Entries

受け継ぐもの

前に新しいカメラの購入話を書きました。

ちょっと新しいものがウチに来るって
ちょっと普通の日常が
ちょっと違う日常になったりします。

まあ、慣れていないので
自分の縄張りにヘンなのが来た!という
警戒意識もあるのかも。

なにげに昨日からの写真はニコンさまを
使用しております。

キチンと撮りたいので
付属品とかにも目がいってしまいます。

最近はWebでオークションをされる方が多いのか
簡単な商品撮影ブースなんか売っています。
ブツ写真はライティング命ですからね。

そこまでセットでなくても
バンクライトは欲しいところ。

しかし、それよりなにより
しっかりとした三脚が欲しいのです。

お店で探すとコンデジ用は安いのですが
普通の一眼レフ用で
しかもしっかりしたものって
当然ですが高価なものです。

またお金を貯めてからね。と諦めていました。

しかし、ふとした所から手に入れました。

130301三脚

三脚 SLICK社製?

小さな真鍮製のブランドラベルには
王冠マークとSLICKの文字。

今ある三脚メーカーで「SLIK」社がありますが
調べたら1974年以前は「SLICK」社と綴ったらしいです。
アルミ製の三脚ですが
金具の結晶塗装?やしっかり具合いが
今の三脚にない存在感です。
まあ、古道具の一種なのですが
自分的に求めていたモノです。

これは駅前の金物屋さんで発見しました。
商品とは違うフリーマーケット的な存在。300円。
となりの箱には
「ご自由におもちください」の文字も。
全体を見ると昔の8ミリ映写機の用品ぽいものが
たくさんありました。

物珍しいのでガサガサあさってしまいました。
ご店主にうかがうと
最近亡くなったお爺さんが
趣味でやられていたそうで、
かなりの8ミリ用品があったそうです。

ほとんど処分してしまったそうですが
引き取り手のなさそうなものを
使う方がいればと出しているのだそうです。

なんとも感慨深い。

ちょうど自分も探していたこともあり
レバーが折れていたりして
使えないものもありましたが
その中から選び出したものがこの三脚です。

かなり磨いてはありましたが
現在グリスを塗り直し中。
キレイになりそうです。

やはり昔のモノって造りが良いですね。
ただ、持ち運びするようなものだと
現在の軽量なものにはかないませんけど。

ありがたく末長く使用させていただきます。

ーーーーーーーーーー
こういうことに出逢うと
人間死んだときには
なにも持ってゆけないな〜と
思ってしまいます。

なんだかんだと自分は
物にあふれている人生。
散々貯め込んでも自分が死んだら
残された物はどおなるのか。
いろいろ考えてしまうお年頃です。

散逸するのはもったいないし
いずれ時間を作って整理して
引き継いでいただけるところを
探さなきゃいけないのかな〜と
思っているところです。
 
スポンサーサイト

ベアフェスへの道 第29話

あいかわらず「箱」作っています。

前回は出力用紙の大きさを間違えて
ようやく買いなおしてきました。
需要はだんぜんA4サイズの方が多いのか
製造はされているとは思うのですが
家電量販店ではA3なんてサイズは
種類が少ないですね。

メーカーや種類によって
色とか文字のイメージなどの
プリンタの仕上がり具合いが
かなり違うので
実際プリントしてみないとわからないことが
購入する時エイ!ヤア!って感じです。

130303ベア1

シール状のラベルシール用紙にプリントしているので
サクサクキレイに作業できますね。

今はフタの部分を巻き付けています。

そして完成!

130303ベア2

5匹用に5軒できました。
落ち着けるおウチがあるって
嬉しいですよね。

これが羊毛クマの箱になります。
なんとか完成できて嬉しい。

中身が負けそうです。

イベント前にキチンと写真を撮って
いずれ紹介しないといけませんね。
 

ベアフェスへの道 第30話

あいかわらず「箱」作っています。
出来る時間に急ピッチで進めます。

前回で羊毛ベアの箱が出来上がりました。
今度はモヘアベアの箱です。
こっちはちょっと大きいので大変です。

130304ベア1

「ウム!ピッタリですな。
 ちょっと接着剤臭いです。」


まだ乾いていないからね。
1匹1匹出来上がったら箱に納めてみます。
中はクッション用?で色ダンボール紙を
貼っています。

130304ベア2

フタだけですが表面に高級紙を貼っています。
革シボのような質感があります。
本当は全体に使いたいのですが
用紙サイズの関係でフタのみとしています。

今回モヘアベアは6匹。
もうちょっとで出来上がります。

ラベルとかも作らないとね。

まだまだ作業は続きます。
 

ロボット大好き!第18話

久々の「ロボット大好き!」ですね。

「よつばと!」の最新刊も今週末ですか。
とてもワクワクして待っております。

そんなハヤル心を待ちきれずに
こんなものを買ってしまいました。

130307ダンボー1

リボルティック ダンボーミニ
企業コラボヴァージョン
  海洋堂社製

パッケージがまたカワイイですね。
ダンボールです。

最近は見かけないのですが
海洋堂フィギュアシリーズ「リボルティック」には
低価格のミニシリーズがありました。
「エヴァンゲリヲン」とかあったか?
前からこのミニサイズは販売されていて
レギュラーサイズといっしょに
親子みたいに活躍していました。

