Entries

今読んでいる本:クルマはかくして作られる/福野礼一郎

最近のムシムシ気候や
お仕事のちょっとした忙しさや
冷蔵庫が壊れたショックなど続き
あまりブログネタを準備していません。

こんなときは本の紹介。

昔買った本ですが…

100701BOOK

クルマはかくして作られる・超クルマはかくして作られる
福野礼一郎 著

カーグラフィック誌に連載していたものの別冊化。
ちょっと前に購入した本なのですが
自動車の3万を超える構成部品の工場を
それぞれ取材。沢山の写真とくわしい解説付きで
楽しめる本でした。

自動車といってもメーカーが工場ですべて作っている訳でなく
タイヤやランプ、ダッシュボードなどの内装プラパーツ、
シートやそのファブリック(or本革)、ワイヤーハーネス、
ウィンドーガラスやボディの鉄板や樹脂パーツなどなど
細かいところではエアバルブとか
エンジンなんかもそれぞれ別の製作工場で作られています。
専門工場というのですか?
下請けなんて言わせたくないような
職人的な業やノウハウが満載です。

その大量なパーツがあちこちから集まってきて
工場でエイ!ヤッ!とストレスなく
スイスイ組み上がっていくさまは
奇跡なのか、当然なのか。

模型とか作っていて感じるのですが
素材の違う巨大なパーツが
隙間があくこともなくパチンとガタもなく
はめ込めるって、感激で涙が出ますよ。

すごく感心させられた本でした。

皮にクリームを塗ってもカビのエサにしかならないことや
一見皮っぽくシボがモールドされたプラパーツなんか
筆で人が書いて型を作るという驚愕の事実。

センチェリー(偉い方が乗ってる黒塗り高級車)とかが
生産されているところとか従業員の誇りすら感じます。

金属、樹脂、布、皮、ガラス、ゴム、塗料、他
いろんな素材で作られている製品。
そんな、それらが要求された物になっていくところが
自動車ということを離れても面白かったです。

案外、部屋にある何でもないものが
実は凄いひらめきと努力で形作られていることを
再認識、感心させられます。

なんとなく遠足の工場見学のつもりで
気楽に読むのもそれもまた良いかも。

著者は別の本でロールスロイスを
バラしてレストアしたらしい。
これまた部品の構成や成り立ちを
調べたり想像したりと面白い本でした。

また読んでみるかな。


ーーーーー
最近のニュースとかで
自動車メーカーで働いていた人の事件や
雇用問題。リコール問題、なんとかこうとか。
表もあれば裏もある。
ちょっと複雑な気分にもなります。
  
スポンサーサイト

まだまだ冷蔵庫

すいません。
またまた冷蔵庫話です。

あんまり拘りもなかった家電、冷蔵庫。
安いのでいいや!と適当に買って
しまおうかとも思いましたが
調べると悩みも多くなります。

最初狙っていた「無印良品」の冷蔵庫。
取手がアルミのものは
モデルチェンジしたのか
店頭にありませんでした。

それで前に紹介したタイプになるのですが、 前記事
どうせならちゃんとしたメーカーのものはどうかと
出掛けたついでに駅前の家電量販店で
観てみました。
そこは巨大な冷蔵庫のショールームのよう!
(お店ですから!)自分が欲しい
小さな冷蔵庫なんて、まったくチカラが入っていません。
もうスミっこにちょこんと…。(小さいからね!)
どれも同じ感じで今イチときめきがありません。
価格も安いからなにもできないのですが。

それだったらなにもしなくてよいのに
ちょこっとデザインしてしまう。
これがマイナスとなってしまうのです。なんとも。

やはり予定どおり、あの冷蔵庫かなと。
今週買えば配送料無料だし。

できれば扉とかMDF調のダンボール箱色だったら
可愛いのにと思いました。
いっそ塗装してしまうか?
イヤイヤ、失敗しそうだし
塗料もはげたら汚くみえるし。とか諦めていたら
発見しました。

ちょっと気になる冷蔵庫。

100702冷蔵庫

110L2ドア ノンフロン冷蔵庫(オレンジ) モリタ社製
上新電気オリジナルカラー

考えている方もいるのですね。
形もMUJIと同じかんじ。

この「オレンジ」がまた微妙なのですが
明るいオ・レ・ン・ジ~って感じの色なのか
ちょっとくすんだ「ニャンコ先生」のブチ色、
しかもツヤ消し風なのか。
画像では想像できません。

当然後者なら、ちょっと高くても買い!なのですが。

都内にはあまりない電気店なので
現物を観る事も大変です。

まあ日曜にバイクツーリングがてら
行ってきますか、もの凄い郊外。
雨大丈夫なな~。

すっかり冷蔵庫に夢中ですが
買ってしまえば何事もなかったように
普通に使うのだろうな~とかおもいます。

さあ、なにになるかは
また来週にでもご報告。
この時期が一番楽しかったりします。

正直、冷蔵庫なくても不自由しない
ライフスタイルなのだな~と
いまさら気づきました。


ーーーーーーーー
携帯電話も気にしていた「L-04B」が
(いきなりBってなに?)発売されました。
どうせ買うのは秋になってから。前記事

色は「ブラウン」を狙っていたのですが
現物を手に取ると思ていた色と違っていました。
どちらかというとちょっとメタリックっぽい感じ。
ツヤはないのですが不思議な色です。

ほんとはもっと木材チックな感じを
期待していたのですが。
白いボタンも汚れそうなくらい白い。
ちょっと残念ですが他のクロやアカを
検討してみます。

自分の星座は今年、変革の時期
なにか新しいことを始めるには
最高の年らしいのですが
人生でなくて身の回りのものが
どんどん変わっていく。
こんなもんですかね~。
 

今読んでいる本:もし高校野球の女子マネージャーが

なんとも、生きていると思いもしない事が
おこったりします。

今回はいつも漫画なのですが
ライトノベル風な本を貸していただきました。

100703ドラッカー

もし高校野球の女子マネージャーが
ドラッカーの『マネージメント』を読んだら

岩崎夏海 著

タイトル長いね。
この本はむずかしい経済のコーナーに
平積みされていて異彩を放っていたので
何となく知っていました。

これを貸していただいた方は会社のスタッフで
・漫画の「おおきく振りかぶって」のファンになり
・地元の高校野球を観に行くといったり、
・スコアブックをつけようかと注文したり
・つけ方を調べるため本やに行き
・この本を買って読んでしまい(高校野球つながり?)
・次にはこの本でもふれているP・F. ドラッカーの
 「マネージメント」を今度買うらしい。

いったい彼女はなにになりたいのか!?したいのか?

こういう物語の進み方も大好きです。
本題からズレていますが、
意外性も人生の楽しみですから。

川島みなみが野球部のマネージャーになって
「マネージャーとは」を学ぶため
買ったのが「マネージメント」。
内容が解らず問い続け、甲子園をめざすお話。

まあ非常に取っ付きやすく書かれている
経済学書の解説本です。

まあ今でも平積みされているので
かなりのベストセラーなのでしょう。(6/7で13版)

「マネージメント」とかこういう本は
絶対知りたいことは書かれていないと思っています。
こうしなさいとかああしなさいとか。
とくに長年に渡って読まれている本にかぎって
ちんぷんかんぷんだったりあやふやだったり
どうとでも受け取ることができたりするものが
多いようです。
そのときの気分で解釈が変わったり。
もっともらしいことがまるで
もの凄いことのように、もっともらしく書いてある
それでいてどうなの?ってかんじ。
自身をいつも問いているかんじ。

もともとこういう本を読む方は
ヤル気のある方なので
すでに大丈夫なはずなのですが。

社長さん達の共通言語とするには
コミュニュケーションがとりやすいのかも。

なんだかケナしているようですが
そんなことはなですよ~。
そんな先入観なのですが、いかがなのでしょう。
星占いとかと同じ感じ?

