Entries

フェス終了しました。

1日だけでしたが
ネイチャーアニマルワンダーランド、
無事終了いたしました。

雨なんかも心配していましたが
暖かく気持ちの良い秋晴れでしたでしょうか。
(自分は会場にいたのでわかりませんが…)

沢山の方々にご来場いただき
いろいろな感想をお聞きできて
大変勉強になりました。
可愛い!といっていただき
テンションが上がっているとことを
拝見できる醍醐味もいただけました。
ありがとうございます。

141130フェス1

以前はドールフェスとしての開催でしたが
今回は自然動物物と合わせてワンフロアを使う
おおきな規模になったようです。
主催者スタッフさまもお疲れさまでした。

毎度の一人出店なので
遊びに来ていただいた友人さまには
お店番をお願いしたり
差し入れなどもいただきありがとうございました。

今回会場となった都立産業貿易センターは
開発で取り壊しとなり
次回より浅草の会場となるようです。
なんか勿体ない感じなのですが
今後この地区はどのようになるのですようかね。
浅草もなんだか楽しみだったりします。

次回は来年になるのですが
またいろいろなイベントに
参加していきたいと思いますので
よろしくお願いいたします。

新しく生まれたクマたちも
近くWebショップに並んでいただく予定です。
撮影もしなくてはね。
お楽しみに。
 
スポンサーサイト

今読んでいる本:3月のライオン10/羽海野チカ

待ちわびた新刊。早速購入してきました。

141203ライオン1

3月のライオン10 羽海野チカ著

ついこの間にファンブックが発売されたばかりでした。
一学年上になって生活も少しかわって
お話も沢山あって問題も起ったり
これも伏線なのでしょうか。
今後が気になるコトがあったり
次回も楽しみです。

オマケのペーパーもいただけました。
読むと牛丼(ツユだく)やこってりラーメンが
食べたくなる。そんな感じです。

同時開催で「一番くじ」もあったので
1回がけですが挑戦。
トップの賞ではないですが
ブンちゃんのステーショナリーセットが当たって
大満足です。

先生本人が書店巡りをして
柱の陰からジッと見ていると聞いたので
思わず購入するとき
キョロキョロと探してしまいましたよ。
小さなグレーのガンダルフさんを…。

それと3日発売だった。

141203ライオン2

MOE1月号 白泉社

自分は結構すきな雑誌で
ここからぬいぐるみのことなんか
情報を仕入れていたのに
購入は始めてかもしれませんね。

巻頭は羽海野チカ先生の特集だからです。

付録は一筆箋。大きな文鳥がフクフク良い感じです。
シールもついていますが、どおしましょうか。
本誌はこれから楽しませていただきます。

コミックのあとがきで、昨年手術をするくらいの
入院をされていたとのこと。
現在は大丈夫なのでしょうか。
ご無理をなさらないように。
ブンちゃんともども健康を祈りつつ…。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3月のライオン (10) [BUMP OF CHICKEN]CD付特装版 (ジェッツコミックス)3月のライオン (10) [BUMP OF CHICKEN]CD付特装版 (ジェッツコミックス)
(2014/11/28)
羽海野 チカ

商品詳細を見る

MOE (モエ) 2015年 01月号 [雑誌]MOE (モエ) 2015年 01月号 [雑誌]
(2014/12/03)
羽海野 チカ、 他

商品詳細を見る

今日もラスカル

再放送しているので
この機会に大人目線?でキチンと観ることにした
「あらいぐまラスカル」

さて今回は、

141216ラスカル1

カールさんに見せるため
手作りカヌーの作業に一生懸命なスターリング。

現在は板材の曲げ作業をしています。
自分もメリー号の帆船模型を作っていた時に
いろいろ考えて小さなパーツはこの方法で
曲げていました。

木材は熱と湿気を与えることにより
曲げやすくなります。
大きな工場ではアイロンプレス機で
グイ〜ンと望んだ角度に曲げることが可能ですが
そんな大掛かりな設備のないときは苦労します。

