Entries

虫作っています。

いつもお邪魔していたギャラリーから
グループ展のお誘いをいただきました。

自分は初めてのことだし
他は超人気作家さんばかりです。
戸惑いもありますが
参加させていただくことにしました。

虫が良いな〜ということで
作ってみています。

150707むし1

今まで作ってみたい構想はあったのですが
なかなかいざ形にするとなると
難しいものですね。

作り直しの連続で
かなり難航しています。

今は羊毛で作っているのですが
期限までに間に合うかな〜。

普段、ルンルン楽しみながら作っているのですが
こういうウンウン苦しみも必要だと思うので
まだまだ頑張ってみたいですね。

なんとか…
 
スポンサーサイト

参加します。

今までずっと作っています。

テディベアコンベンションまで
あと1週間もないのですが
別のことをしちゃったりしています。

150712企画展

いつも人形関係の展示のときお邪魔している
ギャラリーの企画展です。

ありがたいことにお誘いをいただきまして
参加させていただくことになりました。

こういう機会もなかなか無いと思い
ワクワクだったのですが
コンベンションも同じ時期だし
大丈夫でしょうかね。

今日DMをお送りいただきました。
メンバーを拝見すると
大先生や超人気作家さんばかり。
タッチも定まっていない自分のが
会場を汚さぬよう
緊張しながらの製作です。

普段は気軽に作っているのですが
こういうギャラリー展示は初めてで
普通と違うことをしてしまって
苦悩と葛藤の日々だったりしたのですよ。

とりあえず締め切りまでには
完成しなくちゃね。
自分の地に足がついていない状況を
逆にお楽しみいただけたらと。

ちょうどベアフェス開幕と同時の
7/18(土)からの開催です。

有楽町から青山へ。
足をはこんでいただけたら嬉しいです。

完成したら画像をアップしますね。
はてさて。
 

ギャラリー出展

なかなか、大きな予定があると
普段はヒマすぎるくらいなのに
そこに向かって集まってくる感じで
忙しくなってきますね。

今回ありがたくもグループ展のお誘いをいただきまして
こんな知らないオジさんの
ぬいぐるみをご覧いただくにあたって
失礼のないよう自分なりに納得できるものをと
考え製作してきました。

当初「虫」を題材に作っていましたが
初めて作ることもあり悪銭苦闘していました。
普段は失敗作の工程も
ブログなんかで公開してきましたが
それも手に付かないくらいだったのです。

これはいけないと思い
発想を変えて、楽しんで作ることにしました。

こういう「苦しむ」ことも
大事だと思うので、いままで作ったものも
いつかはカタチにして紹介したいと思っています。
まだまだ修行が足りないのですね。

こちらは楽しんで作った方です。

150716カッパ1

カッパちゃんです。

グループ展のタイトル「夏なんです」ということで
爽やかをイメージしてみました。
まさに、海なのか川なのかに
飛び込もうとしているところ。

ワクワクなんだけれど初心者で
浮き輪がはなせません。
その早る気持ちとどこからか吹く風を
髪型で表現できたでしょうか。

どおでしょう。

ぬいぐるみって夏は暑苦しいのだけれど
その中にどこか涼やかさが感じられたらよいなと
思いました。

150716カッパ2

150716カッパ3

自分なりの基本型に
やってみたかった植毛や
樹脂での成形とかいろいろ楽しめました。

ちょっと手間のかかる部分もあったけれど
基本のカワイイと感じることができました。

染めたモヘアの色が
子供の頃食べていたハウス「シャービック」の
メロン味を思い出させて
また作って食べたくなりました。
(HPをみたらまだ売っているみたい。気になる〜)

150716カッパ4

目は透明樹脂板からの削り出し。

可愛い姿ではあるけれど
ちょっと目が妖怪していて
油断ができないようにしています。

こいつは7/18から8/9まで表参道の
ビリケンギャラリーに展示されます。
丁度、コンベンションにご来場がてら
こちらのギャラリーにも足を運んでいただけたら
嬉しいです。

もっとも他には自分も大好きな
超人気作家さんたちがいっぱいで
そちらの方が見応え十分ですが…。

ご来店お待ちしております。

自分も週末納品してきて
他の作品が楽しみだったりします。
 

いよいよ明日からです!

台風で大変なのですが
これが過ぎれば夏がやってくる感じでしょうか。
すでにバテぎみですが。

年始めに申し込みをしていたワンフェス。
こちらの書類不備もあって落選だったのですが
今の状況を考えると
来週に迫ったスケジュールでは
なにもできなかったと
今になって落選がありがたかったりしています。

冬には再チャレンジしますので
斑さま好きの皆様、今少しお待ちください。

本日は明日からビリケンギャラリーで開催の
グループ展「夏なんです」に
作品を収めてきました。

150717ビリケン1

箱も夜なべをして完成しました。
なんとか嵐も収まって
蒸し蒸しするようなお天気になりました。
納品のときに雨だと
ちょっとイヤですもんね。

ちょうど施工作業中でした。
なんとか受け入れていただき展示していただきましたよ。

150717ビTリケン2

思っていた以上の展示方法!

スゴい緊張感がみなぎっていますね。
飛び込み台に立っているようです。
イイ感じに飾っていただき嬉しいです。

さてこれがその他の大先生たちの作品と
8/9まで並んでおります。

皆様にご覧いただける幸せを思いながら
まだ終わっていない
明日のベアコンベンションの準備をしております。泣!

ギャラリーのハガキもいただきました。
コンベンション会場でお配りいたしますので
ぜひギャラリーにもおいでくださいますよう
よろしくお願いします。

はてさて
準備、準備っと…。
 

酷暑の休日

毎日暑いですね。

こんな時は冷房の部屋に引きこもりがち
なのですが
やっぱり歩いた方がよいですよね。
飲み物を持って出掛けてきました。

150727SUTO-MU2

東京ビックサイトで開催の
ハンドメイドイベントに行ってきました。
同時期幕張ではワンフェスだったのですがね。

友人作家のストームマシーンさんが
出展していたのでうかがったのです。
お客さんとしてこういうイベントを拝見するのも
勉強になりますね。
ちょっと話込んでしまいました。
うさぎのロビーも元気に店番していました。
スズメちゃんを持って行ったのですが
どこにいるか判るかな?
可愛いイラストグッズが沢山です。

150727カッパ1

続いて表参道のビリケンギャラリーです。
パーティより一週間ぶり。
出展作家なので本来なら
在廊したほうが良いんでしょうけど
すみません。

無事お家が決まったとのお知らせをいただいたので
本当か確認にやってきましたw。
すでの里親さまのカッパちゃんですが
スズメちゃんとパチリ。仲良しなようです。
スズメちゃんも水分補給。
「皿の水がぁ!!」

この展示のおかげで
いろいろお声をかけていただいていただきました。
機会がいただけることはありがたいことです。
それと同時に責任も感じます。
詳しいことが決まりましたらお知らせしますね。