読まないでああだこうだといっても
いけませんので
また本家ドラッカーさんの本を
貸していただいたらありがたく
読ませていただきます。

しかしこういう本を読ませていただく機会って
自分の中にはありませんでしたので、えらく楽しみです。

「仕事にヤル気がでるかもよ」

まずはこの「もしドラ」を読んで
みなみちゃんが甲子園にむかって頑張るのを
真摯に見守るといたします。
 

お散歩日記24:車の車検

またまたやってきました散財時期が。
ようやく最後の難関、車の車検。

変わった車なので、買ったお店に
いつもお願いしています。

キチンと整備もしてくれるので
ちと金額が大きい。そこが難点なのですが
ほったらかしの割りに
故障もないのはこのおかげと思っています。

ですが車検をお願いするために
お店に向かったのですが
今日にかぎってもの凄く調子が悪い。
まるで獣医につれていかれる犬のよう。

途中で中を覗いたらなんと!
排気管の止めるネジが1本
どこかにいってしまっていました。
排気漏れです。

100703散歩

暗い画像でわかりますかね~
白い→のところのネジがありません。
なのでアクセルをふんでも吹けが悪いし
もう片方が千切れても困ります。
なので2千回転以下のノロノロ走行。
すっかりストレスも溜まります。

なんともお恥ずかしい。
ここは緩みやすいとこなので
定期的にネジを締めないといけないのですが
すっかりほったらかしでした。

なんとかお店に到着してお願いしてきました。

100703散歩2

中はピカピカの車が整備されています。
汚くしているのが申し訳ない!
また来週まで大人しく整備されるんだよ!

近くの駅までテクテク歩きながら
このまま帰るのもつまらないので
駅前の公園を散歩することに。

100703散歩3

「葛西臨海公園」。
車の車検の時くらいしか訪れませんが
広くて良い雰囲気の公園です。

水族館や野鳥の生息する池があったり
バーベキューや浜辺遊びができたり
そしてこれ、

100703散歩4

「ハチクロ」の皆さんも初期に出掛けた観覧車。
あいかわらず回っていました。
まあ、適度に人が多いわけでもなく
多少寂れ始めな感じがのんびりできます。

さて特にすることもないので
電車で帰ってお昼寝かなとか思っていましたが
ちょっと違うルートで帰ることに。

100703散歩5

東京水辺ライン。
水上バスかと思ったらちょっと違うみたい。
前は別の桟橋から水上バス乗り場があったようですが
基本はお台場海浜公園までの往復で
レインボーブリッジをくぐります。

でも時間が合うのがなくて
両国までいく荒川をのぼって
隅田川をくだる観光ルートに乗る事に。
2時間の船旅です。

100703散歩6

「あじさい」号。梅雨時にぴったりの名前。
案外低くて平べったい船体。よろしくお願いします。

100703散歩7

さようなら~葛西!
さてこれからなにが待ち受けているのか!?

長くなりましたので続きます。
 

今読んでいる本:夏目友人帳10/緑川ゆき

いやぁ~休日出勤。
たまに朝帰りということがあります。
ただいま午前4:00。
老体には辛いお仕事です。

バイクで出勤したので
ちょっと寄り道。

東京には24時間の本屋さんがあります。
日曜の深夜なんかに立ち読みする
お客さんがいるのか?
とにかくここで買ったもの。

100705夏目10

夏目友人帳10 緑川ゆき 著

ちょっとでも早く手に入るのは
嬉しいものです。
「月分祭り始まる」?
また貴志くんはよけいなことに
首をつっこんでいないとよいのですが。

表紙はその装束でしょうか?
まだこれから読むので楽しみです。

早く寝ればよいのに。
もう寝ます。

今は5日の4:30。
 

よく寝ました。

100706ニャンコ先生

日曜の仕事の影響か
昨日は早寝。気がついたら12時間くらい
寝ていました。
こんなに続けて寝れたのは久しぶり?

なので当ブログの更新ができずに
ニャンコ先生の写真で誤摩化させていただきます。

でも起きたらまた仕事なのですが…。
ニャンコ先生があいかわらずゴロゴロと。
羨ましい。
 

お散歩日記25:水上散歩1

100707散歩1

土曜日に車の車検をお願いしての帰り道、
気まぐれで遊覧船に乗ってしまいました。

全く突然だったので、なんの予備知識もなく
「パトレイバー2」みたいにレインボーブリッジを
下から観たかったのですが
どうやらこの船はそこには行かないようです。
(本当はこの船は両国~葛西公園~両国ルートで
ちゃんとお台場を回っているようですが
自分は途中乗船というかたちなようです)

中はすでに宴会気分の年輩の皆様でいっぱいでした。
自分はほとんど上のデッキにいました。

出発してまず、荒川のぼり。
海と河の境目は海流が複雑らしく、
ちょっと揺れます。後ろのデッキは水浸し。
むかしの「電波少年」のスワンの旅を思い出したりします。

100707散歩2

最初の橋の下を通過。
ちょうど電車が走って来たり楽しめます。
あんまり普段観ない景色。

100707散歩3

荒川沿いにキチンとした工場なんかもあります。
いったいなんの工場だったか?

100707散歩4

とにかく海面すれすれなのに空が広い。
川は雨で濁っていますが
なんとも清々しいのんびり気分。

ちょっと行くとメインイベントの
「荒川ロックゲート」が近づきます。

100707散歩5

堤防に造られた大きな水門。

ガイドさんによれば
日本のパナマ運河だそう。
荒川と内側の川の水面差?が違うので
前後の水門を締めて水位を上げ下げして
水が流れ込まないようにしているようです。

まず船が水門をくぐり停止。

100707散歩6

そして後ろの水門が閉まります。

結構な重量物が動くのはちょっと感動しますね。
水に浸かるときの音とか。

そして水位を下げて内側の川に合わせます。

100707散歩7

船のいる部分の水を抜いていきます
これが結構時間がかかります。
なんと2m近くも差がありました。

最近はゲリラ豪雨とかいわれていますが
堤防が壊れたら大変です。地震とかも。
2mかあ~。

100707散歩8

中の橋は低くてギリギリ。
川ではレガッタ?の練習なんかをしていました。
ここはすぐに引き返し。
またあのゲートをくぐります。

なんとも設備の無駄遣いなような感じもしますが
こういうことにも利用しないと
活躍しないのかもしれません。

案外楽しめたし。くぐる途中汚い川の水を浴びたり。

100707散歩9

途中から通過するところが低くなるのか
デッキから下ろされました。
水面ギリギリを走行。
遠くにスカイツリーが見えます。
やはり話題の建物なので人気もの。

なんかのんびりしますな~。

そのあと「隅田水門」を通過して隅田川へ
ここが狭いのだな。

100707散歩10

たしかにギリギリです。
そんなにスピードが出ている感じでなかったのですが
近くに建物があると凄い勢いです。

抜けてすぐのところに
唯一の造船所があったり。

100707散歩11

最近は作っているのかな~
屋形船とかいっぱい船があるので
修理整備とかいそがしいのかな~

とかいっているうちに「千住」に到着。

100707散歩12

千住?考えてみたら随分な遠回りな帰宅ルートですね。
ここからは隅田川を下ります。

文章下手なので楽しさは伝わっていないでしょうかね~
すみません。
長くなりましたので続くといたします。
 

ワンピース ゴーイングメリー号をつくるぞ! その94

100708メリー号1

土曜日の水上散歩で発見!!
このあたりも、どうやらグランドラインのようです。

すっかりご無沙汰のメリー号製作。

最近、海外のファンサイトでお恥ずかしながら
紹介していただけたようで
中国や韓国の方々やアメリカ、
イギリス、オーストラリア、オランダ、ポルトガル、
フィンランド、カナダ、イタリア、ポーランド、
ギリシャ、ハンガリー、スイス、ドイツ、
スウェーデン、マレーシア、ノルウェーなどなど、
えっ!こんなところから?とビックリです。
ご訪問ありがとうございます。

あらためて「ワンピース」という作品の
もの凄さを感じました。

そして、自分は製作を進めていないのが
なんとも大変恥ずかしい。
なんとか完成させて紹介したいところですが。

英文とかでご挨拶したいところですが
まったく語学力もなし
翻訳ソフトで書いてもとんでもない文章になっても
失礼だし…。

これはキチンと製作してご覧いただくのが
一番かと思っています。

なんとか再開したいのですがね~
すいません。

100708メリー号2

すっかり我が「あじさい」号は追い抜かれていきました。

また帆を作っていないのにこのスピード。
ルフィー達がでかいオールで濃いでいるのか!?