いままでアマゾン版は販売していたのですが
今回は一挙4社がコラボしたようです。

本当の商品ダンボールのような
印刷がされているもの。

2月の発売でしたが
販売店舗では一瞬でなくなったようで
自分は結構お店を覗いていましたが
目にすることすらありませんでした。

今日は食事ついでに
隣街に出掛けたとき発見しましたので
思わず購入したしだい。
といっても在庫していたのは
カルビーVerとペプシVerだけ。
他の田宮模型Verや愛媛みかんVerは
人気だったのでしょうか。

130307ダンボー2

思っていたより小さいですね。
それでも造形や質感は手抜きがありません。
ミウラちゃんはないけれど
キチンと目が光ります。

130307ダンボー3

後頭部のデザイン再現性はちゃんとしています。
カルビーは「ポテチ」でなくて「えびせん」の
箱を使用していたのですね。

130307ダンボー4

4回目でようやく当てた「T-shirts」版のよつばと。
同じスケールと聞いていて
並べられて嬉しい。

130307ダンボー5

レギュラーサイズと。
親子サイズですね。

他のヴァージョンも並べてみたいな〜。
リボルティックなので
きっと手足がバラバラになるはず。
ここは頭と胴体を違う企業にしたほうが
よりリアルになるのか?どうか?

また出逢う機会はあるのでしょうか。

追記ーーーーーーーーーー
ダンボー登場のお話はここから試し読み。
 28話よつばとダンボー

ーーーーーーーーーーーー
よつばと! リボルテックダンボー・ミニ 企業コラボプロジェクト 【全5種セット(フルコンプ)】よつばと! リボルテックダンボー・ミニ 企業コラボプロジェクト 【全5種セット(フルコンプ)】
()
よつばと!

商品詳細を見る

アマゾンとかではすごいお値段になっていますね。
再販はないのか?

追記ーーーーーーーーーー(3/13)
5月頃発売予定で再生産が決定したそうです。
(よつばスタジオTwitterより)


よつばと! 12 (電撃コミックス)よつばと! 12 (電撃コミックス)
(2013/03/09)
あずま きよひこ

商品詳細を見る

キャンプ編ですかね。
なにが巻き起こるやら。

それと、にわかロボット好きが気になる
「週刊ロビ」
今は2号が発売ですが
定期購読しようか悩み中。

合計が14万円くらいになるのですが
こういうロボって高価なのでどうか?
ダメダメか?
制御PCがMac対応でないと厳しいしなあ。

Robi (ロビ) 2013年 3/12号 [分冊百科]Robi (ロビ) 2013年 3/12号 [分冊百科]
(2013/02/19)
不明

商品詳細を見る

〈 二足歩行ロボットキット 〉 MANOI PF01〈 二足歩行ロボットキット 〉 MANOI PF01
()
京商

商品詳細を見る

そういえば創刊号を本屋さんで見かけないのですが
現在売り切れのよう?
3月下旬には再入荷があるようです。
大人気なのか?
気になる…
 

ベアフェスへの道 第31話

もう一週間後と迫ってきました
恵比寿のテディベアフェスティバル。

そろそろ、ブース設置のための
用品なんかも揃えたいところです。
テーブルのクロスとか
紙袋とか看板?とか?
おつり用のお金も計算して両替とか?

前のワンフェスとは違うでしょうから
迷ってしまいます。

今はあいかわらず箱作っています。

130308ベア1

モヘアクマ用の箱にラベルを貼っています。
デザインなんかもいろいろ考えたのですが
いままでネット販売していた
基本的なデザインにしました。
ナンバーはテディベア版の製作順としております。

クマもお手伝い?自分用なもので
ひたすら丁寧です。

しかし問題が発覚!
箱に貼った高級紙。
表面が樹脂コートしてあって質感があるのですが
そのため粘着シールがピッタリしない感じ。
すぐ剥がれるということはないのですが
微妙な接着感。不安です。

130308ベア2

とかいいながら全部に貼付けてしまいました。
これで6箱完成です。

色はベアのイメージなのですが
どれがどの箱かわかるでしょうか。

さて箱もだいたい完成したので
週末にでも大撮影大会といたしますか。

出来上がりましたらご紹介いたしますね。
 

今読んでいる本:よつばと!12/あずまきよひこ

発売日前の何日間は
おもちゃを買ってたりして盛り上げていました。
1年3ヶ月ぶりですか。
待ちに待った最新刊を手に入れました。

130309よつばと

よつばと!12 あずまきよひこ著

前日も発売日を間違えてお店に行ったりしていました。
こういうベストセラー作品はメーカーも力が入っていて
特典なんかが付いています。
お店によっても違ったりするので悩みどころ。

今回はアニメイトで購入しました。
会員なんで5%割引と透明カバーがついてきます。
そして今回は一部店舗で特典でしおり2種のうちの1枚と
現在よつばと!グッズのフェアを開催していて
対象商品1000円以上でポストカードがいただけます。
(コミックとストラップを買いました。
めでたく「Tsuku-tsuku bousi」を獲得。)

紀伊国屋さんや大型書店の一部店舗では
イラスト入りのカバーがいただけたりします。

なんてことない紙モノグッズですが
こんなものに右往左往してしまいます。
これも自身の気分を盛り上げるためでしょうか?

