Entries

本当に作るつもり?斑さま製作記 その20

しばらくお仕事をいただいていて
バタバタしておりました。
こういう忙しさも楽しめます。
頑張らねばと思います。

そろそろ確定申告の時期です。
先年はギリギリになって
最終日こんなに行列するものかと
ビックリでしたので
今年は毎月末キチンと整理して
楽々提出してやるぞと思っていましたが
やはり今になってバタバタ書類を
帳面にまとめています。

お天気もよいのに家で事務仕事。
なんともこの性格は治らないものですかね。

こんなこともあって
久しぶりの斑さま製作の再開。

今度は胴体を作ります。

150131斑1

脚関節はネジとナットで止めます。
回転する部分なので適度な保持力が欲しいところで
グリグリいじっていると
ネジがゆるくなってしまいます。

いろいろ考えているのですが
後で分解するので、
ここはバネを入れてナットを瞬間接着剤を
流し込み固定してみます。

しばらくはこれで様子をみます。
ゆるんだりしなければよいのですがね。

150131斑2

胴体用にスポンジブロックを切り出します。

出来ている骨格に巻き付けて
胴体のアバラやお腹を再現します。

大雑把に巻けたらハサミでチョキチョキと
カットして形を作っていきます。

これが大変な作業で
調子にのってチョキチョキしていると
部屋中がスポンジクズだらけになっています。
しかも静電気で手につくと離れない。
イライラしますね。
鼻もフガフガです。

150131斑3

もうどおしょうもなくなったので
ここで一旦お休み。
明日、掃除機を抱えて吸い込ませながら
チョキチョキするつもり。

もうちょっとスレンダーと力強さの調和を狙います。

さてはて。
 
スポンサーサイト

本当に作るつもり?斑さま製作記 その21

本当にチビチビ進んでいます。
「斑」さま。

今日は節分ですので
羊毛でササッと「鬼」さんでも
作ろうかと思いましたが
間に合いそうにありません。
また来年。

さて製作です。

150203斑1

スポンジくずがひどいので、
掃除機を片手にチョキチョキしてみました。
随分細身になったものです。
ボアのボリュームを考慮しなくてはいけないので
どこまで削るか難しいところですが
肋骨とか内蔵を想定しつつ決めていきます。

なんか小型の猫くらいの大きさですかね。
胴体がつくと俄然生物っぽい存在感が出ますね。

次はボアを貼って行きます。
当初は胴体と脚を一体化して
着せるように全体を包む予定でしたが、
生地の伸びとか考えると
いろいろ問題がありそうなので
それぞれ別にすることにしました。

150203斑2

型紙を作ります。
今回は多少伸縮する生地なので
若干きつめにしています。

とはいえ原型を押し当ててグルリと
ラインを引いただけだったりします。

これを元にボアにあてて切り出します。
毛並みの方向とか考慮していますよ。

150203斑3

2枚を裏返して縫い合わせてみてます。
表に返すとこんな感じ。

毛のボリュームが多いので縫いには苦労します。
一緒に縫い込まれたものを表に出さないといけないし
裏にまわった縫い代も余分な部分を取り除かなければ
細い部分もあるのでキツくなったり
出来上がりもデコボコしそうです。

最初から縫い代のフチは
毛をカットしておけばよいのですが
自分だと切り過ぎてしまいそうで不安です。

しかもあんまり思ったほど生地に伸縮性がなくて
爪先の部分が入るのか心配になりました。

いろいろ考えてパーツごと取り外して
ボアの中に入れ込みました。
なかなか大変。

爪は生地を突き抜けて出しています。
やはりもう少し長くしないと
生地の厚み分出ている部分が短くなりますね。
ここは最終で調節いたします。

150203斑4

なんとか包むことができました。
いい感じ!ネコ足っぽい!

