Entries

様子を観る。

ハロウィンも終わって11月になりましたね。
街はクリスマスへ一直線でしょうか。
お店の模様替えも大変です。

141102スタンド

作っているスタンドの土台です。

亜麻仁油系の保護塗料を塗っています。
乾燥してヤスリをかけて滑らかにして
また塗り込み、拭き取りをしました。
いま2回目でその後塗料をつけて
耐水ペーパーで磨いてみました。

表面は乾いていますが
やはり油っぽい。
油絵が乾かないという感じでしょうか。

とりあえず1週間様子を観ることにしました。

大丈夫かな〜
これに立たせてKUMAネコちゃんの足ウラに
シミができないとよいのですがね。
どおかな〜
 
スポンサーサイト

五十の手習い

一時期「3Dプリンタ」がTVなどで
紹介されていました。

自分でイメージしたものが
立体物として出力される。
複製もできてとか。

銃を出力して事件にもなりましたね。

なんとなく新しい世界が広がる感覚。
一般の方はどおかわかりませんが
工作好きの自分としては
気になるモノが出てきたなという感じです。

アイアンマンとかでPC上で作ったものが
自動で作れちゃう、
空想が現実になってやってくるというのでしょうか。

ただ、やはり初期の問題で
機械が高額になることでしょうか。

平面のカラープリンタも今やフィルムプリントと
遜色ないくらいに、しかも手頃な価格になり
自宅でも出力可能になったように
いずれ3Dも高性能で安価になってくるのでしょうか。

ロビで購読していたディアゴステーニから
目出たく全国発売が決定しました。

141105プリンタ1

マイ3Dプリンター  ディアゴスティーニ社

毎週、付属するパーツを組み立てると
3Dプリンタが完成するというもの。



あの話題の3Dプリンタが
こんなになってしましました!
すっかり身近になった感じです。

自分も定期購読を悩みました。

しかし、今の自分には必要なのでしょうか。
そんな疑問がよぎります。

本誌中にも触れられていると思いますが
この3D出力の大切なキモも部分は
3DCGデータを作れるようになること。

毎週雑誌で学ぶことになるのですが
これが出来ないと既製のデータからの
決まったものしか出力出来ないことになります。

そこでちょこっと勉強することにしました。

141105プリンタ02

無料のアプリなのですが
昔のマニュアル本をいただいたので
ダウンロードしてみました。

今になって五十の手習いです。

ただいまマニュアル本を熟読して
とりあえず最初の課題「雪だるま」を
作っています。

しかし本が古いので最新Ver版に対応していないのと
日本語環境にしたせいで
本に対応するため逆に英訳してボタンを探すことに。
かなり面倒で難解な作業なのですが
なんとかここまで、

141105プリンタ3

工程3回で出来ちゃう球です。
まだまだ先は長そうですね。

年寄りの冷や水にならないようにしないとね。

以前3D出力したものの表面をキレイにする
作業を受けたことがあるのですが
そこで感じたこと。

元段階では3Dプリンタの再現度は
もうちょっとという感じ。

出力方式はいろいろあるのでしょうが
上記のような積層の場合
きっと段差が大きいのでしょうか。
よく地図を立体にした模型のように
山の等高線が大きい、段々なところが
見えやすくなっているところでしょうか。

こうちょっと細かくて気にならないくらいだと
やはり業務用の高価な機械になってしまいます。
外注の出力センターでも受け付けているのですが
これも大きさによるのでしょうが
5万〜10万くらい掛かって
まだ趣味で使えるものではありません。

基本支えのバリがあったり
表面の段差をなくするために
アナログな方法でヤスリやパテを盛ります。
この作業がちょっと疑問なところなんです。
せっかくデジタルなのにね。と言う感覚。
ここはある時を界に劇的に変わるのでしょうね。

それとやはり出力データの大事さでしょうか
これがなかったらなにもできませんね。
すでに専門学校とかで
カリキュラムがあるのでしょうが
ここでセンスとかが問われそうです。

3Dで作図できても
出力するために厚みを設定しなくてはいけません。
分割なんかの作業もありますし
組み立てるときの接合部も
ガンプラ並の構造を参考にしたいところ。
ここも素材の特性を活かした
センスが必要かも。