さて紅茶でも煎れて拝見させていただくと
しましょうか。

ーーーーーーーーー
よつばと! 12 (電撃コミックス)よつばと! 12 (電撃コミックス)
(2013/03/09)
あずま きよひこ

商品詳細を見る

よつばとひめくり2013 ([カレンダー])よつばとひめくり2013 ([カレンダー])
(2013/03/09)
不明

商品詳細を見る


毎回こだわりの、コミックの中の表紙は
よつばが撮影した写真作品たちでした。
これもお楽しみに。
 

ベアフェスへの道 第32話

最近すごく暖かくなって
心もウキウキしてきます。

ベアフェスの準備も進めております。
今回はモヘアクマの写真撮影会をしましたので
紹介させていただきます。

昨年からずっと作っていました。
基本は同じ型紙なのですが
神様のイタズラかそれぞれ個性がでてきます。
モヘアが違うのでそれも理由ですかね。

#05 TB KUMA
130310ベア1

130310ベア2

130310ベア3

顔がブサイクですね〜。
長めの毛足のモヘアを使用しています。
キレイな青いグラスアイを見つけて使ってみました。
初期のころの製作なので
試行錯誤でこれだけ足の厚紙を入れて
自立できるように試しました。
はたして立つことができたのでしょうか?

#06 TB KUMA
130310ベア4

130310ベア5

130310ベア6

チリチリカールしている
モスグリーンのモヘアを使いました。
出来上がったときすでにボロボロな感じです。
顔はナゼか引き締まった
賢い表情をしているのが不思議です。

#07 TB KUMA
130310ベア7b

130310ベア8

130310ベア9

通称「赤オニ」くんです。
基本#06の色違いなのですが
なんか厳しい表情。
なにかあったのでしょうか。

製作したクマたちは
お尻の可愛さにこだわりましたよ。
どおですかね。

初期製作のクマたちなので
ずっとおウチにいました。
すでに主のようになっています。

今回は6体のモヘアクマを連れて行きます。
後半はまた次回。
 

記憶

たまに自分のブログの過去記事を
日付順に見たりしています。

日記みたいなものなんですが
自分だけなんでしょうか
ずいぶん昔の事だと思っていたことが
すごく最近だったり
最近のことと思っていた事が
すごく前の出来事だったり。
時間感覚が違っていることが沢山あります。

今日、街を歩いていると
国旗をかかげているビルが沢山ありました。
黒い帯のようなものがついていて
弔旗だということを知りました。
2年です。

黙禱。
 

ベアフェスへの道 第33話

そろそろ準備も大詰めです。
いろいろ揃えなくてはいけないものがあったり
リストを作ってはいるのですが
忘れるものは忘れます。

モヘアクマの続きです。

#08 TB KUMA
130312ベア1

130312ベア2

130312ベア3

こっちは通称「ホットケーキ」くんです。
キツネ風な配色。
明るい色合いでできたので他とはまた
イメージがかわりますね。

#09 TB KUMA
130312ベア4

130312ベア5

130312ベア6b

途中でデブなクマを作りたくなって
型紙を変更してみました。
ちょっと違うだけでワタが入るは入る。

ブルーになったので「ドラ○もん」風になるかと
思いましたがクマはやっぱりクマでした。

風格のある座り姿。
太陽にほえろ!のボスのようなので
通称「ボス」としています。
トレンチコートが似合いそう。


#10 TB KUMA
130312ベア7

130312ベア8

130312ベア9

長めでチリチリモヘアを使いました。
黒いクマが作りたくなったのですが
毛足のせいで
昔の正義のヒーロー変身前の人っぽくなりました。
急遽、お約束の赤いマフラーを装い
すっかり悪の野望を打ち砕く気のようです。

箱には専用のマークを貼ったりしています。

これが今回フェスにお邪魔するクマたちです。
楽しみながらコツコツ作りました。
皆様とお会いできる日を楽しみにしています。

よろしくね。

ーーーーーーーーー
あとは、細かい用品を仕入れたり
作ったりしています。間に合うのでしょうか。

ーーーーーーーーー
フェスも間近だというのに
昨日奥歯を抜歯しました。
歯抜けのおっさんです。
今後、入れ歯のお爺ちゃんまっしぐらでしょうか。

とくに傷みとかはなくて
傷も順調に回復しているようですが
もしや!腫れてきたりして
フェスのときに片方だけ下膨れな顔に
なっていないか心配です。
その件をイジっていただければありがたいのですが
逆にふれないようにと
気を遣わせてしまうのも申し訳ないですね。
これがデフォと思われても困りますが。