激暑をゆく。

毎日、ものすごい暑さが続いていますね。
最近テレビを見ていると注意報が良く出ます。
番組を録画保存されている方は
画面がスクロールされたり
「アチャ〜」的な事態ですが
数年前までは
こんなことはなかったような気がします。

実際に熱中症になられる方も出てきているので
基準ができて警報も出るようになったのか。
しかし殺人的な気候ですね。

そんな中モヘアを探しに出掛けました。暑熱。
作らなくてはいけないものが出来たのですが
手持ちの材料では足らないことが判明。

この間のコンベンションで購入すればよかったのですが
ちょっと忘れていました。

実際、広い面積で実物をチェックしたくて
都内ではあまり販売されていない
材料屋さんを巡ってみました。

モヘアって基本ドイツやイギリス製で
数も多くは入荷していません。
お店によっても生地の風合がさまざまで
バリエーションができてよいのですが
「コレ!」といメージに合うものを
探すのが大変です。
しかも今後も同じものが手に入るという
確約がなかったり。
すごく種類があるのですが
これとこれの中間が欲しくなるという
なかなか思う通りにはいかないのです。

さらに円安という為替の影響か
お値段も「エッ!」というくらいの値上がり。
2種類くらいの予定が
1枚しか買えない事態になっています。
失敗すれば大きい損失とか考えると
ああ!ナゼ、コンベンションで買っていなかったかと
(若干割引価格であったはず)後悔するのでした。

結局は通販することに決めましたが
大丈夫でしょうかね。

暑い夏はモコモコを触るのも
重労働です。

帰りにカッパちゃんを展示いただいている
ビリケンギャラリーに。

湊敦子さんの作品が公開ということで
拝見しにいってきました。

コンベンションでお聞きしたときは
金魚になるとお聞きしていたのですが
会場で見たらカモノハシ。

良い意味での裏切られ方で鑑賞させていただきました。

ちょうどカッパちゃんの里親になっていただいた方と
お話もできて楽しい時間を過ごしました。

今回ギャラりーで購入したもの。

150803ビリケン2

田中六大さんの手作り冊子。
全て絵柄の違う手描きイラストも付いていて
貴重感がありますね。

それと青木俊直さんのDM。
イラストが可愛いので気になっていました。
吉祥寺のイベントですがぜひ拝見しにいきたいですね。

そんなこんなで長居をしてしまいました。
閉店後にはお客さんたちとビールやお酒を
ご馳走になったり。
楽しい時間をすごさせていただきました。

150803ビリケン1

ビリケンギャラリーの夜は更ける。
(月曜定休なのでご注意を!)
カッパちゃんもあと1週間です。
 

「夏なんです」終了しました。

台風とかの接近が影響しているのでしょうか、
この2〜3日、風が涼しさを運んできています。

あれほど、しかめっ面で外を歩いていた猛暑の日々も
落ち着いてしまうと
ちょっと寂しさも感じていたりしますね。


ひょんなことからお誘いをいただき
参加させていただいたグループ展「夏なんです」。
梅雨明けから始まり
クラゲが海に出てくる時期に終了という
タイムリーな展示でした。
人気作家さまたちの「それぞれの夏」を
堪能させていただきました。

ぬいぐるみ作りの好きなだけのオジさんですが
展示作家さまともお話できて
なかなか得られない良い経験をさせていただきました。

テーマをいただき自由に作る。
創造に悪戦苦闘でバタバタしながら
それなりの責任も感じながら
今思い返せば心地よいプレッシャーでしたよ。

150810カッパ

ずっととっていた「飛び込みポーズ」。
今回、初めてのギャラリー参加でしたが
そんな初めてに飛び込む自分の心境が
なんとなく無意識に込められていたように感じます。

浮き輪をしてオドオドしているのですが
最終的には飛び込めたのでしょうかね。

会期中ずっと立ち仕事だったので
お疲れさまでしたという感じです。

嬉しいことに里親さまも見つかり
お盆休み明けには旅立っていきます。
なので、最後のお別れにカッパちゃんに
会いにいきました。

カッパちゃんもやり遂げた感じ?がしますかね。


沢山の方々にお越しいただき
ありがとうございました。
次回がありましたら、またよろしくお願いします。
フェスにもぜひお越し下さい。
お待ちしております。

参加作家さま、お疲れさまでした。

スタッフの方々には大変お世話になりました。

感謝、感謝…
 

ねこ姐さん

急遽製作いたしました。

151007ねこ姐

ちょっとバタバタの製作でしたが
なんとか間に合いそうです。?

きものサローネ、マルシェ&ワークショップ。
2015年10月7日(水)8日(木)9日(金)
yuito日本橋室町野村ビル6階 11時から20時

44ブース「かぐらざか時間」にすまして居ります。

久しぶりの「きもの」作り。
忘れていた作り方を思いだしつつの製作。
生地はご提供いただいたのですが
可愛くできたでしょうかね。
 
看板ネコとして活躍に期待です!
 

ゾウに決定!?

大阪のショップさん主催の
企画展にお誘いいただきまして
動物園ということでクマ以外のご依頼です。

新作をどおするか検討するため
雰囲気も含めて
久しぶりに動物園に行くことにしました。

慌てての出発でしたが
日曜には自分も出店していたことのある
浅草でフェスがあるため
材料の見当をつけるためです。
モヘアの材料屋さんも出店しているのですよ。

行ってきたのは、

151205zoo1

由緒正しき「上野動物園」。
最近は地方の施設の盛況を聞きますが
上野はあまり情報がありませんね。
ちょっと寂れた感じを想像して
味わいに行ってきました。

学生の頃デート(なんだったか)で
来たきり。33年ぶりかもしれません。

まずはパンダ舍。
日本初上陸のときすごい行列に並んだり
その後、数回訪れたのですが
観ることができませんでした。

今回はこんな感じ。

151205zoo2

目の前で笹を食べているではありませんか!
最初観たときは造りものかと思いましたよ。
人生、初の生パンダでした。感激!
まあテレビで観るのと同じでしたが。

151205zoo3

静かな感じかなと思っていましたが
カップルのデートとか
子供の遊び場となっていて
そこそこの人数でした。

入園料も600円。案外安い?

ただ現在改修中だったり
お休みの動物が沢山いたので
空のオリから動物を探すむなしさ。
まあ価格も納得なのかもしれません。

園動物とお客さんの微妙な距離感を
楽しめましたよ。

一番元気なのは人間の子供とカラスでしょうか。
なんかテンションが上がるみたいです。

151205zoo4

ウワサのマレーグマも観れました。
沢山の動物がいました。

しかしほとんどが眠そうです。
寝ているから「ZOO」なのでしょうかね。
そんなことを思いながらひらすら歩いていました。

さて、次回作は何にするかな。
動物園のけだるさが出せると良いのですが…。

151205zoo5

秋深まる季節です。
南の国の動物たちは辛そうですが
体調に気をつけてくださいね。(forアニマル)
 

ゾーさん完成!?

