Entries

目作っています。相変わらず

引き続き目作っています。

ブレードランナーっていう映画でも
レプリカント用に目だけ作る博士がいました。
人形やテディベアでも
職人的な作家さんがいるのでしょうね。
今度調べてみますか。
それともガラス工芸してみるか!?

前回接着貼り合わせしたプラスチック板。
なんとか硬化したようです。
万力なんかで圧力をかければよかったのですが
フチが若干浮いてきていました。
削ってしまう余分部分なので影響はありません。
触ってみるとキチンとくっ付いているようです。

131001ベア1

余分を削りました。
フチを削りとってから、表面の透明層を
丸くしていきます。ここでもヤスリをかけるのですが
荒めから徐々に細かいものにしていき
削りキズをなくして滑らかにしていきます。

ここを「あまちゃん」の勉さんのように
ひたすら磨くこともできるのですが
今回は後で塗装するので
ソコソコにしておきました。

131001ベア2

今回はブルーの瞳です。
のり付きシートにプリントするのですが
今回はメタリックにしてみています。
深みとか出ているでしょうか。

ブルーの部分は瞳なので
丸くマスキングして白目のところを塗装します。
ここは手軽にスプレー塗料。シュシュと。

画像は爪楊枝にマスキングテープで固定しています。

乾燥したら、マスキングテープを外します。
油断していたらキワが汚くなったので
溶剤をつけた綿棒でクリーニング。

そして最後に全体をクリア塗装します。
ツヤが一気にでて目らしくなりました。

131001ベア3

メタリックなので瞳が光の具合いでキラリと光ります。
透明板分の奥行きが出てヨイ感じです。

試作は成功!
イメージどおりに出来ました。
採用といたします。
あとは実際にぬいぐるみに装着してみて
また検討してみますかね。

もう反対側も作ってウラ側に糸を止める穴を作ります。

さてはて。意外に大変だったぞ。
 
スポンサーサイト

完成するのか!?ロビ製作034

相変わらず「週間ロビ」です。
自分でも、ちょっぴりお熱が冷めたせいか
今までのようなワクワク感も
少なくなってきたのか?
その分、冷静に現代のロボットという雰囲気は
味わっているつもりです。

131002ロビ1

週間ロビ 32

今号も受け取ってきました。
中に「あの」お知らせが入っていました。
それはまた後で…。

131002ロビ2

配給されたパーツです。
ケーブルと腰?の半分部品。

なんか今までで一番少ない号なんでないかい!?
たしか前の号の次回部品写真だと
もう一個ついていた気がしたのですが。

131002ロビ3

前回までできた足パーツのサーボシャフトに
今回の部品を差し込むのみ!の工程です。

見ると、またここにサーボが組み込まれそうな形状。
意外に脚に時間かけますね。
サーボ使用数も多いので仕方ないか。

131002ロビ4

ドド〜ン!!
今回は出来上がり!
でもちっとも作った気持ちになれません。

さてはて、お知らせはっと。

131002ロビ5

中に紙が一枚入っていました。
「Robi 読者の皆様へ」

内容はパーツの不良による変色や色移りすることの
お詫びと改良パーツの供給が決定したとの内容でした。

・24号以降のパーツは改良されたパーツだということ。
(現在製作している脚部分は大丈夫な製品だそう。)

・腕と胸のパーツは51号(2014/02/10)で提供予定。

・頭部のパーツは61号(2014/04/22)で提供予定。

…とありました。
交換方法など詳細は該当号にて案内があるそうです。
(この場合の交換方法とは、組み上がっているパーツを
改良パーツに交換する組み立て方法で
部品の供給方法でないと思うのですがどおか?)

具体的な供給方法は検討中なのか明記されていません。
メーカー直の定期購読の場合は
時期になると本誌といっしょに
同封されてくるのでしょうが
書店申し込みの場合はその号だけ
大きな箱が付いてくるのでしょうかね?
それとも時計とか充電イスのように
ハガキを送って申し込むのでしょうか?

自分はてっきり初期号みたいに
供給されるパーツの詳細と
申し込みハガキが付いてくるのだと思っていました。
書店受け取り組なのでちょっと心配です。

まあ、先は長いので
落ち着いて見守るといたしましょうか。
これもちょっとお熱が冷めたせいでしょうか。

でもSDカードやボードが組み込まれて
テストでウデとか脚を動かすときなんかまた
テンションが上がったりするのでしょうね。
 

今度は型紙

ぬいぐるみ作ってます。

目は目処がついたのですが
若干改良が必要かも。

今回は型紙を作ります。
作り方といっても、いつもの自分流なのです。

初回、下書きに沿ってスポンジで立体で作って
イメージしました。
そこに布をあてて縫い代にそってカットして
スポンジを包んでいきます。
縫い目の場所やとり方って
長年の伝統なのか様式があるように思います。

ある程度できたら縫い合わせてワタを詰めたり
気になる部分の布をカットして
つめたりと微調整を繰り返します。

131003ベア

まずは頭から。
布は100均の大判フェルトを使っています。
出来た目パーツをつけたり
ワタの詰め具合いを調整したりと
なんとか形になってきました。

後は体部分の型紙取りをして
全体を包みます。
出来上がったら惜しいのですがまた縫い目を解いて
パーツ単位に広げて形を紙に写していき、
ここでまた微修正と案外手間がかかりますね。
ぬいぐるみの命ともいえる
型紙を作っているので納得できるまで続けました。

さてうまくいっているでしょうか。

作業は続きます。
かてさて。
 

型紙完成か?