※賢明な皆様なれば説明しなくとも大丈夫かと
思いますがただの合成画像です。
けっこう時間かかりました。
こんなことしてないで作り始めたらよいのにと
自分でもおもいましたよ。なんとも。


カテゴリの「ワンピース2」からこられた方は
>NEXT 次ページへ
  

お散歩日記25:水上散歩2

水上散歩も折り返しです。

写真をバンバン撮ってしまったので
続けていますが需要はあるのか、ないのか。

100709散歩1

千住を出てここは隅田川に変わりました。
やはり荒川と比べると狭いのですが
やはり都心を流れる川なので
川岸に観るものは沢山あります。

100709散歩2

キレイな建物。博物館か温泉施設かという感じですが
実は「汚水処理場」らしいです。
建物の中はものすごいことになっているのでしょうが
まったく感じさせない佇まい。
おかげで隅田川もかなりキレイになりました。

100709散歩3

突然のガスタンクや

100709散歩4

花火の時に乗りたい屋形船が停泊していたり
いろいろです。

途中「桜橋」に到着。
浅草に近いので降りるお客さんも。

ここは

100709散歩5

スカイツリーがでっかく見えます。
もう東京タワーの高さを超えたのだったか。

距離感がまったくないのですが凄く大きい。
上からクレーンでなにかを下ろしています。
あれに乗ってみたいものですが。

展望台なんかも、もの凄く広いのだろうな~
と思います。

完成したら500mでしたでしょうか?
前に読んでいたマンガ「ぼくらの」に出てくる
ロボットも500m級。
なんとなく実感するために完成が楽しみだったりします。

浅草の川辺といったら

100709散歩6

例のウ○コビル。社長さんの芸術好きが
感じられます。いつ観てもギョッとします。

なんか急のお洒落なビルが多くなってきました。

100709散歩7

そうこう言っているうちに終点「両国」に到着。

やはり「聖路加」とか「お台場」あたりもまわりたいな
とか思ってしまいました。また機会がありましたら。

結局また車を取りに葛西まで出掛けるのですが、
どうするのでしょうか。

両国といえば「大相撲」。最近話題ですが
国技館は静かなもんでしたよ。当たり前か。

長々失礼しました。
 

車の引き取り行ってきました。

100710散歩1

今週まるまる海上散歩のことを
書いてしまったので、
またかと思われるかもしれません。

ふたたびの臨海公園駅です。
今回は電車で真直ぐやってきました。

東京駅で乗り換えたのですが
そこでラーメンでも食べたくなったので
駅構内をうろうろ。
現在工事中でお店も閉まっていたり
新しくなったりと変わって来ているようです。

肝心のラーメンは発見できず。
立ち食いそばとかもないようだし。
おみやげ関係は充実していますが
これもなにか世の中の求めるものが
変わって来ているのでしょうか。

たしかステーションホテルのある駅舎も
大工事中です。
正式な姿に復元中とか。
楽しみでもあります。

それで食べそこねて公園に到着したのですが
ここもあんまりお店があるわけではないのです。

本日はすっかり痛いくらいのよい天気。
梅雨明けももうすぐなんですかね~

車の調子は今ひとつ。
なんだか調子が悪いらしい。
あれこれ手をつくしてくれたようですが
とうとうエンジンを開けるような
お年になってしまったのか?

しかし乗ってみると
引き締まった感じはするし
自分的には問題ありません。
そのうち、大調整が必要なのかも。

真直ぐ帰るのもつまらないので
みつけた「トイザらス」に立寄り。

最近はすっかりおもちゃのほしいものが
ありませんが(ほんとはあるのですが
お財布事情と本気さ加減ということで)
なんかあるかな~とか気分で…。

しかし、ちょっと前の頃より
なんとなくヤル気が感じられません。
昔ながらのメーカーさんは頑張っていますが
大人の商品ものがすっかりコーナーが
なくなっています。

それなりに商品は発売されてはいるとは思いますが
こういうお店では売れなくなっているのでしょうか。
ちょっと寂しいかぎりです。

あまりに寂しかったので
思わずムダ遣い。

100710散歩2

カプセルプラレール
アーサーのかんぺきなきろく編

TAKARA TOMY A.R.T.S社製

自分は意識を失っていたのか
気がついたら1000円札を両替して
5回も一気にしてしまいました。
すでに持っている「大鉄橋」がダブってしまいました。
ムム。
パーシーはなんでこんな顔をしているのでしょうか。
自分の心情を写すよう。

しかしいまだレールがオーバルにすらなっていません。
いったいいくつ買えばよいのでしょうかね。

とにかく、なんだかなにかが変わってきているようです。


7/11追記ーーーーー
そういえば、ガチャポンニャンコ先生
カプセル 夏目友人帳
ニャンコ先生ストラップ vol.2 祭

発売になったようです。

トーマスやってる場合じゃないか?
 

冷蔵庫届きました

最近ひとりごとばかりですね。
工作も取りかかりたいものなんですが。

先週、わざわざバイクで高速道路を使い
ジョーシン電気まで冷蔵庫を観にいってきました。

高速を降りた国道がもの凄く混んでいて
ヘトヘトになったもので
面倒になってそこで注文してしまいました。
値段も同じくらいだったし。
(高速料金とガソリン代は含まず)

心配だった「オレンジ」もなんとなく
落ち着いた色合いだったので購入を決意。
本日お届けいただきました。

100711家電1

なんとなく「リラックマ」カラー。
キャラメル色っぽいです。

このカップ類はローソンのパンのシールを
集めるともらえるキャンペーン品。
色が似ているので冷蔵庫の扉にもリラックマの顔を
カッティングシートで貼り込みたくなる感じです、

冷蔵庫のメーカーはモリタ社製。
まったく無印良品の物と同じもののようです。
色だけジョーシンオリジナルカラーなんです。
前記事

いま電源を入れてひやしているところ。

ほぼ2週間くらい冷蔵庫なしの生活だったのですが
まったく困らないライフスタイル。
まあこれから冷たい物も恋しくなりますので
ちょうどよいかも。
その都度買い物にいくのも面倒ですし。

さて、これの購入と前の物のリサイクルで
8000分のエコポイントがいただけます。
いろいろと交換商品はあるのですが
商品券とかだと微妙に送料400ポイントとかで
半端がでてしまいます。

自分の立回り先で使えるお店でないと
もったいないし…。

悩んだあげく「図書カード」に換えることに。
送料もないし使用期限もありません。
8000円分まるまる使えます。
自分は案外本を買うので丁度よいかと。

さっそく応募するのですが
一般の方は保証書とかリサイクル券とかの
書類のコピーってどうしているのでしょうか。
やはりコンビニですかね。
ここがちょっと不親切かと思いましたよ。

100711家電2

定位置に納めました。

ニャンコ先生も確認中。
ちょっと背が高くなったので
棚も調節しなくてはいけません。
おかげで掃除もちょこっとできました。

新しいものが来るって
ちょっぴり生活に張りがでてきます。
 

テディベア?:ちょっと作ってみます。第3回

いままでいろいろあって
なかなか作業ができませんでした。
なんか体力もなくなってる?
休日は食べたら寝る、野生の王国状態。
いかんいかん。
無理無理、体にムチ打ち作り始めました。

前回はスポンジで検討していましたが
今回はリハビリも兼ねて
口の部分だけでも型紙作りをしてみます。

100711テディ1

あいかわらずのボロワイシャツから
布を取っています。
今回シワくちゃだったので
アイロンをかけたらスチームが錆び錆び。
黄色いシミがつきました。
しまった!キチンと水分を飛ばさなかったので
内部が錆びちゃったのでしょうか?
着れるワイシャツだったら涙モノです。

アア!アイロンも買い替え?
しばらく、影響のないところで使ってみますが、
なんとも大丈夫でしょうか?

