Entries

ワンピース ゴーイングメリー号をつくるぞ! その25

最近の天気はなんなんでしょう。

買い物とかバイクで移動している自分は
晴れた暑い時期に出たつもりでも、帰りは
いつもずぶ濡れです。尋常でないくらいドロドロ。

トロピカルなお天気模様に翻弄されてます。

週末はあいかわらず制作に没頭。
良いストレス解消です。

先週は舵部分が出来上がり
柿渋を塗っていました。

080902メリー1

こんな感じです。金具っぽいパーツも付けました。
船尾の板を貼るガイドを両サイドつけて
舵を取り付けるスペースも作りました。

ここから本体の板貼りです。

080902メリー2

5mm×1.5mmのチーク材をヨコに貼っていきます。
途中で舵ぶん間をあけて左右に。
後で切り揃えるのでちょっと長めに適当に。

このチーク材は木目の模様があり
特徴の黒い部分は避けるようにしていますが
これが大変。
選びだすと使える材料が限られてきます。
機械での製材で正確なのですが
仕上げが荒く使えないものもあります。
キズをヤスリで削ると薄くなったりして。
どうしましょ。

まぁなんとか貼り終わり
図面のとおり切り揃えました。

プラモと違う、部分的に出来ていく不思議。
ようやく後ろの形が出来上がりました。

板の角は軽く削りパネルラインを出してます。

ここが出来たらようやく側面の板貼り?
その前に甲板貼ります。フ~
疲れます。慣れないからか。
失敗も多くやり直しもしています。

知識、やり方を知っていても
実作業は熟練が必要です。
修行がたりませんな。

つづく 板が足りないテンション80

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

友人の進めで「トラビアン」初めました。
この手は初めてなので
なにが起るか予想つかず。
近くにいらしたらよろしく。
のんびりポチっとクリックしてます。
 
スポンサーサイト

ワンピース ゴーイングメリー号をつくるぞ! その26

おかげ様でコミックは最新刊まで読み終わりました。

また仲間が…とは。サニー号はなんか
描き方をみると、見えないメーカーの意図を感じます。
そのわりに決定版商品がないのはなぜ?
プレミアのくじ賞品と食玩くらい?
大人の事情でしょうか。
現状ワンピースってどう受け止められているのか
最初の小学生は社会人くらいになっていますが。

とにかく、たいへんたいへん
楽しませていただきました。
貸していただいたスタッフには大感謝。
今こうしてブログを始めているのも
きっかけはワンピのコミックでした。フ~

さっそくつづきです。
今回は甲板の板貼りです。
なぜここを貼ってしまうかというと
甲板端っこと、側面内側のあわせ易さと貼り易さ
優先した結果と、単に違う木材を
使ってみたかったこと。飽きないような対策です。

甲板板の貼り方にはいろいろあるようです。
途中のつなぎめの位置をどうもっていくか。
図があるとわかりやすいのですが忘れていました。
画像が出来たらこの記事を編集差し替えしておきます。

で今回は素材があまり選べずスプルス材(洋松?)
まさ目のキレイな肌色の木です。
ちょっと柔らかい。素材が上品すぎます。

サイズも幅6mmしかなく、ほんとは5とか4mmくらいが
欲しかったのですが。いまさらのオーバースケール。
仕方なし。つなぎ目も互い違いとか考えたのですが

080903メリ-2

こんな作業もいたしました。
甲板の木の合わせ目にはタールが詰めてあり
防水しているようです。これを再現するため
間にこの黒紙をはさみ接着します。

でもやってみたら、ただの黒い線。
わざとらしいのでやめました。

この紙を買うために渋谷のDIYショップへ閉店まぎわ。
夜中になったので近所で調達できないという理由から。
一枚21円。一枚でよかったのですが2枚にしました。
レジで痛まないように厚紙を入れてくれてくれました。
申し訳ない。その厚紙のコストは?黒紙より高そう。
「手提げにいれますか」とも聞かれました。
この買い物で利益はでるのでしょうか?
手提げ袋はことわりましたが…。
帰りは雨に降られバイクともどもずぶ濡れ。
でもこの黒紙使うのやめたんだよね。なんとも。

長くなりました。

080903メリー1

真ん中一本のつなぎ目はアニメ設定から。
構造的に意味があるような気がします。
真ん中から右、左と貼って行きます。
前後で分けて貼ってますが一気にはって
まとめて切れ目を入れるくらいでもよいかも。
エッジも削ってラインを出してます。

乾いたら男部屋の入り口を剥がし残ったチーク材で
枠を張り込み、また中をスプルス材で埋めます。
ここは半分につないでいないのがミソ。(ポイント)
つぎにピンバイスで穴をあけ爪楊枝にボンドを付け
差し込みます。甲板のクギの表現なのですが
しなくてもよかったかも。
できたら全体が平坦になるように削ります。

こんなことで甲板Aが出来上がりました。

080903めり-3

いよいよ側面の板貼りか!?