急に雪なんかが降ってきたりして
スゴく冷え込んできましたね。

自分はちょっとノドが痛いなと思ったら
「ベルセルク」で拷問から救出された
グリフィスのように
体調が悪くなっていたのです。
2日間布団に丸まって
ブルブル震えておりました。

冷えている体をなんとかしなくちゃと
熱い風呂に入った時
今まで感じたことのない
震えに襲われましたよ。ブルブル。
荒治療が効いたのか、悪化したのか
ゴハンも美味しくないし、大変でした。

現在は間近にせまったイベント用の
工作に追われる日々ですが
作業が手に付かない焦りの気持ちでしょうか
何度も夢で同じような縫い工程をしているのです。
詳しく考えると、次にやる工程でもなく
どれとも違ったりするのです。
うなされるってこういうことなんでしょうね。

斑さまがほぼおわったので
気持ちにスキができていたのでしょうかね。

160122ぞー1

なにげにぬいぐるみを作っていました。

来月、大阪で開催の企画展に参加する「ゾーさん」です。
わざわざ動物園にまで構想を練りにいったかいは
あったのでしょうかね〜。
クマ以外でというお題なので悩みましたが
あまり気張らず自分らしさでいこうと思いました。

途中風邪をひいたこともあり
ハナ水をふきふき毛糸を買いに行き
マフラーを編んでまいてあげることにしましたよ。
作者の心情はこもっているでしょうかね。

160122ぞー2

「出来ている方は早く送っていただいても
結構ですよ」と連絡をいただきましたが
自分はギリギリになりそうです。

今は愛情の念を送っています。
はてさて。
 

夏のベアコンベンション

相変わらず工作しております。
体調も戻ってくると
作業する手が軽くなるのか
ピッチが上がってきます。

これほど違うものなのか!?
今回はいろんなものを作っているので
痛感させられました。
元気が何よりですが
体調を崩したら、早めに直すため
休んだ方がよいですよね。
そんなこと言っていられないときの方が
実は多いのですがね〜

そんな作る気満々な自分にお便りが届きました。

160124ベアフェス

過去、数回参加させていただいた
有楽町のベアコンベンションの出展結果の
お知らせでした。

薄かったのでもしや?と思ったのですが
抽選の結果は落選でした。

昨年もそうだったのですが
すごい数の申し込み数だったようです。

自分は今年、会費をケチって
一般会員でした。
ワンランク上位のアーティスト会員に
登録すれば本来ならば無条件での
出展当選だったのですが
今回はその会員でもさばききれないような数らしく
無条件のアーティスト会員でも
抽選になっているようです。

出展目的で上位会員に登録していたら
ちょっと話がちがう〜んになっていたでしょう。

大盛況のようですね。

なので普通の会員の自分は
抽選すらされない状態のようです。
残念。

次回はそれでもアーティスト会員に
登録してみることにしましょうかね。
夏のフェスで皆様にお会いできないのは
寂しいですからね。

なので今回はお客様としての参加です。

最近はバタバタしているので
ジックリ作品を作り貯めなさいということでしょうか。

まあ、これはそれ、
3月の恵比寿のベアフェスに集中いたします。

お客さんとしても楽しみだったりするのですよ。
ちょっぴり負け惜しみです。
 

慰めるスズメちゃん

そろそろゾーさんの〆切で
発送しなくてはなりません。

いろいろ眺めまわしたり
いじったりしています。
名残惜しいのでしょうかね。


今回はスズメちゃんを作ってみました。

150124zoo1

以前クマ用にミニスズメちゃんを作りましたが
今回はもう一段ちいさなミニミニです。

大きさは尾翼を入れない本体のみで3cmでしょうか。
目はドールアイが使えず
プラ棒の先をライターであぶって丸くした
手作りです。

久しぶりのスズメちゃんはやっぱり可愛いですね。
これを…

160124zoo2

ずっとグズっているゾーさんに
載っけてみました。

元気をだして。

すっかりお友達です。

さて月曜になったら梱包して
スズメちゃんと一緒に
大阪のギャラリーに送ります。

関西での展示は初めてなので
ドキドキワクワクです。
皆様よろしくお願いいたしますね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Ritti Bear Animal展 Ritti ZOO
企画展 リッティ動物園にみんな、あにま~れ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日時:2016年2月10日〜28日 11:00〜18:00
会場;ギャラリー siroiro./シロイロ.
詳しくは▶Ritti Bear

よろしくお願いいたします。

あれれ、受け取るショップさんは月火定休日だな。
水曜着としておきますかね。
 

旅たちました

2月の10日から始まる企画展、
「Ritti Bear Animal展 Ritti ZOO リッティ ゾー」
初めて関西圏に自分の作品が出掛けて行きます。

締め切りマ間際になったのですが
先日梱包して発送いたしました。
少しの間でも自分の部屋にいた奴らが
いなくなるのは
ちょっぴり寂しいものです。

160127ゾ^ー

今ごろ到着しているころでしょうか。

これからがショップさんの忙しくなるところ。
設営やHPをまとめるのでバタバタでしょうね。
自分はキチンと撮影された
紹介画像が楽しみだったりします。

無事、里親さまも現れることをいのりつつ
Web上ではありますが企画展を楽しみといたします。
他の豪華作家さまの作品も見てみたい!
早くHPにアップされるのを待っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Ritti Bear Animal展 Ritti ZOO
企画展 リッティ動物園にみんな、あにま~れ!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日時:2016年2月10日〜28日 11:00〜18:00
会場;ギャラリー siroiro./シロイロ.
詳しくは▶Ritti Bear Animal展

販売方法は多数の場合は抽選となり、
ギャラリーでも受付しておりますが
15日からはHPでも受付が始まりますので
遠方の方の立候補お待ちしております。


HPの紹介画像がスゴく楽しみです。
ショップのみなさま頑張ってくださいね。
ワクワク
 

企画展始まりました。

いろいろバタバタしております。

お知らせしなくてはいけないことも
うっかりしていることがあります。いけませんね。

先日完成して発送したゾーさんが参加する
企画展が本日開催されました。

★Ritti Bear Animal展★ 
Ritti ZOO リッティ ゾー

ギャラリーシロイロ展示:
   2月10日(水)~14日(日)
店舗展示及びホームページ掲載:
   2月15日(月)~28日(日)

詳しくは▶Ritti Bear

初めての単身関西出張です。
自分はまだなかなか都内以外での出展ができないので
こういう企画展に参加させていただけるのは
遠方の皆様にも直にご覧いただけるので
大変うれしいことです。