縫い目がくるところを考えて
口元でまとめる感じで型紙を検討。
どうなんでしょう。

100711テディ2

さっそくとれた型紙から
フェルトで試し縫い。どんなものでしょう?

なんとなく口の端の部分に余裕が出過ぎでしょうか。
これは綿を詰めてみないと解らないな~。
実際の生地もどんな感じか?

100711テディ3

被せてみました。

これは裏面とかの処理も大変そうです。
小細工が必要か?

なんとか無理無理始めていますが
やはり縫い物って心が無心になれます。

さあこの調子で製作にはいれるかな~。
始めたら早そうな予感はするのですが
なかなか時間が作れない日々。
気分的なものなんですが。

モヘアも決めて早く使ってみたいのですね。
 

なんどめだナウシカ

「力強くね。ちょっと怒った感じで!」

今週末には劇場アニメ映画「仮りぐらしのアリエッティ」が
公開されるのでしょうか。

そんな時期に、しかもBD発売ということで
「ナウシカ」でも引っぱり出してきました。

100712ナウシカ1

風の谷のナウシカ1-7 宮崎駿 著

アニメ雑誌に連載されていたものをまとめたもの。
コミックといっても普通の雑誌サイズ。
皆様も書店とかで
ご覧になったことがあるかと思います。

たしかでっかいサイズでも豪華本があったような。

最初に買ったのはまだ自分が学生のころ。
最終巻がでるまでには凄い時間がかかった記憶があります。
自分の持っている本には
1巻が1983年、7巻が1995年とありました。12年!?
しかも最後の方は発売が4~5年スパンだったような。
急に人気ものになってお仕事が始まると
なかなか手がつけられなかったようですね。
大先生自ら書き上げた、今では貴重な作品です。
完結したのは大変うれしいことです。

そういえば、アニメ映画の方は観ていないことに
気がつく自分。

コミックは4巻くらいまで出ていましたが
そのくらいまでアニメ化したのかな?
すいませんね。

「トリック」でも「なんどめだ」と書かれるほど
再放送しているのにね。

申し訳ないので久しぶりに本棚から
引っぱり出してきました。
すっかりストーリー忘れているし。

楽しんで読むことにいたします。
しかしもう27年も前の本なので
ちょっと風化ぎみ。シミもすごいです。

なんかちょっとショッキングな結末だったような
気がしましたがどうだったか。

アニメ版が好きという方で未読でしたら
ぜひオススメします。
 

なんどめだナウシカ 2回目

前回はコミックのナウシカを紹介しました。
現在、楽しく読んでいます。

いろいろ調べたら劇場版アニメとは
内容が違うらしいです。
結末にも異論のある方もいたとか。
余計に楽しみです。
自分的にはアニメの方こそ
観なくてはいけないのかもしれません。
そのうち放映するでしょうか?

今回は一気に紹介すればよかったもの。
小出しにするのもミラクル(奇跡)を
可能にするため。?

100721ガンシップ1

スタジオジブリ プラモデルコレクション03
風の谷のガンシップ
 BANDAI社
GUN SHIP of the valley of the wind

1/72くらいの大きさか?
もとはツクダホビー社製のプラモデル。
他に王蟲(オーム)やカイに乗るナウシカ
メーヴェとかもあったか?

自分は当時、買いそびれていた
機械風の「ガンシップ」のみ購入しました。
他はどちらかというとフィギュアという感じだったし。

100721ガンシップ2

箱の写真から。

なかなか、当時としては良い雰囲気です。
設定だとセラミックや王蟲の抜け殻なんかが
使われているようなので
漫画のタッチそのままに
100年間使い込まれた仕上げにしたいと思っていました。

単に汚く作るということですが。

100721ガンシップ3

バンダイ製になって改修されたところは
あるのでしょうか?
イロプラ化されて塗装しなくてもある程度
再現できます。

親切な設定画つきの説明書。

ちょっとキットは機体がエビみたいに
カーブしすぎのようです。
初期設定を参考にしたのか?
それとも若干可動するのでしょうか。

着陸態勢をとるには適した形なのかも。

てっきり少し作っているかと思いましたが
全くの手つかず。
思いが強すぎて手が出なかったようです。

これもまたそのうちに。
 

なんどめだ紅の豚

今回もジブリ物。
これもたびたびテレビで放映された
「紅の豚」に登場した飛行機。

100723サボイヤ1

1/72 サボイアS.21試作戦闘飛行艇
SAVOIA S.21 Fine Mold社

シャープな造りのファインモールド社の
飛行艇のプラモデルです。
一番最初のキットだったかな。
どちらかというとマンガ版の機体らしい?
エンジンが…?

100723サボイヤ2

アニメは「トトロ」の成功で
きっと好きにつくれたのでしょう「紅の豚」。

どちらかというと男の子向けのアニメでした。

劇中で活躍していた飛行艇がかっこ良かったので
早速購入して作りました。

思い入れもあったのでしょう、
結構塗装は工夫してあります。

100723サボイヤ3

小さいのにブタさんもキチンと塗ってあるし。

100723サボイヤ4

プロペラも木製っぽくしてあるし

100723サボイヤ5

勝手な想像で機体下部のベージュ色は
塗っていない木材だと解釈して
木目っぽく塗装しました。
もうちょっと大きいスケールなら
木目シートをはっていたでしょう。

小さくてもかなり力を入れてつくっていましたが
片側半分はデカールを貼っていません。
しかもワイヤーも張っていないし。

すごく中途半端な仕上がりです。なんとも。

しかし巨大な機体ですよね。
縮尺を間違えているのかとも思われるくらい。
ライバルのカーチスと比べると
余計大きいのです。

モデルの機体があるだけに
一時期夢中でした。
可愛い丸みのある機首の形とか
好みなのですが
ほんとうはカーチス派。
大きいスケールの方も買ってありますので
(カーチスの方ね)
このうちキチンと作りたい物です。
(毎度の台詞ですね。)

ポルコは結局どしたのか?
またまたキチンと今度
アニメを観ることといたします。
 
ーーーーー
おんなじ1/72でも以前購入した戦車、前記事
「悪役1号」のブタさんたちは
結構大きいです。サボイヤのポルコの4倍?

案外アニメのスケールって難しいのかも?

なんどめだ千と千尋の神隠し

案外持っていたジブリグッズ。
カテゴリを作ってまとめればよかったのですが
いろいろなので散逸してしまいました。

今回は「千と千尋の神隠し」(2001)
すこし内容にふれています。
ネタバレ注意!

100715おにぎり1

ハクのおにぎりフィギュア DVD予約特典

なんの変哲もない「おにぎり」のフィギュア。

作品をご覧になった方なら、
涙なくては食べられない
ハクからいただいた「おにぎり」です。

DVDを予約するといただける(ハクからでないよ)オマケ
なのですが結構沢山作ったようですし
ソフトも売れたので皆様のご家庭にもあるかもしれません。

100715おにぎり2

しかもご丁寧に大先生がにぎって作ったものを
型取り製作されたものとか。
たしかに微妙にでこぼこしていて
そんな感じがします。

こういうなんてことないものを
一生懸命つくる姿勢には感動させていただきました。

100715おにぎり3

このDVDを観るといつもその、おにぎりのシーンで
泣いてしまいます。単なるもらい泣きか?