つづく  楊枝は失敗?テンション75
 

ワンピース ゴーイングメリー号をつくるぞ! その27

このところガンガン作っているようですが
実は週末作業。写真を撮るヒマもなくて…。
おかげで関係ないモノの紹介ができずにいます。

管理人は読んでくれている方が
どういう検索キーワードでこのブログに
来てくれているのかわかるようになっています。

良いブログを作るときの非常に参考になるのですが
たとえば「ハレパネ 貼り方」で観てくれている方が
いらっしゃいます。貼り方はどこか他のHPなどで
解決したでしょうか。ちょっと心配になります。

また来てくれることはないかもしれませんが、
いつか自己流ですがなんとか
ご要望に答えたいとおもっています。
ハレパネもいろいろ楽しい素材ですしね。

 追記 なんとかアップできました。
    カテゴリの「工作」をクリック。
    参考にしていただけたらうれしいです。



本日は黒紙を買いにいったときに
仕入れたモノ。

080904ワックス

手作り自然塗料 フルーティな天然ワックス
木を貼る作業をして表面にヤスリをかけると
表面が白っぽくなりボケてしまいます。
さらに磨きあげれば良いとは思うのですが
保護も含めなにかいいものはないか探しています。
単純にアクリルニスを塗ってしまうのも
つまらないので自然な風合いに仕上がる伝統的な
ものをちょっと勉強したいのです。

柿渋もそのひとつですが
木材の表面仕上げ材も沢山あるようです。
くわしくは「林ケミカル」様他のHPなどで…。

よくあるのがオイル仕上げというもの。
オイルもいろいろあるようですが
自分のクルミ材のコーヒーテーブル
(ミルのときの下に写っていたの)
には一般的な亜麻仁油を塗っています。
油画に使うリンシードオイルです。
安くするためホルベインのそのまま使用。ダメ?
染み込んで柔らかく保護するようですが
濡れたように木材の色味が変わります。
これがちょっと困りもの。色を変えずに
しっとり仕上げはないかと今回のワックスです。
見本では色の変化はあまりない様子。

手作り感を出すために
わざわざ別々にビンに入っていたりします。
その分、小量なのに割高感はありますが
配合割合を知ってしまえば、
また作ることができます。これも授業料と思って…。

基本は蜜蝋と高いクルミオイルの混合のようです。
湯煎しながら混ぜるだけ。
どうなるか楽しみ。船完成しなくては使えません。
フルーティな香料はいらないでしょう。
それともすごい臭いがするの?

バイオリンやギターに使う虫成分のニスも
なにかに使ってみたいな。

他には

080904飾り台

こんなモノまで。気が早すぎです。
毎日、柿渋を塗っていますか。
やはり完成しないと使いません。

早いとこ作りましょう。

つづく 先走りのテンション80
 

ワンピース ゴーイングメリー号をつくるぞ! その28

今、デジカメ買おうか真剣に悩んでいます。
新製品がちらほら発売されていて
前のモデルがほんとに安くなっているのです。
もう性能はほとんど変わらずなので前ので問題なし。
でも早くしないと売れ切れたり、
色を選べない状況。

高性能を安く買うか、簡単のをより安く買うか
悩みどころ。ポイント制が悩ましい、
結局メディア買うしケースも欲しいしね。
精密電子機械は一生モノにはならないので
気軽に選びたいところですが。
週末ひやかしに行ってきますか…。


メリー号の作業も進めています。

考えてサイドの鉄帯はプラバンで作ることに。
1.5mm厚だと比重がありすぎて重いし
加工も大変。薄いものは難しそうだし、
細かいことも出来なさそう。ってことで。

080905メリー

プラバン買ってきました。
100円とか200円くらいと思っていたら
1.5mmくらいから急に高くなり1枚600円!
小さいガンプラが2個買えます。
こんなに高かったっけな。原油高騰?
1mmと0.5mmにすればよかったと後悔。

さっそく基準となるプラバンを貼る事に。
まず黒紙のとき入れてもらった厚紙を
フレームに合わせて切り、型紙とします。
このへんは実物あわせ。
後ろから途中までは真っ直ぐです。
そこから、ねじれて曲がってカーブを描きます。
慎重にあわせて切ったらかなりの曲がり方。
下面の木を貼るときも
こんなカーブになるのでしょうか?大変だ!

これを基にプラバンをカット。失敗はできません。
なにしろ600円!こびょうで仮固定しながら
合わせています。

今週はここまで。また来週末に作業いたします。
とうとう難関の船体下部の板貼りですな。
緊張します。

つづく デジカメね~テンション75
 

デジカメ買いました。

なんだかんだとグダグダしていましたが
ようやくデジカメを購入いたしました。
今までは借り物でしたので。

イヤ~悩みました。自身はじめてのデジカメですし
どんなものがよいのかさっぱりわかりません。

やはりカメラメーカーのものがヨイのか
そこそこ大きいほうがヨイのか。
高いのがヨイのか。

条件はレンズは25mm広角ズームからと
使いやすいことと、あまりオモチャっぽくないこと
そして安いこと。

当初はキャノンのIXYの広角でよいかと
思っていましたがリコーのGRの存在を知って
高級コンパクトカメラの分野を知りました。
ちょっと違うけどGXはどうでしょうと考え始め
かなり高いのですが他のが手につかない状態に