火であぶって木材を焦がしちゃったり
ちょっと裏に折れ線をつけて曲げやすくしたり
(これは滑らかな曲線にならず難しい)
結局材料を何本折ってしまったことか。

ヤカンの蒸気をあてながら曲げるのは
なかなかうまくいったような気がします。

最終的には鍋で煮たりしましたが…。

なかなか難しい作業ですが
スターリングもうまくいっていないようです。

友人のオスカーに相談したら
親父さんが昔作ったことがあるらしいので
聞いてもらいました。

自分もワクワクです。

あの時、苦労した作業の正解が解るぞ!って。

141206ラスカル2

親父さん云く、

「わしら子供も頃は、それくらい自分で考えたぞ」

ウ〜ン。
この、すぐには教えてくれない感。イイですね。
そうでなくてはいけません。


結局すでに曲がった樽の廃材を利用するという
自分にはとても応用できない解決方法で
ちょっぴり残念な気持ちです。

はてさてメリー号は、どおなった!?
 

新入荷の予定

ネイチャーアニマルワンダーランド。
イベントから早くも1週間経ちました。

皆様は戦利品を愛でているでしょうか。

フェスから一緒に帰宅したクマ達と
お疲れさま&反省会をしていましたよ。

今度、当Webショップに
並んでいただくことになりました。

撮影会をしたり大変なのですが
怠け物なので期限を決めないと
なかなか進まない自分なのでした。

それでまだなにもできていないのですが
来週末にアップすることにしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2014年12月13日(土)お昼の12:00より
こちらからお越し下さい▶雅太郎玩具店
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

141126店長1

141124べあ2

141124べあ1

ニセ店長やKUMAネコが
皆様をお待ちしております。

しかしまだ随分先の話ですよね〜
大丈夫か自分!!
 

当選!!

もう12月もちょっと過ぎました。
すっかり年末のことを考えたりしています。

選挙なんかもあって慌ただしさ倍増ですが
年末年始のアニメ一挙放映や特番は
なにがあるのかそろそろ気になりますね。

ベアフェスの予定なんかも来年に向け
そろそろ申し込みや返事待ちのものが多く有ります。

今年と同じように来年の
3月21・22日は恵比寿で開催される
「ジャパンテディベアフェスティバル2015 in 東京」。
こちらは無事ブースを確保できて出店します。

141210デザフェス1

5月は秋の申し込みで落選した
デザインフェスタvol.41。
超マンモスフェスとなってしまい、
抽選になってからはハズレが多いのです。

毎回申し込みをしていて確率は1/2。
前回はハズレてしまい
もうおじさんは入れてもらえないのかと
悲しい思いをしておりましたが
今回の申し込みは無事「当選」をいただけました。
あとは出店料を振り込むばかりです。

この出店料、以前は同じ規模のフェスだと
だいたい同じくらいの料金でしたが
消費税の関係かアベノミクスか
値上げをしたところや
お値段据え置きだったり
1/2ブースを増やして安めにしてくれたりと
それぞれフェスによって違いが出てきています。
なんか夢のないお話で申し訳ありませんが
そのうち自分の力量では
出店できないところもあるかもしれません。

とはいえ関西方面でも開催されているので
自身の観光旅行も兼ねて
遠征でもしたいな〜と思っております。

あとは7月に有楽町のコンベンションに
申し込んでいますよ。
これはブースが確保できるか
ご返事待ちです。

141210斑1

それと夏のワンフェスにも出店したくて
現在版権ものを製作中なのですが
いろいろ難問つづきで
現在「斑」さまを進めることができていません。
はてさてどうした物かな。
2月には完成して申請申し込みをしなくちゃですが。

とにかく5月の出店が決まって嬉しい!
さて何をご覧いただくか
いろいろ考えています。

またブログでも紹介していきますので
よろしくお願いしますね。
 

ちょっと探しましたよ。

先週はずっと塗装仕事をしていました。
小さな人形に単色ですが色をつけていきます。

調色してエアブラシでシュッと吹くだけなのですが
ゴミが付かないようにとか
ムラにならないようにとか
発色を気にしたり、
結構神経を遣う作業なんです。

作業は終わったのですが
ちょっと調子がでてきたからか
塗装がしたくなったので
超精密なプラモではなくて
簡単に作れるプラモを見つけに
押し入れを散策。
もう5年前に購入したプラモを
組み立てていました。

