Entries

サル始動

夢のようだったベアフェスが終わって
疲れもようやくとれました。

フェス用の作業をしていると
急に次製作するものを思いつきます。
今に集中すれば良いのですが
なかなか。
よく別のことを考えながら作っていることって
多いような気がします。

次回5月に開催されるデザインフェスタ29に
参加することができました。
それに向けての新作です。

140321サル1

子供の頃チョコレートの景品で
「おれ、ゴリラ」っていうのがありました。

デパートのお菓子売り場でポップとして
実物が飾ってあったりしたのですが
もうすっかり魅了されたものです。

リアルとデフェルメの良い塩梅で
こんなぬいぐるみを見た事無い!
良い意味でトラウマとなっている物です。

当然子供でしたからチョコを買ってもらう訳でもなく
応募もできなかったのですが
今も気になっているぬいぐるみです。

それと友人の家で拝見した
シュタイフのサルのぬいぐるみ。
手に取ってみると
足腰の曲がった感じがサルっぽくて
よく考えられたぬいぐるみだな〜と
感動した記憶もあります。

そんな感じでサルのぬいぐるみは
自分の中でハードルが高いものであるのですが
いつかは作りたいものの一つでした。

そんな中でサルを作ってみようと思います。
今回は様子をみるために
デフォルメしたシンプルなもの、
しかも、小さいマスコットくらいなものに
しようと思っています。

問題は顔の部分なのですが
複雑そうな起伏をどお作るか
いろいろ考えてしまいます。

140321サル2

イメージ画はシンプルなんですがね。
なかなか難しいものです。

最初は厚いフェルトをハサミでチョキチョキして
彫刻していく方法。
自分でも型紙を作るときにしている
スポンジをカットしていく感じでできないか
検証してみました。

探して最大5mm厚のフェルトを購入。
サイズと厚みでそれなりに高価でしたよ。

実際はそれでも厚みが足りず
貼り合わせしてみたのですが
積層跡が目立ちます。
しかもフェルトが硬めで
ハサミで容易にカットできません。

最初は簡単に複雑な形状が再現できると思いましたが
早々に諦めです。

次はニードル羊毛フェルトで作ってみる方法。
手持ちの羊毛でチクチクしてみました。

こちらは形状が自由に作れます。
しかし表面がどうしても荒くなってしまうので
どおもイメージと違うようです。

形は作ることができたので
全体の形状イメージを把握することはできました。

次はシートフェルトを使う方法。
シートフェルトは圧力や熱をかけると
変形させることができるので
ワタを詰めたりして立体感を出します。

凹ましたいところはステッチを入れて
全体を作っていきます。

これはなんとかうまくいった感じでしょうか。

フェルトがよいのかどおか、
今後検討してみます。

シンプルにしたいところですが
試しにシャドーをいれてみたり
しわをステッチしてみたりしてみました。

作っていて思ったのですが
サルってなかなか難しいモチーフですね。

今後はタッチを考えるといたします。
 
スポンサーサイト

はしご

詰め物が取れたので歯医者さんに行ったら
別の異常が見つかり、また通っています。
どうやら下の親知らずを抜かなきゃならないらしい。

会社の近くの医院にかかっていたのですが
会社の引っ越しが多くて
その都度お医者さんを変えていたら
イイところも悪いところもあるので
気に入ったら変更しないようにしました。

なので自宅仕事となったいまでも
わざわざ都心に出掛けなくてはいけません。

会社のあったとこなので
ショッピングついでというところでないのが
厳しいところ。

しかし今回は帰り道途中下車して
ぬいぐるみ作家さんの展示をはしごしました。

140405展1

なんか雲行きが怪しいです。
傘を持ってくるのを忘れました。
ちょっぴり急ぎ足で向かいます。


140405展2

原優子縫いぐるみ作品展 『stuffed!!』
Tambourin Gallery 〜2014年4月6日(18:00)