この高級コンパクト分野はこれから
他のメーカーのも、ちらほら発売してきそう。

新製品も発表され今時分が前モデルの買い時みたいで
お店にいくとGXもかなりお安くなっていたし、
独特のレンズキャップも捨てがたかったのですが
購入にいたったカメラがこれ
080908デジカメ

カメラでカメラは撮れないので外箱だけでも…。
リコーのR8デジカメです。
ちょうど後継機種のR10が発売されていました。
意外にお店は強気で
あまり安い感じではありませんでしたが
もうシルバーしか色は残っていませんでした。
カメラは機能的にブラックだろうという考えの自分は
結構探しました。できれば黒×銀のコンビがあればと…
1週間遅かったのか残念。
でも、おじさんが持つカメラっぽい色合いか。
本革ブラウンのソフトケースもポイントで購入。

GXも良かったのですがあと1万円が出なかったのです。

いろいろ見ているとなんとなく携帯のデザインと
同じような感じで、デザイン的にあまり魅力的なものが
ないのです。なんかキラキラしてて。
あと、だんだんみんな同じようなデザインに
なってきているような。これでいいのですかね。

この選択でよかったのかわかりませんが
早めに慣れてどんどん写真をアップしたいものです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

気がついたら鷲宮神社のお祭りは昨日だったのですね。
らき☆すた神輿やお祭りの画像も見ることができました。

夕方の雨は大丈夫だったのでしょうか。
お疲れさまでした。
 

ワンピース ゴーイングメリー号をつくるぞ! その29

デジカメを購入してさっそく撮影しょうと
したのですが、あんがい撮るものがありません。

今までの借りものカメラはバッテリーが
死んでいたので部屋からでれなかったのですが
これからは風景とかクルマも撮ってみよう。

それでは作業に入ります。
サイドのプラバンを貼り終わり
上下のラインと真鍮丸頭クギを打ち付けました。

080909メリー1
なんかボケボケの手ぶれ写真ですな。
これがカメラ購入1発目の写真です。

こびょうで仮止めのときに
変なところにクギを打ってしまい
パテで埋めています。
こんなことができるのもプラモ感覚ならでは。
塗装で仕上げます。どんな塗料で塗るかな。

さて、いよいよ船底部分の板貼りです。
イメージとしてはこんな感じ。

080909メリ-2

基本は5mm幅にするのですが
このようにヨコカーブになるため
9mm幅の材料で調整するつもりです。

上面を基準に合わせて1mm厚のヒノキ材を
カーブにカットして曲げくせをつけてクギで
めった打ちにします。この上にチーク材(0.5mm)を
化粧貼りするので多少汚くても大丈夫。
キチンと曲面がでることが目標です。
とはいえ少し練習も兼ねていますが。

さっそく貼って行きます。

080909メリ-3

左右交互にね。
船首のキツいところはムクのバルサ材としています。
ここまで貼れば終わりなのですが
上貼りのときは大丈夫か不安が残ります。
もうガンガン、クギで打ち付けていきます。

080909メリ-4

その前にキールの幅を広げるのを忘れていました。
1.5mm厚13mm幅のヒノキ材をセンターに
カーブをつけて貼付けます。

前回使うことにしたステンパイプは
使っていません。鍋でパスタを茹でるように
木材を突っ込んでます。この方が簡単?
やはり上に15mm幅のヒノキ材をはるので
クギでガンガンっと。

ボンドが乾いたら後ろは切りそろえます。
080909メリ-5

ようやく下3枚が貼り終わりました。
実はいままでの方法だとここくらいが限界。
真っ直ぐなようでも意外にカーブがきついのです。
板も面積の大きい方は曲がるのですがヨコ方向は
かなりきついですな。歪むぎりぎりです。
さてどうしたものか。考えます。ウ~ム

つづく 不安が的中テンション65
 

ワンピース ゴーイングメリー号をつくるぞ! その30

とうとう、このカテゴリーも30回。
100回くらいには完成したいな~。どうなる?

もっぱら週末作り続けてますが
「これでいいのか」という悩みもあり
あんまり進まない状況。

そういえばバンダイ製の「スカイクロラ」プラモ
散香とスカイリィが発売になっていたのですな。
デジカメを買っていたとき隣のお店に並んでいたのか!
お休みの日に見にいってきますか。
2重反転プロペラのギミックが楽しそう。
あんな細いところにベベルギア内蔵で反転します。
コンピューター設計のたまものか。

実物の2重プロペラってどうなの?
ギヤのパワーロスありそうだし、
機体回転を打ち消すと同じに
推進力も打ち消しそうですが…


さて、メリー号ですが
前回の不安を打開するために
ちょっと考えました。

実物の船は頭から後ろまで
1本の材木で作られていない。
そのことを考慮して板材を分割で
貼り込むことにしました。
模型としては1本のほうがキレイなのでしょうが。

ただ頭のとこだけ揃えて分割は妥協したようなので
1本を5cmの長さにしてレンガ積みのように
互い違いに貼り込むことに。

さっそくテストです。
板の貼り方は以前と同じですが長さが短いだけです。

080911メリ-1
最初の1列だけですが先頭からキレイに貼る事が
できました。この要領ですな。
とにかく下貼りは終えなくては
幅等、気にしないでとにかく埋める事に専念。
化粧貼りでキチンと貼るようにします。

これで解決か!まだセンター付近に来たときや
船尾に来たときの板の幅つめ、
中腹の膨らみ処理などどうなることやら。

やってみなくちゃ、わからない!
また週末!

