Entries

とりあえずいろんなこと

110602ショーン

ひつじのショーンのプラモを作っています。
今はNaughty PigsとBitzerをコツコツと。

こういうフィギュア系のプラモって
複雑なカーブの分割なので接着して合わせたときに
隙間が出たりズレたりするのですが
最近のものは海外製でも
瞬間接着剤でキチンとピッタリの精度です。
すばらしい。
なので隙間埋めのラッカーパテも最小限で済みます。

ここでも技術向上があるのだな~とか感心しました。

なので作っていて楽しいです。
そんなに複雑な造形ではないのでストレスも溜まらないし。
机の上がアードマンスタジオ風な雰囲気。
これもメーカーの演出でしょうか。


ーーーーーー
「夏目友人帳 参」の 放映も近くなり
ニャンコ先生グッズも沢山発売されるようです。

どおもニャンコグッズは普通に店頭に売っていなくて
「くじ」とか「プライズ」「限定」だったりします。

ムム。そう簡単にはウチに来ていただけない
ニャンコ先生の高貴さが伺えます。


前に書いた「まどか☆マギカ」のキュゥべえ一番くじ。

110602キュゥべえ


HPを久しぶりに観たら景品のお知らせが増えていました。
まだ全部ではありませんが
みんな油断できない景品です。
自分はやはりB賞のぬいぐるみ希望!ですが
きっと自分のところには契約を取りにこないでしょう。
なにかの拍子で血迷ったらオリジナルで作るかも…。
(前にリングの材料を買っていたような…)


ーーーーーーーー
これまた前に書いた「LAST EXILE」。前記事

ヴァンシップが好きでアニメを観ていたのですが
続編?が製作中らしいです。

ラストエグザイル―銀翼のファム

まだ詳しいことは、わかりませんが
一部登場人物が同じなのとヴァンシップが単座?で
進化してそうなので続編かな?
HPにはキャラクターやメカの設定が紹介されています。
デザイナーは同じですがキャラがちょっと幼い感じか?

なかなかメカにスター性がないデザインですが
今度こそ沢山模型化されるとよいのですが。
どうなんでしょか。

そういえばディーオも登場するけど
前の話ではどうなったんだったか?
もう一度観ないといけませんな。



そんなこんなとフツフツと…
 
スポンサーサイト

今楽し観なアニメ

すっかりアニメ好きなおっさんです。

最近楽しく拝見しているのは…

110603日常1

日常。

なかなか全話は観れていませんが
手に汗握る展開に釘付けです。

みんな個性的な登場人物ですが
ここは動物キャラということで

110603日常2

阪本さんを気にしておきます。
アッ!また猫キャラだ!

造形的には顔のラインに対して
いったいどのような三次曲面が展開されているのか?
難しいところです。

角川の雑誌に付録で今
マスコットが付いているそうなので
買ってきてみようかな。

110603日常3

とにかく、お気に入りなので
あえてBlu-ray BOXが発売されたら
買ってしまうかモ~。

どうだかな~


それと毎回かかさず拝見しているのが
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」
長いね。

なかなか全部過ぎてしまったことなので
切なくなりますが
最近は本格ホラーっぽくなってきて
展開が気になります。

これも最初をしっかり観ていなかったので
細かいところを把握していないのですが
願いごとってなんですかね~。

もうすぐかな?
 

阪本さん

前に言っていた雑誌を買ってきました。

110506エース1

月刊少年エース 7月号  角川書店

この雑誌は実は初めて購入しました。
アニメは沢山観ていますが
原作マンガやコミック化されたものを
あまり観た事がありません。

若干の違いが気になったりするのです。

あっ!でも「夏目友人帳」があったか。
まあ、LaLaも最近オマケに釣られて
買っているので同じようなものですかね。

随分と分厚い雑誌です。
今回だけなのでしょうか
フィギュアと中には最近刊行されたコミックの
さしかえカバーが沢山ついています。盛り沢山?
ハルヒのカバーは
文庫をお借りしたときにこっそり付け替えてみます。

で、付録に引かれてというより
阪本さんのマスコットフィギュアが付いているので
観てみたかったのです。

阪本さん…

顔の形がどんな解釈か知りたかったのが理由か。

110606エース2

ロゴの配置とかイラストの感じが
自分好みのお洒落感。
思ったよりフィギュア小さいな~が
第一印象。

110606エース3

日常のマスコットフィギュア なの&阪本

ぱっと観た印象はよくわかりません。
口元が薄く左右前に出っぱっている感じ?
参考にさせていただきます。(なにの?)

立体にするときになかなか悩ましい部分とか
あるもので
「スネ夫」の髪型とか
「アトム」のツノの位置の右とか左とか
案外お約束とか様式があったりします。

このマスコットはいろんな系列雑誌に
キャラと阪本さんの表情違いで
沢山展開されているようです。

110606エース4

「なの」さんには背中にゼンマイのネジまわしが
ついています。
どうやらロボットらしいのですが
アニメではお手伝いさん風ですが
雑誌のマンガでは学校に通っています。

ムム、よくわかっていないようです。
いけませんな。

PSPのゲームソフトになったり
BD&DVDソフト1巻が発売間近だったり
雑誌の中でも情報満載でした。

なんでも「アニメイト」でソフトを全巻購入特典で
なんと1/1阪本さんぬいぐるみがもらえるみたい!