いろいろ考えながらの製作ですが
要領はマスターいたしました。

やはり外皮がつくとよいですね。
完成が近づいているきがするのですが
問題ないだろうと思ったところに
大問題が隠れていたりします。

まだまだ油断はできません。

さてはて。
 

本当に作るつもり?斑さま製作記 その22

今週末日曜にワンフェスが開催されます。
今作っている「斑」さまを数個製作して
販売しようと計画しています。

当然この冬のイベントには間に合わないですが
夏になんとかできたらと思っています。

今週末のイベントが終わったら
すぐに次回の申し込み受付が始まるはず。
次回は7月の26日だそう。

そういえばその前の週にベアコンベンションが
ありますね。
自分大丈夫でしょうか。作業できるんでしょうか。

版権申請とかもありますので
とりあえず画像を作らねばと
急いでいるのかいないのか。
ほぼ半年前から動かなくてはいけない
そんな予定なんです。

これにかまけていると
3月にはベアフェスもあるし
大丈夫か自分!

早くに「斑」さまを完成したいところなんですが。

しかし卓を確保できるかが
根本的な問題ではあります。
「落選」しちゃったらどおしょうもないんですがね。

150205斑1

なんとか脚パーツ4本に
ボアを巻き付けることができました。
とりあえず、それ風に見えるよう配置してみました。

作業をこなしていくと精度とスピードも
あがりますね。

作っていていくつかの問題も出てきました。
ここは撮影優先で作ってしまい
量産する段階で修正することにします。

毛が生えると生き物っぽくなりますね。
なので余計、首や脚がバラバラだと
気持ちが落ち着きません。
早く胴体にボアを巻いて
首と脚を合体させたいものです。

しかしここで問題が!
シッポの骨組みとなるジョイントの長さが
足らないようです。
なんとも。
斑さまは高貴な長大なシッポの持ち主。
キチンと再現したいところです。

なので明日追加でパーツを買いにいってきます。
問題は明日の天気!
またもや都心に降雪の予報。
大丈夫でしょうか。
電車が止まる心配より
自分の「出たくない」病がぶりかえさないと
よいのですが。

トホホ。
 

今度のベアフェス

すっかり「斑」さまで難航しているとき
書類をお送りいただきました。

今度の3月21・22日に恵比寿で開催される
ジャパンテディベアフェスティバル2015
in TOKYOです。

このブログを書くときに
あわててカテゴリ項目を追加しましたよ。

150206フェス1

出店カードとかチラシが同封されていました。

なんか今回はなにもしていないなと
こういう郵便物で気づかされます。
なんだか世間は進んでいるのだとね。

まだ3月に向けてなにも出来ていない状況ですが
構想はあるので
なんとか新作を紹介できればと思っております。

入場無料になる招待券も沢山いただけました。
当日入場料500円が無料になります。
もし、来場を計画されている方がいらっしゃいましたら
折角ですので郵送いたします。

ご希望の枚数や住所・氏名をコメントか拍手ボタンより
ロック(非公開モード)にしてお知らせください。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

卓の場所も決まったようですが
昨年とほとんど同じです。
今年も作家さまにお会いできるのも楽しみですが
これも主催者さまのご配慮でしょうか。

さてはて。
 

本当に作るつもり?斑さま製作記 その23

3月のベアフェスも
ちょっぴり頭に引っかかりながら
斑さまを作っています。

150207斑1

今度は胴体にボアを巻いていきます。

いつもの要領で100均大判フェルトを巻き付け
型紙をおこしていきます。

なかなか切り返しを何処に作るか悩みどころ。

150207斑2

出来上がった型紙をボアに写して縫って行きます。

シッポ用に新しく別のボアを買ってきました。
ちょっと表情のちがうボアです。
お店には沢山の種類があって楽しいですね。
次回はよりリアルな動物色のボアを
使ってみたら面白いかも。