141214ショーン1

1/12 Shaun the Sheep LAND ROVER AIRFIX社

「ひつじのショーン」の牧場主の愛車です。
1/12というビックスケールなのに
劇中の雰囲気同様なザックリとした造りです。
パーツも少ないので組み立ても簡単です。

もう途中でほったらかしだったので
ホコリが大変なことになっていました。

まだ塗装するところまで完成していませんが
とりあえずホイールを塗装。
洗車していないのかドロドロな使い込み具合いなので
この後、汚し塗装をするのですから
キレイには塗らなくて大丈夫なはずですが
なんと高価なメッキ調塗料を塗って
ピカピカにしています。

劇中ではボロボロですが
一度、牧場主も体験したであろう
新車状態をみてみたくて。

なんかここでもう塗装のモヤモヤは
満足してしまいました。

せっかく始めたのでなんとか完成させたいですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
なんか前置きが長くなってしまいましたが
その簡単なプラモを探していた時
前に購入していたレベル社の
ディールズホィールシリーズも候補にあがっていました。

近年再販を続けてきたシリーズですが
しばらく発売が止まっていました。
まえに「Go-Mad」を偶然見つけたのですが
ふと気になって本国Revell社のHPを確認したところ
昨年1つ発売されていたことを知りました。

米国カープラモは最近売れないようで
入荷情報もなく扱うお店も少なくなっています。
家電量販店でもたまにあるのですが
入荷数も少なくてちょっと時期を逃すと
売っていたことすら知らないことがありますね。

これはイカンとばかりにネットを巡り
販売しているところを見つけ注文しました。

こういうときネット通販のありがたさを感じます。

141214ディールズ1

DEAL'S WHEELS GLITTER BUG Revell社

ワーゲンバギーのデフェルメ版ですね。
ワーゲンバギーといえば
タミヤ社の1/16のキットを思い出します。
曲面がキレイなアメ色の塗装済ボディが印象にあります。

141214ディールズ2

成形色は白1色、あとはメッキと透明パーツ。
おなじみの樹脂タイヤですね。

オープンボディなので本体は大きくありませんね。
まだ作ることにはなりませんが
自分に向けた早めのクリスマスプレゼントとして
ウキウキ眺めています。

なかなか情報が少なくて
ウカウカしていられませんね。
他もあったのでしょうかね。
 

熊を…

最近ブログが更新できなくてすみません。

あんまり作っていなかったりします。
斑さまもフェスから出して
テーブルに飾っているのですが
次の工程を考えつつ
作業に入る気分を待っているところでしょうか。

141218斑1

いろいろポーズを変えたりして
プロポーションをチェックしてみています。

製作にあたり既に発売されている
いくつかの四つ足動物の可動フィギュアを
参考に検証してみたのですが
うしろ足とかいくつかの関節が省略されていたりして
不満なところもあり
骨格図を参考に、できるだけフル稼働をめざして
製作していました。

しかしお座り状態から四つ足で立つ姿に
可動させてみていると
ちゃんと四つ足が接地するキマリポーズにするのが
細かい調整が必要になって
難しいことに気づきました。

既製品の可動を省略してあるところは
実はこういうポーズつけがしやすいように
設計されているのではと思った次第です。

あまりあらゆるところが調節が自由にできると
逆にセッティングがきまらない
ロータス77F1と同じことがあるようです。

基本の中心があってそこを補うことで
バッチリ決まる。

いつもグニャグニャといじってしまい
難しさを感じていたのですが
そういうお約束ごとには
理由があることを学びましたよ。

さて、どおしょうかな?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
話は変わって友人夫妻より
食事のお招きをいただきました。

前に鹿肉をご馳走になったこともありました。
今回はなんと!熊肉だそうです。

早速伺いご馳走になってきました。

熊の肉は固くて、おもに煮込むなどして
食べるそうです。
食肉用の牛肉のサシが入ったものではなくて
脂と赤肉がはっきりと分かれていたのだとか。
これも野生ってことでしょうか。

うかがったときにはもうシチュウになっていたので
美味しくいただきました。
それでもスジ状に分かれた硬めの肉質が
調理の大変さを感じられました。
人って工夫してなんでも食べるよな〜と。