つづく  解決したのか?テンション70
 

バイクのこと:モンキー生産終了!?

またまた、ちょっと遅い話題ですが…。

ビックリしました。まさかモンキー生産終了とは。

自分、ホンダモンキー50のJ型が好きで
いつか現行新車を買ってタンクとシートを
改造しようと思っていました。
タンクに貼るための
初期ウィングマークデカールも購入済み。
雑誌に簡単に交換できるJ型タイプのキットが
載っていました。今の買い物用バイクを売って
「そろそろモンキーでもいじってみますか。」と
ひさしぶりにホンダのHPへ。
フレームはシンプルに黒がいいな。
フロントサスに色がついていたっけな。
毎年凝ったカラーリングを発売していたが
今はどんな色になってる?とか
調べていたら左上に生産終了の文字が!

目を疑いました。ホンダさんやめちゃうのですね。

もう内燃機関はやめようよ。とでも言うような
年々厳しくなる排出ガス規制に
生きていけなくなったのでしょうか。

あのスペースに触媒付きのマフラーとか
インジェクションメカは厳しそうですし
シンプルが信条ですしね。

ずいぶん悲しいお知らせです。
他も見るとあのVTRやホーネット、XR400と250
フュージョンや最近出たPS250とか
スーパーカブ90、CB750とCB400SSとかね。
面白そうなバイクがすべて生産やめてます。
そんなに売れないのかバイク。残念です。

地元の模型店も死にそうなくらい減ってきて
なんとか盛り上げたいと作ることをテーマに
ブログも始めていたわけですが
バイクも大変そうです。

小排気量車はおもしろいと思うのですが
もったいない。ヤマハのSDRとかも探していたり
していたのですが、それどころじゃなさそう。

近いうちに電気モンキーで蘇るとは思うのですが
楽しみではあり、どうでもよくもあり
複雑です。これも年とった証拠なのでしょうか。

どうしょうかな。中古で遊ぶか。
メーカーさんないがしろ。

そういえばスズキのカタナのときや
マツダのRX7のときも
そんな気持ちになりました。っけな。
 

ワンピース ゴーイングメリー号をつくるぞ! その31

昨日はモンキーの生産中止で頭がいっぱいでしたが
他のメーカーはどうかと観てみましたら
またまた、大ショック!!

ヤマハのSR400が長かった歴史に
とうとう終止符をうったようです。
モンキーよりショックかも!

他にはT-MAXやホンダのライバルXJR400、
キムタクドラマで人気だったTW225とか
スポーツ50も全滅。
スズキはグラストラッカーとか。
R-1も隼もGSX-Rシリーズとか
スーパースポーツの国内仕様なんて
HPにも載っていません。(逆輸入のみ?)

恐ろしくなってきました。
買うバイクがありません。

カワサキのニンジャ250なんて
どうしたのってくらい浮いてます。
こんな時期にすばらしい。
ゼファーのときのようななにかを感じます。

来年には車種が揃うのでしょうか。
休みの日に近所のバイク屋のおやじと
世間話してこよう。心配だ!


そんなこんなで自分が心配しても
どうにもこうにも。
メリー号にかかります。

なんか疑問と不安だらけで
進まなかった板貼りも吹っ切れました。

080912メリー1

ポニョが大変だ!みたいになっていますが。
もともとの幅9mmをいかして
取り憑かれたように下板を貼ってしまいました。
ボンドとクギで速攻作業です。
最初の3枚とは丁寧さもちがいますが…。
ボンドが乾くのをまって滑らかにするため
ヤスリを掛けます。

週末は化粧板にかかります。
楽しみ。問題はないか?どぉ?

つづく バイクが心配テンション85
 

スカイ・クロラ:EXモデル

3連休でしたね。
ほとんどメリー号の作業に費やしてしまいました。
外の人との会話もなく引きこもり。
ちょっと反省しています。

スカイ・クロラのプラモが出ているということで
見に行ってきました。買っちやったけどね。

ちょうど1/48の散香マークBも発売していました。
たくさんのメーカーが戦闘機商品を発売していますが
微妙な棲み分けができていて版権元も大変です。

なんとも映画自体の評判をあまり聞かないのですが
どうなんでしょう?大丈夫でしょうか。
自分があまりテレビを観ないせいで
情報が入ってこないだけか。

お店で完成品が飾ってあるところで
彼が彼女に戦闘機の説明をしていましたが
世間は意外に観ているのかもしれません。
エンターテイメント映画でないので
拍子抜けしている人もいるかもね。

連休なのでついでに映画を観ようかとも
おもいましたが未だ観れていません。
ポニョとどっちを観にいこうか。迷いどころ。

それで買ってきました。プラモデル。

080916スカイ1

スカイリィJ2。ティーチャ機です。
それと…
080916スカイ2

散香マークBです。

このシリーズの箱絵は製品のCG処理が多いのですが
今回はいかにも飛行機プラモって感じのもの。
しかも佐竹 政夫さんのイラスト。

1/48と迷いましたが小さい方にしました。
ティーチャ機が目当てでしたので。
1/48散香も買わないと次がないとは思いつつ
ティーチャ機が発売されるようなことがあれば
また再販するような気がして…。