150207斑3

出来上がったものに骨組みを入れ込みました。
前に書いたシッポのパーツも補充して長めにしました。
本当はもっと長くてもよいのかもしれません。

完成していた首も取り付け
一気に完成が近づいた感じがします。

本来ならお腹の部分とか
少し毛を短く刈り込んでみるところですが
とりあえず全体のバランスを観るために
脚パーツを取り付けてみることにしました。

別パーツにしてあるので
関節でパチンパチンとはめ込みます。

150207斑4

ワンワン!
オオ!いきなり完成してしまいました。

思っていたよりカッコいい!?
毛が生えていたりそこそこの大きさなので
生き物っぽくて、
思わず背中をなでなでしてしまいます。

150207斑5

可動骨組み入りなので
お座りポーズもできます。
当初の目標(お座りする)にたどり着けましたよ。
いろいろポーズをつけて遊べそうですね。

150207斑6

とうとう完成した!と
満足感があまりないのは
今後これを申請用に撮影して
許諾をいただけたら分解してしまうから。
ワンフェス販売のために量産するためです。

なので作業はまだつづくので
完成したのに完成していないという
中途半端な気分。

いろいろ細かい部分は修正が必要なので
それも今後の検討課題です。

今度の日曜にはワンフェス2015冬が開催されます。
2月の末には夏の申し込みが始まるはず、
なんとか卓を確保できて
版権許諾がいただけるとよいのですが…。

さて引き続き今度はベアフェス用の
作品に取りかかります。
お楽しみに。
 

型紙検討

ワンフェス冬が終わりましたね。
自分もちょこっと覗きにいきたかったです。
全部を細かく拝見するのは大変ですが
会場の雰囲気とか感じでみたかったです。

夏には久しぶりに参加する予定ですので
楽しみだったりしますね。

斑さまの作業も一段落したので
3月のベアフェスへ向けての
作業に移りましょうか。

まずはイメージをイラスト化して
固めていきます。

それからスポンジなどで
立体化してまた修正。

それを布を巻き付けて型紙を作っていきます。
軽く縫ったり綿を詰めてみたり
そしてまた修正を加えていきます。

出来上がったらまた2〜3日眺めてみたりして
また修正。

そんなことを考えつつこんな感じになっています。

150209ベア1

基本に戻ってベーシックな感じにしてみました。
新作ということで
新しいデザインにしているのですが
いろいろ修正していると
今までのと同じになってきますね。

タッチって恐ろしい。

普段から自分らしさを探求していましたが
そんなものははじめからあったみたいですね。
それを踏まえてもう一歩したいのですが。

モヘアの種類でも雰囲気が変わるでしょうし、
このまま普通にはしたくないのですが。

耳の位置を変えるだけで
サルや犬などなんにでもなりそうです。

今回はみっちり綿を詰めた
カチカチでなくて
ベアフェスのときに購入した
作り方本にあった、ガラスビーズをまぜた
柔らかタイプに挑戦してみようかと思います。

さて、このまま進むか
しばらく一緒にくらしてみて
検討してみるといたしましょうか。

さてはて。

ーーーーーーーーーーー
早速チケットのご希望をいただきました。
週明けに投函いたしますので
お楽しみに。
 

スズメちゃん

前にちょこっと作っていたもの。

お仕事で以来されたものだったのですが
プレゼンも終わり承認をいただけたので
紹介できます。

150123とり2

前回はここまででした。

鳥を作るのは初めてで
デフォルメで可愛くするとはいえ
何回もやり直しをしましたよ。

「わたわた」でベースを作りました。
ここに色羊毛を付けていきました。

150211すずめ1

出来上がりました。

実物の画像を参考にしていますが
省略具合いが難しい。

150211すずめ2

首は向きを変えられるようにしています。
羽は取り付けないでピンで仮止め。

150211すずめ3

こんな感じで
飛んでいるポーズもとれるようにしてあります。

150211すずめ4

脚はプラ素材で差しているだけなので
位置を変えることで片足立ちも可能か?