自分がぬいぐるみを作り始めた頃
最初に拝見した作家さまです。

日本橋で開催されていた時にうかがい
失礼にも作り方などいろいろうかがってしまいました。

なので久しぶりに個展を拝見しました。

ギャラリーが「タンバリン」なので
動物たちが皆タンバリンを持っています。
相変わらずシンプルな中に
ハッとするような愛らしさがあります。

今回は型紙を一部アレンジした
小さなパネル展示があり新鮮な感じがしました。
スッキリとした型紙ラインで
こんなに立体的な丸みになるとは、
勉強になります。

型紙検討のときに一度、
紙によるペーパークラフト状態のものも
展示してありましたが
この時すで可愛くなっていることに感動しました。

140405展3

お茶もご馳走になりすみません。
またおじさんが変な質問をしたかもしれません
失礼いたしました。
今度機会がありましたら
ワークショップにお邪魔いたします。

ーー雨も止んだので次へ

140405展4

ヒグチユウコ 『ふたりのねこ展』
ギャラリー・ドゥ・ディマンシュ 青山店
〜2014年4月6日(19:30)

猫のイラストが可愛いんです。
どちらかというと今井昌代さんの
ぬいぐるみを観に行ったのですが
(ブレーンカーいいね。完売でした。)
イラストや絵本を拝見していたら
思わずポストカードを買ってしまいました。

140405展5

カワイイ!

当初、ちょっと観た感じは
リアルな猫イラストというイメージでしたが
見つめていると、なんだか愛らしさが滲んできます。
この間、友人宅でネコを観たからでしょうか。

歯医者で意外に時間かかり
夕方、バタバタと歩き回ってしましましたが
楽しませていただきました。

外苑前駅で降りてギャラリーをめぐって
野方ホープでラーメンを食べて
久しぶりに原宿を歩きました。
このあたりはクルンと丸くなっていて
そんなに歩いた感じがしないのです。
住宅街にポツンと面白そうなお店とかあるし
飽きずに運動不足解消できてよかったですよ。