切羽詰まって振り回されて余裕もないときに
ふと当たり前なことに気づいてハッとすることが
あります。
そんなことを思い出させてくれるもの。


DVDとかは発売当時、色味が赤いという事件がありました。
これが回収さわぎになっていたら
今のジブリはなかったかも。コワイコワイ。
強気でなんとか乗り切ったようです。

自分のプレーヤーでは赤くなく普通に観れたので
単にプレーヤーの個体差なのかも。
でもテレビ放映版も赤いのは
早めになくしてほしいものです。
こんどBD版はどうするのでしょうか。

そんなことも思い出しました。

アニメって製作に時間がかかります。
このアニメも2001年上映だって。
もう9年まえにもなります。

ぜんぜん色あせない作品ですが
今までほかの作品も含めて
いろいろ思い出にも浸れる感じがします。

しかし未だに、なぜブタがわかったのか
解らないでいます。もう少し研究が必要ですね。

100715おにぎり4

意味なくパカッと開いたりします。
小物入れのようですが、
皆様はなにを入れているのでしょうか。
 

なんどめだ もののけ姫

金曜ロードショーでも
ジブリものを放映していますね。

そんな時間には帰宅できないので
なかなか観る事ができません。
だからナウシカとか観れないのだと納得。
ここだけだものね。
録画することもしないのはナゼでしょう?

今回は…。

100718もののけ1

いつも窓際に置いてあるパキラに
載せてみました。
どうも座りがわるそうです。

これは「もののけ姫」に登場した「コダマ」。
発砲ウレタンで仕上げてあって
ふかふか柔らかです。

100718もののけ2

コダマのキーホルダー ビデオ予約特典

こんな感じでパッケージ。
すっかり黄ばんでいます。

自分は案外ジブリグッズを持っているな~と
思いました。そろそろ終わりかな。

100718もののけ3

もののけ姫(1997)

なんとビデオテープ版です。
時代を感じますね。
豪華な貼り箱入り。

前にも書きましたが
自分の住んでいる土地は
ダイダラボッチの足跡だそうです。
なのでちょっと気になったりして。

ーーーー
前回の「千と千尋の神隠し」を
久しぶりに見返しました。
新たに気づくこともあったりして
また目頭が熱くなります。

もう、男の子が活躍するお話って
駄目なんでしょうかね。

アシタカもがんばっていましたが…。

劇中、アシタカが
「いい村は女が元気だといいます。」
とか言っています。
なかなか良い言葉だと思っています。
そうでなくては。

そんなことも思い出します。

本日は新作の公開日。
ピクサーの強敵がいますが
なんとか健闘してほしいものです。
せっかくの若い監督デビューなのですから。

気がつくと3連休。
自分も観に行きたいのですが
混んでいるんだろうな~とか言っています。
まったくね~
 

夏目友人帳:WFにでもと…

100719ワンフェス1

今度の7/25にガレージキットの祭典
「Wonder Festival2010[Summer]が
開催されます。

良くも悪くもいろいろ報道されていたりするので
ご存知の方も多いのでは、

昔のキャラクター商品って子供向けであったり
安全上の理由でキチンとカッコいいものが欲しいなと
思っていた方々には不満がありました。
造形素材の発達で手軽に作れるようになると
お手製の作品も量産できるようになり
自宅でキット製造「ガレージキット」という
ジャンルが出来上がったんだと思います。

そんなキットも個人から大きなメーカーまで
沢山の商品がうまれたのですが
一時期のフィギュアブームや食玩ブームを経て
今も形を変えながら続いている
一番大規模な老舗フェスが
「ワンダーフェスティバル」だと思います。

自分は晴海会場のときに何度かいったくらいで
しばらくこういうフェスに
出掛けることもなくなりました。

一時期「もう作る物がなくなった」といわれたくらいの
転換期もあったようですが
最近は作家さんのアレンジされたキャラものや
オリジナル作品も広く受け入れられているようです。

模型店の看板を掲げている当ブログですが
最近は製作すら紹介できないでいます。
なんとも悩ましいところですが
ふとこういうフェスに参加するのも
なにかお勉強になるかなと思い始めました。

なのでまだ考えているだけですが
次回の2010冬にでも参加できたらと考えています。
無謀でしょうか。

なにを売るのかというと
もちろん!

091003ニャンコ先生3

数少ない完成品?ニャンコ先生ぬいぐるみです。

これを20匹くらい作って参加できたらな~とか
妄想しています。

こういう催しには全く参加したこともなく
極度の人見知りなのですが大丈夫でしょうか。

キチンと版権審査があったり
それなりの料金もかかりますが
これも楽しいことなのか?
お墨付きをいたがけるのが目的であったりします。

まずは会場に足を運んでいただき
購入いただける方々がいらっしゃるかどうか?
大変心配です。

まだまだ妄想段階で、ニヤニヤしているだけですが。

こんなに大変だよ!こんなに楽しいよ!とか
アドバイスがいただけましたら大変ありがたいです。
ほしい!というコメントをいただける方が
いらっしゃりましたら大変励みになります。

さてどうなることやら。

今度のワンフェスとは全然関係ない記事ですみません。
 

テディベア?:ちょっと作ってみます。第4回

梅雨もあけたら良い天気が続いています。
刺すような日差しですが
風が案外心地よい。

とか言いながらエアコンの効いた部屋に
こもりっきりですが。

連休だということももまぎわに気づいたので
嬉しいのか悲しいのか。

ボ~としていましたら
なにもしないうちにお休みも終わりそうです。

いかんいかんと作業をしてみました。

010719ぬいぐるみ1

買い物もしてきました。
今回は手芸店でなくて100均ショップで
ご覧のフェルトを購入。もちろん100円(105円)。

いままでボロのワイシャツを使っていたのですが
フェルトの方がしっかりしているし
なによりほつれないのが良いのです。

フェルトとしては質が良いとはいえませんし
色もあまり種類がありませんが
64cm角の大きさ。たっぷりです。
とりあえずの焦げ茶とベージュ。

さっそく型紙作りにかかります。

前に作っていたスポンジ検討用の原型に
おおざっぱに切ったフェルトをあてて
縫い合わせ部分にあわせて切り取り
包んでいきます。

これが案外楽しい。
シワができないように
裁断面を工夫していると熱中します。
やりすぎると縫うのが難しくなりますので
ほどほども大事なのですが。

100719ぬいぐるみ2

ほとんど包み終わりました。
パーマンのコピーロボットみたいですが。

この方法だと立体感はつかめますが
ここでできた型紙が完成という訳でないのが
難しいところ。
そのまま作ると一回り大きいデブになります。
修正がかなり必要となります。
生地にもよるのですが
一度これで作ってワタを詰めてみます。

100719ぬいぐるみ3

フェルトを外して並べてみました。
うんざりするほどのパーツ数。

これを元に焦げ茶の生地で作っていきます。
どうなることやら。
 

テディベア?:ちょっと作ってみます。第5回

100721ぬいぐるみ1

連休中はずっと冷房のきいたお部屋に
こもりっきりでした。

なんどか買い物に出掛けようとも思いましたが
家の中の物でなんとかすんだり…。

「アリエッティ」でもと思いましたが
うまい時間に席の予約ができず
まあ、評判聞いて来週かなとか…。

すっかりクマのぬいぐるみの作業も進みました。

これも老化のひとつでしょうか、
なかなか製作にかかる気力が続きません。
休み休みでなかなか進みません。
ムリヤリ体にやらせている感じ。
気持ちは瞬発力があるのですが
体がついていきません。

でも調子に乗ってくると
今まで上り坂を走っていたのに
急に坂道をくだる機関車のように
スイスイ進むこともあり
逆に制御しないと雑になったりしますので
注意も必要。
こういうことも長年繰り返すことによる
熟練も必要なのでしょうか。

