池が夢のオモチャを動かしていた頃の
デザインを再現してみました。

まだまだ語りたい部分はあるのですが
またそのうちに。

お家が決まったら、キャリングケースも
作ろうかなと企画中。

いよいよ明日開催ですね。
他の作家さまの作品も楽しみです!
自分も強気で仁王立ちしておりますので
皆様のご来場お待ちしております。


お待ちしてます。

先週の土曜日からビリケンギャラリーで
始まりました企画展、
「Robota-Robota」~包まれたロボットたち~展
(〜22日 月曜定休)。

超人気作家さんがロボットをテーマにした
作品が集結です。

ひとひねりもふたひねりもされている
作品たちを自分も堪能させていただきました。

うっとりしすぎて
会場の写真を撮り忘れるくらいですよ。
いけませんね。

22日まで皆様のご来場をお待ちしております。


大阪で開催されている「俺の造形展」
ギャラリー展示は12日で終了して
今はRittiBearさんのHPで公開されています。
ことらもベアとはひと味違う作品たち
ぜひご覧くださいね。
オニちゃんもよろしくお願いします。

こちらから▶俺の造形展

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自分の近況としては
秋のデザインフェスタに応募していたのですが
今回は見事に「落選」。

年々盛り上がっているマンモスフェスなので
ブース確保の競争率も上がっているようです。

ここ最近は連続で当選をいただいていたので
そろそろかな〜と思っていましたが
やはり落選をいただきました。

残念ですが秋には出店できなさそうです。
残念で、ちょっぴりドヨ〜ンとしています。

160614ロボ1

夏のベアコンベンションも落選だし
今年の後半は予定が決まらないですね。

これはキチンと作品を仕上げなさいという
神のお言葉ということで
作業していくとして
前向きに考えることにします。

また新たに決まったらお知らせしますね。

さて作業です!
 

ブースカの受付がはじまります。

デザフェスから大阪の「俺の造形展」出品、
東京の「Robota-Robota」の作品作りと
なんだかんだと綱渡りのスケジュールでした。
もう、それぞれ何度徹夜作業になったことか!

納品も終わって、ロボくん、オニちゃんは
それぞれ活躍中ですが
自分はちょっとのんびりしたいところ。

しかし、そんなことはいってられません。

今度の6月17日金曜日(2016年)に
テディベアタイプ ブースカの受付が
はじまるようです。

なんか人ごとのようですが
販売はビリケン商会さんに
おまかせしているものですから。

詳しくはビリケン商会HPをご覧ください。
こちらから▶ビリケン商会TOY

160616ブースカ

今回も少量で申し訳ありませんが製作いたします。

エイ!ヤァ!と簡単に出来ればよいのですが
手作りで流れ作業で出来ない部分が多くて
自分ではこれが精一杯なんです。

とはいいながら
申し込みはあるのか心配でもありますが。

製作の励みにもなりますので
気になっていただけましたらご連絡くださいね。

もし、今回受注数に達してしまっても
お時間をいただきますが
ご要望のある限り製作いたしますので
よろしくお願いいたします。

さて気を引き締めて製作に入りますね。
はてさて。
 

箱作ってますよ。

ビリケンギャラリーで開催している
Robota-Robota 〜包まれたロボットたち〜。
(6月22日まで月曜定休)