さてどおなっているか!
これもお楽しみに。
 

ベアフェスへの道 第34話

130315ベア

もう少しで本番です。

今はクマにつけるタグとか作っています。
そのために、小さな穴をあけるパンチや
角を丸くカットするマシンを仕入れました。
今パッチンパッチンやっています。

妖精ベアはカバンをタスキがけしているような
タグにしています。

タグ自体には情報はあまりないのですが
なんか本格的になった気分になります。

他には看板とかチラシとか作っていますが
間に合うかどうか。

はてさてどおなるのかな〜
時間は沢山あったはずなのに
間際になって必要なものが
ドンドン出てきています。

明日は搬入なのにね〜。

追記ーーーーーーーーー
画像を見ていたらタグのプリントミスを発見。
クマの番号がみんな「05」になっています。
作り直しですね。
ア〜!アタマを掻きむしります。
 

ベアフェスへの道 第35話

明日(16日)より始まる
ジャパンテディベアフェスティバル2013。

前日となる15日に搬送作業で
恵比寿のガーデンホール会場に
行ってきました。

このフェスには、
まだお邪魔したことがなかったので
前の日に伺えるのは
当日迷わなくてありがたいです。

でっかいプリンターの入っていた
ダンボール箱に詰めて
カートを引いて電車で行ってきました。

このカート、最近よく検討して購入したのですが
根本的になんとかなりませんかね〜
この話題はまた後で。

130316ベア1

会場はすでに皆様が飾り付け作業をされておりました。
明日が楽しみです。

自分はというと…

130316ベア2

とりあえずテーブルにクロスをしきました。
並べるのは当日といたします。

はてさて、まったくベアフェスは初めてなので
緊張いたします。
置いてくるだけでヘトヘトになってしまいました。

明日からの2日間。大丈夫でしょうか。
みんな来てくれるかな〜。
ご来店こころよりお待ちしております。
 

ベアフェスへの道 第36話

とうとう開催されたベアフェス。
緊張のあまり前日はなかなか眠れず
朝は逆に起きれない悪循環。

しかも早く出過ぎて開場まで
時間を潰さないといけないような事態です。

130317ベア1

なんとか飾り付けも終わり
お客様を迎える準備が整いました。

130317ベア2

なんか踊っているクロがいますが
ターンテーブルでクルクル回っております。
急に思い立ち製作したのですが
以外に好評でしたよ。

1日目で無事里親さまも見つかり
「ボス」と「赤オニ」くん、
妖精クマのピンクとオレンジが
迎えられていきました。

大変ありがとうございます。

里親さまに喜ばれて引き取られていくのは
凄く嬉しいのですが
手渡す瞬間、「お別れ」という気持ちがよぎり
ちょっぴり寂しくなったりします。

イタズラしないで可愛がられるのだよ〜

ちょっぴり嫁に出したお父さんの気分です。
さあ!あと1日です。
また皆様にお会い出来るのを楽しみに

よろしくお願い致します。
 

ベアフェスへの道 第一部最終回!

121021ベア6

この土日曜日に開催された
ジャパンテディフェスティバル3013in東京。
無事終了いたしました。

今回はこのフェス自体も拝見する機会が
なかったにもかかわらず
無謀にも初参加させていただきました。

自己流で作っていると
適当なところで満足してしまいがちで
これはいけないと思い、
皆様にご覧いただきご意見をお聞きできればと
参加申し込みをいたしました。

とても初回から貰い手などいないと思っておりましたが
幸いなことに里親さまがいらっしゃり
引き取られていったクマたちもおりました。

130318ベア1

ポン!ポン!ポン!決定判子。
130318ベア2

ブログで見ていただいて
迷って迷って購入されていただいた方。
会場で気に入っていただき
予算ギリギリなのに購入いただいた方。

里親さまは本当に大事にしていただけそうな
方々ばかりで
クマたちも大変幸せなことと思います。
ありがとうございました。

席を並べた作家さま方々には
失礼なおっさんにかかわらず
お声をかけていただき、しかも
お話をさせていただいたり大変感謝いたします。
しかも沢山いろんなことを教えていただき
ちょっと緊張で萎縮していた自分ですが
フェスを楽しめるようになりました。

差し入れのお菓子も美味しゅうございました。

好き嫌いがあるキャラだと思いますが
お客さまにも可愛いといっていただき
自信がつきました。ありがとうございます。
褒められてのびるタイプです。

友人の方々にも足を運んでいただき
1人での店番でしたので
おかげさまで休憩や買い物もすることができました。
フェスを楽しんでいただけたでしょうか。

とてもありがたいことが多いフェス参加でした。
この勢いで5月のデザインフェスタの準備に入ります。

まずは、いっしょに戻ってきたクマたちと
今ごろはそれぞれ里親さまの家にいる
クマたちのことを想い、
お疲れさま会をして労をねぎりあいたいと思います。

新作も考えなきゃね
お楽しみに。
 

ロビに決意



ベアフェスの興奮が終わらぬうちに
また、こんなことを始めてしまいました。

かなり悩んでいたのですが
ウジウジしているのだったら
エイ!ヤア!ってな感じで飛び込みました。
すっかりデアゴ商法にはまってしまいました。

130318ロビ1

週刊ROBI  Deagostini Japan社製

最近はCMとかも流れなくなったので
皆様のお熱は冷めたのでしょうか。

悩んでいるうちに2号3号と進み、
ともに売れ切れ状態でしたので
逆に書店さんにお願いして揃えてもらいました。

増刷もかかっているようで
かなりの人気なようです。

自分はせっかちなので
チャッチャと作ってしまうのですが
これは1年以上の長丁場。
序々に出来るのでつづけられるのでしょうか。



動きはなんか微妙です。
微妙な間を耐えられるかどおか。

音声認識で作動するらしいので
カスタムできない分,入門用としては
お手軽なのでしょう。
細かい調整も少ないので作りやすいか。
ロボット好きには現状を知るうえで
手に取りやすいのかもしれません。
逆にがっかりするのかな。

まあ、昔AIBO仲間になれなかった
トラウマでしょうかね。

ピカチュウやチョッパーの声で
お話できるのを楽しみに。

なかなか製作には入れませんが
ボチボチお知らせしていきますね。
 

荷物を運ぶ

すっかり春って感じです。

平日,街を歩いていると
いつもより人出が多いな〜とか思っていたら
今は春休みなんですね。
ちょうど卒業式とかでしょうか。
新社会人さんは研修とか始まったのかな。

別れもあれば出会いもあります。
引っ越しとかもピークなのかな。

そんなときに荷物を運ぶもののお話。

話のまくらとして
ちょっとやりすぎたでしょうか。

130319カート1

この間のベアフェスのときの荷物です。

会場がそんなに遠くないし
持ってもいけないギリギリの大きさだったので
車でなくて(駐車料金もかかるし…)カートに乗っけて
電車で持ち込みました。
ちょうどプリンタの空き箱がピッタリだったんですよ。