100721ぬいぐるみ2

前回できた型紙をたよりに
焦げ茶のフェルトを切り出します。
ここもやる気がおきず、まとめて切れば良い物を
ちびちび部分ごと切って縫ったりしています。
これがいけないのだなと思っておりますが
まあ、趣味なのでこれも良いかと。
しかし、嫌になって途中で
止めてしまうことのないよう
自分にムチ打つことも。

口の部分はいろいろ検討しましたが
最初の型紙にしました。
口もとが突然飛び出しているデザインなので
独自に綿が詰められるようフタをしています。
(なので写真では口だけ綿が入っています。)

ここまでくるのにどれだけ自分にムチを入れたか。

早速、体に綿を詰めていきます。

うさぎのロビーとちがい、パーツことの
接合面が広いので綿詰めはそんなに難しくありません。
しかし身長が30cmとちょっと大きいので
綿が入る入る。本当はもうちょっとギューギューに
詰めたかったのですが、テストなのでそこそこに。

100721ぬいぐるみ3

本来ならばジョイントを使用して
首や手足が動かせるのですが
テストということで縫い合わせています。
首が広がりそうだったのでニャンコ先生用の首輪で
縛ってあります。

腕は仮でボタンで止めてみます。

ボタンは引退したL.L.Beanのフィールドコートのもの。
雰囲気のよい表面処理でロゴとか入っているのですが
年式や型番によってボタンも違ってきます。
昔の方がシンプルでツルンとしていたような。
新しいものほど古っぽくなるのはナゼかしら?

ボタンに糸を通して腕と胴体を長い針で通し
反対も腕をボタンで止めます。

100721ぬいぐるみ4

だいたいこんな感じ。
なんかやる気のないポーズですね。

もとのスポンジ型よりやはり一回り大きくなっていますが
デザイン画には近い感じ?

あんがい存在感があります。なにかが宿ったか?

100721ぬいぐるみ5

気をよくして鼻クチを刺繍して
目を仮に紙で書いて貼ってみました。

モグラくん?ペンギンくん?
耳を付け忘れていました。


ーーーー
ちょっと駆け足で進めましたが
この型紙とかをもとにモヘアの検討に入ります。
今週末は「日本テディベアwith Friends コンベンション」が
開催されます。これももの凄い数のクマたちが
展示されているのだろ~なぁ。楽しみです。
モヘアショップも出店しているのでしょうか。

なかなか大きいサイズで生地を
観ることもできないので
これを機会に購入したいものですが
大変な混雑なのでしょうか?
ちょっと行ってみてくるかな。
 

ワンピース サウザンドサニー号をつくるぞ?

連休も終わりガックリ。

学生さんたちは夏休みの話題もちらほら。
宿題は早めに終わらせて遊びまくりましょう。

最近サニー号のペーパークラフトで
検索をいただいています。

ネットを巡ると沢山のペーパークラフトの
型紙がみつかります。
ほとんど無料でダウンロードできるものが
多いのですが、ことキャラクター物となると
権利問題とかあってせっかく作っても
公開できないところもしばしば。

そしたら発見しました。

100720サニー号

ペーパークラフト サウザンドサニー号

いつから上がっていたのでしょうか。
灯台もとくらしです。

東映アニメーション ワンピース公式サイトの
スペシャルのところからダウンロードできます。
(会員登録が必要です無料。)

結構細かい造り。
ほぼ食玩サニー号と同じ大きさでしょうか?
自分で出力なので拡大すれば実物大も可能か?

早速登録してダウンロード。
夏休みの工作にピッタリです。

でも作っている気力がまだありません。
いずれ帆船模型でのチャレンジのときの参考に
させていただくといたします。

また、いつになることやら…。
 

バック トゥ ザ フューチャーのデロリアン1

暑いなんてもんじゃなく熱い!!

といっても室内にいる分は冷房が
効いているので快適なのですが
食事や打ち合わせ等での外出すると
忍耐な感じで無言で(ブツブツいっているかも)
歩きます。これは雪中行軍と同じか?
暑くても寒くても同じです。

まだまだ暑くなるぞ!!と自分に言い聞かせて…。

今回はこの時期デロリアンです。
別に書く事がないわけでもないわけではないのですが…。

100722デロリアン

BTFタイムマシン ナンバープレート
DVDBOXおまけ

車については前にも何回か書きました。

プラモのデロリアン前記事

エメットブラウン博士、開発・製造のタイムマシン
デロリアンのナンバープレートです。
(フォン ブラウンとの噂も…。ロケット?)

劇中ではテストの段階で最初に
クルクル脱落してしまうのですが
85年時型のものです。
これが欲しくてDVDBOXを買ってしまいました。
ちゃんと車検シールも別になっています。

この映画で活躍するデロリアンは大好きな
劇中車のひとつです。

公開当時はあまりおもちゃは見かけなかったので
自分で作ろうとしたくらい。
映画を観る前から製作していたような
結局完成しないまま
決定版のミニカーの発売で諦め
捨ててしまったようです。
今観たら笑っちゃうくらいヘタでしょうけど。

2、3と公開されると関連商品とかも
多数発売されてきました。
ユニバーサルスタジオも日本にできたので
そのへんのお土産ものも店頭にあったのかも。

デロリアンは沢山買わせていただきました。
またおいおい紹介させていただくことも
あるかもしれません。

そのときは「あっ、これだな」と
やさしくお見守りください。

キャラウィール版の前記事
最近デロリアンIIIというのを部屋から発掘しました。

ーーーーー
タイムマシンがあったとして皆様は
過去か未来のどちらに行きたいですか?

自分は「時間よ止まれ」と思う事はよくあります。
疲れているのですかね…。
  

バック トゥ ザ フューチャーのデロリアン2

またまた始まりました。

最近はテーマが決まると続けてしまいます。
これも、なかなか仕事が忙しくなっているいる
せいなので、しばらくお許しを。

今日もデロリアンです。

100723デロリアン1

BACK TO THE FUTURE The TIME MACHINE
デロリアンのミニカー大小
  メーカー不詳

まだキチンとしたミニカーが発売される前に
売っていたミニカーです。
お世辞にも出来はよいとは言えません。
塗装もなくて金属地そのままという感じの銀塗装。
キチンと塗ってみろといわんばかりです。

100723デロリアン2

ブリスターから出せない性分なので
観にくくてすみません。
特徴はよくでていると思います。

100723デロリアン3

形は未来で改造タイプ。
小さい方はキチンとバーコードプレートが
再現されています。
大きい方は忘れたのか?

大きい方は後ろに意味不明なスリット穴が
沢山空いています。
もしや火花とかでるのでしょうか?
開けてないのでわかりません。(説明もないし)

これは原宿の大きなおもちゃ屋さんで購入したらしい。
当時はアメトイブーム。
現地のバイヤーさんが売り込みに
来ていたのかもしれません。
もしかして現地買い付け?
そんな時代も懐かしい。

100723デロリアン4

裏面は共通です。

If you're going to build a time machine into a car,
why not do it with some style?

ブラウン博士の設計図が印刷されています。
昔ムック本に図面みたいなのが載っていました。
たぶん、劇中の小道具の適当なものだったようでしたが
この図面は正確そうです。

気がつくと右下に現地の値札が。
ユニバーサルスタジオのお土産らしいです。
こんな値札もそのまま売っていた良い時代でした。

これを見かけて、
あぁまたユニバーサルスタジオ行きたいな~とか
思いましたよ。西海岸のとこね。

ーーーーーー
原宿のおもちゃ屋さんはビルの建て替えのため
しばらく規模を小さくして仮店舗で営業なさるとか。
壊される前に一度行っておきたいもの。
エレベーターの遅さにちょっとイライラしたことも。
また思い出のお店が変わってしまうのは
ちょっぴり寂しかったりします。
 

バック トゥ ザ フューチャーのデロリアン3

100724デロリアン1

今日はテデベアのコンベンションの日。
これから暑いところ外出してきます。
明日にでも紹介できたらと思います。

本日もまたまたデロリアン。

よほど好きだったのか
作っていたものが完成しなかったトラウマか。
たくさん持っていました。(すでに過去形?)