ROBOもめでたくお家が決まったので
納品時間に合わなかった専用箱を作ります。

そう、あの「雅太郎さんは箱の方が立派だ」と
いわれている「アレ」です。


ロボットなので、秘密兵器でも入っていそうな
ジュラルミンケースに入れられたらよいな〜とか
ウレタンをくり抜いて入れたら
カッコいいだろうとか
考えてみました。

本当のジュラルミンケースは高価で
サイズが会うものがありません。

秋葉に行ったり、
ホームセンターを探したりしましたが
なかなかないものですな。

それで「なんちゃって」なのですが
手作りすることにしました。

手軽なトランクを探していたら
丁度よさそうな品を発見しました。

サイズはやはり会わないのですが
かさ増しすれば使えそうかなと思ったのです。

160617ケース1

フライングタイガー。
コペンハーゲンのオシャレ雑貨屋さんです。
価格も手頃でデザインも可愛いものが多いですね。

開店当初は行列ができていましたが
支店がたくさんできたので
普通に買うことができました。

それとエッジの部分の金具を取るために
箱を買ってきました。
キチンとしたものなので高価です。
ムダも多いのですが
本体は普段の小物入れとして使えそうです。

こういうパーツもなかなか売っていませんね。
金具だけで買っても意外に割高になるので
あなどれません。

これを改造します。

まず、かさ増しするために金具を外して
表面のクロスを剥がしていきます。

このときに中の木材を見たのですが
日本では見たこともない集積材でした。
ゴミを固めたみたいな合成木材。
クロスを剥がすときにボロボロ崩れていきます。

面倒なのでベニヤ板で新たに作るもとにしましたよ。
コペンハーゲンといっても中国製ですからね。

160617ケース2

ボンドと木ネジでサクサク組み立てます。
乾燥を待ってからヤスリで滑らかにします。

160617ケース3

そこにROBOと同じ生地を貼付けていきます。

本体の残りの生地でなくて
新たに買ってきたモノです。なんともです。

これは接着剤がうまく付かない生地なので
ほとんどタッカーで固定しています。
(ホチキスですが)

なるべく角の処理がしやすいように
貼り方も工夫しているのですが
やはり難しいですね。

こういうモノを作って初めて
ヴィトンのトランク職人さんのスゴさを
思い知りますよ。

160617ケース4

ベースのトランク等からパーツ取りしました。
トランクはネジ止めだったのですが
ボックスはハトメで固定してあったので
取り出すのに苦労しましたよ。

これをサクサクネジ止めしていきます。
なんかネジ作業って好きだったりします。

160617ケース5

カメラ用品店で買ってきた
ウレタンを内装します。

ベース部分は少しカットしてあって
くり抜くのが簡単そうですが
失敗しそうだな〜と心配です。

160617ケース6

それで一応の完成。

取手のネジ長が足りなかったので
別に買ってこなくてはいけなくなりました。
こんな些細なことで
毎日のように材料を買い出しに出掛けますよ。
やれやれです。

なんちゃってなのですが
見た目はATMのガードマンさんが持っている
現金輸送している感じになりましたね。

この後、プレートを作って貼付けます。
できたら、会場に行って
くり抜きのサイズ合わせにいかなくちゃですね。

はてさて。

ブースカはどおした!?
 

トランクの完成!

トランク作っていました。

ネジの長いの買ってきたり
プレートを作るためシールプリント用紙を
揃えたりして
ようやく完成しましたよ。

「なんちゃってトランク」

一見ジュラルミン製っぽいのですが
ROBOくんと同じ
柔らか超合金製です。

当初は少しの張り替えと工作で
簡単に出来ると思ったのですが
パーツにこったりしていたら
作業の失敗も含めて
普通にジュラルミンケースが買えるくらい
コストがかかってしまいましたよ。トホホ

なんか楽しかったし
ルイヴィトンのトランクにも興味があったので
今後もカバン作りの一つとして
作ってみたいですね。

160618トランク

搬出のときに会場に持っていって
ロボを収めるといたします。

ウレタンのくり抜きに失敗しないようにしないとね。
はてさて。
 

トランクを会場に。

完成したトランクを
ようやく会場に持ち込みました。

160621ロボ1

出来映えをロボくんにチェックしていただいています。
満足していただけたでしょうか。

閉店後にお時間をいただき
中のウレタンをくり抜きました。
なんとか失敗しないでできましたよ。

無事トランクに収まっていただきました。

しかし、トランクに収まった画像を
撮影しようとしたところ
バッテリー切れ。

なんとも、いつも大事なときに
失敗しますね。

会期も明日(22日)が最終日になりました。

もうKUMA ROBOくんに
会う事ができなくなると思うと寂しくなりますね。

最後にキチンとお別れをしてくるといたしましょうか。


Robota-Robota~包まれたロボットたち~
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〜2016年6月22日(水)12:00~19:00
ビリケンギャラリ-
東京都港区南青山5-17-6-101 ビリケン商会
 

ロボット終了!