お仕事も一段落したので
作品製作を始めています。

久しぶりとなっているので
またまた作り方なんか
忘れているものがあったり
いつまでも初心を味わえるので
楽しいばかりです。

前回進めていた型紙作り。
フェルトをチョキチョキしてます。

131005ベア1

今は体を作っています。
スポンジ型にフェルトを巻いて
縫い代部分でカットしていきます。

それをもう一枚写して左右のパーツを作り
糸でざっと縫い軽くワタを詰めてみたりしています。

絞るところはまたカットしてつめて縫ったり。
画像では大体のイメージが出来ていますが
それでも修正するところはペンで印をつけています。

なんかカタチになるとうれしいですね。
しばらく眺めまわします。

早くモヘアを縫いたい気持ちを押させつつ。
 

マリオネット

街歩き番組を見ていて気になったもの。

131006tv1

マリオネットの専門店が紹介されていました。
世界の作家さんの作品だそう。

人ガタのものはよくあるのですが
犬のものもあるようです。

昔からちょっと気になっていたのですよ
マリオネット。

ユラユラですが
まるで生きているような動きをします。
人形自体の構造はなんとなくわかるのですが
やはり糸の張り方や手元の十字のバーの
取り付け方なんかにノウハウがありそうで
一度、実物を手に入れるか
専門の方にお聞きしようと思っていました。

そう、ちょっとやってみたかったのですよ。

131006tv2

ちょっと普通の人ガタと違ったかんじ。
好みのムク犬がピン!ときました。

欲しい!触ってみたい!

調べたら販売もされているようなので
しばらくお熱がさめなければ、
拝見しにいってくるといたします。

たぶんもしかして動物とか飼いたい願望とかも
あるのでしょうね。
 

アタマの試作!?

型紙の目星もついてようやくモヘアでの製作です。

このモヘア、思っていた以上に高価で
いつも作り始める時は緊張します。

はたしてこの生地の値段以上のものを
作ることができるのか!?
悩むところです。

前回縫い合わせたフェルトぬいぐるみを
一旦バラバラにします。
糸をチョキチョキ、もう黄色の彼奴にはあえません。

パーツごとにわけたら平にして
紙に形を写します。
このときにラインの修正とかもして清書します。

ようやく型紙ができたわけですが
これをモヘアに写して切り抜き作り始めます。

このときいつもモヘアの毛並みの方向に悩みます。
繊維のタテヨコで決まるのだと思うのですが
最近は斜めにしかみえないものもあったり。
こういうときは見たとおりにしますよ。

せっかちなので、とりあえずアタマを作っています。
フェルトで雰囲気を見たとはいえ
ワタをパンパンに詰めたり
毛のボリュームとかでまた変わってしまうので
実際に使うモヘアで様子を見たいのです。

まあ、お試しなので気楽に
まだ生地にも余裕がありそうだし
チクチク縫ってみました。
作った目とかもはめ込んでみたり…。

131007ベア2

口も刺繍?して付けてみました。
ウ〜ン、なんかイメージと違うな。
アタマ全体も毛の長さ分大きくなっているようだし…。

131007ベア1

目の大きさをちょっと大きくしたり
口をへの字にしてみたり
頭を揉んでみたり。
ジタバタを続けます。

131007ベア3

口を小さくしてみたり
目の周りを暗く着色してみたり。
ちょっと悪っぽい顔になりすぎ?
ショッカーに改造されたか?

なんかいろいろ手をかけていると
だんだんものが主張してきて
最初のころの、のっぺりした感じから
意思をもってきているような感じがしてきました。

モヘアはもったいないですが
これは試作テストとして
これは!と思った方向に作り直すといたします。
耳の付け方も失敗しているしね。

また、いろいろ材料を
買ってこなくてはいけないようです。
さて製作はつづく…。
 

アタマ完成!?

今ちょっと忙しいのですが
ちょこっと進行状況のお知らせです。

131009ベア

アタマが二つになりました。

今までテストで進めていたものを参考に
左のが完成品です。
いろいろ変えているのですが
全く同じにならないのは
手作りの醍醐味か。

今回はこんなところで!
 