バンダイの戦闘機自体には
あまり期待はしていないのですが
小さい方が簡単かなって。

中身はこんな感じ
080916スカイ3

プロペラのエフェクトパーツが笑えます。
その塗装方法が説明されていますが
きっと失敗するはず。型紙を浮かすための
ワリバシの跡が絶対つきます。
むかし、戦車の迷彩塗装で細かいボカシに
綿をマスキングにと、どこかのキットに書いてあって
そのとおりやったら綿がキットに張り付いて
大変だったような記憶が。缶スプレーだったし。
気をつけましょう。
スタンドは別売(スタンドけっこう売れているようです)
なのが残念。レリーフ入りのやつがほしかったな~。

散香はこんな感じ
080916スカイ4

やたらパーツ数が多いですが
じつは2機セット。同じものがふたつ入っています。
1機でいいから安くしてほしかった。
カンナミ機とトキノ機が作れるデカール入り。

ただ今回のすごいところは同スケールのフィギュア。

080916スカイ5

リコーR8の性能をいかして接写撮影。
ちゃんとできてます。
以前宇宙戦艦ヤマトのプラモにも2~3mmの
よくできた登場人物人形が入っていましたが
その技術を生かしたものですね。
ただ、こちらに塗装する技術がありません。

そんなこんなでメリー号ができた後には
製作したいとおもいます。いつになることやら。

メリー号は化粧板を貼り始めています。
また明日にでも。
休みも終わり、会社がはじまります。
仕事があるから休みが尊いのだと
自身にムチ打つ日々。
 

ワンピース ゴーイングメリー号をつくるぞ! その32

最近ゴーイングメリー号の制作を
見守ってくれている方々がいてくれて
励みになっています。ぜひ完成までいければと…

メリー号についての情報を観ていたらなんと

すっげェ~!夢の海賊船サウザンドサニー号DX

ン?DX? なんとあの食玩サニー号が
パワーアップして再登場らしいです。しかも1BOXで!
なにがDXかというとあのライオンさんのメッキ仕上げ。
それとガイコツさんのフィギュア追加で値段も安い?
ムムム。 それと

組立式スーパーDX サウザンド・サニー号
組立式スーパーDX ゴーイング・メリー号

プライズ景品です。だいたい20cmくらいの大きさ。
ムムムム。  楽しみですな。 
詳しくはショップのHPで。

負けないように鋭意制作いたしましょう。

先週、あとのことも考えず、
勢いで下板貼りをチャチャっと終えてしまいました。
080917メリ-1
また、ポニョのピンチ!
クギを抜いてヤスリがけで表面を滑らかにしました。
どうせ仮どめならプッシュピン(画鋲)でよかったかも。

キレイにしたらこんどは0.5mmのチーク材を
この前の要領で貼り込んで行きます。

080917メリ-2

上辺のカーブにあわせてカットして貼付けます。
速乾とはいえ水性ボンドなのである程度くっ付くまで
押さえておかなくてはいけません。
カーブのキツいところは時間も掛かります。

付いたら下辺を幅5mm残してアールにカット。
これをひたすら続けます。
前面と一番太いところを5mmはばにして
何段必要か印をつけて数を数えます。
この船は15段でした。
後部は少し短いので全体の長さを計り
15で割ります。 後ろは3.6mm幅でした。
後部はまっすぐに切れて行くように貼り込むため
後にも15段の幅の印を付けて貼る目安とします。

一番上の写真にうっすら印があります。

やれやれ、意外に多いですな。
ここは丁寧に進めたいところです。

チーク材はヒノキやスプルスとくらべ
野性的といいましょうか
比較的スジのしっかりしている印象。
なので板目につられて真っ直ぐカットが難しいです。
ヤスリで削るのですがあまりうまくいかず。
あまりキレイに貼れません。ウ~ム

連休使ってこのくらい
080907メリ-3

急いでも雑になりますし
技術も向上しているとはおもいますが
なんとも素朴な感じに仕上がってます。
ヨコつなぎ目はエッジを削りラインを出して
タテつなぎ目は密着して目立たなくしてます。
こんなものかな?

でもチーク材はヤスリで磨くと脂分がでるのか
まるでロウを塗ったような風合いになります。
雰囲気は良いのですが悩みどころ。

とかいっても作業は進めてしまいます。
素朴な風合いもまた良し。

080917メリー4

三連休の成果がこれです。瞬着は使いたくないしな。
でもスピードはアップしそう。
さすが大人のホビー帆船模型。のんびりやります。

それと前の購入した飾り台に柿渋を塗ってこんな色に

080917メリ-5

画像を明るくしすぎたか。いい感じです。
1日1段。気長にね。

つづく あんまりチークって使わない?テンション70
 

模型屋さん:タミヤプラモデルファクトリー

ラジオで奥山清行さんがオリジナルスポーツカーを
発売とのことでどんなものと画像を探していたら
別のことに目を奪われてしまいました。

タミヤプラモデルファクトリーが「オヤジの聖地」に開店 9/16

メーカーの田宮模型が「オヤジの聖地」??に
模型店を開店したらしい。
オヤジの聖地とは東京の新橋なのだが。

模型店ができるのはすばらしいことです。
最近は古くからやられていた地元のお店はもとより
大きなチェーン店ですら撤退や移転縮小が多いのに。

で仕事の打ち合わせついでにのぞいてきました。

080919タミヤ

かってに写真を撮りました。宣伝するのでお許しを。

さすがタミヤだけあって上品なお店です。
お祝いのお花で店内が解りません。
平日の昼すぎなのに
意外、オヤジたちがたくさんお店にいます。
もちろんスーツで! 撮影中に2名入店。