カートの搭載量としてはオーバーでしょうかね。

自分では2台目のカートです。
1台目は適当にそこそこの物を選んだつもりでしたが
改善してもらいたいことが多くて
今回新しく購入しました。

ポイントとしては、
・車輪の静寂性
 前は黒いプラ製でしたので、
 駅のタイル貼りのところでさえ
 ガラガラうるさかったのです。
 なのでローラーブレード車輪風なものがよいかと
 選びました。
 本当は空気を入れられるくらいの
 タイヤがよいのですが
 軽快性がなくなるのでしょうかね。
 ベアリングの精度もあればよいのですが
 値段との兼ね合いでしょうか。

・フレームのねじれ
 荷物にもよるのでしょうが
 デコボコなどで左右に跳ね始めると
 それを収めるのがグリップの握り具合い。
 フレームがねじれやすいと
 握りで押さえ込むことができません。
 アルミ角棒の高そうな製品ほど
 ねじれたりするので困ります。
 本当はサスペンションとかで
 振動を抑えられるとよいのですが。
 
・全長の不足
 フレームの丈夫さを求めると
 延び縮みしないシンプルなものになるのですが
 なんかアームの長さが短いのか
 うまく引き回すことができません。
 自分の身長サイズではもうちょっと
 長いものが欲しいのです。
 90cmは一般的なサイズなのでしょうか。
 皆様は不具合はないのですかね〜。

カートって運びやすい角度があるので
サイズなんかも微妙ですね。
画像の製品のように
長い荷物でも持ちやすいように
手前にカーブしている取手なのですが
その少しの持ち手の移動でも
引き心地が変わってきているように思われます。

新しいものも決して満足していないのですよ。

もっとゴツいものを検討すべきでしたかね〜
なかなかこれは!というものがお店にないのです。

キャリーバックは沢山の方が使われているのですが
カートってあまりメーカーさんが
チカラを入れていませんね。
なんとかしていただけたらありがたいのですがね。

130319カート2

アメリカなんかだと昔から
「ラジオフライヤー」というものがあります。
棒を持って引っぱるもので
なかなかよさそうなのですが
電車に載せるのは難しいかな。

いろいろ拘ったおかげで
文章が長くなってしまいました。
なんかイイのないですかね〜。
 

デザフェスへの道 その1

ベアフェス終了の2ヶ月後に
参加するデザインフェスティバル。

友人作家さんが参加されていたこともあり
何回かうかがったことがあります。

そして今回、雅太郎玩具店としては
またオリジナルのクマをご覧いただこうかと
出展いたします。

土日の2日間開催なのですが
自分は日曜の1日だけの参加としました。
今思うと2日でもよかったかな〜

ブースで展開するのは変わりませんが
こちらはその名のように
グラフィカルなイメージです。
イラストから立体雑貨、映像とかパフォーマンスまで
もうなんでもありな感じ。

1000軒くらいの出展なので
見る方も大変です。

前回のベアフェスの経験を上乗せしつつ
新しいものでも考えています。
とかいっても時間はあまりなさそうですね。

まずは、テディベアのバリエーション。
会場でもご要望のあった
少し小さいサイズのTB KUMAを
検討してみます。

130321ベア1

単純に画像を小さくしてみました。
これで18cmくらいの大きさです。

画像だと簡単ですが
実際は生地は縮小されていないので、
毛足はそのままだと違ってくるだろうし、
延び縮みとかもちがうので
そのまま縮小という訳にはいかないのでしょうか。

平面で見るのと立体で見るのとでは
印象も違ってくるのでしょうね。

130321ベア2

まずは型紙の修正から。
とりあえず1匹作ってみますかね。
 

完成するのか!?ロビ製作001

130322ロビ01

週刊ロビ04号 Deagostini Japan社製

うかうかしていたら今週4号が発売でした。
すでに今までのような装丁でなく
簡素版になっています。大丈夫でしょうか。

1号分の作業は数十分で済むので
そろそろサクサク組み立てることにします。

週刊ROBI 01
130322ロビ02

第1号に付いてくるパーツです。
アタマと耳片方と目のパーツ。
創刊特別付録として5cmくらいの
ロビのミニフィギュアが付いてきました。
完成までこいつでイメージしましょうか。

130322ロビ03

最初の作業としては
黒い目のパーツのまわりにアルミテープを巻き
貼付けること。
裏紙を剥がしながらクルッと巻いていきます。

パーツは抜きの関係でテーパーがかかっていますので
どおしてもシワが出てきます。
かなり引っぱっても難しい。

皆さんはここで失敗してメゲるようですが
シワができないように巻くには
高度な技術のようです。

少しくらいなら、見えない部分ですし
LEDの光を反射・遮光できればよいので
気にしなくてもよいかも。
キレイに貼るのであれば
プラモデルの用品でハセガワ社の
「ミラーフィニッシュシート」がよいかも。

自分もシワを諦めて半透明のパーツをはめ込みました。
あんがいユルユルなので
中から押したらすぐに落ちてしまいそうです。
大丈夫か?