そういえば2人とも「ゆうこ」さんなんですね。
 

サル

ムムン。そろそろ焦ってきました。

現在、サルを試作中なのですが
サルって難しいですね。

よく、作ったもの
イラストとかぬいぐるみとか
作った人に似るっていうじゃないですか。
それも自分のコンプレックスな部分が
無意識に強調されたりします。

しかも、その時の心境なんかも
投影されたりするので
完成されたベアとは違う
難しさがあるんですね。

前もかなり検討した画像を上げたりしていましたが
賛否両論。
自分でも不安定な部分もありましたので
サイド挑戦しています。

友人からの資料提供や応援なんかもいただき
もうサルから逃げることができません。

時間を見つけてチビチビ作っています。
なかなか集中できないのも
自分自身の管理をしっかりしないといけません。

140415サル2

なんとかいけそうな感じになってきました。
今は胴体を含めてスポンジを削っています。

今回は15cmの小さいものです。
素材もモヘアでなくて
柔らかいボアを使用してみます。

なんとか数匹作りたいのですが
間に合うのでしょうか。
不安です。

140415サル1

毛がつくとイメージもまた変わるんだろうな〜

新しい仲間が生まれるのは
楽しくもありますが
やはり産みの苦しみもあるんだな〜と
今はウンウン唸っています。

はてさて、どうなるのかな〜
 

なんとかサル

すっかり間が空いてしまいましたね。
自分的にも久しぶりに更新出来たって感じです。

製作中のサルもようやく形になってきました。

140420さる1

手足は同じ感じです。
迷うのは毛の質感。
今回はポリエステルボアを使用しています。
いろんな種類があるのですが
なかなかイメージどおりにいきません。

左は長い毛足。ボサッとしたイイ感じなんのですが
ちょっとボリュームがありすぎでしょうか。
ちょっと散髪をしてもみたのですが
イメージはかわりません。

もう一方は短めの感じです。
キチンとできるのですがどおでしょうか。

とりあえず悩みつつ短い方を使って
作ってみました。

今回は芯に針金みたいなプラ製のものを使ってみました。
「テクノロート」という形状保持材です。

しなやかでよく曲がるのですが
ワタを詰めると微妙にワタのコシに負ける感じです。

金属線よりは曲げ強度もありそうなので
使ってみました。ポーズもとりやすいですしね。

お休みを使ってガンガン製作します。
そして、ひとまず完成。

140420さる2

サルです。
生地を裏返したとき頭と耳が出てきたときの
ウッキッキーな感じを味わいました。

140420さる3

チンパンジータイプなので
シッポはつけていません。
友人はお尻がないと嘆いていましたが。
必要ですかね。

140420さる4

大きさは16cm。ちょっと小さめです。

現在いろいろ眺めて検討中。
修正箇所をチェックして型紙を作り直します。
それと、作り方の効率的な順番なんかも考えます。

でもサルっていい感じですね。
人間に近いからでしょうか、存在感を感じます。

140420さる5

はてさて、これを量産して群れを作る予定ですが
間に合うのでしょうか。
しかも看板用に大きめのものも挑戦したいのですが
大丈夫でしょうかね。

しかも短パンを履かせようか悩むところ
作る時間はあるでしょうか。

はてさて。
 

量産中

140424サル

なんとか試作品までこぎつけたサル。
いろいろ修正しないといけないところもあり
型紙の調整をしました。

立体にしてみて、改めて気づくことがあります。

ここを狭くとかちょっと短めとか。
今度は思惑どおりにいくと良いですね。

今は量産体勢に入っています。
ちょっと面倒な顔を作っています。
目標は6匹かな?

気まぐれで口元をちょっと変えたりして
楽しみながらの製作です。

はてさてどおかな〜。
 

ほったらかし

140426KUMAネコ1

以前、モヘアの染めとかもして製作していましたが
ずっとほったらかしだったKUMAネコを
完成することができました。

イメージはバットマン!?

前の子にはマフラーをプレゼントしましたが
今回はなににするか。
考え中です。

140426KUMAネコ2

はてさて。
 

倍の数

140430サル

ただいま「サル」の量産中です。

適当に6体作ろうとまずは顔から作り始めました。
自分の技術で間に合いそうな数にしたのです。
3体だとほとんど1つのグループになるし
6体あれば群れっぽくなるかと思いました。

表情をちょっぴり変化させるため
作り方を変えたりして楽しくつくれました。

しかし手足や耳などを作るにあたり
それぞれ2つあることに気づいたのです。
6個の顔に倍の数の手足等のパーツ。
倍だから12個になるのです。

しかもウラオモテに縫い上げるので
生地もまたその倍の面積が必要だったのです。

余分目に買っておいた生地も
あと少しで足りなくなりました。

芯材に使う樹脂棒もなんとか部屋から探し出して
ちょうど6体分間に合いました。

また街に出掛けたときに
足りない分を購入してこなくてはいけませんね。

まったくこういうところの
見積もりがいつも甘い自分がいるのでした。

この間行ったときにナゼ買ってこなかったのか
そのときはそのときなんですものね。
 
手足や耳とかほとんどのものが2つある。
気にもとめていなかったのですが
思うと不思議ですね。
 

1号

合間をみつけてはチクチク縫っています。

心が落ち着くというのか
深夜から初めて集中すると外が明るかったり。
体がコチコチになっていたりします。

量産体勢に入って、作り方を効率的に
しているのですが
「そういえば、型紙を修正したんだ。」
「生地も変更したんだ。」と思い出し
まだチェックをしていないことに気づきました。

とりあえず量産(最終生産)型を1体作る事に。

当初は簡単にと思ったのですが
意外に工作箇所も多く
しかも自分では大変な数(6匹ですが)なので
先のことも考えたりして
ヒーヒーでした。
これも慣れていないからなのだと思いたいですね。

140501さる1

生地を変更しました。
前のは毛も短めで揃っていたので
作りやすく完成後も形が読めて
作りやすかったのですが
イメージとしては、もうちょっと長くて
バサバサした感じが欲しかったので
お店にいって購入してきました。

作ってみると毛足の分だけ
太く見えるようで
若干強そうになりましたね。
チンパンジーからゴリラ化か?

140501さる2

顔の部分を中心にテストよりボリュームを
下げたのですが、こんなものでしょうか。
ワタの詰め方や種類も部分的に変えてあります。
手足の動きを妨げないよう
フワフワ目のワタにしてみたのですが
あんまり変化はないようです。

後ろ姿もイイ感じです。

140501さる3

眺めているうちに可愛さも増してきます。

この調子で仲間を増やしていきますかね。
はてさて。
 

飲み会

連休中は、できるだけ出掛けるように
していましたが
ずっと、ぬいぐるみも作っていました。
デザインフェスタまでもうわずかです。

140507さる

ようやく基本の縫製も終わって
ワタを詰めながら指のところを仕上げていきます。
なんとかここまで来ましたよ。

合計6匹。
気分的には5匹くらいにした方が
精神衛生上よかったようです。
ゴレンジャーとかの「5」とういのも
意味のあるものかもしれません。

今回はほとんど針を刺す場所が確認できないという
入り組んだ作り方をしているため
一作業するごとの疲労がすごいことに。
ここまで完成したのは奇跡的なことなんでしょうか。

