Entries

猿出来ました。

いよいよ明日(2日)からですね。

孫悟空と怪物
2016年4月2日(土)〜13日(水)月曜定休
ビリケンギャラリー(表参道)

西遊記をテーマに、多ジャンルで活躍する
17名の作家の作品を展示します。

石黒亜矢子 石塚隆則 市川友章 イマムラセイヤ 
英之助 坂井雅人 逆柱いみり 下村勝 
タケヤマ・ノリヤ 田中六大 花輪和一 ハマハヤオ 
ピコピコ 湊敦子 森口裕二 森雅之 山田雨月
(DMより)

160328猿1

夏のグループ展につづきお誘いいただきました。
著名作家さまばかりで恐縮します。
テーマが面白そうで今までにない
力作揃いとお聞きして
自分でも楽しみです。

前回では猿ベースができあがりました。
さて悟空の要素を付け加えていくのですが
どこまで作るか。

生まれ故郷で暴れている状態なら
これでも完成なのでしょうか。
正式な如意棒じゃない感じも合っているかな。
コスチュームを作る手間がなくて良いのですが
ちょっと考えてみます。

まずはアタマの冠でしょうか。
ヤンチャをするとキリキリ絞まってこらしめられます。
生まれつき被っているものではないでしょうけれど
前に仮付けしたらハチマキみたいになって
どうもイメージがわきません。

それでも金属線で作ってみたら
なんとかそれらしく見えたので採用することにしました。
アルミ合金の磨きだし。
プライマーを塗っているので
すこしはシルバーっぽくなっているでしょうか。
金にしなかったのは
色合いで赤系や青系でイメージが難しいし
モノトーンにできるだけしたくてシルバーに。

三蔵法師からいただいたという
服や靴は着せると
猿回しのサルっぽくなりそうだったので
着せないことにしました。
けっして怠けたわけではありません。

ただマフラーだけは巻いて
智慧のある動物感をだしています。
色は作る予定だった服が赤系なので
オレンジ色にしてみました。
なるべくボロっぽい感じがほしかったので
綿100%のものにしています。
この生地ってなかなか難しいですね。
人間スケールだと重さと厚みが合いません。
自分は太い糸を使った
ザックリとした生地がすきなので
探すとなかなかなかったりします。
値段もわかりません。
m/単価での500円の違いはなんなんでしょうか。
今回はヘナヘナ生地ですが結構高価でしたよ。

そのまま使うとキレイな色だったので
紅茶染めをして
少し彩度を落としました。

まあ、結局あれから
冠とマフラーしか作っていないのですがね。
そして完成!?

160401さる1

160401さる2

160401さる3

分身の術をなにげなく遣うところでしょうかね。

納品の期限が延ばせたので
箱でも作ろうかと思いましたが
急遽材料を探しにいったら
アタマが混乱してしまい買うのを躊躇しました。
お迎えいただけたら
会期中を利用してキチンと作りことにいたしましょう。

今回は石が重くて紙箱だとおぼつかない感じなので
どういうのにしようか
こちらで悩み中です。

はてさて
皆様のご来場心よりお待ちしておりますね。
よろしくです。
 
スポンサーサイト

猿展示してます。

160402さる1

前の日に納品にいってきました。
グループ展「孫悟空と怪物」

そのときは展示作業が始まったばかりで
一部の作品しか拝見できませんでした。
最終的にはどのような会場になるのか楽しみで
HPの画像を見てみました。

ビリケンギャラリーHP

力作揃いだなと見ていると
自分のお猿がいないではないですか!
キチンと展示されているのか
次の日も確認にいきましたよ。

まあ、他作家さまの作品をキチンと見たかったのと
オープニングパーティがあったからなのですが。

いましたよ!

160402さる2

死角となっていた展示ケースの中にありました。
無事を確認してホッとしましたよ。

西遊記をテーマに
シリアスあり、ほのぼのありで
楽しめる展示になっているようです。
自分も気になっていたぬいぐるみ作家の
湊さんのお隣でお恥ずかしい限りです。

160402さる3

とかいいながら2ショット写真をパチリ。
会期中仲良くしていただくのだよ。

13日までに追加の展示もあるようなので
また時間を作ってうかがいます。

今回の猿は「石猿」というタイトルにしました。
孫悟空になるには一歩手前、
名乗るにはちょっと恥ずかしい。
物語中本人は「斉天大聖」と
堂々名乗ったりしていますがね〜

目は前回書いたように
アクリル球を使って一部削り出しをしていますが
レンズ効果なのか黒目が見る方向で移動します。
カメラ目線といいますか
ちょうど目が合う感じになります。
暗くてよくわかりませんが最初の画像と下の画像を
見比べてください。

会場でもぜひ見つめ合ってくださいね。

160402さる4
色被り画像ですみません。

ーーーーーーーーーーーーーーー
孫悟空と怪物
4月13日(水)まで(月曜定休)
ビリケンギャラリー
ーーーーーーーーーーーーーーー
 

[宣言]スズメちゃん作りを日課に!