テディベアなんかを作っている人が
熊食べちゃぁ、いけないでしょうかね。

猫を飼っているご家庭なので
ここぞとばかりに触りまくって骨格を確認。

肩の部分は複雑で同じようにはいけませんね。
前足の人でいうと手首の部分は
下へ90度曲がるよう関節を追加しようか
迷っています。

その日は遅くまで楽しみ
お泊まりさせていただき
朝の出勤とともに自分は帰宅しました。
そのときに「おいしいお米だよ」といって
塩おにぎりをいただきました。
たくあんとのシンプルなもの。

江戸時代など街道を旅するとき
次の宿まで遠いときは
でかけにおにぎりを頼んで
峠の切り株に腰掛け昼食をとったような気分で
いただきましたよ。
なんか久しぶりでした。

141218おにぎり

食いかけ画像ですみませんね。
旅の途中ではなくお家でいただきました。

夕食ともども美味しくいただきました。
ありがとうございます。
また次回もよろしくお願いしますね。
 

なんだか

ちょっと間が空いていましたが、
作りたくなったので再開しています。

141214ショーン1

1/12 Shaun the Sheep LAND ROVER AIRFIX社

とりあえずベタ塗りにて仮完成を目指しています。
劇中はドロドロですが
まずは新品同様な感じで。

しかし、難しい改造をせずに
塗り分けそするだけなのですが
ビッグスケールで大きいためか
ちょっと塗装も今までと感覚が違いますね。

塗料を沢山使う広い面積だからでしょうか。
なんとなく苦戦しています。

ある日仮組みをしようと
塗装乾燥待ちをしていたパーツが見つかりません。
あれ?間違っても捨てるはずはないので
どこかに落ちているのだろうと
もう、部屋中の大捜索ですよ。
普段はゴミ屋敷なので
ちょこっと落とすと大変なことになるのです。
でも捜索のせいか
部屋もナゼかキレイになったような気がします。

結局未だに見つかりませんでした。

どおしたのかな〜
乾燥待ちであそこに立てておいたのに。

もう年ですかね。
前に袋から中をだして
必要な中身を捨てたりしたことがありますからね。

泣く泣くなくなった前輪のロッドパーツは
応急で自作しました。

141220模型1

ムムンお恥ずかしいです。
いつか発見したら差し替えるといたしましょうか。

141220模型2

チャッチャと出来上がると思ったのですがね〜。
早く完成させて次に生きたいのですが…。
 

組み立てが完成

ずいぶん購入から時間が経ちました。
日本未発売のプラモデル、
AIRFIX社のひつじのショーン ランドローバー。

090119ショーン2

ウォレスとグルミット同様
トラクターと一緒に日本正規発売を期待していましたが
本国のカタログからも外れてしまったようです。
日本での再放送とかグッズ販売で
定着したかのようなキャラなので
ぜひ再販、輸入販売を望みますね。

そんな貴重なプラモですが
なかなか完成しませんでした。
作り出すと中途半端にできないという
使命感からか進められなかったのです。

塗装がしたい!という気分だったので
押し入れから引っぱり出してきたのですが
いざ作って行くと
1/12というビッグスケールからか
塗料が足りなくなったり
精密エアグラシでの広面積をムラなく塗る難しさ
なかなか苦労しましたよ。

素材が普通のプラじゃない感じ(ABS樹脂?)とか
途中、塗装乾燥中にパーツをなくするという事態になり
部屋中を探しまわるという惨劇!
もう年なんですかね
製作しているより物を探している時間のほうが
多くなってきましたよ。