完成するのか!?ロビ製作035

連休進行なのかちょっと忙しかったです。
それでもロビはやってくる。

131011ロビ1

週間ロビ 33

発売日に受け取ってきてはいたのですが
なかなか製作できずにいました。

ようやくの開始です。
とはいえ…。
131011ロビ2

今回はサーボ1個のみなのです。
トホホ。

作業量的にはそこそこなのですが
いつものことなので「ときめき」がありませんね。

131011ロビ3

無事、名前付けを終了。今回は2番でした。

どうも最近は接続不良によるエラーが
何回かでるようになっています。

もう何十回と付けたり外したりしているので
端子が摩耗してきているのでしょうかね。
1個のサーボに2箇所ケーブルを接続しているので
きっとチェックのときに不具合とかあるのでしょうね〜。
その時はまた分解と接続でしょうか。

131011ロビ4

作業はここまで。
今回はサーボを保管するために
チャック袋に入れておきましょうとありました。

自分は入っていた袋にもどしました。
説明どおりに号数とID番号を記入して
今後の作業で間違わないようにします。

このサーボを組み込むのはずっと後なのか?
まだまだ先は長そうです。

次回の配給パーツを見てビックリ!
「モップシューズを作る」だそうです。
本当はこれより先に左脚を作り始めたいのですがね〜。

まだまだ先は長そうです。
 

前売り券購入

夏のエヴァ展でいただいたパンフ。
スヌーピー展のグッズ付き前売り券を買ってきました。

131012スヌーピー1

スヌーピー展
ポストカードつき前売り券

森アーツセンターギャラリー10/12〜1/5)

昔のセゾン美術館風な展開をしています。
普段の日はどおなのか?

用事で麻布十番に出掛けたので
六本木ヒルズにてチケットを購入しました。

しかしお膝元なのに扱っている窓口が
奥にあったり不思議でした。
平日で時間が早かったから?
なんとか手に入りました。

131012スヌーピー2

ポストカードが5枚セットになっています。
思ったより大判でした。
しかもコマで適当にカットしてある風なので
四角の比率もまちまち。
モノクロは今まで発表されていた
コントラストを強くしたプリントでなくて
文字の切り貼りやホワイト修正とか
太いサインペンのインクの薄さなどを
再現された写真製版でした。
原画に近い再現方法でしょうか。

カラーは1枚だけ。
これは8種類あるものがランダムにはいっているとか。
他の絵柄もきになるな〜。

気がつけば10月12日は開催日でしたね。
すでに展示公開が始まっていますよ。
ワクワクします。
早く行きたいところですが
これがあるから…。

131012マドカ

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語 公開記念
「魔法少女まどか☆マギカ」複製原画展

東京シティビュー(10/19〜11/4)

ナゼか同じような場所で開催らしいです。

新たな展開の劇場版も公開されるようですし
MXでも再放送が始まりました。
自分的には一時「キュゥべえ」(表記が面倒くさい)に
夢中でしたが、お熱もちょっと冷めてきた頃なんです。

まあ、あくまでもスヌーピー展のついでという
言い訳でこちらも拝見してくるといたします。

展示フィギュアが揃う日都合で
スヌーピー展に行く日がまだ後になってしまうのは
偶然ですよ。としておきます。はい。
 
しかしアニメがデジタルになってしまったので
メインのキャラのカラー完成原画という
セル画が存在しないので
こういう原画展という形式で
いままで沢山開催されています。
枚数もあるので展示しやすいとは思いますが
若干物足りなさが残るのは
仕方ないところか。かといって余計なものは
いらないのですが…。
 

ようやく完成!?

なかなか製作に取りかかれなかったので
いざ作れるなると
勢いで一気に作ってしまいましたよ。

131013ベア0

最初にイメージしていたものとは
ちょっと違うのですが
実際、立体にしてみたり生地に置き換えたり
ワタを詰めたり、刺繍をしているうちに
こういう物はこうなるんだよ。と
言われるまま作ったように感じます。
工作精度はまだまだなのも理由なのかもしれません。
一応工程が完了して
全体をモミモミしながら立たせてみると
キミってこうだったんだね。と見直したりします。

131013ベア1

131013ベア2

131013ベア3

131013ベア4

ちょっと怒っていますかね〜。

これからの作業としては
服を着せるか、首に巻くか検討してみます。
仲間ももうちょっと増やそうかな。

ーーーーーーーー
春に参加したテディベアフェスティバルが
この土日に京都で開催されていました。

自分はご招待券をいただいていたのですが
伺うことができませんでした。
皆様は楽しまれたでしょうか。

なかなかほぼ旅行的な距離なので
参加は難しいかなと思っていましたが
来年とかでも機会があったら
申し込みをしてみようかなと思っております。

京都って修学旅行でも縁がなかったし
もちろん観光もしていません。
昔、仕事の出張で乗り換えだったのですが
空いた時間は模型屋さん目当てのでしたので
有名な金閣寺とか清水寺もどこにあったのか!?
という次第です。