現在ビリケンギャラリーで開催されている
「孫悟空と怪物」に向けての作品も
無事納品できました。

皆様にご覧いただける喜びを
日々感じております。

年末よりワンフェスや
企画展用の作品作り、
ベアフェスなどのイベントが続き
ブースカをお待ちいただいている方々のため
量産作業をしていました。

間際では徹夜の日々だったりしたので
ちょっと休憩もしたいところですが
いつもダラダラとしているので
作業を出来るところからはじめることといたします。

まずは4月下旬予定の第3回申し込み分のブースカ。
こちらを製作していきます。
もうかなりの数製作しているので
この工程はこのくらいとか
解ってはきていると思うのですが
キチンと計画をたてて、ちょっと余裕が出るくらいの
作業進行としたいものですね。

それと、5月の14-15日のデザインフェスタ。
スズメちゃんはいつも初日でいなくなってしまい
皆様に残念な気持ちにさせてしまいます。
今回はいつもよりは
沢山用意したいなと思っています。

開催まで1ヶ月半。
今からでもちょくちょく作らないといけませんね。

それで宣言します!
1日最低数時間はスズメちゃんの作業をする!
そうすぐに沢山作れないので
地道な作業で日課とします。

160406すずめ

そんでもってチクチクしています。
はてさて何匹作れるでしょうかね。


今日はお天気もよかったので
隣町まで散歩がてらランチにいきました。
途中公園があって桜がキレイに満開でした。
明日はお天気が悪いので
今年はこれで終わりでしょうか。

梅はもう終わってしまいましたが
よく見ると実をつけていました。

160406うめ

食用ではないのでしょうが
生命感のあるキレイな色合いです。
ちゃんと実がなるんだ!という感動と
どおせ鳥や虫に食べられちゃうのかなと
微笑ましい気持ちになります。

四十雀もやってきていました。
以前製作したことがあったので
画像なんかはよく見ていたのですが
やはり本物、自然な色はキレイですね。
また挑戦したくなりました。

そんな一日でした。
 

ブースカも作ってます。

ブースカ作っています。

第3回受付分の作業なんです。
受付を開始してもすぐに予定数になってしまい
こんなにもご要望をいただいていると思うと
製作に責任を感じます。
1体1体、カワイイ可愛いと思いながら
作っていますよ。

申し込みができない方々には
大変残念な気持ちにさせてしまっていますが
ご要望があるかぎり製作していきますので
よろしくお願いいたします。

いつものことですが
まずはパーツを作っています。

160408ブースカ1

ブー冠とヘソ・歯は注型用ポリウレタン樹脂で
複製しています。
シリコンでとった型に
A液、B液と混ぜた液体を流し込みます。

数分で硬化するのですが
型を合わせて固定、そこに流し込み
硬化したら型を割って取り出します。

なんだかんだと30分くらいかかるので
数が多くなると1日仕事になったりします。

しかもナゼか硬化不良があったり
合わせが不十分で中の液体が漏れてきたり
カップからこぼしたりして
最初は液体ですが、すぐに固まるので
案外、汚い作業になったりします。
にがいガスが出ていて換気が必要だし
液体が爪についたりして硬化すると
なかなか取れなかったりします。
なのでゴム手袋がかかせません。

机で作業をしていますが
最近は大きめのプラトレーを
100均から買ってきて
下に敷くことにより
液体が流れたりして
机を汚すのを防いでいます。

なんか手芸とはかけ離れた作業なので
机上もそれ仕様になってしまします。

早く終わらせたい作業ですね。

初回から気泡が貯まらないように調節して
失敗も少なくなってきた型も
そろそろ限界になってきました。
一部が掛けてしまったり
極端に型離れが悪くなっているようです。