黒目のパーツは安価なポリっぽい素材。
表面のツルツル処理で質感は良いのですが
すぐにキズがつきそうです。
これも軽量化のためか。

130322ロビ04

今号はこれでおしまい。
作業時間はパーツを開封する方が時間かかりました。

ーーーーーーーーーーーーーー
週刊ROBI 02
130322ロビ05

続いて第2号に付いてくるパーツ。
アタマのフレームと口元パーツ
それと目のメッキパーツがありました。
今回も特別付録として
「プラスドライバー#00」が付いています。
このドライバーでほとんど組み立てができるようです。

130322ロビ06

まずは左右のフレームパーツを2個ずつのネジで
固定していきます。
細かいネジなので神経を使います。
パーツにはキチンとネジが切ってあるので
チカラを加えなくてもスルスル入っていきます。
1個ずつギュッと締めなくて
全部を仮止めして位置を決めてから
堅くネジ込んだ方がうまくいくようです。

素材がプラなのであまり締めすぎると
ネジ山がつぶれてしまうことがあります。
こういうときに締め方は
締め終わり+キュッが理想なのですが
こういうところがパーツとの会話が必要ですね。

もしや後で外すことがあるかもしれませんので
ここはそこそこで良いかも。

ドライバーにマグネット処理してあると
ネジ止めが楽だったのですがね〜
これは手持ちのものを使用でしょうか。

130322ロビ07

1号で作った目のパーツにメッキパーツを
差し込みました。
そして今度は黒い遮光テープを巻きます。
ここはアルミテープよりキレイにできますね。

白目は単純な等幅円かと思いましたが
左右で少し幅が違います。
こういうところで表情がでるのでしょうか。

130322ロボ08

その目のパーツをフレームに各2個のネジで
止めていきます。
なんとなくロボっぽくなってきましたでしょうか。

130322ロビ09

口元のパーツもネジ止めでつきました。
なんだかワクワクしてきます。

第2号ではここまで。
最初に顔ができてくるので楽しいですね。
しかし中盤にあるであろう
「死のロード」が気になります。

長くなったのでまた次回に。
つづく
 

完成するのか!?ロビ製作002

ちょっと前に最新ヒューマノイドロボ開発を
紹介するテレビ番組がありました。

原発事故処理に投入する作業ロボの製作。
東電とホンダの取り組みなのですが
両社の熱意の差を凄く感じましたよ。

想定外の緊急事態に人間の代わりに
作業できる汎用人型作業ロボットの開発が
世界で急ピッチで進められているってこと。
それもコンテストみたいなシステムで。
米国防総省主催というのがチョットね。



一生懸命走っている彼を見ると
「アトム」や「ガンダム」時代より
「ターミネーター」が先に来ちゃいそうです。

さて、自分もロボットを作ります。

週刊ROBI 03
130323ロビ10

第3号で付いて来たパーツです。
ようやく内部メカらしきものが出てきました。
これは動力サーボモーターの
名前付け用らしいです。
それとマフラーパーツ。微妙なブルーです。
ロビは白い部分がマットアイボリー色
真っ白でないところが
このロボットのカワイイところですね。
あとは、飾り用の上半身土台の半分とコード。

130323ロビ11

腕部分を裏からネジ止めします。
これで完成。
コードに保護シールを貼るのですが
これは連結間際に貼る事にします。

今号は一瞬の作業でした。
ボード類は後で使うので保管しておきます。

ーーーーーーーーーーー
週刊ROBI 04
130323ロビ12

第4号のパーツです。
今回は初めてサーボが付いてきました。
ロボットのパーツって初めて見たのですが
ラジコンのサーボと同じ感じです。
他のロボもこんな感じなのでしょうかね。

あとは後頭部と首、耳の一部パーツです。

130323ロビ13

前回完成したアタマフレームに
頭頂と後頭部のパーツをネジで止めます。
前回、頭頂パーツを付けなかったのは
後頭部との合わせがあったからか。
製造上仕方ないのですが
若干表面の質感処理が違っているのが残念。

130323ロビ14

耳のちょっとはみ出る部分を補うパーツを付けます。

130323ロビ15

そしてサーボモータを一旦分解します。
といっても裏ブタを外すだけです。

自分の注意が足りなかったのですが
シャフトの付いている反対側を
外そうとしていました。ムリヤリ。
シャフトがあるので外れないのですが
違うところにチカラが加わったことで
このサーボが壊れていないか心配になります。
なんか精密機械なので、ちょっと気を遣います。

それを思うとIPhoneとか落としても壊れない。
これくらいじゃないと
一般には普及しないのでしょうね。

130323ロビ16

2カ所あるコネクタ片方に前回のコードを差し込み、
外した裏ブタの代わりに
首のパーツをネジこんで固定します。
本体と一体化したサーボ。
極力シンプルにした設計の苦労を感じます。