今のところ、複雑な可動人形のような
機械的な部分をデジタルにまかせて
芯として外装は今までのように
アナログな作り方がよいのでしょうか、
今のところ。

結局なにを作るかという課題が課題ですかね。

さて、またソフトのお勉強にもどります。
 

うまくいかない。

今度出店するネイチャーアニマル〜まで
1ヶ月となりました。
作業もゆっくりですが進んでいます。

まだ、時間があるので、
もう1個新作をと思い製作していましたが
なかなかうまくいきません。
イメージどおりになってくれないのです。
すでに机の上は
自分のアタマの中のようにゴチャゴチャです。
こんなときもありますよね。

なので、こういうときは別の作業をします。

141107べあ1

以前、表面処理をしていたKUMAネコちゃん用の
スタンドを組み立てます。

マホガニー調のオイル仕上げは
程よい上品なツヤに仕上がりました。
まだオイリーな感じはしますが
あと1ヶ月で乾燥するでしょうか。

もう一方はグレイッシュな緑色で
塗装してあります。
こちらもアンティーク調です。

作業はもう何回も作っているので
慣れています。
それぞれドリルで穴を開けて
土台は木ネジ止め、
本体受け部分は針金を埋め込みました。

141107べあ2

なんとかスタンドが出来上がりました。
キチンと立ってくれています。

さて次は箱作りでしょうか。
しくしくと進めます。
 

今度は箱

この土日はデザインフェスタが開催されていますね。
盛り上がっているのかな〜
出展抽選でハズレた自分はうらやましいかぎり。

次回はなんとか参加したいものですね。

11/30に開催されるイベントに向けて
準備をしています。

141109べあ1

前回はスタンドを製作しました。
現在、箱を作っています。

なんにも知らない頃
テディベアってなにに入っているのかと
思っておりました。

子供の頃から大きな箱に入っている物が届くと
ワクワクしたものです。
しかも包み紙を開けるときのドキドキ感。
木箱で届けていただけるのを今でも憧れです。

限定版とかの特殊なものは
豪華な箱に入っているようですが
実際フェスに参加して
作家さまにお聞きしても
ほとんど用意されていないようです。

自分の屋号が「雅太郎玩具店」で
架空なんですがお店やメーカーという
コンセプトなので
こういうパッケージも含めて作品としています。

作るのも工程がふえますし
会場に持ち込むときにかさばって
荷物も大きくなるので大変なんですが
作ってしまう自分がいたりするのです。

この後、フタにラベルデザインをして
同じように貼り込みをして完成させます。

着々か!?
 

気に入っていただけたか?

シロのカバンを作りました。

141111べあ1

イメージ画を描いてザッとした型紙から
革を切り出し糸の通る穴を開けました。
ボタンとかは予めつけておきます。

革用の縫い方で縫っていきました。

141111べあ2

今回は丸みを出したかったので
内縫いでも外縫いでもありません。
ミニチュアだからできる
適当といってはなんですが
縫い方をしています。
ストラップも取り付けました。

早速、装着していたfだきました。

141111べあ3

毛むくじゃらがさげていると
なんだかおかしい。

気に入っていただげたんでしょうかね。
顔の表情で感じるといたします。
 

ラスカルを観ている。

みんなが知っているのだけれど
キチンと観ていないで
本当は知らないものがたくさん自分にはあります。

最近ローカルで再放送している
「あらいぐまラスカル」もそのひとつ。

実はこの世界名作劇場シリーズは
飛び飛びで観ていただけで
有名なフランダースの犬でも
ストーリーを又聞きして結末を知っているくらい。

これを機会にキチンと観ることにしたのです。

特にラスカルってキャラは有名だけど
ドラマらしいことも無さそうで
一体どこが名作?っていうくらいなので
楽しみです。

観始めたら予想どおり普通の生活が
淡々と描かれていました。
1週間でこれくらいの盛り上がり!?

まあ、お母さんが病気なのと
ラスカルを狙うガキ大将とか
盛り上がりはありそうでしたけど…。

現在はちょうど半分くらい鑑賞しました。

しかしキチンと現在の感覚で観て行くと
全50話以上でつづられる普通の日常、
この普通を描いているアニメやドラマって
最近は放映話数も少なくなってきているので
逆に新鮮な感じがしますし
貴重な作品ですね。
今だと朝の連ドラくらいでしょうか。