そしてようやく組み立て部分が完了しました。

141221シャーン1

141221ショーン2

ピカピカの新車状態ですね。
この後、汚し塗装をしていきます。

141221ショーン3

何年か前に作ったショーンを乗せてみました。
動物が運転する乗り物ってときめきますね。

しかしナゼ牧場主のフィギュアが
ついていないのでしょうかね。
誰も欲していないかもですが
残念なことです。

141221ショーン4

141221ショーン5

1/12という大スケールなのに
アクションフィギュアのビークルみたいな
おもちゃっぽい造り。

フロントグリルはもうちょっと細めの金網で
作り直すと実物に近くなるのですが
ここは模型の雰囲気を尊重して
そのまま使用しています。

まだ塗装作業はあるのですが
ここで一旦休止、自然なウェザリングが入るかな。

あとは沢山のフィギュアがついているので
思いついたら塗って行きたいと思います。

とにかく形になってホッとしています。
さて次はなににするかな。
 
クマの新作にも掛からないといけませんね。
 

今読んでいる本:JyaJya 18/えのあきら

友人との回し読みで愛読しはじめた漫画
もう18巻なのですね。
新刊が発売していました。

141222ジャジャ1

ジャジャVol.18 えのあきら著

古いイタリアンバイク屋さんを営む女性店長と
仲間達のバイクにまつわるコメディ漫画でしょうか。

発売情報をチェックしていないので
いつも「これは前に買ったものでないのか?」という
不安を感じながらレジに向かいます。
(1度2冊購入したことがありました)

この漫画のバイク解説を読んでいると
ちょっくら自分も
バイクでツーリングに行きたくなります。

今日なんか街にバイクで出ようとしたら
始動でバッテリーを使い果たしてしまい
充電をしなくてはいけない事態になってしまいました。
おかげでランチタイムを逃してしまったのです。

最近ではクルマもバイクも頻繁には乗らなくなりました。
なので、いざ出動!のときは
だいたいバッテリーがあがっています。
油断できません。

いけないんだよな〜。

タイヤも交換時期なのですが
もうちょっと我慢とか言っていると
クルマもバイクもと貯まってきています。
一気にはできないので
貧乏性も結局大金を使うこととなりそうですよ。
とほほ…。

明日も天気が良いみたいなので
磨いたり軽く整備なんぞもしてみますかね。
そして近所でも
軽くドライブしてくるといたしましょうか。
そんな気分に…。
 

本当に作るつもり?斑さま製作記 その15

クリスマスイブですね。

自分は突然カレーが作りたくなって
深夜にコトコト煮ていました。
大鍋だったので作り過ぎて
今、2日目が終わりそうですが
半分くらい、あと2日分はありそうです。

141224カレー

おウチで作る普通のカレー。
クリスマスなので茹タマゴをトッピング?しました。

もうすでに飽きてきているので
どおしたものか。冷凍保存か!?


いままで手芸屋さんにいくと
いつもボアの生地をチェックしていました。

同じボアでも手触りや毛並みが大きく違います。
毛自体の長さや密度もいろいろで
斑さま用なのですが、
いろいろ迷ってしまっていました。

悩んでばかりじゃ進まない。
思い切って試しに気に入ったボアを購入してみました。

一部をカットしてテストしてみます。

141224斑1

ちょっと骨格においてみました。
見慣れた骨格も毛が生えたことによる
生き物感がでてきますね。
毛並みも調整が必要ですが
イメージに合うようです。
なんかテンションが上がります。

胴体部分はこれで良いかと思いますが
顔や手足は短めの毛並みです。

短い毛並みのボアを
部分的に使用しようかとおもいましたが
この毛並みが変わる境目が目立つのではないかと
心配な面もあります。

とりあえずのテストなので
この長めのボアをカットして対処してみることに。

毛足が短くなると地の生地が見えてしまうかなと
これまた心配な面も。

チョキチョキカットしてみました。

141224斑2

化繊の毛なのでカットすると
部屋中にちらばるのを恐れ
掃除機で吸い取っているのですが
せっかくカットした生地ごと
吸い込んでしまうこと3回。
なんとも自分のマヌケさを感じます。

選んだ生地がよかったのか
短くカットしてもスカスカな感じはでませんね。
フカフカな感じです。

だからか全体にひと回り大きくなったイメージ。
思ったより鼻先が太くコロンとしています。

生地による厚みが出てしまうので
逆にベースの骨組みを削って細くして
生地を巻いたときにイメージにあうように
調整しなくてはいけなくなったようです。
メリハリもなくなるので
凹んだ部分はより強調しなくてはいけません。