美味しいものも沢山あるとお聞きしているので
そのときは調べて満喫したいと思っております。
 

手を出すまいと誓っていたのに。

漢たるもの編み物には
手を出すまいと思っておりました。
なんとなく女子限定の趣味っぽいし
おじさんがやっていても格好良くない!って感じで。

実家の母親が編み物を趣味にしておりまして
子供の頃からセーターやカーディガンはお手製でした。
お洒落な弟はもちろんイヤがって
着ることはなかったのですが、
無頓着な自分は暖かければ良いとばかりに
愛用していました。
ちょっと前にテディベア用のセーターを
作っていただきました。
今は目がわるくなって作るのが難しいそう。

▶ぬいぐるみの記事

自分は子供のころから工作趣味でしたので
編み物にも興味があって
母親に教えてもらったことがあります。
しかし、魔法のような複雑な指さばきは
自分には解析できなくて
最初の作り目から挫折していたことを思い出します。

そういう理由もあってかの
悔しさまぎれの敬遠なのですが…。

この、ひとまず完成したKUMAなのですが
ふと思い立ちマフラーを装着させることにしました。

既製のニット生地を縫うのもよいのですが
以前、拝見した編み物の記事を思い立ち
読んでみたら今の自分だったらできるかなと思い
手編みに挑戦することにしました。

小さいものだしマフラーなのでササッと簡単かなとか
安易に考えていたのです。

参考記事
ほぼ日刊イトイ新聞「目薬ポーチであみもの入門」

基本は細長く編むのでちょこっと変えるだけで
参考になりそうです。

早速、毛糸と棒針を
街の手芸屋さんへ買いにいってきました。
ちいさなお店なのですが講習会とかもやっているよう。
店内では「おばさん」!?たちが楽しそうです。
最近こういう女子のお店へ入店することの
恥ずかしさが薄れてきています。
これも年なんでしょうかね。
しかし毛糸も道具も案外高価ですね。
手作りセーターなんて超高級品です。

早速、動画を参考に作り始めます。

131015手芸1

作り始めるのですがまったく要領がわかりません。
何回の失敗します。
これはかなりの練習が必要なようです。
超初心者なのに細い棒針、扱いにくいモヘアの入った
縒りの浅い毛糸。気持ちがメゲて投げ出しそうでしたよ。

131015手芸2

失敗の山。
上から下から工程を思い出しながら作っていると
すっかり忘れてしまって途中で失敗するのです。
これは長丁場。
絶対失敗なく完成するのは不可能な感じがします。

あれこれ考えて他の作り方も検索して
「1目ゴム編み」にするも、単純な裏と表と編むのでさえ
途中でどっちだったかすら忘れてしまいます。

これはなんとかせねばと
基本同じ工程を繰り返す
「ガーター編み」ですることにしました。

なかなか糸テンションの入れ方がわかりません。
それでもなんとか1日がかりでここまで…。

131015手芸3

毛糸の特性のおかげか編み目がバラバラでも
なんとか雰囲気で誤摩化されている!?
このペースだと、あと3日はかかりそうです。
本当はもうちょっと太い棒針でザックリ編めば
工程も少なくて早くできたかも。

まだまだ流れるようには編む事ができませんが
これは大変な作業ですね。

自分が学生の頃は
女の子が大好きな先輩のために編み物を編んでいました。

いざ自分が作ってみると
憶えることの大変さ、手間のかかる工程を
実感します。慣れないと1日かけても数センチしか
進まないのですが
出来上がったのを見ると、
その作っていた時間や想いなんかが
編み目に反映されていますね。

その分「重い」のですが
昔ケンカしてもらい損ねた手編みの作品
もしいただいていたら、単に嬉しかったり、
逆に怖かったり!?していただけと思うのですが
自分が作った今だからこそ
そのモノのの意味がわかってきますね。

作っている時間とそのとき考えていたこと
それがそのまま表現されているものだと感じます。
昔の写真のような手紙のような
積もった地層みたいなものとして。

現代では若い方はあまり編み物ってしないのかな〜
昔を思い出していろいろ懐かしくなったりします。
 

完成するのか!?ロビ製作036

そろそろ短パンとポロシャツを仕舞おうか
考える、今日この頃。

今週もロビです。

121018ロビ1

週間ロビ 34

表紙はファイティングポーズのロビ!?
イイ感じですね。
今回は久々の目新しいパーツです。

131018ロビ2

配給パーツは「モップシューズ」。
ロビの足に履かせて拭き掃除をするための靴です。

きっとやんちゃ小学生の掃除当番みたいに
足でゴシゴシするのでしょうね。

オレンジの靴本体はシリコンラバーかと思いましたが
セルスポンジでした。ちょっと安っぽい!?
重量も問題でしょうから、こういう選択なんでしょうか。

ほかにはモップ本体。ヒラヒラはついているものですが
不織布でできています。布でないのが不満なところですが
最近のモップも紙なのでこんなものでしょうか。
どのみち、キチンと掃除するものでなくて
雰囲気だけですのでこんなものか。