主人公のスターリングは末っ子らしく
真面目ではあるのだけれど
ちょっと?なところがあって
「オイオイ」とツッコミたくなることも。

141115ラスカル1

友達が欲しかった釣り竿を
お留守番のお礼にあげるのですが
こっそり友達が使って糸を絡ませてしまったままとか、
優しいのか意地悪なのかわかりません。

そういえばと昔の食玩ブームのときに購入した
物を引っぱり出してみました。

141115ラスカル2

自分自身、憧れの飲み方ですね。
グビグビと。

141115ラスカル4

買った時はピンとこなかったのですが
ちゃんと観たためアリスの感じが
よく出ているシーンだと思いました。

なんか洗う必要ないんだけどね
洗っちゃうというところでしょうか。

141115ラスカル3

高い高い。
象徴的なシーンの再現ですね。

これらはなんだかわからなくなっていたのですが
ガチャガチャだと調べたら書いてありました。
10年くらい前発売。当時は200円だそうです。

食玩ブーム絶頂期の頃ですから
造形や色彩がこの価格でありながら素晴らしいです。

さてこれからどんな日常が待っているのでしょうか。

本日録画しておいたのを観たのですが(26話)
思わず号泣してしまいましたよ。

141115ラスカル5

やがてやってくるだろう本当のお別れ、
こんな序盤で泣いていて
大丈夫でしょうか。

来週が楽しみです。
 

ティム・バートンの世界展

11月30日のイベントも近いのに
なかなか更新できなくてすみません。

ちょっこら別の工作を
お仕事でしていたのです。
本日無事発送いたしましたので
ずっと気になっていた「ティム・バートンの世界」展に
いってきました。

141120ティム2

やはりヒルズは疲れますね。ナゼでしょう。
過去何回か訪れているので最短距離のはずなんですが。

141120ティム1

入り口にドドンとありました。
撮影できるのはここだけです。

しかし、なるべく空いているだろう平日を狙って
来て観たら、若干の入場制限がかかるほどの
盛況ぶりでした。スゴい来館者数です。
そんなにティムバートンって人気あるのかしら。

入り口にはレストランで落書きしたであろう
ナプキンにイラスト。
奥にいくほど映画や絵本の原画
趣味のイラストから初期の習作まで
いっぱい描いたねという感じで展示されています。

とにかく人が多くて自分のペースで
観ることができません。
それが心残りか。
映像の上映もあって45分の時間は
半面地獄のようです。並んで45分観て45分ですから。
それすら並ぶのがイヤになりました。

自分は展示を拝見して
ティムバートンの絵ではなくて
アニメ作品に登場した人形が好きなんだと
気づかされました。

展示の途中にある立体物たち。
細い手足の繊細な造りや
表面のモールドやつや消し塗装。
数は多くなかったのですが
タートルモンスターの大きなパペットや
久しぶりのマーズアタック火星人に会えて
嬉しかったです。

そんなことですから
当初購入予定だった画集や
展示カタログですら購入してきませんでした。
ちょっと中途半端な気分です。

グッズもね〜、もう売れ切れていたのかもしれませんが
作品が印刷されている文具系のものばかり。
(他は家電量販店で買えるおもちゃとか)
なんとなく此処に来たから買ってしまったというような
高額のスタチューとかあれば
かなり悩んだだろうに(買わないけど)。
これもアベノミクスなのでしょうか。

なんとなく寂しい気持ちで近所のラーメン屋さんへ

141120ティム3

ここは自分が20代の頃十番商店街に住んでいて
その頃からご贔屓にしていました。
他のお店はヒルズでなくなりましたが
ここはそのままです。

とくにグルメではなく、チェーン店ですし
オススメはしないのですが
思えばここでは「ニラ玉ライス」しか
食べたことがありません。
チャーハンとかラーメンとか
食べたことがないのですよ。

昔同郷だとうかがった店主の腰の曲がり具合に
自分の年月も重なります。

それと明日用に「きりん屋」さんのカレーを
買っておこうかと思いましたが
なんと臨時休業。なにかあったのでしょうか。

141120ティム4

そんなことをしていると、すっかり夜。
イルミネーションはキレイです。
いつもは青色でしたが赤かったですね。
これは秋の紅葉をイメージなんでしょうか。
そのうち青白くなるのでしょうかね。

こういう光景はなんとなく石油ストーブの臭いと
鼻やほほがポっと熱くなる感覚がします。

キラキライルミネーションが輝くと
年末ももうすぐって感じを思い知らされます。
 

製品チェック

すっかり寒くなってきました。
そろそろコートが必要か?