気になる。どんなのか気になる!
相変わらず、なにかにうなされているようです。
 

とりあえず人形作ってます。第7話

梅雨ですが、晴れるともう夏がすぐなのだな~
とか思う気候です。
とはいえ爽やか。
今が一番良い時期なのかもしれません。
雨が降ると憂鬱なのですが。

ナゾ人形も好評いただいたようで
逆にいろいろと改良しなくてはいけない事態に。

前回はおもちゃっぽくアクションドール風に
仕上げたのですが
こうちょっとポーズがとれたらよいな~
とかいう要望をお聞きして
どうしたものだか。ちょっと造りを変更してみます。

人形アニメーションの人形はよく動きます。
それ用に作ってあるのですが
仕組みを調べてみました。

一番よいのは金属ポールジョイントの骨組みで
作られた人形。
昔触らせていただいたことがあったのですが、
(ボールジョイントとフォームラバー仕様)
動きが滑らか、抵抗もなくスムーズ。
しかしピタッっと固定される。
本物って凄いなと思いましたよ。
動きに高級感があります。

しかしこれは手作りしかも大掛かりな工作機械が必要です。
既製品もあうようですが高価でしょうね。

なのでもう少し簡単な針金を使ったものに挑戦します。

足や腕を針金の骨組みにして自由に動かすことが
出来るものです。ちょうど「露神」様と同じ?

針金なので何回も動かしていると
ポキッっと折れてしまうのが心配。

なので針金交換可能な仕様にしようと思います。

110606ナゾ1

アルミストッパー  レインボープロダクツ社製

横にネジがあって差し込んだ針金を固定出来るというもの。
これを人形に仕込んで、もし切れたら交換できるように
するつもり。

110606ナゾ2

試しに買ってきた針金に付けてみました。
穴の径もちょうどよいようです。

110606ナゾ3

いろいろ購入した針金たち。
樹脂でコートしてあります。補強かな?

芯材はアルミや軟鉄とか。

調べたらアルミは切れやすいとありましたが
どうなんでしょう。
柔らかさは丁度よいのですが。
鉄はちょっと固め。
長さで使用しないので
短くなると曲がらせ辛いです。

110606ナゾ4

実際にオススメだった「ヒューズ線」。
電気売り場にあります。
今のヒューズってこんなものを使いません。
お店でもほとんど人形用みたいです。

なかなか見当たらなくて苦労しました。

これに補強のために紙テープを巻くそうです。

しかしちょうど「熱収縮チューブ」があったので
これでコートすればいいんじゃね?と
買ってみました。

110606ナゾ6

のりをつけて巻きます。

110606ナゾ7

巻いてみました。
タテ巻きとラセン巻き。
チューブもやってみました。

曲げた感じはボールジョイントと同じような
高級感のある感じ。
柔らかくピタッと止まる。
しかし服を着せるので保持力があるか心配なところ。

さあどれにしようかな。

つづく
 

夏目友人帳:招きにゃんこすとらっぷ

110607開運1

夏目お仲間認定いただいた
「宵待月」さんのブログで紹介されていた
グッズを買ってきました。

開運 ニャンコ先生 招きにゃんこすとらっぷ
RUN'A社製

よく駅売店でご当地ストラップとか
おみやげグッズがありますが
そこで売っているようです。
JR系のコンビニNEWDAYSです。

開運と縁結びの2種。
自分は奉納ニャンコ先生風な開運を選択。
もう1種類はウインクタイプ。
そのうち黒ニャンコとかも発売するのでしょうか?

110607開運2

ストラップってそういえば買ったことなかったな~
どちらかといえばガチャで獲得したのが
ストラップでしたっていう感じです。
現在ケイタイには何も付けていません。

そういうものに比べて価格もちょっぴり高めなので
ヒモとか金具に高級感があるのでしょうか。

おもわず「今戸神社」を思い出します。
まだ置かれているのでしょうか?


この前の土曜日?に
夏目関係のイベントがあったようですが
皆さん帰りに買われてしまい
売れ切れかと思っていましたら
まだ沢山ぶら下がっていました。

イベントはどんな雰囲気だったのでしょうか。
新しい情報もHPでアップされているようですが
イベントなりに楽しいことや
ハプニングとかあったのでしょうかね。

うかうかしていたら
アニメ放映開始まであと1ヶ月。
新刊コミック12巻も同じ頃発売?(7/8)

だんだん迫ってくる感じがたまりません。

ーーーーーー
話が変わりますが
『3月のライオン』第6巻 7月22日発売!!
こちらも楽しみです。

またなにかオマケとかあるのでしょうか?
そわそわ

あとニャンコ先生のご利益がありますように~
 

とりあえず人形作ってます。第8話

前回いろいろと材料を買い込んでしまいました。
なんかもう後には引けない感じです。

今回は針金を止めるボディ部分の工作です。
なんとなく針金を胸と腰でまとめれば
簡単すぐにできちゃうって
安易な気持ちだったのですが
これが案外大変でした。

110608ナゾ1

購入したアルミストッパーを
ボディパーツに仕込みました。

プラバンにストッパーを接着して
エポパテを盛っていきます。

なんだかこの辺は慣れてきたのか
サクサク作れてしまいます。

110608ナゾ2

バラバラのパーツをとりあえず針金で
繋げていきます。
所定の長さにカットした針金を
穴に差し込みネジで止めます。

このネジが精密感あふれる極小ビス。
六角の工具も細いもの。
なんだかキチンとしたロボットを作っているようです。

110608ナゾ3

針金だけだと細くて、服を着せると
膝を曲げても中身がない感じなので
スポンジで覆ってみました。
真ん中にチューブを仕込んでありますので
簡単に抜くことができます。

なんかビキニ水着を着ているみたいです。

靴は針金が千切れたときに交換が容易なよう
金具の取り付け方向を変えました。
まだ製作中。

ーーーーーー
それでは針金の耐久テストをしてみます。

110608ナゾ4

まずはアルミ材です。
素材の太さは3.2mm。周りのビニールを剥いて
なかの針金は2mm。ストッパーに取り付けます。

さて腕を前後に振る感じで曲げてみます。
1,2、3、4…

110608ナゾ5

ありゃりゃ!たった4回ですでにポッキリ
折れてしまいました。

折れやすいとは聞いていましたが
こんなにダメだとは…。

針金には厳しい捻れの運動だったからか?