それと両面テープ。靴とモップを接着するもので
汚れても交換は難しいでしょうね。

あとは次号で使用するケーブルでした。


チャッチャと作れてしまいますが
今回製作は後にすることに。
一般歩行のときにセルスポンジのグリップ感を
試してみたいから。
撮影した後、また袋に仕舞います。

131018ロビ3

試しに製作中の脚に装着してみました。
ホホ〜。ガンダムにたいな
しっかりとした感じになりますね。
オレンジ色も新鮮なイメージです。

はてさて気がついたら次は35号。
ようやく半分となりました。
書店受け取り組なので
特典のボイスクロック応募ハガキのシールが
貯まってきました。

最初の頃は先が長いな〜とか思いましたが
今は時がすぎるのは早いな〜と思っています。

ふむふむ。
 

特訓の結果

ちょっとマフラーをつけさせたいと
簡単な気持ちで始めた「編み物」。

前回、苦闘ぶりはお伝えしましたが
ようやくなんとか完成しました。

3日間の集中特訓でした。

11019ベア1

気がつくと2本できています。

まあ棒針も細いので工程数的には
人間サイズのものと変わらなかったのかもしれません。

最初の色毛糸はモヘアが入っていたりする
縒りのゆるいものでした。
糸滑りも悪く
針でくぐらせるときに他の糸部分も持ってきたり
変な引っかかりがあったりして
初心者としては大変編み辛い糸のようでした。

それで街に出掛けたついでに
別の糸を購入。それが白い方の毛糸です。
なんでもベビーアルパカだそうで
大変しなやかで柔らかい。
縒りもキチンとしていそうです。

思ったとおりバツグンの編みやすさ。
逆にしなやかすぎて
結んでもすぐに緩くなってしまうくらいでしたよ。

やはり基本はキチンとしたモノで学ぶべきですね。

とはいえ途中で間違えたのか
コマ数が増えていたり、糸が棒針から抜けてしまい
リカバリー方法がわからずに
もう一回最初からやり直しとか
失敗は両手の指の数ではおさまらないくらいでしたよ。
何度くじけそうになったか!

編んだのを解くときは
なんだかいままでの何時間を捨てているようで
大変なむなしさを感じていました。

基本となる編み方が「アメリカ式」だったので
他の解説ページの「フランス式」と
保ち方がゴチャゴチャになったり
結局は自分の失敗のないやりやすいやり方にしたので
なんとかコツなんかつかめるようになりました。

慣れてくると無心になるというか
なんにも考えない方が失敗もすくないようです。

一時は夢でまで編み物をしている自分でしたが
無事完成してよかったですよ。

編み物のスゴさも、まだほんの入り口ですが
理解できたように思います。

131019ベア2

早速装着!!
なんとかうまくカタチになってくれました。
KUMAにもよく似合っていると思います。
これでこれから寒くなる季節が待ち遠しいところか。

今度はカーディガンとかにも挑戦したいところですが
失敗なくずっと編み続けるようなことには
神経が保ちそうにありません。

もっと修行が必要ですね。

はてさて。
 

カバン買いました。

この年になると
なんだかんだと長年使っているものがあります。
気がつくと20年物なんて沢山になっていたり。
今回は新しくカバンを買ったので
過去のも引っぱり出して紹介してみます。

131020カバン1

コーデュラ ダッフルバッグXL エディバウアー社

LLビーン社と同様の通販もしている
アメリカのアウトドア系ファッションブランドです。
ダッフルバッグといえばエディバウアー社って感じでした。
サイズも大小、色も豊富な品揃えだったのですが
最近は取り扱っていないようです。

これは自分が18才の頃買ってもらったものです。
当時のエディバウアーは直販のものでなくて
ライセンス生産のようでした。
なのでLLビーン社よりゴツいしっかりした感じ。
当時の新素材だったコーデユラナイロンも懐かしい。

これはサイズもXLなんでとにかくいっぱい入ります。
ギュー詰めすると持つのが辛いほと重くなります。

なんだかんだと30年以上!?ちょっとカビ臭いので
今度洗濯してみます。

131020バッグ2

LUGGAGE LABEL ショルダーバッグ 吉田カバン社

小さいファスナー開閉のミニショルダーです。取手付き。

海外旅行に行くので、舞い上がってしまい
パスポートとか持ち歩くように前日買ったものです。
結構高価でした。気持ち的にバブルだったのか。

当初はもう少し明るいクリーム色で
汚れそうだなと心配していましたが
いつのまにか気にならない色に全体が変化しました。

これは日常的に使用しているのですが
多分20年以上経っていますが故障もスリ切れもナシ。
吉田カバンの実力を感じます。
その代わりタグの文字が消えそうです。

なんでしょうね。
身近にこういう残るものってあります。
結構使っているのに壊れない。
すぐダメになってしまうものも多いのに。
今後もボロだとか汚いとかいわれても
愛用していきたいと思います。