今回はひとつの決定版といえる
ミニカーのご紹介。

100724デロリアン2

1/18 BACK TO THE FUTURE:TIME MACHINE
(パートI Ver.)
  Sun Star 社製

アオシマ社のプラモデルを完成?して
楽しんでいたら、どうやらデロリアンの
デカいミニカーが発売されるらしいと聞きました。
そのときはノーマルのデロリアンDMC-12で
しかもゴールド!
そのうちキチンとBTTF版で発売するにちがいないと
思っていたらちゃんと発売してくれました。

やはり1/18は大きい。迫力があります。
しかもダイキャストボディに
質感十分なステンレス風仕上げ。

造りが大雑把なところがあったり
ヘッドライトのとりつけダボの影響で
黒い点があったりしますが
大満足の商品でした。

100724デロリアン3

100724デロリアン4

ちゃんとガルウィングのドアも開くし
ボンネットも中を観ることができます。
下着と帰りのプルトニュームを忘れずに。

100724デロリアン5

特にこのくらいの大きさで昔製作していたので
それが完成したくらいに喜びもありました。

100724デロリアン6

室内もそこそこ雰囲気があります。
このバージョンはダッシュボードに
目覚まし時計を置きたいところ。

100724デロリアン7

後部のメカメカもなにか足りないような気もしますが
キチンと出来ています。
どうも色分けされたカラフルさが今イチ馴染んでいないように
感じてしまうのですがこんなものでしょうか。

このミニカーの発売ですっかりの大満足。
そのあとにビテス社のものとか1/24のとか
多数発売されましたが買うこともなく止まっています。
(ほんとうはまだ買ってあったのですが)


100724デロリアン8

1/18 BACK TO THE FUTURE:TIME MACHINE
(パートII Ver.)
  Sun Star 社製

こちらは続編で活躍した未来改造タイプ。
底のレバーで車輪が飛行モードに変形します。

100724デロリアン9

なんと!ナンバープレートが現代タイプのままです。
たしかオレンジ地色のバーコードだったような。
まあ、過去未来にいくのでスパイカーみたいに
くるくると回って変わるようになっている設定だと
自分に言い聞かせます。
前のタイプも劇中で最初に取れたのだから
本来は付いていないはず?

100724デロリアン10

100724デロリアン11

後ろもメカも未来仕様で特徴的な
コーヒーミルが付いたところも再現。

他のシリーズで
パートIIIのホワイトリボンタイヤを付けた
発掘修復版や線路用に改造したものなどが
発売されていました。

自分的にはデロリアンのカッコいいところは
パートIIくらいまでかなと思い
購入していません。だって高額なんだもの。

すっかり満足してデロリアンのコレクションも
終わりかと思っていたら、まだまだあったのです。
これもそのうちに。
 

テディベアコンベンションに行ってきました。

あいかわらず暑い日々です。

本日は「第18回日本テディベアwith Friends
コンベンション」
に行ってきました。
国際フォーラムで開催。
初めての会場です。

100725テディベア1

目的は数多くのベアを拝見させていただき
お勉強させていただくのと
製作中のベア用の生地を購入してみようかと
思っていました。

100725テディベア2

徹夜行列もできるようで
ちょっと時間をずらして行ったのですが
この盛況ぶり。
思ったほど大きい会場でないのが
観やすくてよかったです。
(デザインフェスタは多すぎでした)

100725テディベア3

いきなり入り口に人間大のベア達。
盛り上がりますな。

100725テディベア4

会場ではコンテストも開かれ
沢山展示されていて
人気投票とかもあり
審査されている方々は真剣でありながら笑顔。
愛らしいベアや動物達のせいでしょうか。

ポスターのベアはグランプリ受賞作品とか
うとうと眠そうなベアに見とれてしまいます。
次回はどれがポスターになるのでしょうか?

100725テディベア5

会場には観きれないくらい沢山の作品が。
それぞれに
「カワイイでしょ!」
「お家につれていって!」オーラがバンバン出ていて
気持ちを押さえるのが大変でした。
やはり人気の作品はもう売れ切れなのだろうけれど。

100725テディベア6

材料を売っているお店も出店していて
通販とかでしか手に入らない生地なども
手で触れて買えるというのも、またとない機会。

今回の戦利品です。
細かい糸とかジョイントとかも
ちゃんとメモしておけばここで買えたのにと
自分の用意の悪さに情けない思いです。

今回はおうど色の生地を選択。ヒグマでしょうか?
しかし割引があっても、これで1万円近くします。
なんとも材料費のかかる趣味ですね。
作品が高い!とか、とてもいえません。

なんとなくベアが1色のモヘアで作られている理由が
なんとなくわかるような気がします。

自分のはお腹が白いので余分に材料が掛かるのです。

観れば観るほど別れが辛くなるコンベンションでした。
特に当たり前ですがベアの充実ぶりに感動しました。

帰りに銀座に出掛け手芸屋さんで綿を購入。

100725テディベア7

綿にもいろんな特性があって
ここで売っている徳用綿が案外使いやすかったりします。
特にカチカチ系のベアには詰めやすい性質。

他のもので柔らか系もあって、
これをカチカチにしようと
沢山詰めてギューギューにしても
フワフワなんて綿もあります。

これはこれで大変よい性質なので
適材適所で使いたいところ。

ただ外見だけではどんな綿か
解らないところが難しいところです。

ちょうど半額セールでした。
思わず倍の数購入してしまいました。
もう1匹つくれそうです。

さあ!初めての高級モヘアでの製作。
実はモヘアならではのHow toを
知らなかったりします。
ネットで調べてみることに。
失敗したら泣けますものね。
 
製作始めたら紹介しますね。
 

夏目友人帳:WFにでもと…2回目

昨日は「WF2010Summer」が開催されていました。
無事に終了したのでしょうか。
自分は行けなかったのですが
来月の模型雑誌にでも紹介されるでしょう。
楽しみです。

毎月25日くらいは、その模型雑誌の発売日。
毎回立ち読みですませているのですが
今回は思わず購入してしまいました。

100726ワンフェス2011

昨日のWFに参加された方はご存知かと思いますが
雑誌の広告がいつものように、もう始まっているフェスの
告知かなとおもったら
もう次回の日程が決まったようです。2011年の2月6日!
ほほう予定通りだなと思ったら
ディーラー参加書類送付受付締め切りが
8月の4日(必着)とな!

なんか早すぎる展開。
とりあえず80円切手を5枚も送って
マニュアル書類を取り寄せなくてはいけないよう。
正式な参加申し込みも16日(必着)とか。

この「必着」がすごいプレッシャーなのですが
まずは明日にでも切手を送ってみます。

なんか凄いディーラー様ばかりの中で
ちょっと失礼でないかというような
ニャンコ先生の販売。しかも「ぬいぐるみ」だし。

参加の許可すらいただけないかもとか
ビクビクです。

そういえば会場は「ビックサイト」かと思ったら
「幕張メッセ」に変わっていました。(今更
例の事故から変更になったみたいですが
幕張かぁ~ ちょっと遠ぉ~いな~とか
またおっさんがブツブツ言っています。
 

バック トゥ ザ フューチャーのデロリアン4

またまたデロリアンです。

今回はちょっとリアル路線とは違うもの。

100726デロリアン1

DOC'BROWN'S TIME MACHINE  PLACO社製

まったくのオモチャっぽいおもちゃです。
ちょっと大きめなので購入しました。
箱絵にアニメ風キャラが描かれています。
アニメ版もあったのでしょうか?