自分は外に出るのは買い物くらいなので
一体どのくらいの気温なのか
わからないことがあります。

寒そうだからと厚着をしていくと
街の人たちは意外に軽装だったりと
恥ずかしい思いもします。
しかし室温との差もありすぎるのも
困ったものです。節電はどこにいったのでしょうか。

なんとか箱も出来上がり
各自チェックをいただいております。

141122ベア1

ムム、なかなか厳しい表情。
緊張が走ります。

141122ベア2

ムムム!いかがでしょうかね。
あまりに厳しい雰囲気なので
こちらはオロオロしましたよ。

そんなこんなで箱も出来上がりました。
あとは写真撮影とタグ付けでしょうか。

また撮影ができたら紹介しますね。

それと、11月30日出展の
ネイチャーアニマルワンダーランドの
ブース番号が決まったらしいです。

「J-20」です。
なんかあっという間にもうすぐですね。

街はイルミネーションがきれいです。
眩しいくらいの輝きを眺めていると
年末もすぐということを
思い知らされますね。
 

出品作品のご紹介 その1

今週末に迫ってきました、
ネイチャーアニマルワンダーランド。
なんとかバタバタ製作しております。

今週は出品する新作を紹介していきますね。

141124べあ1

#24 KUMAネコ

KUMAネコっていうことで
本当に「熊猫」=パンダ柄になりました。

自分も欲しいカゴショルダーバッグを持っています。
お腹が空いたら食べちゃうかも。
ちょっと不安です。

大きさ:約25cm(本体のみ)
素 材:モヘア、ウルトラスエード、
    オリジナル樹脂アイ、
    ハードボードジョイント5箇所
付属品:スタンド(木製、針金)、貼り箱、
    カゴバッグ(タモ、皮革)
お値段:19,000円



141124べあ2

#25 KUMAネコ

KUMAネコはクマを作っていたらネコっぽく
なっちゃったものですが、
すでにクマでもネコでもありませんね。

不敵な笑みをたたえていますが
意外に甘えん坊だったりします。

全身シロっぽいですが
背中のブチを確認してね。

大きさ:約25cm(本体のみ)
素 材:モヘア、ウルトラスエード、
    オリジナル樹脂アイ、
    ハードボードジョイント5箇所
付属品:スタンド(木製、針金)、貼り箱、
    カゴバッグ(皮革)
お値段:19,000円



ぜひ、会場におこしいただき
実物を観にきてくださいね。
お待ちしております。
 

プラモを作っていた。

世間は3連休だったのですね。
いつもお休みみたいな自分には
まったく関係ないのですが
ちょっぴり心も騒ぎます。

イベントとかもあるのでしょうが
ここは家に閉じこもって
お休みに合わせて3日間
プラモデルを作っていました。
前もガンダム作っていましたが…。

ガンダムのときはガンプラとして製品、
メーカーの技術力を味わうのが目的でしたが。

141125ヴァンシップ1

1/72 “ラストエグザイル”ヴァンシップ魚雷装備機
1/72 VANSHIP w/TORPEDO  ハセガワ社

前のタチアナ機のときは
全バリエーション作ってやる!と
VF-1バルキリーのときのように
複数個買ってそのままという
トラウマがありますが
今回は2個買ってやる!!と
作りもしないのに勢いお店にいきましたが
1個しか売っていなかったので
逆に助かりましたよ。

141125ヴァンシップ6

キットはベスパが入っていない代わりに
魚雷と20話のときのクラウスとディーオコンビの
フィギュアが入っています。

限定品とはいえ、レジン製なのは
こっちの方が型を起こすより安いからなのか
もう少量しか生産しないのか。
どっちなんでしょうね。

毎回テーマを決めて作り始めるのですが
今回は比較的新しいメーカー
ガイアノーツ社のガイアカラーの
それもメタリック系を試してみたかったのです。
後進メーカーであるからこそ
どんな製品なのだろうと知りたかったのです。

141125ヴァンシップ2

前にボトムズを作ったときに専用カラーを
使ったことはありました。
隠蔽性が強く、色も発色が良いのですが
黒からの白グラデなどのブラシ表現だと
ボケあしが隠蔽性の良さからくる
塗装の難しさがありました。

メタリックカラーは金属質感の追求で
究極はクロームメッキみたいになることなのですが
各社工夫があるようです。
最近は装飾としてのメタリックやパール塗装など
色々種類が発売されています。