131020バッグ3

ショルダーバッグ(カーキ)小 月光荘社

こっちは最近買ったバッグです。
銀座にある老舗画材屋さん「月光荘」の画材カバンです。
「友を呼ぶホルン」マークつき。

以前チップとデールのバッグを通販しましたが
やはりちょっと恥ずかしい。
そんなに高くなくてシンプルなバッグが
欲しいなと思っていました。

画材袋というのもよいですね。
なんの工夫もないショルダーなのですが
「かたちある限り修理」ということなので
こちらも末永いおつき合いとなるのでしょうか。

まあ、自分も年なので
あと2、30年もてば十分なのですがね。
 

じぇじぇじぇ〜展いってきた2

無事終了しました「じぇじぇじぇ〜展」。
初日に行ってきたのですが
イベントが開催されたり
展示の追加があるとのことで
もう一回行ってきました。

世間では微妙にもう過去のものっぽく
なってきています?

131021じぇ2

131021じぇ3

131021じぇ4

意外に人気だったポロシャツ。早々に売れ切れでした。

131021じぇ5

前のときはなかったジオラマ。
これを見るためにきました。
カメラが50mmだったので全体が写せなかったのが残念。
つねに人がいっぱいでした。

駅から海女カフェまで意外に近いのだとわかります。

131021じぇ6

あの補修されたメガネとか

131021じぇ7

あのグローブとか新型ミサンガとか。
お守りが細かい演出。

131021じぇ8

131021じぇ9

なにげに出口のイラストが変わっています。
なにかあったのでしょうか。

イベントで「ヒビキからの挑戦状」を開催。
展示途中にあるクイズに答えるゲーム。
問題はかなり難問です。

9問中5問以上の正解で
「潮騒のメモリーズ号」記念乗車券がもらえ
毎週変わる問題に合格するといただける
スタンプ3個で「特製あまノート」がいただけるそう。
初日は開催していなかったんだよね〜
すでに最終日なので1個だけでノートは無理ですが
ギリギリ合格で乗車券はいただけました。

131021じぇ1

たいへん嬉しいです。ただの紙なんですが。
採点も担当の女性が丁寧に採点してくれて
うれしい一言をいただけます。
なんとなくNHKぽいな〜と思いました。
ドキドキでしたが。

最近、嗜好がバラバラで
細分化されてきている世の中ですから
こういうイベントとか好きな人はかなり熱心なのですが
人数は多くはなくなってきているのでしょうか
同じ人を何度も来展させるような方式をとることが
多いように感じます。
AKBとかのCDも1人が複数買いするとか。
これも戦略なのでしょうね。

採点に並んでいるときも
沢山の方がスタンプ3個、ノートをGetしていました。
まあ自分もその1人なんですがね。

グッズ売り場も補充がなくて
もう終わりって感じがしました。
まあ、紅白が最後かもしれませんが楽しみにしています。

ーーーーーーーーーーー
あいにくの雨でしたが
せっかく渋谷に来たのだから
いろいろお店を見て回りました。

そういえば駅前のヒカリエに行った事ないなと
初めて入店してみました。

ほとんどが婦人ものメインのお店が多いのですが
雑貨の階は最近の流行を観る事ができました。

8階にナゼか「川本喜八郎人形ギャラリー」があって
無料ということで拝見させていただきました。
三国志や平家物語の人形が展示してあり
近くで観る事ができて大変勉強になりました。