アンテナショップの機能として
もちろん売っているのもタミヤ製品のみ
(若干の小物で別メーカー有)。
1階がプラモデルと工具材料、書籍など。
地下階はラジコン、ミニ四駆。
2階がイベントフロアで来週あたまくらいまで
田宮模型の歴史展みたいな簡単な展示をやっています。
入場は今は無料なのですが今後は3000円以上の購入で
もらえるパスポートが必要らしい?です。

メーカーのお店なので現行商品はすべて品揃えしているはず。
しかもイベント限定ぽいのダンボールにシールだけという
商品もあり、他のお店では手に入らないキットも
売っているようです。

お昼から夜10時までやっているようで
ほろ酔いおじさんもおもわず購入ということも。
しかも10%くらい割引価格だったような。

なにより、メーカー製のマスターモデルが
いつでも観れるのがすばらしい!
商品作例なので改造もなく素で勝負。なとこ。
ジオラマもすばらしい。

自分の会社も以前新橋にあり
こんなお店が当時あったら、ずいぶん助かったのに。

ただ新橋の繁華街の端っこなので
めざして行くとちょっと大変。
くわしくはHPのアクセスマップをみてください。

2階は会社も兼ねているよう。
きちんとした店員さんも社員なのでしょう。
あと本当は偏屈気難しいうるさいオヤジ店長が
いれば最高なのだが…。

ご祝儀でフィニッシングペーパー細めセットを
購入いたしました。178円 ウーム
1/12の再販オリンパス版ロータスウィングカーF1が
欲しかったのだが、またの機会に。
 

マクロスF:バンダイ1/72VF-25F

また連休ですな。
飛び石だけど。

最近はなんとなく忙しく落ち着かない日々。
祝日が恨めしいのはナゼなのだ。

先週、スカイクロラ出演の戦闘機のプラモを
買ってきましたが、今週も散財。
ポイントでギリギリ買えたことが救いか。
同じく1/72の戦闘機のプラモ。

080920vf-251

マクロス・フロンティアの主人公機VF-25Fです。
結構発売を楽しみにしていました。
発売日にいそいそとお店に出かけて購入。
タミヤのお店じゃ買わなかったのにね。売ってないし。

中身はこんな感じ

080920vf-252

先週のキットと比べてものすごく多いパーツ数。
作るのがうんざりするほど。
薄いですが大きな箱。
VF-19改以来のマクロスキットです。
あれは完全変形ではなかったけれど
今回は「完全」ということで期待も高まります。
最近のガンダムのデキをみるとワクワクです。

まだ制作にはかかれませんが(待機キットありすぎ!)
設計図をみてあれこれ空想してみます。

パーツは当然の接着剤不要でパーツも
コンピュータ設計でキチンとしたものとおもいます。
ただ残念なのは手のパーツの差し替え。
ちょっと残念です。
あと、やってほしかった車輪の格納。
イマイのVF-1はやっていたんだが。
謎のJ-1パーツとか心残りがあります。
注意書きのデカールもないしね。

とはいえ発売は嬉しいところ。
この勢いでどんどんバリエーションや
別機体のキット化をせつにお願いいたします。
これともう1個でおわっちゃいやですから。

劇中では動きが速すぎて
どんなカッコなのかわからなかったのですが
じっくり観てみたいと思います。

あぁ早く作りたい!
でもメリーが。たまには気分転換で…
いやいやメリーに集中!

そんな心変わりしそうな今日このごろ。

ワンピース ゴーイングメリー号をつくるぞ! その33

VF-25のプラモを横目で見つつ
メリー号の制作をつづけます。

なんとか船底の化粧板を貼り終えましたよ。
貼っているときはイヤになりそうでしたが
終わってしまったら手慣れてきたので
もっと貼りたい気分。

080922メリー1

竜骨の後ろ側のセンターがづれていることに
貼りながら気づきました。
写真でちょっと左に寄っています。
これも比較的正確に貼られた証拠
どのみち最後に上からもう少し幅のある
キール板を貼る予定。そのとき調節するつもり。

この勢い、上の方も貼りつけていきます。

080922メリー2

ここでは1.5mm厚のチーク材を使います。
クルクル装飾で分かれるので前後半分づつ。
フレームには木工用、プラバンには多用途接着剤を。
この多用途接着剤、成分や着く原理がよくわかりません。
そんなに速乾性ではないのですが
最近のものでしょうか?