今回はお題がクマ以外ということで
久しぶりに動物園に行ってみたりして
気になった象を作ってみました。

160210zoo1

ゾーさんです。
ダンボのつもりで淡いブルーのアルパカ?です。

全長は28cm。5ジョイント。
羊毛スズメちゃんとマフラー、スタンドが付属します。

160210zoo2

象は初めて作りました。
わざわざ動物園にまで取材にいったわりに
シンプルな仕上がりになっていますね。

動物園の象さんには昔から現在まで
あまり幸せでないお話をよく聞きます。

あんなに大きくて強そうで
長いまつげと優しい目をしているのに
肌寒い動物園でやっぱり沢山の人だかりが
できているところ。

そんなところを眺めながら
複雑な気持ちになっていました。

そんな気持ちで作ったからか
ちょっぴり泣き虫な性格に仕上がってしまったようです。

寒かろうとマフラーをプレゼントしてあげたり
それでも心配だったので
スズメちゃんを友達としてお供してもらうことに。

今ごろ大阪のギャラリーに立っているかと思うと
キチンと仕事をしているかとか
ソワソワしてしまう親バカな自分なのでした。

160210zoo3

機会がありましたらぜひゾーさんに会いにきてください。
感想をいただけるとありがたいです。

ギャラリー展示はどんな雰囲気なのでしょうか。
自分も他の作家さまの作品を観てみたかったのですが
何時かはうかがってみたいです。
 

HPにアップされました。

ワンフェスが終わってもう1週間が
過ぎました。

今回は作るものが重なって
ワンフェス前は大騒ぎでした。(自分だけ)
作るので完全徹夜になったのも
久しぶりな体験です。
おかげでいろんなものの忘れ物をしました。

いろいろ失敗や感じることもあったけれど
今は、この1週間、休暇として
材料の調達なんかくらいで
のんびりとすごしておりました。

さて今週から動き出すといたします。


2016年2/10から開催中だった「Animal展 Ritti ZOO」
ギャラリーでの展示も終了いたしました。

自分はうかがうことができなかったので
twitterやHPで画像をワクワクで観ていました。

160210zoo2

お近くの皆様は足を運ばれたでしょうか。
森のような装飾で
一緒な有名作家さまの作品も観ていてクスリとしたり
勉強になりました。

期間中の会場の雰囲気は
情報が入ってこないので感じることができかったので
自分のゾーさんがキチンとお仕事していたかは
わからなかったので
今度は機会がありましたら
大阪までいってみたいですね。
ご飯も美味しいし。

160210zoo1

今はギャラリーでの展示が終わり
28日までRitti Bear(リッティベア)店頭展示と
ホームページで紹介と応募受付をしております。

Ritti Bear(リッティベア)ホームページ

ゾーさん紹介ページ

3/2におウチの決まった子は
抽選発表があるようです。

無事お迎えがありますように。
ワクワクドキドキです。
 

今度の企画展

3月19日に迫ったテディベアフェスティバル。
現在は今月納品分のブースカの生産活動が
まだ終わっていないので
フェス用の製作にかかれない状態です。

ブースカを縫いながら
こんなものを作りたいなとか
妄想をしていたりします。
今週中には完成して
フェスの準備にとりかかりますね。
また製作状況などお知らせできたらと。

とかいいながら
また新しい企画展のお誘いをいただきました。

160302企画展

DMを送っていただきました。

「俺の造形展」2016年6月8日〜12日
ギャラリーsiroiro/シロイロ


この間受付を終了して結果がドキドキの
大阪の企画展です。

昨年でしたか「男が惚れるテディベア展」が
開催されていました。
女性作家がほとんどなので
「男が惚れる」のテーマに苦労されていたのを
お聞きしておりました。
そんなお題の消化して、どのように作品に込められたのか
大変楽しみな展示だったのを思い出しました。

それと同様なのでしょうか
「俺の造形」です。
一時期話題になった飲食店みたいですが。

前はお客さんでしたが1年経ってみると
提供する側になっていました。

ここは男として
いっちょ頑張ってみたいと思いますのです。(本当!?)

こちらも使ったことが無い素材も検討して
いろいろ考えています。

その前にも都内のギャラリーの
企画展の参加もありますので
詳しく決まりましたらお知らせしますね。
こっちは模型店の感覚で行こうかと…。

なにかとバタバタしてばっかりで
ブログも更新できていませんが
よろしくお願いいたします。
 

猿作ってます。

ベアフェスも終了いたしましたが
うっかりしていたら
次の企画展の納期が迫っていました。
うかうかしていられません。

猿を作っています。

高村光雲の「老猿」が大好きなので
それ風を目指せばカッコいいものができそうです。

いつもはぬいぐるみを作っていますが
ちょっとリアルなタッチにしてみます。
完成するでしょうか。

イメージはあるのですが
いつものとおり
行き当たりばったりで
作品自ら出来上がっていくのにまかせます。

大体を決めて材料を買い出しにいきます。
人形材料用ではなくて
針金だったり流木だったり
熱帯所水槽の石だったり
アイデアでいろんなところから
使えそうなものを集めてきます。
あれが使えそうだ
これがイイかなとか
あれこれ考えているのが
一番楽しかったりしますね。

まずはアクリル球を買ってきました。
サイズがちょうどイイのがなくて
いろいろ探してしまいました。
ある程度、形があったほうが
工程が減らせて楽だったりします。

160323さる1

これは目のパーツとして使います。
半分削って半球にします。

小さいのですが固定がしっかりできれば
ガリガリ削ることができますね。
ちょっとアクリルは硬いです。

160323さる2

メタリックな紙に目の模様をプリントします。
黒目は妖怪の定番の猫目にしています。

ここにアクリル半球を接着します。
レンズ効果なのでしょうか
元の大きさより大きく見えますね。

硬化を待ちつつアタマを作ります。

軽量化のためスチロールの塊を芯にします。
スチロール電熱カッターとかで
形を削っていきます。

ここである程度キチンと作ってしまうのですが
パテを盛ってしまうため
結局またひと回り小さく削ってしまいます。
ちょっと様子をみるためのクセなのですが
もったいない作業です。

160323さる3

全く先がみえません。

そのあとお面のようにして
またパテを盛り顔面パーツを作ります。

160323さる4

目を埋め込んでパテを盛ったり削ったり。
シンプルなディテールにしたいのですが
いろいろやり過ぎてしまいます。

なかなか猿ってむずかしい。

まだまだ盛ったり削ったりしています。

間に合うかな〜不安だ。
 

猿作っていたのです。

DMをお送りいただきました。

160328猿1

孫悟空と怪物
2016年4月2日土〜12日水(月曜定休日)
ビリケンギャラリー

西遊記に出てくる怪物をテーマにした企画展に
お誘いいただきまして現在製作中です。

これまた著名な作家さまとまじり
大変恐縮いたします。
雰囲気を壊さないようにしたいところですね。

そんなわけで
ベアフェスが終わってからずっと作っているのです。

誰もが知っているお話「西遊記」。
自分世代では
手塚治虫先生のアニメ「ぼくのそんごくう」だったり
ドリフの人形劇「飛べ!孫悟空」
夏目雅子さんのドラマ「西遊記」が
なじみでしょうか。
しかし実際の原作版の西遊記って
キチンと読んだことがありません。
これを機会に読みたいところですが
時間がないので企画展タイトルの
孫悟空にしましたが大丈夫でしょうか。