Robota-Robota~包まれたロボットたち~は
先日の22日で無事終了いたしました。

160623展示1

沢山の方々にご注目いただき
ありがとうございます。

会期中も沢山の方々におこしいただいたようで
お腹のボタンを押していただけたでしょうか。

160623展示2

自分は何度か企画展に参加させていただきましたが
今回のような「ぬいぐるみ」メインの企画展は
初めてでした。

超人気作家さまたちとご一緒させていただく幸せ。
なんとも恥ずかしくて、
こっそりと展示させていただきました。

160623展示3

ぬいぐるみが好きなお客様とお話できたり
作家さまと知り合いになれたり
嬉しい時間をいただきました。
大変勉強にもなりましたよ。

人見知りなもので
次回はもうちょっとキチンとなりたいところです。

何度か在廊させていただきましたが
こうしてブログに掲載するための写真を
いつも撮り忘れてしまいます。

空間の雰囲気がそんなことを
忘れさせてしまうのかもしれませんね。
最終日間際でようやく撮影できました。

こうして展示風景を改めてみると
初日のときと皆少しポーズが変わったりしています。
これもぬいぐるみという展示ならではなのでしょうかね。
閉店後にみんなで車座で
話し合ったりしていたのでしょうか。

この空間が今は無いのが寂しいくらいです。

また次回もあったら、ぜひ参加したいですね。
それも楽しみです。


撤収作業で
出来上がったトランクに収まっていただきました。

160623ROBO1

この後、里親さまの元に輸送されていきます。
いつものことですが
会えなくなるのは寂しいですが
いつまでも元気でいるのだよと
トランクのフタを閉じました。
 

ブースカ製作再開しました。

おかげさまで今回も申し込み受付を
たくさんいただきました。
ありがとうございます。

望まれている幸せを感じながら
ハリキって製作していきます。

残念ながら今回も申し込み
いただけなかった方々には
少しお時間をいただきますが
作り続けていきますので
次回もよろしくお願いいたします。


まずはパーツ作りをしていきます。

目はプラ樹脂板を積層接着して
削りだししていきます。
ブー冠と歯、へそはシリコンで複製します。

160625ブースカ1

前回分でシリコン型がちぎれてしまったので
今回は新たにシリコン型を作りました。

前回の反省を含め、
型取り位置を変更したりしたのですが
やはり流し込み流路を調整しないと
空気貯まりができたりして
うまく型取りできないので
最初は沢山失敗します。

ようやく調子が良くなってきた頃
とりあえず今回の生産数を取る事ができました。

今後はこの新しい型で量産していきます。

このレジンという素材は
湿気の影響や手で流し込みをすると
細かい空気が入ったりします。
塗装してみると表面に穴が開いていたりするので
表面処理をするのですが
なかなか全部とることが難しいですね。
いつも塗装前に苦労するところです。

塗料の乾燥を待ちながら
口の部分を作っています。

平な部分を出すために厚紙の芯を入れるのですが
細いところは割れてきます。
これを防ぐために紙テープに糊をつけて
1個々巻いています。

それと口の中のフェルト部分には
あまり見えないですが
キチンと舌があります。
なかなか細かい部分なので
いつも緊張しながら作っていますよ。

160625ブースカ2

もう製作するのが生活の一部となってきています。

よく「沢山作っていて大変ではないですか」と
聞かれるのですが
自分的には完成された工程があるので
それをこなすために
正確な作業を心がけるだけなので
気が楽でもあります。
待っていてくださる方々がいるというだけで
責任も感じますしね。
上旬というアバウトな締め切りも
自分に合っているのかもしれませんね。

さてドンドン作って行きますよ!!
 