しかもストッパーの中に詰まってしまいました。
柔らかい金属素材なのでネジで止めるとき
潰してしまい、中で広がって出しづらくなっています。

この変形もあり切れやすくなってしまうのか?
なんともです。

これは取り出すのが結構大変でした。
あらかじめ反対方向から押すような
穴を開けておかないといけません。

ムムン!アルミは使えませんね。
曲げる感じは非常によいのですが…。

次はヒューズ線(鉛線)。

110608ナゾ6

これは絶縁収縮チューブでくるんでいますが
ストッパーは2mm穴なので
やはり針金部分のみで取り付けます。

では前後に振ってみます。
1、2、3、4、5…23、24,25…
かなり耐久性があります!

最後の方は万歳という上下方向も動かして…

110608ナゾ7

ハイ!切れました。
それでも40回?
多いのだか少ないのか!?

ちょっと考えタイムといたします。
どうしたものだか。
 

今読んでいる本:TV Bros.

110610TV1

あんまりテレビって観ないのですが
毎週買っているテレビ情報誌です。

ローカルなので全国では売っていないのでしょうか。

最近ではパソコンで最新のテレビ欄が確認できますし
実際この雑誌のテレビ欄はほとんど観ません。

最新号の特集を観てもわかるとおり
一般の情報はほとんど載っていません。

なんでいまどき「ゴレンジャー」?みたいな。

まあ良く読むと旬な情報ではあるわけですが
まあサブカルチャー雑誌なのでしょうか。安いし。

110610TV2

巻頭特集は「♪そしてまたラジオが歌いだす♪」。

よく工作をしているのでラジオは良く聞いています。
目をはなさなくてもよいから。

中の記事で菊池成孔さんと
ふかわりょうさんのインタビューが載っています。

音楽の人がAMで。
お笑いの人がFMでという対比なのでしょうか。

ロケットマンさんは最初のころからのご贔屓なのですが
菊池さんもまさかAMでパーソナリティ復帰をしていたとは
今度の日曜に聞いてみます。

楽しみです。


追記ーーーーーー
探したら番組HPがありました。
「菊池成孔の粋な夜電波」TBSラジオ。

ポッドキャストで小田急線のことのフリートークがありました。
便利な世の中になりました。

ttp://podcast.tbsradio.jp/denpa/files/20110529.mp3

今ビール片手に笑いながら聞いております。
 

とりあえず人形作ってます。第9話

なんともナゾ人形。
これでいいのか?と自問しながら
作業を進めています。

芯になる針金はやはり人形アニメーションで
推奨されていたヒューズ線に使用決定しました。

それでも切れてしまうようなので
交換可能にしたのですが
なんとも不安です。

まあせっかく収縮チューブでコートするので
剥くこともなくそのまま一緒に固定できれば
まだ若干の保ちもよいのでしょうか。

装着したストッパーは2mm径用なのですが
コートすると太くなって入りません。
3mmのストッパーに交換しようかと思いましたが
金具が高価なのでもったいない。

110611ナゾ1

思いあまって穴を広げるため
ドリルを使います。

金具が鉄だったらむずかしいところですが
今回は柔らかめのアルミだったので
なんとか広げることができました。

これでなんとかなるでしょうか。

110611ナゾ2

腕も足と同じようにスポンジパーツを作ります。
真ん中にチューブを仕込んで
針金が抜きやすくします。

この辺のスポンジはニャンコ先生のときの
技術が活きてきます。

110611ナゾ3

長袖だったらいくらか簡単だったのですが
腕がでているので別にパーツとして作っていきます。

フェルトを腕の形に切り取り
中にスポンジを仕込んで縫い止めます。

これは中の針金が折れたら
引き抜けるようにしています。

これを体につけて…

110611ナゾ4

ほぼ体が出来上がりました。

鉛針金の芯なので
滑らかな動きです。

問題なくポーズをとってくれるでしょうか。

これに服を着せて完成です。
早く納品して人形を待つ
スタッフに渡す事にいたします。

ちゃんと活躍してくれるとよいのですが…。
また進展があったらお知らせします。

お楽しみに。
 

ゴミ箱を買いました。

110612ゴミ箱

工作をしていると、特に木や粘土樹脂なんかを
削るときはゴミ袋を抱えてそこに削りカスを
落としています。

でも口を広げているのですが
なかなか形が安定しないので
袋に入らずまわりを汚してしまう事も。
ノッてくるともうゴミなんて
どうでもよくなったりして
散らかし放題なのですが…

なぜか突然ゴミ箱を買うことにしました。

どうせ買うならゴミ箱らしいものをと。
よくセサミストリートでオスカーが棲み着いていそうな
ブリキのやつがほしかったのです。

昔、お店で観た事があったのですが
こういうものは買っても持っていくのも面倒で
諦めていたのです。

あちこち探して、ようやく買うことができました。

OBAKETSU(オバケツ)34L 渡辺金属工業社製

こういうものはネットとかで輸入品とか国産とか
アクセサリーっぽいのも含めて
いろいろあるのかと思いましたが
大きさと雰囲気があるのはこのバケツくらいしか
ありませんでした。
あんまり売れないのか?流行ではないのか?