しかし、造形段階で作り込んでしまったので
いざ調整用に削ることが、もったいなくて
ためらわれます。

いけませんね。

それでは思い切って削ってみることといたします。
生地を巻いたり、ベースを削ったりの
繰り返し。うまくいくでしょうかね。

はてさて。
 

今読んでいる本:ウルトラ THE BACK/河崎 実

昨日は模型雑誌の発売日なので
書店へ立ち読みに。

そこで平積みになっていた本。
初期のウルトラキャラクターの
後ろ姿のムック本みたいです。

141226back1

調べたら昨年発売されていたみたいで
増刷になったのでしょうか。

試し読みはこちらから▶ウルトラ THE BACK

子供の頃集めていたもので
怪獣のブロマイドがありました。
仮面ライダーカードはお菓子のおまけだったし、
あまりの人気で乗れませんでした。
写真は今でも懐かし駄菓子ショップに
おいてあったりします。
今だったらアイドルや平成ライダーとかでしょうか。

モスグリーンの紙袋に1枚ずつ入っていて
サンプル1枚が貼ってある表紙カバーとともに
糸で束ねてあるもの。
引っぱり千切り取るのですが
中身は見えないので何が出るかわかりません。
10円〜20円くらいだったでしょうか。
よく引いていました。

一時期は脱衣カゴ一杯にあったこともありました。
友人と交換もしましたっけ。
珍しいものを求めて、
知らない隣町までお店を探しに行ったこともあります。
(C)円谷プロのマークはなんだろうと
気になっていました。

その中でもお気に入りは
カッコいい戦いのシーンではなくて、
普通に立っているポーズ。
多分記録にために撮影された
3面図っぽい写真がお気に入りでした。

141226back2

141226back3

141226back4

背景はトタン壁だったり
スタジオの脇の草むらだったりして
巨大感もないのですがね。

なのでこの本はちょっぴりワクワクします。
すぐに購入しなかったのは
ちょっと高価だったから。

一時は「週刊ロビ」で
毎週2千円書籍に遣っていたのにね。

不思議ですが、いつか買うかも。
あれ?今読んでいる本ではなかったね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ウルトラTHE BACK-ウルトラマンの背中- (写真で見る世界シリーズ)ウルトラTHE BACK-ウルトラマンの背中- (写真で見る世界シリーズ)
(2013/10/31)
河崎実