ほんとは牛魔王とかオリジナルで作れたら
面白いのでしょうね。
それはまた次の機会にでも。

160328猿3

そんな訳で猿を作っていたのです。
大体のアタマの大きさが決まりました。
今回はエポキシパテで作っています。
他にも使いやすい材料はありそうですが
粘土みたいに造形できて
数時間でキチンと硬化して
削ったり、また盛ったりもできるので
自分には使いやすいのです。
グラム単価が高価なのが玉にきずなのですが。
なんとなくチビチビ進めています。

160328猿2

手足はベースを作ったら
針金で指の表情を作っています。
リアルっぽいのですが省略もしています。

予定を確認すると、あまり時間がありません。
少しピッチを上げないといけませんね。

160328猿4

とりあえず如意棒は完成しました。
ちょっとみんなのイメージとは違うでしょうか。

枝で良い曲がり具合のものを探しました。
なかなか無い物ですね。
魔法遣いが盛っているような
真直ぐなんだけどちょっとねじれているみたいなの。
大事にされている訳がわかりましたよ。

今回はひのきの丸棒を削ってみました。
色が入った亜麻仁油成分のオイル仕上げです。

なんとなく無計画に作っていますが
当初思ったより大きくなりそうですね。

はてさて。
 

猿に悪戦苦闘

相変わらず、猿作っています。

4月2日開催に向けての製作なので
時間がありません!!
事前に搬入しなくてはいけないのですが
完成するでしょうか。

前回は肌の露出している部分を作っていました。
それぞれを予め針金を埋め込んで
可動できるようにしています。

可動といっても最近のアクションフィギュアと違い
何度も同じ箇所の曲げ延ばしをしていると
折れたししますね。
ビニールコートされているので
若干は丈夫なのでしょうが
心配なところ。
ここはポーズを決めるためとして
飾って楽しむ物とします。

160330さる1

手足も関節を決めるためパテを盛ってみました。
手足がつながったのでポーズをとらせてチェック。
被せるボアの切れ端を載せて様子をイメージします。

なかなか良い感じでしょうか。
孫悟空なのでアタマの冠?を仮に作ってみましたが
なんだか「バカボンのパパ」風味がでています。
どうしたものか。

足のパテの色が違うのは
上半身に軽量タイプを使用して
重心を下にもってきて
安定感を増すようにしています。

いつもは軽量タイプを使っているのですが
普通のは使った感じが違いますね。
ボソボソしているような。
色々試してみるものです。

アタマが大きいので鉛シートも
脚腰のパテに埋め込んで
より重くしてみています。

背骨は針金1本でグラグラですが
スポンジをサンドして肉付きをふやして
安定させています。

160330さる2

基本が完成したら今度は毛並み部分を作ります。
ようやく「ぬいぐるみ」工程っぽくなりましたね。

出来上がった骨組みにフェルトをあてて
型紙を作って行きます。
普通のぬいぐるみと違って
ベースの骨格が決まっているのと
ボアがストレッチするので
若干ルーズでも大丈夫でしょう。

それからこれを骨組みに着せるように被せて行きます。
これがなかなか大変。
「斑」さまのときはボールジョイントで
それぞれ分割・組み立てが容易だったのですが
手足の先は取り外しできるようにしたほうが
良かったかもですね。
ボンドも使う作業なので
間違ってボアに付かないよう注意も必要ですね。

160330さる3

なんだかんだとここまで出来ました。

集中すると撮影を忘れますね。
というより、うまくいかなくて
パニック状態だったのですがね。

当初、猿顔に京劇の悟空メイクをしてみようと
思いましたが、途中の猿塗装の
雰囲気がよかったのでそのままとしました。
今後の課題ですね。

それと座っている石は溶岩石を買ってきました。
近くだと箱根とか富士山とか
火山の近くで拾えそうですが
こういうモノも買う!というのが
都会っ子の宿命なんでしょうね。

石は熱帯魚屋さんとかで購入できます。
いろんな石があって意外と高価です。
kg単位で販売されているのですが
溶岩は気泡が沢山入った軽石なので
大きさの割りには安く購入できました。

やはり悟空は火山でないとね。

猿の基本は出来たのですが
孫悟空の衣装をどこまで製作するか
悩んでいます。

よくイメージするのは赤い上着にマフラー
ブーツなんかも履いています。
手塚治虫先生の「ぼくのそんごくう」や
ドリフの「飛べ!孫悟空」の印象が強いのでしょうか。

京劇だとイエローメイン、
最近の実写版だと鎧みたいな感じですね。

西遊記のキャラは動物のアタマですが
きっと体は普通の人間型なのでしょうね。

猿に作ってしまったので
着物を着せると猿回しの衣装っぽくなるようで
どおしようか迷うところです。

今はマフラーを作って
生地の色が鮮やかだったので
紅茶染めをして全体の雰囲気に合うようにしています。
現在軒先に干しています。

いろいろ調べているうちに
悟空のデティールが判ってきました。
目は赤くするべきだったか。
虎の毛皮はどこかに使いたいとか
今度きちんと原作を読んでみたいものです。

なんとか形になってきたので
間に合いそうかな?
これから眺めつつ
愛情を注ごうかと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「孫悟空と怪物」
2016年4月2日(土)〜13日(水)月曜定休
ビリケンギャラリー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

よろしくです!
 

猿出来ました。

いよいよ明日(2日)からですね。

孫悟空と怪物
2016年4月2日(土)〜13日(水)月曜定休
ビリケンギャラリー(表参道)

西遊記をテーマに、多ジャンルで活躍する
17名の作家の作品を展示します。

石黒亜矢子 石塚隆則 市川友章 イマムラセイヤ 
英之助 坂井雅人 逆柱いみり 下村勝 
タケヤマ・ノリヤ 田中六大 花輪和一 ハマハヤオ 
ピコピコ 湊敦子 森口裕二 森雅之 山田雨月
(DMより)

160328猿1

夏のグループ展につづきお誘いいただきました。
著名作家さまばかりで恐縮します。
テーマが面白そうで今までにない
力作揃いとお聞きして
自分でも楽しみです。

前回では猿ベースができあがりました。
さて悟空の要素を付け加えていくのですが
どこまで作るか。

生まれ故郷で暴れている状態なら
これでも完成なのでしょうか。
正式な如意棒じゃない感じも合っているかな。
コスチュームを作る手間がなくて良いのですが
ちょっと考えてみます。

まずはアタマの冠でしょうか。
ヤンチャをするとキリキリ絞まってこらしめられます。
生まれつき被っているものではないでしょうけれど
前に仮付けしたらハチマキみたいになって
どうもイメージがわきません。

それでも金属線で作ってみたら
なんとかそれらしく見えたので採用することにしました。
アルミ合金の磨きだし。
プライマーを塗っているので
すこしはシルバーっぽくなっているでしょうか。
金にしなかったのは
色合いで赤系や青系でイメージが難しいし
モノトーンにできるだけしたくてシルバーに。

三蔵法師からいただいたという
服や靴は着せると
猿回しのサルっぽくなりそうだったので
着せないことにしました。
けっして怠けたわけではありません。

ただマフラーだけは巻いて
智慧のある動物感をだしています。
色は作る予定だった服が赤系なので
オレンジ色にしてみました。
なるべくボロっぽい感じがほしかったので
綿100%のものにしています。
この生地ってなかなか難しいですね。
人間スケールだと重さと厚みが合いません。
自分は太い糸を使った
ザックリとした生地がすきなので
探すとなかなかなかったりします。
値段もわかりません。
m/単価での500円の違いはなんなんでしょうか。
今回はヘナヘナ生地ですが結構高価でしたよ。

そのまま使うとキレイな色だったので
紅茶染めをして
少し彩度を落としました。

まあ、結局あれから
冠とマフラーしか作っていないのですがね。
そして完成!?