スズメって身近で好きな鳥なので
作れて楽しかったです。

色変換していただきこんなにカラフルで
楽しい画面になりました。

150211すずめ5

しかし、この案は残念ながら時点となりました。
多分本屋さんなどで
見たことがあるクマさんが
ポスターになっているかもしれません。
そちらをお楽しみに。

今度のベアフェスとかで
何匹か作るかな〜
いかがでしょうかね。
 

迷いまよい

新作のベアを製作しています。

基本は前に検討していた型紙なのですが
モヘアに置き換えると雰囲気が変わりますね。
イメージするのが大変なんです。

クロ目にすると可愛くなるし
まとめやすいのですが
ここはまた樹脂目に挑戦します。

なかなか悩みながら作っています。

150214ベア1

今回はネコですかね。

なんか意地悪そうな感じ。
遠〜くにジバニャンたちがいそうだし、
なんかおっさんぽいようなおばさんぽいような。
眺めているとじんわり愛着が出てきます。

150214ベア2

体も作っています。
今回はガラスビーズを入れて
しっとりフワフワにしてきるつもり。
初めてなのでうまくいくでしょうか。

初めてといえばシッポも付けてみました。
今までベアだったので付けていませんでしたが
テディベアって
なぜシッポがついていないのでしょうかね。
クマってなかったでしょうか?

150214ベア3

久しぶりに肉球を作っています。
細かくて目がシバシバです。

さて、どんな子が生まれるでしょうかね。
 

完成!

迷いながらも
丁寧に作ってきたぬいぐるみ。
ようやく完成しました!

当初のイメージから離れ
ぬいぐるみ自ら出来上がった感じです。

150216ベア1

ネコが出来上がりました。

ちょっと妖しい感じ。
晩酌につき合ってくれそうなイメージです。

150216ベア2

大きさは24cm(耳を除く)。
ちょっと小柄です。

首は今回初めて試したダブルジョイント。
首の座りが悪くてクネクネします。
傾げた感じが可愛いのですが
このネコのキャラに合っているのかどおか。

ボディ部分もガラスビーズ&つぶ綿で
しっとりふわふわタイプにしてみました。

シッポも今回取り付けてみました。
ふっさふさのシッポです。

150216ベア3

まあ好き嫌いはあるでしょうが
Twitterでも多数のフォロワーのある方々より
RTをいただき拡散好評なようです。

今度のベアフェスに連れていきますので
会いにきてくださいね。
お楽しみに。
 

2匹目

2匹目を製作中。

150219ベア1

遠〜くにドラえもんがいますか?
ちょっと前回と作り方を変えたりしています。

150219ベア2

作っているときにテレビで
チワワが出ていたせいでしょうか
すこし影響されています。
こういうことってよくあるんです。

電車の中でも赤ちゃんにこんなかんじで
みつめられていたこともあります。

次はボディの製作ですが
肉球作りに時間がかかります。

なんとか集中して完成させたいものですがね〜。
 

ワークショップいってきました。

先日伊勢丹で開催されていた
GUSTAVE higuchi yuko LABO
~ヒグチユウコの奇妙な空想館~の展示。
うっとり拝見させていただきました。

そんなとき、西荻のショップ
URESICAさんでワークショップが
開催されるとのこと。

自分はぬいぐるみ製作なので
今井昌代さんの回に申し込みました。

大変人気作家さまなので
どおせ落選だよなと
ダメもとで応募したのですが
ナゼか当選をいただいたのです。

土曜日にいそいそ出掛けてきました。

お店は初めてだったのですが
なんとか迷わず到着。

お手伝いに梅津恭子さんもいらしていて
これは伊勢丹イベントの再現ではありませか!
ワクワクな気持ちでテーブルにつきます。

すでに用意されていたステキな材料たち。

貼り箱のウインドウボックス(手作りだとか)に
裁断、一部縫製済みのフェリトと糸、針。
準備に大変ご苦労されたのと想像できます。

作業自体はブランケットステッチで
縫って行くだけなのですが
これがまた細かく集中が必要です。

13時から18時過ぎまでの
講習時間だったのですが
時間内に完成できるか不安で
ず〜とチクチクしていました。
自分の作品でも、これほど集中的に
作業したことがあるでしょうかね。
おかげなのかなんなのか
次の日はちょっぴり
腰が痛いような…。
まだまだ修行は必要なようですね。