プラバンより0.5mm内側に接着するため
薄いプラバンのかけらを専用クリップで挟みます。
どう見てもあたりまえすぎる洗濯バサミですが…。

ここで、また気づきました。
上まで貼れない! 大砲を設置しなくては!
なのでここまで。
砲門窓用にアタリラインをひいておきます。

次に前方にうつります。
ここは長い1.5mmチーク材を
大きく曲げてササッと4段貼ってしまおうと
思ったのですが大失敗。
チーク材はなかなか頑固です。
鍋につっこんで曲げグセをつけても
弾力があります。
しかも船首はすこしねじれながら曲がっているようで
おもうように貼付けられません。
一時は周辺、ボンドだらけのべたべたになりました。
どうしたものか。

またも難題です。
このあたりから設計計画が有りません。
現物合わせになってきます。

クルクルの厚みも考え中。
難関のメリー号フィギュアヘッドの
装飾柱のぬずかしいラインもどうしたものか。

大砲も作らないとな。
丸窓とか部品も注文しなくては。

結構大変!

つづく 注文をまとめなくちゃテンション70 


ワンピース ゴーイングメリー号をつくるぞ! その34

どうもやる気が起きません。
こんなときは、気分転換にVF-25でも作って…
プラモはいつも枕もとに置いて
眺めながらおやすみしてます。子供?
たまに設計図眺めたりね。

いかんいかんメリー号を作ります。

前回木材が跳ねまわり大失敗。
ボンドだらけになり拭き取りに
時間をくってしまいました。
どうしたものか。
ちょっと考えてタテ方向に細い板を
貼っていくことにしました。
船底部分と同じ方法です。

080923メリー1

結局板曲げには完敗いたしました。
買っておいた板をあさっていたら
ちょうどよい1mm×5mmのヒノキ材を発見。
なにかに使うために購入したと思うのですが
なんだったか…。さっそく貼り始めます。

080923メリー2

上の板には接着しないでくるっと貼付けていきます。
テープで寄せながらボンドをたっぷりと。
なんか汚いですな。
乾くのをまってヨコ方向に0.5mmのチーク材を
化粧貼りしていく予定。
なんとかなりそうかな!?

大砲の窓をあけるのですが、とりあえず
全部ふさいでしまいます。

大砲か…
ぼちぼち作り始めるかな。

結局あのヒノキ材はなんのために購入したのか
わからないまま。そのうち思い出すでしょ。

つづく なんかイヤイヤ?テンション65
 

ワンピース ゴーイングメリー号をつくるぞ! その34

本日は関西に出張です。
関西にはまだ帆船模型のお店があると聞きます。
前日が休みのこういう日程のときは
前日に出発してお店をまわったり、
おいしい名物料理でも食べられるのですが
いかんせん1日空けるって事は
仕事もその分前倒ししなくてはいけません。
大変ですよ~。休日出勤。
まぁ早めに終わらせない自分がいけないのですが…

そんなこんなで、
出来るとこまでメリー号の作業です。

船首の下板を貼り乾いたのでヤスリで
形を整えます。
木工用ボンドがついてるとヤスリが滑ります。
少しカッターで削ってからのほうがよいかも。

080924メリ-1

角度を出すため2重に貼っています。少し斜めに。
そしてチーク材をヨコに貼り始めました。

そして渋谷のお店で材木の補給。
フィギュアヘッドのフレーム用材料が目的でしたが
なかなかちょうどいいサイズがなくて購入にいたらず。

あとこんなものの図面を作図

080924メリー2

大砲と飾り台用支柱です。
大砲は大小2種類それぞれ2個づつ作ります。
ぼちぼち低融点金属の出番か!
飾り台支柱はそろそろちゃんと
船体を立てられないと
キール板を貼れないのです。
さんざ迷ってこの形。
うまくいくでしょうか。

本格的に専用材料を注文しなくては

届くまでの時間VF-25でも…
いやいや、やることいっぱいどうしましょ。

つづく 未だ上がらないテンション60


未完成いろいろ その2

かなり慌ただしく気持ちの落ち着かない日々
時間きざみのお仕事で気ばかり焦るばかり。

メリー号はサイドのクルクル装飾のテストも
兼ねてスタンド支柱を製作中。
平たい面に渦巻きラインスジのみでよいものか
検討中です。やはりなんだか焦りがでて
作業も雑になりがち。帰宅後時間もないしね。

 メシを食べるために働いているのに
 メシの時間を削って働くとはなにごとだ!

みたいなイタリア人気質になりたいものですな。
すいません…。グチっぽくなりました。


今回は今までボツ画像を発掘。
重ね重ねお恥ずかしい未完成モノです。

まずはこれ。
080926マグナビートル
「未来警察ウラシマン」のマグナビートルです。

「ウラシマン」は実家では夕方放映していたので
ある程度大きくなっていた自分は
ちゃんと観る事ができませんでした。
でも最終回だけ観れたのかな?
このマグナビートルの疾走感がよくて
ファンになったのに最終回。なんとも。
なにがなんだかわからずこのクルマの
格好良さのみ印象に残っていました。