130323ロボ17

今回はここまで。
耳のパーツを仮置きしてみました。
オオ!ロビの生首です。

次回はまた来週。つづきます。

ーーーーーーーーー
書店員さまよりコメントをいただきました。
ありがとうございます。
けっこう定期購読されている方が
多いようですね。

完成したら、みんな集まって
広場に並べてダンスさせてみたいものです。
まあ自分、最後まで完成したらの事ですが…
 

デザフェスへの道 その2

前回までロビを作っていました。
ほんの30分くらいの作業なのですが
紹介すると2回分もかかるものですね。

堅いものから柔らかいものへ。
ぬいぐるみも作っています。

130323ベア1

頭と胴体が出来上がりました。
単純に65%縮小しているのですが
思った以上に小さいイメージですね。

おかげでジョイントやグラスアイも
サイズが変わったので
新しく購入してきました。

自分では作りやすいサイズってあるのかなと
思っていましたが
小さくても作業労力は変わりませんね。
縫って行く時間が少ないだけか。

毛足も気になりましたので
部分的にカットしています。
小さいと1カット1カット決まっていくので
手を入れると応えてくれます。

130323ベア2

胴体を縫うときにタグもつけました。
「ChiBi」シリーズといたします。
子供用(ではないですが)っぽく
黄色のタグです。

ここまで出来て、
雰囲気は大きいものと変わりませんね。
出来上がりが楽しみです。

さてこれから手足の肉球を含む作業が
始まるのですが
細かいので大丈夫でしょうか。

不安と面倒な気持ちが行ったり来たり。
 

くまモン効果でしょうか。

130325熊本

くまモン効果でしょうか
あちこちでグッズを見掛けます。

もともと着ぐるみで人気があるので
グッズのぬいぐるみも出来がよいので、
いつか買ってしまうのではないかと
自分が不安になります。

上海で買ったインスタントラーメンが
特徴のある味わいで旨かったので
熊本グッズの中でラーメンを発見したので
試しに購入してみました。

博多ラーメンと同じく九州系なのでしょうか
まっすぐの細メンです。そうめんぽい。
早速「アベックラーメン」を作って食べたのですが
凄く美味しかったです。
液体スープで濃厚です。ほんのり醤油とんこつでしょうか。
もう一方の「もっこすラーメン」も楽しみです。

くまモンのおかげで食べることが出来ました。
ステキな出会いありがとう!くまモン!!

これを機会にご当地インスタントラーメンを
いろいろ食べたくなりました。
出掛けたときは気にしてみます。
東京ではアンテナショップもたくさんあるしね。

読者さまの地元情報もお待ちしております。

ワクワク。

ーーーーーーーーー
2013年3月26日(日)12:00より
まだ、お家が決まっていないクマたちを
Web SHOP「雅太郎玩具店」に並べます。
ただいま画像をまとめ中。
当日よろしかったらご覧ください。お待ちしております。

ここポチッと▶雅太郎玩具店

一度メンテナンス画面になることがあります。ご了承ください。

130325ベア1

デザフェスへの道 その3

チビサイズのぬいぐるみを製作中。

可愛く出来て来ているので
ノリノリで作業できています。

130327ベア1

今回は手足の先部分にプラペレットを
詰めることにしました。
若干ベアに重さ感を出すのと
バランスを考え、お座りさせたときに
安定させるためです。

ニャンコ先生のときに少し使ったりしましたが
思った効果がなかったのでしまったままでした。
いざ使うときに、いつもですが
部屋中の大捜索になりましたよ。
ようやく発見です。

そのままパラパラ入れてもよかったのですが
直だとゴツゴツしそうだし
中で移動したらバランスを崩しそうだったので
小さな袋を作って中に入れることにしました。
縫いが適当なのは見えないからですよ。
機能は満たしています。言い訳?

すごく重くなる訳ではないですが
若干の重みは持ち上げたときに
生き物って感じがします。

130327ベア2

細かい肉球作業のあった手足も出来上がり
待望の取り付けです。

割りピンをクルクルします。
出来上がりが近いのでワクワクな作業です。

うまくいっているでしょうかね。

また新たなクマの誕生です。
 

よつばのプラモ

130328よつばと1

小岩井よつば プラモデル コトブキヤ社

ダンボーのプラモはスルーしたのに
これは買っちゃいました。

別のシリーズで「一撃殺虫!!ホイホイさん」の
店頭完成見本がすごく気になっていました。
お話は全然知らないのですが
なんか欲しくなるオーラを発していたのです。
プラモといいながら
組み立て式のアクションフィギュアなのですが
ようやくコトブキヤ社製品を味わうことができます。

130328よつばと2

中身です。
それぞれパーツごとに色分けされた成形色で
顔も沢山の表情が印刷済み。
Tシャツの首元も塗装済みだったりして
ランナーから切り離して
パチパチ組み立てるだけで完成します。

表情もデカールが付いていて
印刷済みの5種類に加えて
オリジナルも作れそうです。

手の表情パーツも多数入っていて
漫画のシーンを再現できるそう。

130328よつばと3

ジュラルミンも付属。
こちらは塗装していないので
目ハナ、手足は塗装が必要です。

ただ残念なのは
Tシャツ用に「KODOMO USAGI」の
デカールがなかったこと。
長ソデだからか?

早速製作して
フル可動フィギュアの完成度を
楽しむといたしましようか。
 
ーーーーーーーーーー
よつばと! 小岩井よつば (NONスケール プラスチックキット)よつばと! 小岩井よつば (NONスケール プラスチックキット)
(2013/03/26)
壽屋

商品詳細を見る

【Amazon.co.jp限定】 「よつばと!」1-12巻セット【ダンボーBOX ver.】【Amazon.co.jp限定】 「よつばと!」1-12巻セット【ダンボーBOX ver.】
(2013/03/29)
あずま きよひこ

商品詳細を見る

これから読もうと思っている方は
幸せですね。
 

パソコンが!!