160401さる1

160401さる2

160401さる3

分身の術をなにげなく遣うところでしょうかね。

納品の期限が延ばせたので
箱でも作ろうかと思いましたが
急遽材料を探しにいったら
アタマが混乱してしまい買うのを躊躇しました。
お迎えいただけたら
会期中を利用してキチンと作りことにいたしましょう。

今回は石が重くて紙箱だとおぼつかない感じなので
どういうのにしようか
こちらで悩み中です。

はてさて
皆様のご来場心よりお待ちしておりますね。
よろしくです。
 

猿展示してます。

160402さる1

前の日に納品にいってきました。
グループ展「孫悟空と怪物」

そのときは展示作業が始まったばかりで
一部の作品しか拝見できませんでした。
最終的にはどのような会場になるのか楽しみで
HPの画像を見てみました。

ビリケンギャラリーHP

力作揃いだなと見ていると
自分のお猿がいないではないですか!
キチンと展示されているのか
次の日も確認にいきましたよ。

まあ、他作家さまの作品をキチンと見たかったのと
オープニングパーティがあったからなのですが。

いましたよ!

160402さる2

死角となっていた展示ケースの中にありました。
無事を確認してホッとしましたよ。

西遊記をテーマに
シリアスあり、ほのぼのありで
楽しめる展示になっているようです。
自分も気になっていたぬいぐるみ作家の
湊さんのお隣でお恥ずかしい限りです。

160402さる3

とかいいながら2ショット写真をパチリ。
会期中仲良くしていただくのだよ。

13日までに追加の展示もあるようなので
また時間を作ってうかがいます。

今回の猿は「石猿」というタイトルにしました。
孫悟空になるには一歩手前、
名乗るにはちょっと恥ずかしい。
物語中本人は「斉天大聖」と
堂々名乗ったりしていますがね〜

目は前回書いたように
アクリル球を使って一部削り出しをしていますが
レンズ効果なのか黒目が見る方向で移動します。
カメラ目線といいますか
ちょうど目が合う感じになります。
暗くてよくわかりませんが最初の画像と下の画像を
見比べてください。

会場でもぜひ見つめ合ってくださいね。

160402さる4
色被り画像ですみません。

ーーーーーーーーーーーーーーー
孫悟空と怪物
4月13日(水)まで(月曜定休)
ビリケンギャラリー
ーーーーーーーーーーーーーーー
 

木箱作っています。

現在はビリケンギャラリーにて開催の
「孫悟空と怪物」に「石猿」という
ぬいぐるみもどきを展示しています。

会期も来週水曜日までなのですが
今更ながら作品を収める箱を製作しています。

土台に天然石を使ったことで
いつもの紙箱だと壊れてしまいそうです。
なので、相当のコストアップなのですが
木箱を作ることにしました。

箱の方が立派だな〜というアレです。

ホームセンターに行ってきたのですが
なかなか薄めの板材ってないものですね。
ベニヤ合板だと安くて丈夫なのですが
やはりムクの材料ですよね。

なるべく加工が少なくてすむように材料を選び
厚みを計算してカット図面をその場で作成します。
カットはお店の方にお願いしました。
ちょっとしたことですが
直角に真直ぐ切るのって難しい。
ここはプロの技をお借りしました。
わずか30分で完成。
さすがです。

160408箱1

家に帰って広げてみました。
微妙なサイズがあるので
間違えないようにしないと。

これを木工用ボンドと木クギで組み立てていきます。

よく「膠にかわ」というのを聞きますが
昔から遣われている接着剤です。
最近の接着剤と違って
材料に影響しないのでしょうか。
温めるとまた分解も容易そうです。
一度使ってみたい材料ではありますね。

とか思っているうちに箱らしくなってきました。

160408箱2

キチンとカットしてあるので
サクサク組み立てられるかなと思っていたのですが
材木を成形後湿度による変形が微妙にあって
意外に苦労しましたよ。

角をヤスリで丸めると
手触りも滑らかになって
木の触感って癒されますね。

表面処理はラッカーニスだと無粋なので
「柿渋」を塗ることに。
柿の搾り汁を発酵させた
木材などの防腐剤として昔から使われています。
独特の匂いがイヤということを聞きますが
自分はワインのようであまり気になりません。

塗り重ねで色が濃くなりますし
日光にも反応してやはり濃くなるようです。
ある程度すると上品なツヤも出てきたりして
育てる表面処理剤という感じです。

160408箱3

一度、展示台で使ってみたことがあるのですが
会期中に何回か重ね塗りをしていきます。
一体どんな質感になるか楽しみではありますね。
日光浴もさせてみましょうか。

さてほぼ出来上がった木箱ですが
いざ入れようとしたら
採寸ミスで作品が入らないなんてことが
おきそうな予感。
会期終了後に入れてみないとわかりません。

不安を残しつつ…。
 

木箱出来ました。

ビリケンギャラリーで好評開催中の
「孫悟空と怪物」展、
月曜が定休日なのであと2日となりました。

今回は「石猿」で参加しています。
嬉しいことにおウチも決まって
お迎えいただきました。
ありがとうございます。

あと2日ということが
それでもうあのサルとは会えなくなるのだなと
毎度のことですが寂しさもありますね。

今回は特に自宅に帰ってきてほしかった作品でしたよ。
いけませんね。

なので製作時間もギリギリだったのですが
いつもの箱を作らないでいました。

やはりお迎えいただくなら手抜きはできないと
急遽箱を作り始めていましたよ。

柿渋を数回塗り重ね
現在乾燥させています。

160410はこ

大体完成しました。

まだ柿渋の色合いとしては若いですが
今後日が経つにつれ
深い濃い色になっていくはずです。

撤収日までにどお変化するかは楽しみの一つです。

残り少なくなってきました会期ですが
皆様のご来場をお待ちしておりますね。


さて終了後、この箱にしまいにうかがうのですが
キチンと入ってくれるか心配です。
どおかな〜。
 

展示終了しました。

先ほど熊本を中心とする大きな地震があったようです。
震度7!!という信じられない揺れ、
時間が経つにつれ被害も明らかになってくるでしょうが
皆様の無事を祈るのみです。

4月2日から13日までビリケンギャラリーで
開催していました「孫悟空と怪物」展。
大盛況で終了いたしました。
ご来場いただいた皆様ありがとうございます。
出展作家さまやギャラリースタッフ方々
お疲れさまでした。