なんか輝きがイイらしいということは
聞いていたので購入してみました。

まずは「スターブライトジュラルミン」と
より金属粒子が細かい「Exシルバー」です。

一応ツヤありのブラックを下塗りして
吹き付けてみました。

今回の機体は未塗装のジュラルミンむき出しだろうと
ジュラルミンを選んでみました。
普通のシルバーにクリアブラックが入って
少し暗めになっている感じでしょうか。
やはり粒子が粗いのか、自分の調合が悪かったのか
ボソボソでスケールにも会わない感じでした。
なのでExシルバーで塗装の仕直し。
こちらは粒子感もなくて輝きも良い感じです。
模型でもでいうと
鈍い光沢のメッキ部品という感じです。

暗い感じに光るので比較的メッキよりなんでしょうか。
クリアコートにも強いと聞いていたので
落ち着かせるためスモークとクリアコートしました。
若干輝きがなくなりますが
ギラギラした感じが押さえられて
落ち着いた雰囲気もよい仕上がりになりました。
フムフム。

使った感じはMRカラーの「スーパーメタリック」と
同等でしょうかね。ガイアは量が多いのでお得か?

しかしシルバー塗装は下地の処理がハッキリ出ますね。
ここは注意しなくてはいけないところでしょうか。

後は配管の焼け色のために
クリアブラウンを購入。
こちらはMRカラーでも発売されていますが
違いはあるのでしょうか。
薄めても色はハッキリでるのは
ガイアカラーなんでしょうか。

141125ヴァンシップ3

それと前にもふれた「スモークグレー」と
今回の「GXクリアブラック」。
どちらも透明系の塗料ですが
名前だけだと違いがわかりません。
それで翼端や車輪カバーのグレー部分に
クリアブラックの方を使ってみました。

色はスモークがウォーム系の暖色、
クリアブラックがクール系の青みがかった色でした。
同じブラック系でも違う色味なので
今後使い分けができそうです。

なかなか気になっていた新製品を試すのは楽しいです。
今後はよりメッキに近くて
触ったりコートできる塗料の開発にも期待します。

あと、クリアゴールドとかシルバーが気になります。
サングラスのミラーみたいに
透けるメタリックなのでしょうか。

なんだかんだで完成しました。

141125ヴァンシップ4

141125ヴァンシップ5

画像だとキラキラ感がありませんね。

最後の方はマスキングが面倒で
筆塗りしてしまったので汚くなっていますが
とりあえず完成できました。
改造しないでサイドの窓を開けて
透明板を入れたくらいです。
まだ操縦者を作っていませんがね。

それはいつかまた…。

出品作品のご紹介 その2

11月30日開催の
ネイチャーアニマルワンダーランド。
出品する作品の紹介の2回目です。

今回は羊毛フェルトです。

当店「雅太郎玩具店」の店長として
頑張っているキャラクターです。

当初は自分の趣味で製作していて
お店では参考品としていたのですが
案外人気者なので
ニセモノが現れました。
商魂たくましいですね。

よくテレビヒーローの偽物って
みんなはだまされるのですが
テレビの視聴者には明らかに違っている
どうして間違えるのという
「オレオレ詐欺」的な不思議さがありました。
ブーツがとんがっているとか
ちょっと目つきが悪いとか…。
ちょっと違っているんですよね。

所詮、本物のモノマネなので
本物を超えることはできずにまけるのですが
当店「ニセ店長」もあきらかに
本物とは違っています。

まあ、その他店員と考えれば
落ち着くのでしょうかね。

141126店長1

製作過程はブログでも紹介しておりました。
色が違ったりクマでないのものも
いたりしますね。

ユニホームであるロゴ入り
オーバーオールを着ています。

今回はこの5種類
ニセモノなのでご用心を。

大きさ:約14.5cm(本体のみ)
素 材:羊毛、グラスアイ、ポリエステル、
    樹脂ボタン、
    糸ジョイント5箇所可動
付属品:スタンド(木製、針金)、クリア箱
カラー:5種類
お値段:各6,000円


141022べあ3

スタンドを付けることになったので
無駄に豪華そうなクリアボックスに入っています。
そのまま飾ってもおけそうですね。

当日は「本物」店長も在店しております。
店員一同、皆様のご来店心よりお待ち申し上げます。
 

出品作品のご紹介 その3

そろそろフェス用に荷物をまとめてみています。
お釣り用の両替とか手提げなんかも
大事なアイテム。
用具を揃えるため久しぶりに街に出掛けました。

まあ、とにかく人が多いので
疲れないよう効率を考えて巡るのですが
うっかり買い忘れで引き返すことも。
なんだか体調が悪くなる一歩手前という
感じになりました。
イベントも近いので風邪などひかないように。
流行っているようなので
皆様も気をつけてくださいね。