今回は丁度限界の頃に
数を取り終えたので
次回のときは新しいシリコン型を作らないといけません。

その後、出来た樹脂をクレンザーで洗浄した後
バリをとって気泡がある場合はパテ埋めして
表面を処理します。これがなかなか大変。
その後ようやく塗装していくのです。

こういう作業を何回もやっているので
コツなんかも学び
作業もスムーズに進んでいます。

何事も熟練って必要ですね。
 

木箱作っています。

現在はビリケンギャラリーにて開催の
「孫悟空と怪物」に「石猿」という
ぬいぐるみもどきを展示しています。

会期も来週水曜日までなのですが
今更ながら作品を収める箱を製作しています。

土台に天然石を使ったことで
いつもの紙箱だと壊れてしまいそうです。
なので、相当のコストアップなのですが
木箱を作ることにしました。

箱の方が立派だな〜というアレです。

ホームセンターに行ってきたのですが
なかなか薄めの板材ってないものですね。
ベニヤ合板だと安くて丈夫なのですが
やはりムクの材料ですよね。

なるべく加工が少なくてすむように材料を選び
厚みを計算してカット図面をその場で作成します。
カットはお店の方にお願いしました。
ちょっとしたことですが
直角に真直ぐ切るのって難しい。
ここはプロの技をお借りしました。
わずか30分で完成。
さすがです。

160408箱1

家に帰って広げてみました。
微妙なサイズがあるので
間違えないようにしないと。

これを木工用ボンドと木クギで組み立てていきます。

よく「膠にかわ」というのを聞きますが
昔から遣われている接着剤です。
最近の接着剤と違って
材料に影響しないのでしょうか。
温めるとまた分解も容易そうです。
一度使ってみたい材料ではありますね。

とか思っているうちに箱らしくなってきました。

160408箱2

キチンとカットしてあるので
サクサク組み立てられるかなと思っていたのですが
材木を成形後湿度による変形が微妙にあって
意外に苦労しましたよ。

角をヤスリで丸めると
手触りも滑らかになって
木の触感って癒されますね。

表面処理はラッカーニスだと無粋なので
「柿渋」を塗ることに。
柿の搾り汁を発酵させた
木材などの防腐剤として昔から使われています。
独特の匂いがイヤということを聞きますが
自分はワインのようであまり気になりません。