終了の翌日、
撤収と次回の準備作業の中
今まで作っていた木箱を持ってうかがいました。

160414サル1

早速の箱詰め作業。
心配だった「入らない」ということもなく
収めることができて一安心です。

記念に撮影してみました。

無事おウチも決まって
里親さまのもとに届けられるでしょう。
これが自分との最後だと思うと
毎度のコトですが
ちょっと寂しくなります。
まあ、自分のゴミ屋敷にいるよりは
ずっと幸せな環境でしょうけどね。

孫悟空のように
良き相棒として活躍しますように。

次回も展示参加のお話もいただけるようで
自分でも、またどんな子ができるか
ワクワク楽しみでもあります。

詳しく決りましたらお知らせいたしますね。
ありがとうございました。
 

よく別のことを考える。

現在は月末を目指して
ご予約いただいている分の
ブースカの製作と
5月14-15日のデザインフェスタ用に
スズメちゃんを作っています。

すでに慣れた作業ではありますが
毎回、苦心するところがありますね。
気持ちを込めるところと
心を無にする時があります。

そういうときに
他のことを考えたりすることがあって
アイデアを練っているときなんか
考えがまとまるときがあります。
ピン!と思い立ったりします。

すでにお知らせも始まっている
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
大阪のリッティベア企画展「俺の造形展」
6月8日〜12日  ギャラリー展示
       (ギャラリー siroiro./シロイロ.)
6月13日〜26日 ホームページ応募
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
のための作品を作らねばなりません。
テディベアでなくても
自由なテーマでということですので
いろいろ考えていました。

そこで今回は
かねてより気になっていた動物
「鬼」をつくってみることにします。

160422おに

早速の落書きです。

イメージは小鬼の「オニちゃん」です。

熊本・大分の地震は
なかなか揺れが収まりませんね。
心が落ち着きません。

一昨年、そういえば母親と一緒に
湯布院・別府を巡ったことを思い出しました。
そのときの地獄巡りで見た鬼たちは
今どうしているのかなと考えていました。

夏目友人帳の舞台も人吉市だったよな〜とか。
妖たちはこんなときどういう気持ちかなとか。
そんなことを思いつつ。

オニちゃんはそんなことを考えつつ
製作していくつもりです。

今はまだ製作には取りかかれないのですが
体の色はどおしようかとか、
やはりトラのパンツかなとか。
ツラツラ考えています。

スケッチのようにならないのが
自分の楽しみなところ。
どんな感じになるか楽しみです。
 

今度の大阪企画展

デザフェス終了から1週間なんですね。
早いような、ついこの間のような
感じです。

お迎えいただいた方からの画像もいただき
愛されている様子が見れて嬉しいですね。

キットを購入され、早速製作されているようです。
わからないところがないか心配ですね。
もしご意見、ご質問があれば
ブログのコメントやtwitterにあげていただければ
お応えしていきたいと思います。

そんなこんなもありますが
自分は次の企画展用に製作しております。
思っていたより時間がない!
バタバタとしておりますが
愛情を込めるのを忘れないようにしないとね。

160422おに

以前、落書きしていた「オニちゃん」を
作っています。

構想を練っていた時に
熊本で大きな地震がありました。
今もまだ落ち着いていないようで心配です。

自分は九州方面には
数年前に母親と湯布院・別府にいっただけです。
そちらの方でも揺れが大きかったとお聞きしました。
テレビでうかがったことのある
お土産屋さんが写っていて
スゴく実感させられました。

そんな気持ちで
そういえば、別府地獄めぐりの
鬼たちはどうしているのかな〜という想いで
「オニちゃん」を作ることに決めました。

ベアでも動物でもない架空の妖怪もどきですが
企画展のテーマがベア以外の自由ってことで
大丈夫でしょう!大丈夫ですよね。

生地を染めたりしていました。

アカ鬼なので赤なのですが
手持ちのオレンジの生地にスカーレット色を
染めてみました。

白ベースから染めるより
色に深みが出るかと思いましたが
他がないので比べられません。
効果があったと思い込みます。

今後は透明水彩絵具やカラーインクの色を
塗り重ねるように
レッドにイエローとかブルーにレッドとか
違う色に染め重ねで
不思議な色が出来そうと思うので
何時かチャレンジしてみようと画策しています。

160520oni1

トラ柄パンツ用の生地を染めています。
ちょうど良い生地がなかったので
ゼブラ柄をキイロに染めています。
大阪向けっぽいでしょうか。

本体は新たに型紙を起こして作っています。
なかなか生地が少ないので
失敗はできません。
作りながら修正していく感じでしょうか。

それで時間ばかりかかってしまったのですが
ここまでできました。

160520おに2

フォルムはイメージどおりにできたので
目とかツノのパーツができたら
組み立てていきます。

まだまだトラパンツとかあるのですが
間に合うでしょうかね〜

完成するのが楽しみです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Ritti Bear 俺の造形展
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ギャラリー展示:
   6月8日(水)~12日(日)
ギャラリー siroiro./シロイロ.
〒530-0023 大阪府大阪市北区黒崎町14-4

店舗展示及びホームページ掲載:
   6月13日(月)~26日(日)

詳しくは▶俺の造形展

 

オニちゃん完成!!

なんだかんだと完成はするものです。

ツノや目のパーツが出来たら
パパッと組み立て完了しました。

ぬいぐるみって型紙作りに
70%の時間がかかりますね。
特に今回は染めているので
失敗すると生地が足りなくなってしまうので
なかなか本製作に
取りかかる勇気がでるまで時間がかかりました。

仮の生地で試作するのですが
布によって伸びが違うし
取る角度によっても
仕上がりの雰囲気が変わります。

最後は「エィ!ヤァ!」なのですが。

ツノや目は接着や塗装をしているのですが
季節によるのか、温度や湿度によって
スムーズにいくときもあれば
トラブルもあります。

今回は目の樹脂板の気泡が抜けなかったり
削っているときにムリがかかるのか
剥げてきたりしてやり直しが多かったです。
硬化に時間がかかる接着剤なので
時間がないとドキドキします。

160621おに1

イメージしたように出来上がりました。
構想より少し怖めでしょうかね。

目は妖怪もどきの定番の猫目瞳孔にして
瞳は金色です。
口元にはキバというか八重歯でしょうかね。
口を開くと案外怖いことになりそうです。
まだ子供鬼ですが
油断は出来ない感じですね。

夏に企画展用に製作した
「カッパちゃん」の姉妹作品となりました。

160521オニ2

今日は同じく染めていたトラ柄の生地で
服を作って着せてみました。

オーバーオールです。

アカい体にトラ柄を着せると
とたんに見覚えがあるものに。
もう定番の記号なのでしょうか。

160521おに3

明日はオニちゃんを入れる箱作りを
はじめます。

キチンと撮影会もしなきゃね。
しかしずっと製作していたので
部屋が大変なことになっています。

そろそろ片付けをしなくてはね。
はてさて。
 

いなくなっちゃったよ〜

ようやく「オニちゃん」を
発送することができました。

160524おに2

いなくなると寂しいものですね。
いつものことです。

オニちゃんは大阪に行ってます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
企画展 俺の造形展
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