普段は本とかを見ながらの自己流なんですが
糸止めの仕方とか
細かいところが確認できて
実際製作するところを見ていただけるというのも
貴重な体験でした。

最後にヒグチさんのハエを設置して完成?

150222ワークショップ

ウツボカズラです。
milky popさんの可愛いクッキーもいただきました。

最後の赤玉を付けるときには
力つきました。
まるで特訓のようでしたが
他の参加の皆様も無事完成したようです。

緊張でもっと作家さまたちと
お話すればよかったなと後悔。

自分はオジサンなので
全員女性という環境で
会場の雰囲気を壊していないか不安です。

でも大変楽しい時間を過ごさせていただきました。
終了の時間がくるのが悔やまれるくらい。

前日までの準備や当日の講習
大変お疲れさまでした。
また機会があれば参加したいですね。
次は会場で紹介いただいたタコですか?
楽しみです。


隣で開催されていたヒグチさんの講習なんかも
小耳にはさみながら
今度は絵でも描いてみるかなとも
思った次第。

それよりはこれから開催される
ベアフェスの製作を頑張れねば。

良い刺激となりましたよ。
 

ワンフェスに出ようか!?

久しぶりにワンダーフェスティバルに
参加しようかと思っています。
最後は2012年の夏だったか…。
随分ご無沙汰しておりました。

150223ワンフェス1

最近はWebでの申し込みがメインとなり
登録しやすくなったようです。

しかし慣れないせいか
間違いがないか心配になったりします。

まずは3/11の申し込み締め切りまでに
必要事項を打ち込まなくてはいけません。
卓が確保できるかが大問題なのです。

ワンフェスはキャラ物をメインに
販売していくつもりです。
オリジナルも連れていきますよ。

この間まで作っていたアレや
ずって展示だけだったソレも
複製完成品として
ものすごい高額をつけて売り出すつもりw。

ただ期限までに製作完成できるでしょうか
自分が信じられません。
大丈夫でしょうか。

なんか今年前半はフェスに申し込めるだけ
申し込んでいるので
出店要項がゴッチャになって
不備がないか心配なんです。

はてさて、お楽しみに。
 

ナウシカ ガンシップのプラモデル

ちょうどお誕生日だからなのか
古いプラモデルをいただきました。

家を整理していて若い頃購入したのを
発掘されたようです。

こういう昔の物をみつけて
箱を開くと当時のことが走馬灯のように
思い出されます。

作りかけで終わるのが大半なのですが
接着剤のはみ出しや
塗装の雑なところがみえたり
当時の製作技術の未熟さが
「若かったな〜」と
昔の自分を慈しむことができます。

150224ガンシップ1

いただいたのはニットー社のMA.K.シリーズのひとつと
今は無きツクダホビー社のガンシップ。

MA.K.のプラモはシュリンクされたままの超美品!
シュリンクとブリスターは開けられない性分ですので
なかなか中を確認する勇気がありません。

シュリンクを破ったとたん当時の空気とともに
粉々に風化するんではと
恐れ戦くのです。

メーカーもいろいろで
現在も新製品が出ている人気シリーズなのですが
どうも予備知識がなくて
興味がなかったプラモなのですが
元気と勢いのあった時代の製品なので
キチンと現代の目線で鑑賞したいものなのですが…。

150224ガンシップ2

ガンシップはバンダイ社製の再販物を
昔購入していました。
これは現在でも流通しているものですね。

ツクダホビー社が倒産後,金型を引き継ぎ
バンダイ社が一部改良して
再販しているものという認識でした。
ラインナップも同じですしね。

タイガーモス号も発売希望!!