塗り重ねで色が濃くなりますし
日光にも反応してやはり濃くなるようです。
ある程度すると上品なツヤも出てきたりして
育てる表面処理剤という感じです。

160408箱3

一度、展示台で使ってみたことがあるのですが
会期中に何回か重ね塗りをしていきます。
一体どんな質感になるか楽しみではありますね。
日光浴もさせてみましょうか。

さてほぼ出来上がった木箱ですが
いざ入れようとしたら
採寸ミスで作品が入らないなんてことが
おきそうな予感。
会期終了後に入れてみないとわかりません。

不安を残しつつ…。
 

木箱出来ました。

ビリケンギャラリーで好評開催中の
「孫悟空と怪物」展、
月曜が定休日なのであと2日となりました。

今回は「石猿」で参加しています。
嬉しいことにおウチも決まって
お迎えいただきました。
ありがとうございます。

あと2日ということが
それでもうあのサルとは会えなくなるのだなと
毎度のことですが寂しさもありますね。

今回は特に自宅に帰ってきてほしかった作品でしたよ。
いけませんね。

なので製作時間もギリギリだったのですが
いつもの箱を作らないでいました。

やはりお迎えいただくなら手抜きはできないと
急遽箱を作り始めていましたよ。

柿渋を数回塗り重ね
現在乾燥させています。

160410はこ

大体完成しました。

まだ柿渋の色合いとしては若いですが
今後日が経つにつれ
深い濃い色になっていくはずです。

撤収日までにどお変化するかは楽しみの一つです。

残り少なくなってきました会期ですが
皆様のご来場をお待ちしておりますね。


さて終了後、この箱にしまいにうかがうのですが
キチンと入ってくれるか心配です。
どおかな〜。
 

いつの間にか

年を重ねると時間の感覚が
遅くなるのか早くなるのか
前に見たモノを必要になって
買いに行くとどこにも無くなっていることが
多くなりました。

シンバルを鳴らすサルのオモチャとか
欲しかったのですが、全滅ですしね。

ふと思いたち、
お土産ものっぽいオモチャ屋に売っていた
音や光の出るおもちゃ。
たとえば光線銃のオモチャとかが
必要になりました。

それで遊ぶのではなくて
中の電子回路と発光ダイオードを
使って工作したかったのです。

ボタンを押すとゲームセンターみたいな
華やかなピラピラ音と光が点滅するアレです。

091018マーズアタック1

以前紹介した正規キャラ物です。
これは分解するのはもったいない。
できれば中国製のオリジナルデザインの
安いのがあればイイな〜。

材料を購入しに街に出た時に
探してみました。

トイザらズなどの大型玩具店、
デパートの玩具売り場、
ビレッジヴァンガードのような面白雑貨屋さん
ダイソーなどの100円ショップ。
最近都心では
街のオモチャ屋さんが少なくなりましたね。

しかし自分が希望するオモチャを
見つけることができませんでしたよ。
一体どういうことでしょうか。

雑貨屋さんに聞いたのですが
電池を使ったチープオモチャは
不良品が多かったり、電池が交換できない構造だったり
しかも展示段階でさわられて
電池がなくなっちゃうことがあり
最近では仕入れていないのだそうです。

ムムこれはいけませんね。

いろいろ巡って気がついたのですが
近頃のオモチャ屋さんが異常に静かです。
昔はデパートなんか
オモチャコーナーがどこにあるのかって
すぐにわかるくらい
ピーピートントコ音がしていました。

プラレールの走る音だったり
動物の太鼓を叩くオモチャだったり
なんか賑やかでしたよね。

それらが一切ないのです。
住宅事情もあってうるさい物は
好まれないのでしょうか。

オモチャ屋さんが寂しくなったな〜とか
思ったのは、魅力的な商品がなくなったと同時に
音や動くものがないのが原因のひとつかもしれません。

しかし、自分でも気がつかないうちに
消えて行っている物って結構あるんだろうな〜と
思い知らされました。

(先日もぬいぐるみ用に「目立て」が品薄みたいなので
予備としてあわてて購入しておきました)

これは不安でしたが
家電量販店で見つけたので購入してみました。

160413光線銃

仮面ライダーゴースト サウンドフラッシュガン
プレックス社製

バンダイ製だと高額で
キチンと劇中サウンドを再現しているのでしょうけど
これはギリギリの版権物です。

隣に戦隊もののガンもありましたが
基本は同じで色とシールが違うだけのものでした。
モニター用の電池はなくて
実際にどのような音と光かは確認できなかったのですが
作りもしっかりしているし(分解しちゃうのですが)
とりあえず抑えることにしました。

家に帰って電池を入れて作動させたのですが
音や光が真面目すぎて面白くありません。

ピューイピユーイ、ドドドドド、パパパパ
とか下品な感じがよかったのですがね。
これも正規版権ものとしての
日本人の真面目さが出てしまっているのでしょうね。

今後もありそうなお店があったら
探してみようと思います。

なんだかね〜。


追記6/19ーーーーーーーーーーーーーーーーー

街に出掛けるたびに
ありそうなお店に立ち寄っています。

さうが!ドンキホーテ。
こういう怪しいオモチャが
ちゃんと売っていました。

値段は決して安くない。
音はちょっと高級で
思ったのと違っていたのですが
あったことがうれしかったのか
思わす購入してしまいましたよ。

160419光線銃1

いつのまにかコレクターです。
何に使うかは後のお楽しみに。
 

展示終了しました。

先ほど熊本を中心とする大きな地震があったようです。
震度7!!という信じられない揺れ、
時間が経つにつれ被害も明らかになってくるでしょうが
皆様の無事を祈るのみです。

4月2日から13日までビリケンギャラリーで
開催していました「孫悟空と怪物」展。
大盛況で終了いたしました。
ご来場いただいた皆様ありがとうございます。
出展作家さまやギャラリースタッフ方々
お疲れさまでした。

終了の翌日、
撤収と次回の準備作業の中
今まで作っていた木箱を持ってうかがいました。

160414サル1

早速の箱詰め作業。
心配だった「入らない」ということもなく
収めることができて一安心です。

記念に撮影してみました。

無事おウチも決まって
里親さまのもとに届けられるでしょう。
これが自分との最後だと思うと
毎度のコトですが
ちょっと寂しくなります。
まあ、自分のゴミ屋敷にいるよりは
ずっと幸せな環境でしょうけどね。