まだワタの入っていない状態ですが記念撮影。

こうして見ると
野郎どもの飲み会写真のようですね。
へんに楽しそうです。

ちょっと不安でしたが、ひと山超えた感じで
ホッとしています。

はてさてワタを詰めて
命を吹き込まねば。
 

ナゼか、はいています。

そういえばベアフェスというカテゴリにしていますが
サル作っていますね。大丈夫でしょうか。

本日無事に6匹出来上がりました。

ワタを詰めて綴じ口をキュッとする感覚は
快感になってきています。

サルたちを眺めていて
なにか足りないと思っていました。

まあ、ちょっと余裕があったら
作ってみようと思ったことをしてみました。

141518サル1

スボンをはかせてみました。
現在はフェルトで仮縫いして型紙を作っています。

本人は全く必要ないとは思いますが
やはりズボンが似合います。

当然シマシマ柄にしたいのですが
キチンと裁断すると
シマシマが平行になりません。
ここちょっと考えどころですね。

しかもぬいぐるみの腰って
人間デザインのズボンがどうもカッコ悪くなります。
どうしたものかね。

悩みつつありますが
なんとか作ってみることにします。

さ〜て間に合うかな〜。
すでに来週末まで迫ってきました。
 

デカパン先生

ズボンを作りはかせてみました。

シマシマってのもあるのかデカパンです。

140510さる1

なんかズリ落ちてくるようです。

「履き心地わるいな。」
「吊りズボンにしてもらおうぜ。」
「やってくれるかな。」
「ブツブツ」「ブツブツ」

なんか相談させてしまっています。
さあ、材料買ってきて取り付けしますかね〜。
 

吊りズボンになる。

もう今週末なんですね。デザインフェスタ。
スゴくバタバタしているかと思っていましたが
今はお仕事で絵を描いたり
模型を作ったりしています。

大丈夫なんでしょうか。
ミラクルに期待です。

ずっと作っていたサル達の要望で
吊りズボンにすることにしました。

ボタンとストラップを付けただけですが
これでズレ落ちてくることもなくなったようです。

140513サル1

「やっとこさ気分良く着こなすことができましたよ。」

よくあるチンパンジー衣装なんで似合いますね。

140513サル3

色はパンツ違いでアカ系とアオ系の2種。
それだけでグループができてしまいそうですね。

140513サル2

「土曜まで準備できるのかな〜」
「それより寝坊しないかだよね。」


最近夜型になってきているので
直さないといけませんね。
 

いよいよデザインフェスタ

なんか、アッという間でした。
いよいよデザインフェスタがこの土日に開催されます。

報告が遅くなりましたが
今回出展する作品を紹介させていただきます。

140515kumaneko1

#21 KUMAネコ(ハチワレ)

通称バットマンです。
KUMAネコシリーズの新入り。

140515kumaneko2

悪に立ち向かう厳しい表情。
ちょっと上向きです。

大きさ:約24cm(本体のみ)
素 材:モヘア、ウルトラスエード、
    オリジナル樹脂アイ、ボードジョイント5箇所
付属品:丸太のスタンド(木製、針金)、貼り箱
カラー:クロ、ベージュ
お値段:19,000円