11月30日に出品する作品を紹介しています。

今回は今まで作った物や製作中のまで
参考出品で販売はしないのですが
展示してご覧いただくことにしました。
皆様の反応もお聞きしたいところ。

決して前回の倍の大きさのブースを
埋めるためではないのですよ〜だ。

141127まだら1

今まで作っていてまだ途中な「斑」さま。

今回は「お犬さま」として展示してみます。
四つ足動物の可動モデルを目指していますが
現在はトイスケルトンと樹脂パーツで
再現可能かのスタディモデルです。
なかなか目の肥えたお客様のご意見がいただけたらと。

この後、スポンジやワタで肉付けして
ボアなどの表毛を巻き付ける予定です。

今回は展示用にパテの部分をキレイに塗装して
ほぼ完成出来る部分の口の中を作り込んでみました。

歯を植えて舌を作ってみました。
ちょっと猫舌イメージでザラザラなテクスチュアに
してみましたが、やりすぎでしょうかね。
嘗められると痛そうです。

グレーのサフ仕上げがまた見本品ぽい感じでしょうか。

141127まだら2

こんな感じでお座りして
ターンテーブルにより
クルクル回っているかもしれません。

こうしてみると恐竜みたいですね。

はたして完成はするのかな。
自分が心配です。

141026ベア2

それとゴロンとしたベア。

これはネットや書籍などで作り方を学び
作家さんの展示会に出掛け
失礼にもコツなんかもお教えいただき
フェスとかで材料を揃えたりして
自分が始めてキチンと作った
オリジナルデザインのデディベア?です。

なんか勢いがありますね。
なかなか細かい部分で思ったようにならず
今後の宿題も沢山いただきました。

母親の老体にムチをうち!セーターとマフラーを
作っていただきました。
今の季節ではあったかそうです。

自分の始まりなのですが
これも表に出すことで
製作の悩みや迷いの部分の指標となるでしょうか。

皆様にお会いできるのを楽しみにしていますって。
(クマ)

その他自由にいろいろ並べてみようかと思います。
今度の日曜よろしくね!
 

いよいよネイアニ2014

いよいよ明日開催となりました。

141129ネイアニ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ネイチャーアニマルワンダーランド
自然と動物に関する創作物と鉱物や標本の展示&販売

開催日:2014年11月30日(日)12:00~17:00
会 場:東京都浜松町都立産業貿易センター
    5階 第1展示室
ドールワールドリミテッド同時開催
入場無料
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

現在バタバタ準備をしております。
ちょっと普段行かないような場所だと思うのですが
入場無料ですし他のイベントも沢山なので
ぜひおたちよりくださいね。

皆様のご来場をお待ちしております。

なんとなく夜型生活になってしまってるので
早起きできるか不安ですよ。
リズムを調節しなくてはいけませんね。
 

今日1日です!

今は深夜の2時になってしまいました。

詰め込み作業をしています。

141130ベア

もう3年近く活用している
運搬用にとプリンターの大きい箱。

なんだか、かさばる荷物ばかりなので
持って行くものをまとめたら
入りきりません。悲劇!

まあ別のカバンにも活躍していただくことにしましたよ。

いっそヴィトンにトランクを発注しようか!

詰めたり出したり、忘れ物をしないように
気をつけないといけませんね。

早く寝ないと。寝坊も心配です!

それでは皆様、会場でお会いしましょう!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(ルイ・ヴィトン) LOUIS VUITTON ノベルティ モノグラム トランク型 ペーパーウェイト ミスフランス 紙押さえ 置物 非売品 M99408(ルイ・ヴィトン) LOUIS VUITTON ノベルティ モノグラム トランク型 ペーパーウェイト ミスフランス 紙押さえ 置物 非売品 M99408
()
LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)

商品詳細を見る

 

Appendix

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

広告

Extra

プロフィール

雅太郎1号

Author:雅太郎1号
作るの好きなくせに
絶対完成しない人。
やればできる子。

最近はテディベア製作で
フェスに参加しています。
機会がありましたら
お声掛けください。

メリー号制作記は
カテゴリの「ワンピース2」から

ストーム・マシーンの
ロビー製作は「SMG」。

ニャンコ先生とか
その他もジャンルいろいろ。
まとまりがありません。

最近検索の多い
「ハレパネ貼り方」は
カテゴリの「工作」から
参考になれば幸いです。
 

カレンダー

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリ

柊 (15)
SMG (53)

FC2カウンター