孫悟空のように
良き相棒として活躍しますように。

次回も展示参加のお話もいただけるようで
自分でも、またどんな子ができるか
ワクワク楽しみでもあります。

詳しく決りましたらお知らせいたしますね。
ありがとうございました。
 

スズメちゃんの脚

前にスズメちゃんを毎日キチンと製作する!と
書いていましたが
あまり進んでいません。
申し訳ない。

材料だけは意気込んで購入していますので
今後の自分のミラクルに期待です。

160419スズメ1

なのでまだ2羽なんです。

フェスに出店していると
脚の素材についてお問い合わせいただきます。
そのときにお伝えしているのですが
滑舌が悪いので
解りやすく説明できていないかもしれません。

使用しているのは模型店や
ホームセンターの材料売り場で買える
タミヤのプラ棒です。

これは3mmと表記してあっても
製造方法の都合でしょうか
サイズが微妙にまちまちです。

エバーグリーン社製もあって
精度はありそうですが
高価ですしプラの純度が高いのか
若干柔らかめ。うまくいかないものです。

160419スズメ2

これをカットして先端を丸めたり
尖らせたりした後接着して形にします。
接着剤はプラ素材用、溶かして付けるタイプです。

瞬間接着剤と違って乾燥に時間はかかりますが
しっかりと接着できます。

その後、補強と見栄えをよくするため
パテを盛って、ヤスリで整形します。

量産なのでシリコン型を使いたいところですが
レジンって細いと折れやすかったりします。
今後の課題として注型の素材を検討して
コシがあって弾性があるものを
探さなくてはいけませんね。

それから、表面にデコボコテクスチャ加工をします。
ジオラマや建築模型の地面に使う塗料なのですが
砂のような固形物が入っているのでしょうか
それを塗りつける感じです。

乾燥後、それぞれの鳥に会わせて
色を塗って行きます。

スズメちゃんの実物は
こんな色ではないのでしょうが
ドナルドダックの呪縛でもあるのでしょうかね。

1羽に2本あるので
作る数の倍数必要です。
切り出すプラ棒も1脚5本ですから
数多く作るとなると
大変な作業になります。
現在ちょっとイヤになりかけていますよ。

これができたら
スズメちゃん製作もスピードアップする!?

頑張ります。
 

久しぶりです。

久しぶりです。ドングリ盆栽。

「森野熊介」さんから手芸用にいただいた
ドングリが乾燥で割れてしまい使えなかったので
試しに植えてみたことろ
ニョキニョキ芽が生えてきたのです。

大きな植木鉢に撒いてしまったので
植え替えをして育てていました。

乾燥する冬に、小さな植木鉢だったので
水やりが間に合わず1本枯れてしまいましたが
なんとか乗り越えることができました。

160420どんぐり

キチンと盆を買ってきて植え替えする予定でしたが
それはまたの機会としましょうか。

あまり大きくなっていないのは
日当りが悪いからでしょうね。

画像は3鉢ですが
その他は前からの鉢で
剪定せず、自由に育てることにしました。

1年過ぎてこれから元気になる春先に
全体の大きさを決める剪定をします。

目標にしている樹高の1/3の高さでカットします。
そうすることで、そこから枝分かれして
次第に樹木らしい姿になるそう。

ミニミニ好きな自分ですが
あまり切りすぎるものかわいそうで
常識的な高さにしました。

明日から天気が悪くなるようで
洗濯を済ましたあとに
鉢植えをいじるのも
爽やかな季節とともに
心和みますね。

一体どんな感じに育つでしょうか。
楽しみです。

ちょっと現実逃避したくなる
そんな時期です。
 

よく別のことを考える。

現在は月末を目指して
ご予約いただいている分の
ブースカの製作と
5月14-15日のデザインフェスタ用に
スズメちゃんを作っています。

すでに慣れた作業ではありますが
毎回、苦心するところがありますね。
気持ちを込めるところと
心を無にする時があります。

そういうときに
他のことを考えたりすることがあって
アイデアを練っているときなんか
考えがまとまるときがあります。
ピン!と思い立ったりします。

すでにお知らせも始まっている
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
大阪のリッティベア企画展「俺の造形展」
6月8日〜12日  ギャラリー展示
       (ギャラリー siroiro./シロイロ.)
6月13日〜26日 ホームページ応募
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
のための作品を作らねばなりません。
テディベアでなくても
自由なテーマでということですので
いろいろ考えていました。