商品詳細を見る

最終日のギャラリー巡り

なんとなく年末な気分になってきました。
まだまだなんですが。

日曜は行きたかったギャラリー最終日ということで
久々の外出です。

まずは銀座へ、

141228ギャラリー1

Storm Machine Graphics展
MIKISSIMES GINZA〜28日

友人作家さんのイラスト展示です。
いつもはポストカードの作品なので
大きめな額装された作品はまた
違ってみえて新しい発見もあります。

当日偶然ぬいぐるみクマの里親さま夫妻と合流して
Stormさんの「うさぎのロビ」つながりで
楽しいお話もできました。

また、来年もお会いしましょうね。

その後こちらへ

141228ギャラリー2

こやまけんいち 箱絵本2
ビリケンギャラリー〜28日

前回も拝見した可動オルゴール箱の世界を
堪能いたしました。

おにぎりの風呂敷を返却にうかがったのですが
スタッフさまにお会いできなくて残念。

手前は来年1発目の展示です。

いろいろ紹介いただき勉強になります。
また来年もうかがわせていただきますので
よろしくお願いいたします。


街は今までクリスマスだったのに
まったくの正月を迎える雰囲気になっていますね。
日曜だからか人も多く
年末って感じになります。

アニメに一挙放送など観ながら
ウトウトしていると
Stormさん夫妻よりお疲れさま会のお誘い。
地元が同じなので呼ばれてホイホイいきました。

近況なんかも話し合い、お互い年もとって
健康には気をつけましょうということに。
これまた楽しい時間をいただけました。

久々のお酒も飲んで酔ってみたり。

ようやく年末って気分でしょうかね。
 

一挙放送

年末とはいえ自分のペースは
あまり変わりません。
大掃除もする気ないしね〜。

そんな中、年末はいつも観ているテレビ番組が
お休みだったりするので、つまらなかったり…。

年末といえば最近は
特別に番組を大予算で製作する物も少なく
ほとんどが長時間の一挙放送というのが
多くなりましたね。

ドキュメンタリの「72hours」とか
見逃しているのが観れたり
アニメとかも新たなジャンルを知ったりと
意外に面白かったりします。

今年はテレビに興味があるものがなかったので
ネットの一挙放送を観ていました。

141230化物語

化物語シリーズ一挙放送 

ニコ動でやっていた物語シリーズのアニメ
一挙放送です。

元々が小説原作で基本会話劇。
伏線のある本題とは離れていく展開。
映像化にあたっての凝ったビジュアル。
当初はなかなか慣れなくて
キチンと観ていませんでした。

過去に何回か一挙放映があり
続けて観れたことにより慣れ
結末までにいたる過程も楽しめるようになりました。

となると
時々語られる過去のいきさつなんかが気になります。
思い切ってDVDでもと思っていたのですが
ちょうどよかったです。

しかし「化物語」全15話「偽物語」全11話は
ずっと観ているのもたいへんです。
タイムシフト予約なんかもしていたのですが
この上映中はそれなりに時間を費やします。

年末ほぼ1日中アニメを連続で観ている
おじさんもキモいでしょうかね。
昼ずっと観ていて銀行や買い物にも行けなくて
ちょっと後悔しましたよ。

ですが、おかげさまで疑問だった部分も理解できて
満足でした。

未だにアニメ化されない?最初のお話は
これからの「ファイナルシーズン」で
語られるのでしょうか。

年末には新作の「憑物語」が一挙放映です。
自分は帰省しているので
リアルでは観れませんがお正月のお楽しみとして。



ウウム、しかしこういう物語をずっと観ていて
楽しい時間ではあるのですが
単純にかかってしまう時間というのも
まとまると惜しい気持ちになるのは
なんでしょうかね。無駄って訳ではないのですが…
いつかこういうことも解消されるような
技術がでてくるのでしょうか。

しかしあんまり焦るなって!?
「間」も必要なんでしょうね。
 

本当に作るつもり?斑さま製作記 その16

今年も最後の更新となりました。

振り返ると、アッと言う間の1年でしたが
それなりにいろんなことがありました。

最近記憶の時系列がバラバラで
最近と思ったことが昔だったり
随分前かと思ったら、つい最近だったり
これも年のせいでしょうか。

あっと言う間といっても
タイムマシンに乗っている方を
側から見ればずっと止まっている。
なんとかそんなことがないような
来年にしたいものですね。

さて今年最後の工作です。

「今日の斑さま」

前回ちょこっと買ってきた
ボアを巻いて試してみました。

なかなか良い感じです。

やはり毛の分だけ膨張しますので
骨格部分を削って、少しでもイメージに
近づくように調整していました。

141231斑1

鼻先を細めにしたのですが
効果はあるのでしゅか?

そして目とか赤いマーク部分を
別パーツ化していました。

この部分はボアの上から被せるようにして
形を出すようにするためです。

141231斑2

なかなかピタリとはめ込めるようにするのに
苦心していました。

凹部分はもうちょっと
隙間ができるようにするつもり。
うまくいくでしょうか。

なかなか進みませんが
顔が大事な部分ですので
ここをクリアすればスピードアップも
するでしょうか。

来年完成?が楽しみです。

なんとか今年最後の記事が
工作で終えることができました。

本年は皆様に大変お世話になりました。
来年も引き続き出店などをしていき
皆様とお会いできるのを楽しみにしております。

作りたいものも沢山あります。
相変わらずランダムに紹介してまいりますので
今後も当ブログやTwitterをフォロー
よろしくお願い申し上げます。
 

Appendix

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

広告

Extra

プロフィール

雅太郎1号

Author:雅太郎1号
作るの好きなくせに
絶対完成しない人。
やればできる子。

最近はテディベア製作で
フェスに参加しています。
機会がありましたら
お声掛けください。

メリー号制作記は
カテゴリの「ワンピース2」から

ストーム・マシーンの
ロビー製作は「SMG」。

ニャンコ先生とか
その他もジャンルいろいろ。
まとまりがありません。

最近検索の多い
「ハレパネ貼り方」は
カテゴリの「工作」から
参考になれば幸いです。
 

カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリ

柊 (15)
SMG (53)

FC2カウンター