ショッピング

なんだか知らないうちにストレスが
溜まっているのでしょうかね。

最近ではモノを作っているからでしょうか
欲しいおもちゃがなくなってきました。
とはいえ買っている方ですかね。

しかしなんとなく気になっているいるものが
多くなって、思わず買ってしまうことが
あります。いけませんね。
ちょこっと紹介します。

160629おもちゃ1


テディベア「ジュラルミン」シュタイフ社製

まんが「よつばと!」でよつば所有のテディベア
「ジュラルミン」を老舗メーカーシュタイフ社が
製造した製品です。

最近のシュタイフ社はどうしたんだ?とばかりに
日本からの依頼なのでしょうか
くまモンとかピカチュウとか
キャラクターを発売しています。
これもその企画物なのでしょうかね。

3次生産分が募集されたのを知って
思わず「ポチッ」っとしてしまいました。
(現在では募集数に達したようです)

3次生産って、意外に売れているのですね。

実はぬいぐるみを作っているクセに
キチンとしたテディベアを持っていません。
触れるときはできるだけ触れるようには
しているのですが、いけませんね。

いつかは老舗メーカーか
作家さんモノをと思っていました。

自分にとっての初シュタイフ、
初の既製品テディベアです。

本当ならGANT社のテレンスを探すのですが
これも巡り合わせでしょうかね。

9月に届くようです。

160629おもちゃ2

WALL・E レゴ社

ディズニー・ピクサーのアニメ「ウォーリー」の
主人公ロボをレゴブロックで再現した商品です。

発売当初「ナゼこの時期にウォーリー?」と思い、
デキが良さそうなのですがスルーしていました。
映画自体に思い入れがなかったせいもあります。

しかしこの製品はピクサーのデザイナー兼
ディレクターが自ら設計製作、
アニメ製作と同時期に作っていたと聞いて
これは公式な検討用マケットではないかと思い
急に興味が出てきました。

街に出たついでにレゴ売り場で発見したのが
運が悪いのか、思わず購入してしまいました。

連結履帯なのもポイントが高いですね。

初期は首が安定しないとういう
パーツ選定ミスもありましたが
すぐに対策ができてパーツの無償供給、
現在では変更されているようです。
レゴ社の誠実さを感じます。

ブースカを作っているのですが
深夜、徹夜して完成させてしまいました。
久しぶりのレゴ製作、楽しめましたよ。

190629おもちゃ3

タケヤ式自在置物「蛇螻蛄 鉄錆地調」海洋堂社製

夏休みシーズンになると
子供向けに美術館とかデパート催事で
アニメや特撮展示が開催されます。

子供な自分にはピッタリなので楽しみなのですが、
六本木ヒルズ展望台では
ジブリの展示があるそうです。

そこで販売される限定商品のひとつのようです。

前から腐海の蟲たちをキチンと作って
標本っぽくするとカッコイイかなと思っていました。

これなんかも羽を透明パーツで
キチンと着彩してあれば面白くなりそうです。

本当は「ウシアブ」が欲しいのですが
いかがでしょうかね。

他の夏イベントも気になりますが
また後で紹介しましょうかね。

ちょっとお金を使いすぎでしょうか。
その分、お仕事頑張らねば!
 

Appendix

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

広告

Extra

プロフィール

雅太郎1号

Author:雅太郎1号
作るの好きなくせに
絶対完成しない人。
やればできる子。

最近はテディベア製作で
フェスに参加しています。
機会がありましたら
お声掛けください。

メリー号制作記は
カテゴリの「ワンピース2」から

ストーム・マシーンの
ロビー製作は「SMG」。

ニャンコ先生とか
その他もジャンルいろいろ。
まとまりがありません。

最近検索の多い
「ハレパネ貼り方」は
カテゴリの「工作」から
参考になれば幸いです。
 

カレンダー

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリ

柊 (15)
SMG (53)

FC2カウンター