木曜の夕方、突然パソコンがフリーズ。
最近調子が良くないのだよな〜と再起動させたら
なんか変。

クルクル回ってばかりで起動してくれません。
こ、こ、これは!

早速詳しい方に連絡をとっていただき
対処するも、なんともかんとも。

途中奇跡的に開けたのでなんとか
現在進行中のお仕事データの移し作業。
でも結局フリーズしてその後は
症状が悪化するばかり。

アア!バックアップはとっていたかな〜とか
来週納品なんだよな〜とか
ブログやベアフェスの画像なんかが
みんな無くなったかな〜とか
今まで作って来た全てを失った
絶望感で夜も眠れませんでした。

神さまが
「そろそろ、新しいのに変えなよ。早いよ。
 ついでに部屋掃除もした方がよいよ。」
といってくれたのでしょうか。

今日、新しい最新式を買ってきました。

外付けHDにどんだけ保存していたか
ドキドキだったのですが
さっそく箱を開封設定作業です。

130329Mac

引っ越し機能を使いデータを転送中。

最近のMacは簡単ですね。
「Time Machine」でバックアップしておいたのですが
アプリケーションや作ったデータ
ディスクトップの乱雑さやゴミ箱の中まで
再現されていました。
こりゃビックリです。

なので、こうして今、
無事ブログなんて書けているのですが
最近のパソコンって凄いねと思ってしまいましたよ。

ちょこっと細かい設定しなおしとかもあるのですが、
逆に簡単なことをすっかり忘れていて
今後大丈夫かと自分が不安になります。

とりあえず問題が収まってよかった。
大騒ぎしてしまい
多くの方々には大変お世話になりました。
この御恩はまた何時か。
 
追記ーーーーーーーー3/31
ナゼかパソコンが壊れるのは
夜が多いと聞きました。
徹夜でお仕事の時など
大変なことになりそうです。
朝、起動して仕事して
疲れる頃にパチンということでしょうか。
なんとも考え深いです。

完成するのか!?ロビ製作003

130330ロビ1

すっかりゴタゴタしていて
買いにもいけず、作れもせずだったのですが
ウカウカしていると
次号が発売してしまいます。

以前も書きましたが
たまに買って来てもらうヤクルトが
兄弟で取り合いになったのに
そんなに好評ならと
毎日宅配していただくと
トンと飲まなくなる。
そんな子供の頃を思い出します。

週刊ROBI 05
130330ロビ2

4号のときも書きましたが
ドンドン装丁が簡単になっていきます。
5号ではとうとうブリスターをやめて
ダンボールとなってしまいました。
パーツもビニールに詰まっているだけ。

トータル70号ですし取っておいても大量だし、
結局処分してしまうものなので
簡易な包装になるのは良い事なのですが
それだったら
「その分、まけてよう〜」ってな感じです。

130330ロビ3

今号の中身です。
スタンド用の半身パーツと背面パネル。

テスト用と途中展示のためのスタンドなので
まだ本題にいっていない感じ。

途中で一時完成した雰囲気が味わえるようにした
工夫でしょうか。
止めるなら8号がよい機会なのかもしれません。

130330ロビ4

3号でも作った胸像用の半身パーツの
もう半分です。

同じようにネジ止めするのですが
今号は長さの違う3種類のネジが付属するので
間違わないようにしなくてはいけませんね。

130330ロビ5

今まで作ったパーツが繋がりました。
左右の半身パーツを合わせるのですが
ネジ止めだけで位置決めをします。
胸のあたりのつなぎ目はあえて
差し込み部分は作らずに合わせているだけ。
強度的には気になる部分ですが
曲面もあって歪みにくいし
こんなものでよいのかもしれません。

それからマフラーパーツ、サーボの順で
重ねてネジ止めします。
ケーブルは中を通しています。

130330ロビ6

背面パネルを取り付けると
しっかりしてきます。
ケーブルは背面の穴から出しておきます。

今回はここまで。

次号は電池ボックスがついてきて
サーボテストをするみたいです。

はやく頭を付けたい衝動を我慢しつつ
また来週。

つづく
 

デザフェスへの道 その4

なんかバタバタしておりましたが
なんとか平穏な日々ですごしております。

ぬいぐるみなんかで
チクチク縫い物をしていると
心が落ち着くのか
無心になれるところがよいですよね。

作っておりました
「ChiBi」シリース第一弾。
ワタ詰めも終わってとりあえず完成いたしました。

130331ベア1

先輩と。

ほぼ忠実に縮小できました。
やはり作るたびに個性がでますね。
写真だとチョッと恥ずかしがっているようです。

サイズが小さいと情報が少なくなるのではなく
凝縮される感じでしょうか。
作っていてもちょっとしたことをするだけでも
変化が現れて楽しかったです。

130331ベア2

すでに仲間も製作中。
いったいどういう展開になっていくのでしょうか。

楽しみです。
 

Appendix

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

広告

Extra

プロフィール

雅太郎1号

Author:雅太郎1号
作るの好きなくせに
絶対完成しない人。
やればできる子。

最近はテディベア製作で
フェスに参加しています。
機会がありましたら
お声掛けください。

メリー号制作記は
カテゴリの「ワンピース2」から

ストーム・マシーンの
ロビー製作は「SMG」。

ニャンコ先生とか
その他もジャンルいろいろ。
まとまりがありません。

最近検索の多い
「ハレパネ貼り方」は
カテゴリの「工作」から
参考になれば幸いです。
 

カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリ

柊 (15)
SMG (53)

FC2カウンター