これは日本製。職人さんが丁寧に作っているそう。

ほんとうはもう少し大きめでもよかったのですが
部屋に置くとちょうど良い感じかも。

さあ、これでオスカーが棲み着くまで
愛用することにいたします。

古くなるとまた味が出てくるのでしょうか。
 

ロシアの模型メーカー

最近は工作を紹介出来ていませんが
ほとんどが「ナゾ人形」に掛かり切りなのです。

お仕事なので時間が優先。
沢山のスタッフが関わっていますので
自分だけ趣味気分に浸っている訳にはいきません。
なのでうまくいっていると
気分も良いのですが
こと経験不足による不具合があったりすると
時間とストレスが溜まります。なんとも。
これもうまく出来上がって
皆様に喜んでいただければ
なにごともなかったように嬉しいのですがね。

ーーーーーーー
とはいえ合間をみて「ひつじのショーン」の
ランドローバーを作り始めています。
なかなか進まないのがまた趣味なのでしょうか。

これはAIRFIX(エアフィックス)社のプラモデル。
このローバーの他「トラクター」もあったのですが
今年のカタログから
「ウォレスとグルミット」シリーズも含め
すべて無くなっていました。
またの再販と正式日本発売を期待します。

ここは日本のアニメ「ストラトス4」に出てくる
TSR.2MSもアニメイラスト入りで発売していたり。
多分日本の輸入先との特別仕様なのでしょうが
不思議なメーカーですね。さすがイギリス。

そんな海外メーカーものは
国産の超絶製品とは違った
雰囲気のある感じが良かったりします。
しかもモチーフとなるものの選択も変わっていて
おもしろいです。
最近はそのローバーとかでも
カチッとしていて、隙間とはがなくて
技術的にもかなりの進化が伺えます。

そこでいろいろネットを調べていたら気になるメーカーが。

ロシアの模型メーカーの
ズベズダ ZVEZDAです。

全てに濁点がついているという
口からツバが飛びそうな名前。
「星」という意味だそうです。

おもにアニアックな戦車や戦闘機、兵士フィギュアとかで
日本にも輸入されている有名なメーカーらしいです。
Webカタログを眺めていたら

なんと!!

110614zvezda1

あのスパロウ船長のブラックパール号の模型です。
1/72スケール。
ちょっとビックリです。
なぜロシアのメーカーがカリビアン?

110614zvezda2

このメーカーは帆船プラモも有名なようで
船首パーツをみても出来が良さそうな感じ。
他にロープ用の糸も付いていて本格的なのか?

先月とか新作映画公開にあわせて
テレビでも放映していたので
すっかりファンになってこのBP号は気になっていました。
ちょっと欲しいな。難しそうですが。

もう1つ…

110614zvezda3

こちらはあの「フライング・ダッチマン号」。
しかしカリビアンでなくて一般的な幽霊船らしいです。
スケールも1/100でどちらかというとお子様向けか?
蓄光素材なのでしょうか?

これだけメジャーな作品のものなので
きちんと輸入されるかな~。
こんど模型屋のオヤジに聞いてみるか?
買えないかもですが…

メリー号もまったく止まっていますが
最近曲げ木材部分が戻ろうとしてらしく
手すりが広がってバーツからはずれていました。ムム
修理も必要なのですが…。このまま壊れていくのか?

あともっとビックリなラインナップが!!

110614zvezda4

なんと「カーズ」のプラモデル!
カーボン模様の外箱デザインなので
最近の製品でしょうか?
これは値段もスケールもよくわかりません。
あちこち海外の作例とか探しましたが
まだ見つかっていません。

どんな感じなのでしょうか。
楽しそう。ロシア語のキャラネームも不思議です。

欲しいというより中身を観てみたい!!
ロシアといえどもあなどれないかも!

これらはやはりイギリスでも購入できるよう。
羨ましい!!

どこかで輸入してくれないかな~。

ーーーーーーーーー
さてメリー号の修理はどおするかな~
ブツブツ
 

作り物の進行具合

本日はお預かりいただいた「ナゾ人形」を
使用した作品を拝見しに出掛けていきました。

かなりご苦労されたようで
お疲れさまでした。大変楽しめましたよ。

そんな訳で自宅に帰っても仕事作業しているのですが
自分の趣味も気分転換に大事なので
細々作っているのです。
ちょこっと紹介しています。
前にもお話したかもですが。

ーーーー
良いお話と悪いお話から…

まず良い方から。

110616ショーン

ひつじのショーン:ランドローバー1/12/AIRFIX社

前は付属のフィギュアを作っていたのですが
とうとうランドローバーに手を付けてしまいました。

この牧場の主人はブルーがお好みのようです。
今回は簡単にスプレー塗料を使用することに。
思い出深いタミヤのフレンチブルーを選択。

昔ハーレーのプラモに間違って吹いてしまって
ガッカリしたことがあったのですが
それ以来30年くらい使う機会がありませんでした。
マトラF1用の色なのでキレイではあるのですが
実際どんな色かそれこそ30年ぶりに確認したくなったのです。

先走りでボディ組み立て前にサフを吹いてしまいましたが
塗装前に処理する部分があったので
まずは後ろの扉?を塗装してみました。
ウム!イメージどおりの色です。
少し泥汚れをつけて黄色味を加えてみます。

ショーンも組み立てています。
腕はハンドルにあわせて接着するつもりなので
まだ付けていません。

ボン!としたシッポが付くのですが
運転姿勢のときはシートに座れないので
取り外しです。接着しなくてよかった!?