略歴を読むと2010年に亡くなられていたのですね。
そう思うと人形もちょっと寂しそうに感じます。

131021じゃ10

外に使われていた道具が展示されていました。
もう使われることのない道具もまた寂しそうでした。
 

完成するのか!?ロビ製作037

131023ロビ1

週間ロビ 35

今回は35号。
全70号の予定なので丁度半分まで来ました。
なんとも感慨深い。

131023ロビ2

今回の配給パーツはいつものサーボ1個。
基本はいつもの名前付け作業ですね。

131023ロビ3

またもやケーブルが長いですね。
今回からは左脚の工程が始まったようです。

名前は「11」番。今回はエラーもなく
スムーズな作業でした。

今号はここまで。
とにかく半分終わったということが
ちょっと嬉しいですね。

131023ロビ4

全員プレゼントキャンペーンも
第1段はシールがいっぱいになりました。

直接購読者さまはもう届いているであろう
「ボイス付クロック」がいただけるのです。

自分は書店受け取り組みなのです。
最初に書店のハンコをもらっていれば
早めにいただけたのですが
こう毎回シールを切り取り貼る作業は
結構面倒ですね。

本誌には第2段の「充電チェアー」の
応募ハガキも付いていました。
こちらもまた貯めるといたしましょうか。
 

増殖

131024ベア

2匹になりました。増殖中。

こちらは赤目で暖色系です。
生地の風合も違うので、また個性が出てきています。

マフラーもちゃんと作りました。
時間がかかっていた編み物も最近では慣れてきて
逆に中毒ぎみなのか
無償に編みたくなります。

色バリエーションも試してみたいので
来週、生地を仕入れにいきたいですね。

12月のフェスに向かって製作中。
 

ドールワールド・リミテッドに

131025ベア1

12月15日に開催予定のイベント
ドールワールド・リミテッドに向かって
作業をしています。

ホームページでは今回参加される出店者さまたちの
作品が掲載されています。
多分ご案内ハガキのデザインになると思うのですが
TOPページに画像が公開されています。

その中に自分のKUMAがいることに感激!
ちょっと嬉しくなりました。

これを励みにまた作業を進めます。
 

観ているドラマとアニメ

台風心配ですがどおでしょうか。

最近観ているテレビ番組なんか
つらつら書いてみます。

130524G&P1
20110501マギカ1
131026アニメ0

ローカルな話ですが再放送しています。
どちらもBDにしていなかったので毎週録画しています。
全部名作だと思うのですがどおか。

「ガルパン」は影響されたのか未だに模型店にいくと
プラッツ社のIV号D型戦車を見てしまいます。
同スケールのフィギュアも発売されたようですが
戦車のキットよりはるかに高価なのは何故?
自動車部の頑張りと技術力に目を見張ります。

「まどマギ」はもう2年前のアニメなんですね。
劇場新作も気になります。

「ガルガンティア」は1話と後半しか観ていないので
最後の台詞の意味を味わうため
キチンと観ることにしています。

これらをキチンと録画しているので
他がHD容量の関係で観る事ができないのが不満です。
早く整理すればよいのですがね。

131026アニメ1

こちらも毎週楽しみにしています。
お話が一巡していて
前を観ていないのでわかり辛いのですが
各お話の間にスピーディな総集編をいれてくれるので
逆に最初からキチンと観たくなります。
小説原作なので会話劇になりがちなのですが
うまい演出を楽しませていただいております。
キャラのお色気?とか萌え?とか
あまり気にならなくなった自分ですが
挿入歌の「恋愛サーキュレーション」を
たまに観てムフムフしている危ないおじさんです。
最近、阿良々木くんが格好良すぎです。

131026アニメ5
131026アニメ1

ノイタミナ枠で前に録画していたので
勝手に録ってありましたので観る事にしています。

「ガリレイドンナ」は金魚のメカがイカします。
タツノコメカ的な感じで。金魚好きなものですから。
バックヤードで作った手作りというのも良いのですが
あまりの完成度でちょっと気持ちが入りません。
ガリレオってそんなにすごかったか?と
ちょっと本人が聞いたら恥ずかしくなるかも。

「サムライフラメンコ」は「キックアス」的かなと
思っていたのですが回を重ねるたびに
しみじみ面白くなってきています。
今後も楽しみなのですがディスクに落とすかどおか?

あとは新しいアニメもあるのでしょうが
自分的にはこれでいっぱいいっぱいで
チェックできていません。

131026アニメ

ドラマではこれを観ています。
半沢つながり?で。
ストーリーよりテンポを楽しんでいる感じ。
1期も楽しめたので今回も視聴。
ただ観たら消去しています。(容量の関係で…)

131026アニメ4

あまちゃんで観る習慣がついたのか
これと「あさイチ」がセットだったりします。

とにかく「くいしんぼ」なヒロインなのですが
その生き物の原点に忠実な生き様が
通天閣同様、観ていると元気をもらえます。

人間だれでもある「食」にまつわる
イイ思い出。ワルい思い出。
笑顔で「いただきます」や「ごちそうさん」がいえる
当たり前の幸福を再認識できて、不思議と毎回
目をウルウルさせてしまいます。
 

久しぶりのEVAプラモ

土日は仮装をした方が多かったらしい。
ハロウィンだからか?
もうすっかり仮装する日として定着した感じですが
まだ本当の日にちはまだ先ですが…。
クリスマスはまだ日にち守っているよね〜。