国内有名作家さまの特別な1点物が集結だそう。
毎度のことながら緊張いたします。
なんとか恥ずかしくないように汗してます。

● 開催期間:6月8日(水)~12日(日)
       11:00~18:00

● 販売方法:抽選販売
 ギャラリー及びインターネットにて応募受付
 1作品に2名以上応募があった場合は
 抽選販売とします。

● 応募期間 :・ギャラリー応募
       6月8日(水)~12日(日)

       ・ホームページ応募
       6月13日(月)~26日(日)

● 結果発表:6月29日(水)
       11:00~18:00 営業時間内
●開催場所

ギャラリー siroiro./シロイロ.
〒530-0023 大阪府大阪市北区黒崎町14-4
http://siroiro.strikingly.com/

●最寄り駅
谷町線「中崎町駅」1番出口から徒歩1分
堺筋線「天神橋筋六丁目」13番出口から徒歩4分
JR環状線「天満駅」徒歩7分
阪急「梅田駅」徒歩13分

●中崎町からの行き方
中崎町駅1番出口から地上に上がり、
天五商店街の中を右に進みます。
一つ目の筋を左折。
2つ目の筋(小料理屋トリモ)を右折したら左手にあります。 


●主催・お問い合せ:Ritti Bear( リッティ ベア )
〒531-0063 大阪市北区長柄東1-5-21-1403
営業時間 :11:00~18:00
定休日 : 毎週 月・火曜日
tel/fax:06-6809-6820
e-mail:strada@rittibear.com
くわしくは▶俺の造形展

160524おに1

オニちゃん仕様ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・素材
  生地:モヘア
  ジョイント:ハードボード5ジョイント
  目:オリジナル樹脂アイ
  詰め物:ポリエステル綿、ステンレスボール
  手足のパット:ウルトラスエード
  その他:ツノ・牙(エポキシ樹脂塗装仕上げ、真鍮線)
      服(レーヨン/綿)、木製ボタン、
      ベルト(麻/ポリエステル混)
・サイズ:立たせた場合、全長約 30cm
・重さ:約 450g
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

キチンと紹介してしまいました。コピペですが。

発送から時間があるのは
作品を撮影されてHPにアップするためと
展示作業があるからでしょうか。

自分はなかなか大阪までいけないので
twitterで会場の画像が紹介されるのを
楽しみにしています。

キチンとお仕事しているかな〜とか
チラッと見きれたのを発見して一喜一憂、
我が子のコトのようですよ。

毎回楽しみなのは
他の作家さまの作品です。
テーマをどのように表現されるのか
ホームページがアップされるのが
待ち遠しいくらいです。

お近くの方々は、ぜひ「オニちゃん」に
会いにきてくださいね。
そして応募もよろしくお願いします。

東京の企画展

前回、オニちゃんを大阪に送り出しましたが
今度は東京の企画展のDM画像を
いただきました。
早速告知です。

190528ロボ展

「Robota-Robota」~包まれたロボットたち~

◾期間:2016年6月11日(土)~22日(水)※月曜定休

◾時間:12:00~19:00

◾会場:ビリケンギャラリ-
東京都港区南青山5-17-6-101ビリケン商会

◾参加作家
秋元机 梅津恭子 大塚勝俊(ToyField)
CLICK CRACK コイケジュンコ 杉興安 203gow
hippie coco ホリサチコ 湊敦子 ミヤタケイコ
坂井雅人

◆ビリケン商会HP:http://www.billiken-shokai.co.jp/

※作品の販売方法については、
会期直前にビリケン商会HPにて詳細をお知らせします。

全く場違いな感じですが
超人気作家さまたちの作品が集う企画展に
こっそり隅っこで参加させていただきます。

「ロボット」という硬質なお題を
フカフカの「ぬいぐるみ」で
どお表現されるのでしょうか!

もう自分でもお客さんとして
ワクワク楽しみな企画展です。
皆様もお楽しみに!!

って開催までに間に合うか
またもギリギリな自分です。汗汗
 

ロボ作り始めました。

前回お知らせしたように
東京でも企画展にお誘いいただきました。
製作の機会をいただけたことに感謝です。

ずっと構想を練っていましたが
そろそろ作らないと間に合わなさそうです。

まずは生地を探してみました。

160530ロボ1

夏のカッパちゃんにも
ツルツル素材でなくて
フカフカのモヘアを使った自分でしたが
今回はロボットということで
前から気になっていた
メタリックな生地を探してみました。

合成皮革の種類なのですが
エナメル生地っていうようです。

ツルツルピカピカの生地で
コスプレ衣装素材としても
使われているようです。
たしかにカラフルですしね。

表面をコーティングしてあるので
ほつれもなくて使いやすいとのことですが
ぬいぐるみ用としては
ストレッチしないように接着芯を裏打ちするのですが
なかなかノリが強力に付いてくれません。

表面のポリウレタン樹脂も
接着剤が付くのか不安なとこともあります。

ピカピカなのでキズもつきやすいのか
心配でもありますね。

とにかく初めての素材なので
じっと牽制して手をつけないでいました。

160530ロボ2

てなことで、まずは目のパーツを作っていましたよ。

前回作った時に接着剤が硬化せずに
ヤスリで削っていると剥がれてくることがありました。
今回は1番先に作って時間をおき
完全硬化してから作業できるようにします。

沢山作っているのは
次回分のブースカのもあるからです。

今回はちょっと雰囲気の違う感じにしてみましたよ。
それは後のお楽しみ。

160530ロボ3

それと内部メカを仕込もうと
前に買っていた「光線銃」を分解、
中のメカが使えるか検討してみました。

発光部はLEDかと思って
コード配線の抵抗値まで気を使ったのですが
見たら昔の点滅ムギ球でしたよ。
それと音声回路にはLSIとか精密部品があるかと思ったら
なんか樹脂にペタンと保護されているのか
あまりメカメカしいものがなくて
案外単純な構造でした。
可動部分もユルいのですが
壊れにくく設計されていて
よくよく観ると感心するところもあります。

しかし仕込む意味はあるのかなと
自問自答を繰り返してみますよ。

160530ロボ4

そんなわけで図面を引いて
おっかなびっくり作り初めました。

大丈夫でしょうかね〜。
 

Appendix

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

広告

Extra

プロフィール

雅太郎1号

Author:雅太郎1号
作るの好きなくせに
絶対完成しない人。
やればできる子。

最近はテディベア製作で
フェスに参加しています。
機会がありましたら
お声掛けください。

メリー号制作記は
カテゴリの「ワンピース2」から

ストーム・マシーンの
ロビー製作は「SMG」。

ニャンコ先生とか
その他もジャンルいろいろ。
まとまりがありません。

最近検索の多い
「ハレパネ貼り方」は
カテゴリの「工作」から
参考になれば幸いです。
 

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリ

柊 (15)
SMG (53)

FC2カウンター