これもあまり拘らずに製作を進めます。
A35と同じような良い感じ。
作っていて楽しいです。

が悪いお話。

これも前に書きましたが
ゴーイングメリー号の崩壊!!?

110616メリー号1

すっかり、ほったらかしなのですが
久しぶりに眺めていたら
なんと手すりの曲げが真直ぐになろうとして
広がってしまっていました。
当然支柱から外れてしまっています。
反対ははずれなくても斜めに曲がってしまいました。

110616メリー号2

ムム!ここは一旦取り外して支柱に芯となる
鉄クギなんかを仕込んで補強してから
接着し直します。

細かい支柱もこの際なので
最初に取り付けたやり方から
最後の方法(先に数本で位置を決め
後から調節しながら他を付けていきます)
にして完成度をあげようと思います。
最初は試行錯誤だったので心残りだったのです。
ちょうどよい?

やはり「いい加減再開しなさい」という
お告げでしょうか。

さてはて、いつになることやら…。

カーズ ミニカー その15

来月公開でしょうか「カーズ2」。

また、怒濤のようなキャラクター商品が
発売されるのでしょうか。

いままで集めていたマテルのミニカー。
もう数が多すぎて収集を諦めてしまいましたよ。
また沢山発売されるようです。
これからは気になるものだけ購入することに。

ですが日本のメーカーも本腰をいれているようで
先日トミカから発売されました。
こちらは落ち着いたラインナップなので
安心していられます。

そんでさっそく買ってきました。
ポイントで購入できたのが
物入りのこの時期助かりましたよ。

110618カーズ1

C-15 ライトニング・マックィーン
(ワールドグランプリタイプ) タカラトミー社製

ワールドグランプリに出場するときの
カラーリングでしょうか?

ボンネットには誇らしくピストンカップのマーク。
カップウィナー代表なのでしょうかね。

110618カーズ2

スポイラーとホイールが変更されています。
ウインドーの色はグレー。
気がつくと以前も黒とかいろいろでした。
統一感が欲しい?

とにかく、どんなお話か期待してしまいます。


110618カーズ3

C-16 フィン・マックミサイル
(スタンダードタイプ) タカラトミー社製

新キャラですね。
予告編を観ると物語のキーマン的な感じ?
雰囲気「007」ぽいのですがスパイなんですかね~。

110618カーズ4

当然イギリス車なんでしょうか?
なんとなく昔のBMWクーペみたいでもあります。
そのうち実車との対応表とかもでてくるかも。


110618カーズ5

C-17 フランチェスコ・ベルヌーイ
(スタンダードタイプ) タカラトミー社製

ここからはワールドグランプリカーたち。
さっそくのフォーミュラタイプの車両ですね。

ヘルメットに目が付いている。
デザインに苦労を感じます。

110618カーズ6

タイヤのメーカーがマックィーンと違う様です。
これもまた可笑しい。


110618カーズ7

C-18 シュウ・トドロキ
(スタンダードタイプ) タカラトミー社製

なんか日本の名前。日本代表でしょうか。
ル・マンで走っているプロトタイプカー型。

サイドにでっかく「日本」の文字。
思わず応援しちゃいます。

110618カーズ8

そういえば前のベルヌーイはイタリア。
各国の車が競うのがワールドグランプリでしょうか?


110618カーズ9

C-19 ラウール・サルール
(スタンダードタイプ) タカラトミー社製

そういう意味で、こちらはフランス代表?
こちらはプジョーかシトロエンのラリーカータイプ。

110618カーズ10

いろんな競技の車種がありますが
みんな一緒にレースをするのでしょうか?
きっとすごいコースなんだろうなーとか想像します。


110618カーズ11

C-20 マックス・シュネル
(スタンダードタイプ) タカラトミー社製

これはドイツ代表?
なんとなくベンツ風。

110618カーズ12

だらだら長くなってしまいましたね。
今回一挙6台の発売です。
来月も6台!?

商品名に全て「スタンダードタイプ」とあるのは
すべてに別タイプを発売する気なのでしょうか?

まあ嬉しくもあり辛くもあり。
マテルのような展開にならないよう
お手柔らかにお願いしたいものです。

特注バリエーションとかもあるのかな~
気になりますが、どうしたものか。
 

とりあえず人形作ってます。第10話

まだまだ「ナゾ人形」を作っています。

今回は人形の表情のバリエーションを出すため
頭パーツを沢山作らなくてはいけなくないました。

自分はご存知のように
飽き性なので同じものを何個もっていうのは
向いていないらしく
顔の感じが変わってしまいます。
単に修行が足りないだけなのですが…。

なので、久しぶりにシリコンと樹脂を使った
量産作業をすることにしました。
これはよくワンフェスなどで
キットを作るのと同じ方法です。
部屋が汚くなるのでちょっとイヤなのですが
お仕事なのでしかたありません。
(ギャラがある訳ではないですが)ブツブツ…