なので「これは持っている」という感覚だったのですが
たしか接着剤不要のスナップフィットにしたりして
改良しているのを思い出し
新旧キットを比べてみることにしました。

150224ガンシップ3

新しいバンダイ社製は色プラ化されていて
塗装しなくてもある程度楽しめるようになっています。
ランナーの付け方も変わっていて
苦心がうかがえます。
スタンドも新規で付属。

一方ツクダ社はライトグレーと透明パーツだけ
接着剤も必要なキットです。

組み立て説明書もモノクロですが
新しい方はフルカラーで設定も掲載しています。

このアニメの設定図なのですが
キットと明らかに形が違うのがわかって
設定のように改造するか悩み
結局製作には至らないジレンマが出てきてしまいます。

150224ガンシップ4

パーツも細部をよく見ると違いがあります。

翼などは全体の形も違うのですが
パネルラインやリベットの処理も変わっています。

150224ガンシップ5

着陸脚のデティールやフィギュアのポーズとか
やはり微妙に違っています。

これは原型が同じものの再販ではなくて
同じ1/72ガンシップを題材にした
例えば「零戦」プラモの
タミヤ社とハセガワ社の違いみたいな感じで
全くの別モノ製品のようです。

「同じもの」として認識していましたが
どうも考え方が変わりました。

ガンシップ好きの自分としては
大変嬉しいプレゼントとなりました。
ありがとうございます。

そうすると、他のアイテムも気になるところですね。

でも、そう思うと
またもや製作に踏み切れない自分なのでしたよ。
結局作れない!!
 

ロジコマのプラモデル

当初2014年春発売と
アナウンスされていたのですが
諸般の事情があったのでしょうか
1年待ちわびました。

危うく1/35のを買うところでしたよ。
メーカーが2/24出荷ということで
今週はお店のHPで発売をチェックしたり
発売を知って夜遅くなったのに
街中に繰り出して買ってきました。

昔はスターウォーズフィギュアのときのように
おもちゃ屋巡りをしたときにように
発売日を待ちわびて
ソワソワした気持ちになったのは
久しぶりな感じでしょうか。

150227ロジコマ1

1/24攻殻機動隊ARISE ロジコマ WAVE社

安いお店には扱いがなくて(明日には並ぶのか)
決して安くないお店での購入でした。
それくらい待ちわびたものなんです。
まあ、出掛けたのに買ってこないのも
交通費が無駄になるし…だったんですけどね。

以前タチコマとウチコマは製作しているので
これで3匹並べることができます。嬉しい。

今機体はアカ系。
作例や指定色はオレンジが近い色なのですが
自分が本編を観た印象では
草薙が着ているジャケットと同系のアカ。
ちょっと深い色味のボルドーって感じでしょうか。
もちろんメタリック系にする予定なので
キャンディカラーにするつもりです。
グレーのパーツの部分とかは
単純なシルバーでない感じをどおしようか
塗装の構想を考えているのが楽しみです。

可動箇所が多いのでパーツも沢山です。
今から枕元に飾って
寝ながら組み立て説明書を
ウキウキと眺めて過ごすといたします。

また作り始めたら紹介いたしますね。
 

Appendix

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

広告

Extra

プロフィール

雅太郎1号

Author:雅太郎1号
作るの好きなくせに
絶対完成しない人。
やればできる子。

最近はテディベア製作で
フェスに参加しています。
機会がありましたら
お声掛けください。

メリー号制作記は
カテゴリの「ワンピース2」から

ストーム・マシーンの
ロビー製作は「SMG」。

ニャンコ先生とか
その他もジャンルいろいろ。
まとまりがありません。

最近検索の多い
「ハレパネ貼り方」は
カテゴリの「工作」から
参考になれば幸いです。
 

カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリ

柊 (15)
SMG (53)

FC2カウンター