そこで今回は
かねてより気になっていた動物
「鬼」をつくってみることにします。

160422おに

早速の落書きです。

イメージは小鬼の「オニちゃん」です。

熊本・大分の地震は
なかなか揺れが収まりませんね。
心が落ち着きません。

一昨年、そういえば母親と一緒に
湯布院・別府を巡ったことを思い出しました。
そのときの地獄巡りで見た鬼たちは
今どうしているのかなと考えていました。

夏目友人帳の舞台も人吉市だったよな〜とか。
妖たちはこんなときどういう気持ちかなとか。
そんなことを思いつつ。

オニちゃんはそんなことを考えつつ
製作していくつもりです。

今はまだ製作には取りかかれないのですが
体の色はどおしようかとか、
やはりトラのパンツかなとか。
ツラツラ考えています。

スケッチのようにならないのが
自分の楽しみなところ。
どんな感じになるか楽しみです。
 

スマホ用テンプレ

ブログを始めたときは
今でもそうですが
詳しくわかりませんでした。

いくつかのサービスから使いやすそうな
ところを選んで
マニュアルと格闘しながら作っていたものです。

何も知らないので
基本テンプレートを少し改造したりする程度でした。

昔はPCカらのアクセスしかなかったのですが
次に携帯電話、
今ではスマホからの方がパソコンより
多くなっているのでしょうか。

スマホ用のテンプレートも数が多くないときに
選んだ可愛いものを
そのまま使わせていただいてました。

今のように普及してくると
デザインなんかも新しくなっているのでしょうか。

今回ちょっとスマホ版の画面を変えてみました。
画像がついていたりした方が
記事を選びやすいかなとか思ったからです。

どおでしょうかね。

160426スマホ

今までご覧に鳴っていた方々は
「あれ?違うところにつながった?」と
ビックリされないでしょうか。

ちょっと試験的に変えてみました。
どおでしょうね〜。
ご意見ご希望がありましたら
コメントいただけるとありがたいです。

自分はスマホでない古い人種なので
どんな感じに表示されるのか
確認できないのですよ。なんともね。

もうすでに始まっているのですが
前から更新を楽しみにしていた
ブログがほとんど休止になってしまっています。
続けている方は
他のSNSの方に以降しているようです。
手軽に発信できるからでしょうかね。

たしかに気楽に更新できるようですし
ブログ自体のアクセス数は少なくなっているよう。
(単に自分の記事が面白くないのかもしれませんが)

終わってしまうジャンルもあるのでしょうね。

AI(人口知能)が発達すると
なくなる職業もあるとか。
新しい技術が出てくると
必要のなくなるものがあるのは
過去にも沢山ありました。

ちょっと寂しくはありますが
拘っちゃうと、そのなくなったものを
使いたくて探したりします。
それも良いものですが
やはりヨクヨク考えると
必要がないものなんだよな〜と
感じてしまう
今日この頃。
 

ブースカ大丈夫か?

ブースカ作っています。
作業も大詰めですが
締め切りに間に合うか不安になってきました。
4月末ですが、どおでしょう。

160428ブースカ1

ぬいぐるみ作りって
思った以上に体力・気力を使います。

どちらかというと
短距離ランナー的な自分ですので
エイ!ヤー!と決まっていけば良いのですが
気がつかないくらいに疲れているときがあって
そういうときは精度も落ちてきて
失敗もあったりします。

失敗するとやり直しなので
「ふりだしに戻る」な感じになって
余計、労力を使うことになります。

その日の作業の
やめ時を見つけなくてはいけないのですが
グズグズしていたら進みませんね。

なんとか予定日近くで納品するため
鋭意製作中ですよ!

楽しみにお待ちいただいている皆様のために!



もうちょっとお待ちくださいね。
 

Appendix

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

広告

Extra

プロフィール

雅太郎1号

Author:雅太郎1号
作るの好きなくせに
絶対完成しない人。
やればできる子。

最近はテディベア製作で
フェスに参加しています。
機会がありましたら
お声掛けください。

メリー号制作記は
カテゴリの「ワンピース2」から

ストーム・マシーンの
ロビー製作は「SMG」。

ニャンコ先生とか
その他もジャンルいろいろ。
まとまりがありません。

最近検索の多い
「ハレパネ貼り方」は
カテゴリの「工作」から
参考になれば幸いです。
 

カレンダー

03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリ

柊 (15)
SMG (53)

FC2カウンター