買ったばかりのテーブルなので
ラップを巻いて保護しています。なんとも。

材料はこれ。

110619ナゾ1

シリコーンゴム レジンキャストEX ウェーブ社

シリコンが1kgとレジンが2kg。
もう持ってくるのが大変でした。
他に粘土とかあって重いのにコンビニ袋で
どちらかというと手が痛い系です。

型取り素材や造形樹脂はいろんな種類が発売されています。
シリコンも硬化後の堅さもいろいろ、
粘土みたいのからサラサラまで。
樹脂も柔らかいものから塗り付けるタイプとか。
ありすぎて迷うのですが
ここは使い慣れたものをと
模型屋さんで揃うものでチョイスいたしました。
まあ基本です。

そのうち時間と予算があったら新しいものにも
チャレンジしたいですね。

110619ナゾ2

ちょっと高度なCG加工しています。すみません。

原型を粘土に埋めて半分型を作ります。
シリコンを流し込むので
厚紙で壁を作ります。

粘土に穴をあけているのは型がずれないためです。
粘土とシリコンは同じケイ素なので
くっ付かないようにバリアコートを塗ります。
これは塗料でもなんでもよいのですが
専用品を使いました。

110619ナゾ3

シリコンに硬化剤をまぜて
作ったものに流し込みます。
100:1の配合量なのですが案外適当なんです。

気泡が入らないように最初は少しずつ。
型になじむようにします。

110619ナゾ4

さていっぱいになりました。

型としてはまず半面分です。
硬化完了時間は12時間後。
気の長い作業ですね。

これが出来たらひっくり返して
粘土を抜いてもう半分型を取ります。
エッ!これまた12時間後。

1日がかりか~。間に合うのか!?

合間に付属にパーツを作るとします。
いったい何個作るのだっけか?
 
 

よつばと!:よつばとひめくり展覧会

そういえば、この間の年末年始は
「よつばと!」にハマって
全巻揃えてしまいましたっけ。

ありゃ、もう半年がすぎています。

人気の作品なのでグッズも沢山あるのでしょうか。
その中の日めくりカレンダー「よつばとひめくり」。
毎日よつばちゃんの様子が楽しめます。

すでに発売から10年らしく
それを会場に全て貼り出している展示会が
再開催されます。

前回は3月の開催でしたが
震災の影響で3日で中断。
ようやくの再開です。
しかもスケールアップ!

なのでうっかりしている自分も
見逃すことなく楽しみにすることができました。
当日忘れているかもですが…。

110621よつばと!1

案内の画像は前回のもの?
かわいいグッズもありそうで楽しみです。

1枚1枚観ていったらいったい何時間かかるやら。
初見なのでワクワクです。

しかも実物大「ダンボー」と写真が撮れたり…。

そういえば以前購入した
リボルティック「ダンボー」を使った
ダンボー写真集が発売準備中らしいです。

110621よつばと!2

友人に紹介されたサイトで拝見したことがあります。
ファンが撮影したにしては
高度なキレイ写真だったので
やはりプロ?の仕事でしたか?

こちらも楽しみです。
売れるのかな?心配ですが。
こちらも365カット!?

とにかく日程を忘れないようにしないとな…。
ボッとしているうちに時間はすぎてゆく!?
 

カーズ ミニカー その16

映画公開なので
カーズのグッズも沢山発売されてきています。

この前もトミカの新作を
買ってきました。  前記事

なんとなくこういうものは
ネタバレになってしまうのですが
どおなんでしょうか?

買い逃さないように
HPでリストをチェックしていたら
今まで発売されていたものも再生産しているようです。
やはりメーターもいないとね。
とはいえ店頭には前のも含めほとんど揃っているのが
日本メーカーの凄いところです。

しかしそのリストの最後にこんな文章が…

※C-1~C-4は一部仕様が異なる場合がございます。

ムム?なにか変わったのでしょうか?
コレクター?としては気になるところです。

前も商品番号がDからCに変わりましたが。

試しにC-1とC-4を購入しました。
比べてみます。

110623カーズ01

D-23 ライトニング・マックィーン
NewC-01 ライトニング・マックィーン
TAKARATOMY社製

自分が持っているのは最初期版のD-23です。
下が新しいC-1。
カーボンパターンのデザインが入った
前のC-1とも変わっています。

110623カーズ02

同じスタンダードタイプなのですが
目の表情が違います。
車体のレッドも明るめのブライトレッドタイプに
案外違うところがあります。

110623カーズ03

後ろのデカールも違うな~とか
ウインドの色がグレーとか思っていたら、
すでに大きさ自体が違う?
まったくの別物のようです。
若干マテル版に近いスタイルか?

110623カーズ04

底面も色が違ったり
マフラー部分の分割も変わっています。

110623カーズ05

サイドのデカールも色味が違います。
前のほうがメリハリがあったか?

ホイールも浅いタイプに。
これはトイザらス限定のマックセットと同じもの?

比べてちょっとビックリでした。
これからはこの新しい仕様になるのでしょう。
他の2と3もかってこなくては!?

コレクターはこれだからいけません。
いったいマックィーンだけで
何台持っているのやら。
母親に叱られてしまいます。

「も~、いっぱいもっているでしょ!
 同じのばかり!」

ごもっともでございます。

さてはて今日も忙しいので次回に
C-4のメーターを紹介します。
 

地デジ化!?

ウカウカしていたらあと1ヶ月。
アナログ放送の終了です。
とうとう来たか!