100726デロリアン2

100726デロリアン3

とくに拘るほどの作り込みではありません。
アクションフィギュアのビークル的な仕上げ。

しかしこのデロリアンのスゴイところは
電池をいれて動きだしてから。

けたたましいサウンドとライトアップ
ユラユラ走るミステリーアクション。
それとちょっぴり空中に浮かぶ?ことでしょうか。

100726デロリアン4

本編とはまったくイメージが違うのですが
おもちゃが本来持っている夢中になる楽しさが
満載なのです。

ちょっとグダグダですが動画もありました。



もうちょっと暗くなってからのほうが
ライトアップもキレイですし
ほんとはもうちょっと回転します。

音が凄いね。光線銃をうちまくっている感じ。

いろいろ購入していますが
おもちゃって本来こういうものなのでしょうね。
心があらわれます。

ーーーーーー
あと5年もするとパートIIの設定時代になります。
映画公開当時はこんな未来のイメージだったのでしょうか。
ちょっと明るいような暗いような。

良くSF映画での未来が、時間がたち
現実時間が追い越してしまうことがあります。
振り返ると劇中にあったようなことはなく
そんなに変わっていません。
でも当時って、こんなことも実現しているよな~てな
ことが漠然と受け入れられたことも事実。
当然、車は空を飛んでいないのですが
あの時は当然飛んでいるだろうとか思っていましたもん。

なんとなくこれでいいのか?と思ってしまう
今日この頃。

80’sはきているようですが…。
 

テディベア?:ちょっと作ってみます。第6回

100725テディベア6

この前の土曜日にテディベアのコンベンションに
行って来た記事を書きました。 前記事

生地は揃ったのですが、細かいパーツを
まだまだ揃えなくてはいけません。
ジョイントとか?

前にお邪魔した目黒のぬいぐるみショップ様も
コンベンションに出店されていまして 前記事
30%OFFセールの開催しているとの
チラシをいただきました。
グッドタイミングということで
休日出勤の前に伺いました。

そこでの買い物、

100727テディベア

やたらとデカいジョイント(首用)と
手足用ジョイント。
それと割引なので工具も2点ほと。

●カッターキーレンチ
今まではラジオペンチで丸めていましたが
割りピンがなかなか硬くて
何本かペンチの先を変形させてしまいました。
今回はより大きなジョイントなので
やはり専用工具を使った方がよいかと購入。

●スタッフィングスティック
T字の木の棒です。ワタを詰める時に使います。
これまた今までは割り箸を使っていたのですが
ちゃんとした物をこの機会にと…。

かなり買ったのにやはり3割引。お得です。
あと糸とかも買ったのですが
これまた高級そうなハンガリー製!?でした。
いったい元はいくらだったのか?

材料も揃いましたし作る始めるといたします。

100mmのジョイントって円盤がワタの圧力にまけて
反ってこないか心配ですが。

ーーーーー
日曜に「トイストーリー2」を放映していました。
エイリアンの後頭部がこのクマにそっくりだったり
今度のガンダムメカで新登場の「クマッガイ」も
案外参考になるフォルムかと…。(クマ+アッガイ)
完全オリジナルのつもりでしたが
知らぬ間に影響されているのかもしれません。
(そういえばZガンダムの中で
ボリノークマサーン(森のクマさん)
という名前のMSがいました)
 
足の処理がまだ決まっていません。
検討してみます。(アッガイ風に?)

追記ーーーーー
クマッガイかと思たらベアッガイ(GP8-04B)
ちゃんと1/144のガンプラも発売らしい。
実際は1/1なのか?
「模型戦士ガンプラ ビルダーズ ビギニングG」という
アニメがBS11で放映らしいです。
そういえばガンプラ30周年なのですね。
あの300円のガンダムとザクを作った記憶が
走馬灯のようです。実家では放映が遅れたので
誰も知らなかったりしていました。

30th公式HP
http://www.gunpla30th.net/

ベアッガイも載っているよ!
 
 

テディベア?:ちょっと作ってみます。第7回

めずらしく製作ものがつづいています。
単に細かく紹介しているだけで
そんなに進んでいませんが。

100728テディベア

材料が揃うと早く作りたくて
とりあえず頭から作り始めてしまいました。

首が回転するようジョイントを入れるので
頭だけでパーツとして完結できます。

早速、生地を切り出します。
毛を切らないよう地も布のみ
切るように注意します。

毛なみの方向とかもありますので
考えていたのですが
早々、逆にカットして失敗してしまう始末。
生地が足りなくならないか心配です。

今回は手縫いで進めています。

とりあえず口の部分のベージュの生地を
縫ってみました。2本どりで半返し縫い。
かなり力をいれて縫っていきます。
出来たら裏返してワタを先に詰めて様子見。

前回製作した「旅うさぎのロビー」は
日本画を描いているような感じでしたが
今回のモヘアはまるで油絵のようです。
(この例えはわかりづらいですね。)

毛があるので縫い目は解らなくなりますし
ワタをギューギューに詰めるとシワもできずに
大変良い使い心地。
コンベンションで拝見した
ベアみたいにカンカンになるし…

やはり専用素材って凄いと思います。
なんか一針一針魂が込められるって感じです。

ただ、仕上がりはワタを詰めてみないとわかりません。
ちと不安。それとジョイントのデカい円盤を
どのタイミングで中に仕込むか考え中です。

どおしたものか…。

口はモヘアにしてみましたが
いっしょに買ったスェードにすべき?

未だに悩み中。
  

お散歩日記27:夏祭り

100730祭り1

毎日暑い日々が続いています。
今日は雨でしたが
こんな日は案外過ごしやすいですね。

シーズン真っただ中なのでしょうか
あちこちで花火やお祭りが開催されています。

自分の立回り先でも何件かお祭りが開催されたり
どこからか戦争か?というようなドンドン花火が
打ち上がった音だけしているときがあります。

100730祭り2

この前、うちの近所の神社でも盆踊り大会?が
開かれていました。
あの露神様と撮影会をした神社です。

小さい敷地なのですが小さいなりにキチンと
櫓が組まれ提灯がきれいです。

音頭に合わせて踊る方々。
太鼓を叩く方がノリノリです。

小さい祭りですがちゃんと露天もでています。
5軒だけですが…。
それでも「たこ焼き」「チョコバナナ?」
「かき氷」「スーパーボールすくい?」
そしてニャンコ先生も大好きなイカ入りの
「やきそば」どのくらいイカ入っているのでしょうか。

金魚すくいがスーパーボールになったのか?
要所は押さえられているようです。

100730祭り3

去年よりお店の数が減ったのでしょうか?

こういう露天を商いにされている方々は
こうしてあちこちで開催されているお祭りを
渡り歩いているのでしょうね。
1年中お祭りです。
それなりに大変なのでしょうが
ある意味特殊な職業も
また楽しいこともあるのでしょうね。
祭り好きにはたまらないでしょう。
ちょっぴり憧れます。

今は学校とかで盆踊りなんて習うのでしょうか。

お祭りってなんか独特の楽しさ華やかさの中に
ちょっぴり寂しかったり、残念だったり
昔のこととか思い出したりして
自分としては近付き難い
そんな時間空間であったりします。
 
ーーーーー
実はニャンコ先生も連れて行ったのですが
恥ずかしくて取り出して
いっしょに撮影することができませんでした。

まだまだ心の修行が足りないようです。
 

Appendix

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

広告

Extra

プロフィール

雅太郎1号

Author:雅太郎1号
作るの好きなくせに
絶対完成しない人。
やればできる子。

最近はテディベア製作で
フェスに参加しています。
機会がありましたら
お声掛けください。

メリー号制作記は
カテゴリの「ワンピース2」から

ストーム・マシーンの
ロビー製作は「SMG」。

ニャンコ先生とか
その他もジャンルいろいろ。
まとまりがありません。

最近検索の多い
「ハレパネ貼り方」は
カテゴリの「工作」から
参考になれば幸いです。
 

カレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリ

柊 (15)
SMG (53)

FC2カウンター