話変わるけど、タツノコメカのプラモって
なんか大好きでした。
本物?も色分けが単純で
デザインも良いデフォルメが効いていますので
模型もいい感じになっていたようです。
でも実家は田舎で半年から1年遅れの放映。
発売してても何者かわからず
ほしい頃には生産終了。
タイムボカンのシリーズとか
ガッチャマンメカはすばらしかったような。
初期G-4号は特に好きなメカでした。
でかい車輪にゴムのキャタピラ。ウキウキします。

ガレージキットでも発売されていたのですが
いつか買おうと思っていたらなく観なくなりました。
ガレージキットを売っているお店もなくなってきたしね。
タツノコメカって自分でも作れそうなところが
微妙なとこ。1、2万も出しにくいしね。

このキットも同じメーカーのもの
地元のショップを回っていて見つけたものです。
アニメメカなのにベースのワーゲンビートルを
ちゃんと再現しようとしているようで
ちょっと胴長の印象。タイヤもキャスト製で
しかも大きいのでつや消しブラック1色とはいかず
ちょっと色味に苦労しました。
パトランプをクリアパーツにしょうとしたり
ボディ色のコンを当時好きだったタミヤスプレーで
塗装したのがちょっと失敗。
ホワイトとの境界がスッキリいかずちょっと心残り。
きっと別のモノに移行して途中なのだとおもいます。

ディールズのような形。そのうち再開したいな。

次はこれ

080926wolff1

タミヤの1/12ビックスケールシリーズの
Wolf WR1FordF-1のプラモ。
すごい途中です。キットはたびたび再販していますが
これは15年前くらいのもの。
デカール死んでました。袋に入れていたのに。
カチカチパリパリになってました。
メーカーに問い合わせたら
潤沢に在庫しています。と、ご丁寧に
メールいただきました。ので請求購入いたしました。
デカールってこうだったんだと思えるほどの素直さ。
でも、制作から2年止まってます。またデカール大丈夫か!

このシリーズはいろいろな思い入れがあって
書きたいことが沢山あるので
また機会を作ってまとめてみたいのです。
マルボロマクラーレン以外だいたい購入しています。
何個かは途中ですし。これも老後の楽しみ。

そういえばバイクもドカの「NCRレーサー」も
ようやく再販しているようですな。
今度こそタミヤのお店で購入するか。

最後は紹介済みのこのクルマ別アングル。

080926トータス
さおりちゃん!!ぜんぜん進んでいません。
アルミ箔の張り替えが必要ですな。

疲れているくせに長くなりました。
新幹線なれていないので体力がもどりません。
新幹線話もありますが、また今度…。ウフ!
 

ワンピース ゴーイングメリー号をつくるぞ! その35

先日の新幹線車内での出来事。

込み合ってはいたのですが
なんとか3シートの通路側を確保
午前中だったので朝昼兼用に
調理パンを購入食べていました。

ポテトサラダにハムサンド。フランスパンではさんで。
こういうシンプルなメニューは
あまりみかけなくなりました。大好きなのだが。

こぼれたパンくずをハラッていると
とれないくずが。つまんだらベト~としていて
もしかしてハナくそ!なんで!?
なんでついたのか、余り考えないように。
隣の席の人は勢いよく菓子パンと
サンドイッチを食べていたのですが
突然むせて咳き込みました。水分摂ろうよ。
本を読んでいた自分に唾液がパラパラ。
しかも咀嚼したバン入りの茶色い液体。キャ~。

自分も昔、缶コーヒーをぶちまけたことがあるし
故意でないので怒るわけにもいかず気分ダウン。
しかも通路を挟んで隣の人はものすごく
鼻をほじほじしています。その指はどこにいくのか
しばらく見守ったくらい。もしかして前のアレは?
グリグリ丸めてズボンになすり付けていましたが。

すっかり公共の乗り物がキライになりそう。
どこかになにかが!!
その日の星占いでは一番だったのだが。

すいません。長くなりました。

気分も盛り上がらず作業しています。
船首の板貼りも進み、

080929メリー1


こんな状態です。専用洗濯バサミを使用
いままで乾くまで手でおさえていましたよ。
随分の進歩です。挟めない部分の方が多いけどね。

前回の図面の台用支柱を作りはじめました。

080929メリ-2

船体サイドのクルクルの様子見も兼ねて
スジ彫りだけでよいのか?迷うところ。
アールのある部分と繋がっているのだが
分割でつなぎ目もだしたくないし…。

支柱は削り込んでもっと立体的にします。
その方が細く見えるしね。

なんか新幹線話で文字数くってしまいました。
メリー号は計画を練り直さなくては。
いろいろ試行錯誤の日々。

あまり集中できないのもいけませんな。

つづく  問題いっぱいテンション55
 

Appendix

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

広告

Extra

プロフィール

雅太郎1号

Author:雅太郎1号
作るの好きなくせに
絶対完成しない人。
やればできる子。

最近はテディベア製作で
フェスに参加しています。
機会がありましたら
お声掛けください。

メリー号制作記は
カテゴリの「ワンピース2」から

ストーム・マシーンの
ロビー製作は「SMG」。

ニャンコ先生とか
その他もジャンルいろいろ。
まとまりがありません。

最近検索の多い
「ハレパネ貼り方」は
カテゴリの「工作」から
参考になれば幸いです。
 

カレンダー

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリ

柊 (15)
SMG (53)

FC2カウンター