まだまだ先のことと思っていましたよ。

テレビといえば最近は
時計がわりの朝ワイドショー番組を
つけているくらいなので
いっそテレビのない人生に切り替えようかとも
思っていました。
しかし、そういえば「夏目友人帳 参」が
途中で観れなくなってしまうとわかり
急に我が家も地デジ化することにしました。

でも、ブラウン管の比率昔のサイズとはいえ
まだ普通に映るテレビがもったいない。
大画面も高画質も老眼の自分には
オーバースペックだしな~。
最近のハイテク機器には疎くなりました。

しかし、テレビの値段も安くなりました。
まあ、今が本当の買い時のような気がします。

しかしな~

なるべくお金をかけずに地デジ化するために
チューナーだけ買うとか考えたのですが
ここは奮発!BDレコーダーを買う事にしました。
DVDプレーヤーも壊れているしね。

この最新機器を昔のアナログテレビに接続して
なんとか地デジ電波を
再生できるようにしたいと思います。

HDD付きなのでニャンコ先生を録画しておいて
ブルーレイに保存できるし。

本当は、テレビも一緒で同メーカーが
なにかと都合がよかったりするのですが
こういう光学機器はCDとかからそうなのですが
案外5年くらいの寿命なので
ちょうどデッキが壊れるくらいにテレビも一緒に
買い替えできるかも。とか目論んでいます。

さぁて!どれにするかお勉強ですね。

ーーーーーー
携帯電話も買い替えさせられましたし
こんど自分の使っているWebメールが
サービス終了とかでアドレスを変えなくてはいけません。
この地デジもそうですし
映像ソフトもDVDからブルーレイに。
その都度、機械を買え変えたり手続きがあったり。
自分ではなに不自由なく暮らしていたのに
突然の災害みたいに落ち着きません。
特に最近は年をくったのか
サイクルが早いような。なにか腑に落ちません。

これも時代なんですかね~。

そういえば秋葉原のラジオ会舘も閉館したようですね。
中のテナント様は次のところが決まったのでしょうか。

そういえば会社の近所の中華定食屋さんも
お店をやめられるとか。

なんとなく寂しいな~

これも時代なのでしょうか。

最近は時が経つのが早いな~とか
感じている訳ですが…。
たとえば自分がタイムマシンで素早く
未来に向かっているとき
普通の時間をすごしている人から見たら
なんで機械に座ってボ~っとしているのかなとか
思われているような感じなのでしょうか。
いかんいかん。なんとかしなくたはね。
(多分前にも書いた事かも。いかんいかん。)
 
またつまらないことをツラツラと書いてしまいました。
 
「あの花」も終わったね。
 

追悼:ピーター・フォークさま

091226刑事コロンボ1

「刑事コロンボ」ピーター・フォークさんが83歳で死去
(6/25シネマトゥデイ)

大好きな番組のひとつが「刑事コロンボ」でした。
小学生の頃にハマり、毎回放映が楽しみでした。
当時はビデオすらなくて音声を録音していたことは
前にも書きました。  前記事

少なからず自分に影響を与えてくれました。

最近DVDを買ってまた新たな気持ちで鑑賞すると
昔を思い出したり、新たな発見があったり。

ピーター・フォークさんの他の作品は
あまり拝見する機会がなかったのですが
機会をつくって鑑賞させていただきます。

090608コロンボ4

飼い主を待つドック。

最近追悼記事が多すぎて
文章も形式化してきているような感じ。
ちょっと複雑な気持ちではあります。

謹んでご冥福をお祈りいたします。
 

カーズ ミニカー その17

なかなかこのブログは
あっちこっちと話題が変わるので
次回としたので楽しみにされていた方が
いらっしゃたでしょうか?いないか!?

申し訳ありません。
何分ちょっぴり忙しさに振り回されて
気分が落ち着きません。これまたいけませんな。


ーーーーーーー
前回マックィーンのミニカーを紹介しました。
一部の変更というより
まったくの別物みたいです。
残念なのは車体に施されているデザインが
きっと下に白色を印刷し忘れたかにような
メリハリのない仕様になっていました。
その後修正とかあるのでしょうか?
それともこれが「2」仕様なのでしょうか?

まだ購入していませんが
C-2、C-3はどんな感じに変更されているのか
心配になってきました。
前の製品が日本人監修にようなキチンとした
仕上がりだったのでちと残念です。
今後に期待か?

さて今回はメーターです。

110623カーズ06

C-04 メーター(スタンダードタイプ)
New C-04メーター(スタンダードタイプ)

TAKARATOMY社製

こちらもデザインが変わっています。
旧箱は初発売日に購入したものです。

110625カーズ1

やはり目の表情が違いますね。
本体の型は同じようですが…。

110625カーズ2

左が古い方ですが
新しいほうは荷台の塗装がされていませんね。
まだ新車のころのカラーの名残なので
錆びが進行したのでしょうか。
車体の成形色も新しい方は明るめです。

110625カーズ3

底面は2007の刻印は同じですが
新しい方は車体と同じ色。

110625カーズ4

手前が新しい方。
ドアの汚れた文字は読みやすくなっているのですが
後ろの給油口?が赤くペイントされていません。

メーターは微妙に塗装仕上げのみが変わった感じです。
所々塗っていない部分とか見受けられて
若干のコストダウン感がします。

まあ普通、気になるほどの変更ではありませんが
表情が違うのはバリエーションが増えたようで
嬉しくもあり。

さて、来月もまた新車種が発売ですが
どのような展開になるのでしょうか。

楽しみです。
 

ラストエグザイル:ヴァンシップ?