このKUMAネコシリーズは今後も
作り続けていくつもり。


140515サル1
140515サル2

SARU

クマ以外なものは久しぶりです。
サルってちょっと思い入れがあったので
なかなか苦心しました。

ズボンの色違いで2種類あります。
表情も少しづつ変えているので
お気に入りを見つけてください。
ただ、6匹の群れでいます。お気をつけて。

大きさ:約16cm
素 材:ポリエステルムートン、ウルトラスエード、
    樹脂アイ、樹脂芯
カラー:全2種(ズボン違い)
お値段:4,000円


妙に人間っぽいサル達です。
ぜひ、会場でごらんくださいね。

ブースNo.はE-157
1階Eコーナーの右奥って感じでしょうか。

これからタグや箱など
準備をしなくてはいけません。

今回運ぶ時使っていたダンボール箱を
衣装コンテナに変えてみました。
新しく大きめの物を購入したのです。
雨のときに効果があるかと思って。

しかし大きさが中途半端で
全部収納できませんでした。
表示サイズもあてになりません。

泣く泣く諦めて同じダンボール箱を
今回使うことにしました。

なんとも…。

それでは、皆様にお会いできるのを楽しみに
なんとか体調を整えて
2日間ガンバリますね。
 

バタバタですが。

デザインフェスタも明日からとなりました。

今ごろになって要項なんか確認しています。
本来ならば準備でバタバタなのですが
ちょっとのぞいてきました。

140517展1

梅津恭子 ぬいぐるみ展2 ビリケンギャラリー

人気ぬいぐるみ作家Plum'sさんの作品展です。
最初もお邪魔して拝見しましたので
ここでは2回目ですか。
かなりの盛況だったらしく
ギャラリーも沢山でした。

140517展2

140517展3

140517展4

140517展5

写真を撮影させていただいたのですが
ほとんどピンボケで残念でしたよ。

なかなか勉強になります。
数多くの作家さんの作品を拝見していて
自分の足りない事などはわかっているのですが
そのことをギャラリーの方とお話していて
頑張らないとなとなと
より痛感したしだいです。


いよいよ明日はデザインフェスタ開催です。
自分は土日2日間出展予定です。

朝キチンと寝坊しないで起きれるか心配で
眠れないのです。なんとも。
ボーっとしたおっさんを見かけたら
お声をお掛けくださいな。

それでは
皆様のご来店心よりお待ちしております。
 

デザインフェスタ初日!

本日はデザインフェスタ初日でした。
心配していた寝坊もなくて無事到着できました。

140517フェス1

お天気は大変良いみたいですね
(建物にいたのでわかりません)
しかし大盛況だったのでしょうか
お客さんが沢山でビックリでした。

自分のブースでも足を止めていただき
カワイイといってもらい恐縮いたします。
(店主が可愛いわけでなく)

140517フェス2

皆様が気になった作品で悩まれる姿が
当人は真剣なのでしょうが
微笑ましく拝見しておりました。

里親さまになっていただいた方々には大感謝です。
末永く可愛がってくださいね。

またもや、嬉しくあったり寂しさもあったり
複雑な店主だったりします。

相変わらずの一人出展だったのですが
お手伝いに来ていただいた友人さまたちも
お疲れさまでした。

また、明日もあります。
クマたちも待ってるよ〜。

ありがとうございました。

本日、日曜も参加しましたデザインフェスティバル
無事終了いたしました。

140518フェス1

2日目の会場1時間半前でも入場を待つお客様たち。
熱意を感じます。

今回の出展で自分の作品に興味をもっていただき
お声掛けいただいたことに感謝いたします。

こういうフェスに参加する醍醐味が
段々わかってきました。

直接作品を手に取ってご覧いただき
お話をお聞きしたりするのは
大変勉強になります。

しかも里親になっていただき
自分の作品を選んでいただけることも
直接手渡しできることが幸せでした。

こんな知らないおじさんのぬいぐるみを
会場で初めて見ていただき
気に入ってもらえ、お家に連れて行っていただける、
そして今ごろ包みから出して
可愛がっていただけていることを思うと
感激してしまいますね。

友人にお手伝いいただいたり
また出展している作家さんを紹介いただいたり
お隣さんとお話したり
馴染みの作家さんが訪ねていただいたりと
知り合いの増えていくとことが
嬉しいことです。

140518フェス2

そんな夢のような時間ももう終わりです。
片付け始めると
全身軽い筋肉痛になっていました。
なんとも体力をつけないといけませんね。

次回は2014/7/19・20開催の
第22回日本テディベアwith Friendsコンベンション
参加いたします。
有楽町の東京国際フォーラムで開催されます。
こちらの出展での参加は初めて。
大きなイベントなのでドキドキです。
また新しい作品を考え中ですよ。

帰りに夕ご飯を食べたら
ひとまず寝る事にいたします。
深夜目を覚ましたら
また、いつもの時間の始まりです。
 

Appendix

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

広告

Extra

プロフィール

雅太郎1号

Author:雅太郎1号
作るの好きなくせに
絶対完成しない人。
やればできる子。

最近はテディベア製作で
フェスに参加しています。
機会がありましたら
お声掛けください。

メリー号制作記は
カテゴリの「ワンピース2」から

ストーム・マシーンの
ロビー製作は「SMG」。

ニャンコ先生とか
その他もジャンルいろいろ。
まとまりがありません。

最近検索の多い
「ハレパネ貼り方」は
カテゴリの「工作」から
参考になれば幸いです。
 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリ

柊 (15)
SMG (53)

FC2カウンター