ハロウィンが終わったら年末まっしぐらですか。

131028EVA1

もう1ヶ月も前になるのですが
工作仕事の材料を買いに秋葉原に来ました。

用事態はすぐに済んだのですが
ついでにいろいろ見て回ったのがいけませんね
思わぬ無駄遣いをしてしまいました。

131028EVA2

07エヴァンゲリオン正規実用型改2号機γ
08エヴァンゲリオン(ヴィレカスタム)8号機β

バンダイ社

劇場版に登場したエヴァのプラモです。
そういえば、もう「エヴァンゲリヲン」って
表記しなくなってるね。

当時新製品なのに驚きの安売りだったので
思わず購入してしまいました。
といっても2個だとちょっとお財布が厳しいでしたが…。

前の劇場版「Air」のときに
発売されている全機を作りすぎたのか、飽きたのか、
ちょっと前のMark.06すら欲しいと思わなかったのに
こっちは気になっていたのです。

頑張ってる女子チームの機体だからでしょうか。

自分はプラモを購入して作るときは
そのものが欲しいのでなくて
別の裏テーマが重要だったりします。

ハドソンホーネットのプラモを買ったときは
「カーズ」仕様に改造したいからとかだったりします。

で、今回は…

130926カラー2

前に記事として書きましたね。

前記事:プラモ用カラースプレー(13/09/26)

ちょっと使ってみたい
スプレーカラーの色があったのですよ
ちょうどこの機体にピッタリかと思ったので。

しかもバンダイプラモですから
拘らなければレゴブロックのように
パチパチ組み立てられますし
面倒なマスキングも少なくて簡単だと思ったのです。

それで早速仕事の合間を観ながら製作していました。
しかしそういう時に限って忙しくなるものです。

ようやく1機完成!?しました。

131028EVA3

改装しだすと完成しないのでそのままです。
塗装も下地を塗装せずにそもままスプレーという
成形色を極力いかした簡単仕様です。
一部付属のシールも使う、ヤルキのなさです。
設定資料とかも観ないようにしました。

TS-59パールライトレッドは
若干濁ったイメージですが
簡単パールフェニッシュのおかげで
イメージどおり良い感じです。
色を楽しむことができました。

ただ黄色のところは
MS1ブライトゴールドにしたかったのですが
製造休止とかで適当にゴールドとしました。

キットはアクションポーズ優先となり
エヴァシリーズの特長だった
肘の一体成形パーツでなくなったのが
複雑な気持ちです。
まあ、形状も違うしね。

それと肩部分の隙間とか気になる部分ではありますが
詳しい設定を知らないようにしているので
こんなもん!?と思っています。

さてはて、
次は2号機のメラリックレッドを塗装することにします。
フェラーリF1のメタリックレッド用カラーなのですが
いったいどんな雰囲気の色味なのでしょうか。

でも何時作れるかな〜。
 

ネコ!?

131030ベア1

テディベアを製作中。
このタイプは3匹めです。

すでにネコ!?

今後どおいう展開になるか自分でも心配です。

今週土日には「デザインフェスタVol.38」
開催されるようです。
自分は出店応募したのですが
落選してしまいました。
悔しいので、お客さんとして行ってこようと思います。
カオス状態のマンモスフェスですで
ヘトヘトになりそうですが、
材料とかも仕入れてきますかね。楽しみです。
 

完成するのか!?ロビ製作038

本日はハロウィンですね。
しかし。まわりはすっかり終わった雰囲気。
パーティグッズのお店なんか
すでにクリスマス気分ですね。
なんだかな〜。という気持ち。

131031ロビ1

週間ロビ 36

今週も受け取りにいってきました。
ようやくの折り返しです。
焦らず地道に進めます。

131031ロビ2

先週号から左脚の製作が始まりました。
おもに足の甲の部分の白いパーツです。

メーカーの話では
色移りのトラブルの対策済みだとか。
安心して組み立てます。

131031ロビ3

前号で名前をつけたサーボを取り付けます。
ウラふたを外して白いパーツにネジ止め。

131031ロビ4

今号はここまで。
余っているパーツは次回まで保管しておきます。
こっちは以前もやった作業ですので
あまり新鮮味はありませんが
焦らずのんびり進めたいと思います。

131031ロビ6

今回から新たに読者全員プレゼントが始まりました。
今回は36号から60号までの応募券を貼付けます。
前より少なくなっているので
すぐに貯まりそうですが
これがいっぱいになるころは
ロビがほぼ完成しているのでしょうね。

さてはて、楽しみです。
 

Appendix

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

広告

Extra

プロフィール

雅太郎1号

Author:雅太郎1号
作るの好きなくせに
絶対完成しない人。
やればできる子。

最近はテディベア製作で
フェスに参加しています。
機会がありましたら
お声掛けください。

メリー号制作記は
カテゴリの「ワンピース2」から

ストーム・マシーンの
ロビー製作は「SMG」。

ニャンコ先生とか
その他もジャンルいろいろ。
まとまりがありません。

最近検索の多い
「ハレパネ貼り方」は
カテゴリの「工作」から
参考になれば幸いです。
 

カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリ

柊 (15)
SMG (53)

FC2カウンター