「ラストエグザイル‐銀翼のファム‐」が秋に放映とか。
スタッフがほぼ同じなので楽しみです。

どっちかというとメカ好きなのですが
こんな本が発売していたので
思わず購入してしまいました。

110626ラストエグザイル1

HYPER WEAPON 2011 モデルアート社

定期的に発売される小林誠さんの作品集です。
このアニメでもプロダクションデザインを
担当されているようです。

110626ラストエグザイル2

今回は大分小さいヴァンシップですね。
ヴェスパというそう。スクーター感覚でしょうか。
狭い建物の中、廊下とかバンバン飛び回る
演出とかあるのでしょうか。

110626ラストエグザイル3

前のクラウスヴァンシップも比較で載っています。

110626ラストエグザイル4

最近はCGとかで設定されるのでしょうか
やたら細かいメカや質感がこれでもかと
表現されています。
情報量の多さで頭がクラクラしますが
このクラクラ感が楽しかったりします。

ディーオのヴァンシップも載っているので
また作ってみたいですね。

プラモでないかな~。
そういえばガンプラでも小林誠さんデザインの
MSはあんまりモデル化されませんね。

前作のブルーレイ/DVDBOXも再発売されるようで
ヴァンシップのペーパークラフトも復刻特典に
なっているようです。

前にこれをもとにバンシップを作ったことがありました。
以前記事にしたときに画像がボケボケだったので
再撮影してみました。
今みると若気の勢いだけが感じる物ですが。

110626ラストエグザイル5

この時は資料もなく、当時の特典だった
ペーパークラフトをもとに
プラバンとかで作っていました。

110626ラストエグザイル6
110626ラストエグザイル7

作っていて楽しかったのですが
これも未完成だったりします。
(ナビ席のメーター類を作っていません)

110626ラストエグザイル8

ムム!なにかと心残りがあるのですが
案外自分が一生懸命最初から作っていた模型って
これくらいしか残っていませんね。

ヴェスパが作れるかわかりませんが
資料を揃えて眺めながら
ああだこうだと考えているのが
楽しいのかもしれません。
 

今読んでいる本:涼宮ハルヒの驚愕 前・後

110629ハルヒ

涼宮ハルヒの驚愕 前・後 初回限定版  谷川 流 著

ようやく待ちに待った「分裂」の続編です。

自分は最初アニメから入ったもので
続編が待ちきれなかったので
おっさんですが、
ライトノベルに手を出してしまいました。

その後興味を持った友人に全部譲ってしまったので
逆に新刊が発売されると貸していただき
読まさせていただいています。
ありがたや。

実に何年ぶりの続編でしょうか。
思わず前の本もお借りして
予習などしておりました。

すっかり良い具合いに前のストーリーを忘れています。
これはアニメが再開しても十分楽しめそうです。

現在鋭意読破中。
読み始めるとキョンの語りで
すぐ1~2時間すぎています。
楽しみなのですが、もう読み終わりそう。

次はいつになるのかな。
ちょっぴり寂しくもあり…。
 

夏目友人帳:プライズのお知らせ

携帯も新しいので
いろいろアクセスしていると
情報をいただきます。

最近お知らせいただいたのが

「夏目友人帳 でっかいぬいぐるみ
~黒ニャンコ~プレゼントキャンペーン」


7月の4週にゲームセンターに
ニャンコグッズが導入予定とか。

スーパーDXニャンコ先生着ぐるみぬいぐるみ

前回も挑戦したニャンコ先生のぬいぐるみ。
ちょっと大きめです。
2種あって、ベーシックなニャンコ先生。
これは流し目タイプか
それと黒ニャンコがニャンコ先生の着ぐるみを
着たタイプ。

前に捕獲した小さいものの逆か? 前記事

101112ニャンコクレーン2

これは前の。

当然新柄紙袋もいただけるようです。涼やかなデザイン。
それとタイトルの「でっかい黒ニャンコ」のプレゼント。

9月導入のニャンコ先生に先駆けて
7月のPOPや捕獲品のタグに付いている
要項で応募。抽選で毎月30名×3ヶ月(合計90匹?)
プレゼントされるらしいです。
多分QRコードでアクセスするタイプですかね。
大きさは36cm! デカそうですね。

8月は「ボールチェーン付きぬいぐるみ
~いろんなニャンコ先生~」

待ち受け画面もプレゼントとか。

9月はその「でっかいニャンコ先生ぬいぐるみ」
それと「ニャンコ先生フィギュア」

詳しくはバンプレストの「とるナビ」のHPで。
7/1には店舗検索もできるようです。

まあニャンコプライズファンならば
携帯にお知らせがきているとは思いますが
なんとも心騒ぐ季節となりました。

携帯待ち受けはそろそろ
季節感をかえたいな~とか思っていましたので
ぜひともゲットしたいところ。
でもお店が解っていないことが多く
取得に難儀します。  前記事

テレビ放映開始ももうすぐだし。
コミック新刊も。
楽しみですね。ワクワク。
 

Appendix

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

広告

Extra

プロフィール

雅太郎1号

Author:雅太郎1号
作るの好きなくせに
絶対完成しない人。
やればできる子。

最近はテディベア製作で
フェスに参加しています。
機会がありましたら
お声掛けください。

メリー号制作記は
カテゴリの「ワンピース2」から

ストーム・マシーンの
ロビー製作は「SMG」。

ニャンコ先生とか
その他もジャンルいろいろ。
まとまりがありません。

最近検索の多い
「ハレパネ貼り方」は
カテゴリの「工作」から
参考になれば幸いです。
 

カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリ

柊 (15)
SMG (53)

FC2カウンター