Entries

ようやく始まりました!?

5月のデザインフェスタ以来
ああだこうだと考えていた
デディベアなのですが
ようやく製作をはじめました。

12月に小さなテーブルでの出店
「ドールワールド・リミテッド」があるので
そのときに新作でもと思いました。

130921ベア2

下図を描いてスポンジで立体を作っています。
いつもな感じなのですが
今回は目を自作するつもりです。

どおなるのかな〜。
まだまだ自分を温かく見守っていくつもり。

130921ベア1

興味があって見つめているのですが
なんか怒り顔になっているような
怒られて我慢しているような感じがでればと
まだまだ改造は続きます。
 
スポンサーサイト

目作っています。試作中

久しぶりに部屋の大掃除を始めました。
今まで進めていた大物が納品されるためです。
お部屋のモードを早く変えたいところですが。

テデイベアの作業もようやく始めました。
今回は新規なので、型紙から作ります。
とはいえ、その前にテストをしなくては
いけない部分が…。

130930ベア1

目を作っています。

最初に作ったテディベアのように
プラスチック素材を削り出します。
前記事

色部分と透明パーツの貼り合わせは
今までエポキシ系接着剤を使用していましたが
今回は最近主流のシリコン系のものを
試してみました。
なんでも素材の水分で硬化するらしいのですが
このようなサンドする仕様でも大丈夫でしょうか?

透明感のある接着剤を使用。
すごいトロトロ粘り気ですが
気泡は入り辛いようです。
ギュ〜と押しつぶして貼り合わせ。

エポキシのときは、ちょっとした衝撃で
剥がれたりすることがありましたが
こっちはどおでしょうかね。
シリコン系なので柔軟で衝撃には
強そうではありますが…。

60分で硬化しはじめ
完全硬化まで24時間!?
ものによっては2〜3日!!?

せっかちな自分は我慢できるでしょうか。

硬化したら削り始めます。

さてはて。
 

目作っています。相変わらず

引き続き目作っています。

ブレードランナーっていう映画でも
レプリカント用に目だけ作る博士がいました。
人形やテディベアでも
職人的な作家さんがいるのでしょうね。
今度調べてみますか。
それともガラス工芸してみるか!?

前回接着貼り合わせしたプラスチック板。
なんとか硬化したようです。
万力なんかで圧力をかければよかったのですが
フチが若干浮いてきていました。
削ってしまう余分部分なので影響はありません。
触ってみるとキチンとくっ付いているようです。

131001ベア1

余分を削りました。
フチを削りとってから、表面の透明層を
丸くしていきます。ここでもヤスリをかけるのですが
荒めから徐々に細かいものにしていき
削りキズをなくして滑らかにしていきます。

ここを「あまちゃん」の勉さんのように
ひたすら磨くこともできるのですが
今回は後で塗装するので
ソコソコにしておきました。

131001ベア2

今回はブルーの瞳です。
のり付きシートにプリントするのですが
今回はメタリックにしてみています。
深みとか出ているでしょうか。

ブルーの部分は瞳なので
丸くマスキングして白目のところを塗装します。
ここは手軽にスプレー塗料。シュシュと。

画像は爪楊枝にマスキングテープで固定しています。

乾燥したら、マスキングテープを外します。
油断していたらキワが汚くなったので
溶剤をつけた綿棒でクリーニング。

そして最後に全体をクリア塗装します。
ツヤが一気にでて目らしくなりました。

131001ベア3

メタリックなので瞳が光の具合いでキラリと光ります。
透明板分の奥行きが出てヨイ感じです。

試作は成功!
イメージどおりに出来ました。
採用といたします。
あとは実際にぬいぐるみに装着してみて
また検討してみますかね。

もう反対側も作ってウラ側に糸を止める穴を作ります。

さてはて。意外に大変だったぞ。
 

今度は型紙

ぬいぐるみ作ってます。

目は目処がついたのですが
若干改良が必要かも。

今回は型紙を作ります。
作り方といっても、いつもの自分流なのです。

初回、下書きに沿ってスポンジで立体で作って
イメージしました。
そこに布をあてて縫い代にそってカットして
スポンジを包んでいきます。
縫い目の場所やとり方って
長年の伝統なのか様式があるように思います。

ある程度できたら縫い合わせてワタを詰めたり
気になる部分の布をカットして
つめたりと微調整を繰り返します。

131003ベア

まずは頭から。
布は100均の大判フェルトを使っています。
出来た目パーツをつけたり
ワタの詰め具合いを調整したりと
なんとか形になってきました。

後は体部分の型紙取りをして
全体を包みます。
出来上がったら惜しいのですがまた縫い目を解いて
パーツ単位に広げて形を紙に写していき、
ここでまた微修正と案外手間がかかりますね。
ぬいぐるみの命ともいえる
型紙を作っているので納得できるまで続けました。

さてうまくいっているでしょうか。

作業は続きます。
かてさて。
 

型紙完成か?

お仕事も一段落したので
作品製作を始めています。

久しぶりとなっているので
またまた作り方なんか
忘れているものがあったり
いつまでも初心を味わえるので
楽しいばかりです。

前回進めていた型紙作り。
フェルトをチョキチョキしてます。

131005ベア1

今は体を作っています。
スポンジ型にフェルトを巻いて
縫い代部分でカットしていきます。

それをもう一枚写して左右のパーツを作り
糸でざっと縫い軽くワタを詰めてみたりしています。

絞るところはまたカットしてつめて縫ったり。
画像では大体のイメージが出来ていますが
それでも修正するところはペンで印をつけています。

なんかカタチになるとうれしいですね。
しばらく眺めまわします。

早くモヘアを縫いたい気持ちを押させつつ。
 

アタマの試作!?

型紙の目星もついてようやくモヘアでの製作です。

このモヘア、思っていた以上に高価で
いつも作り始める時は緊張します。

はたしてこの生地の値段以上のものを
作ることができるのか!?
悩むところです。

前回縫い合わせたフェルトぬいぐるみを
一旦バラバラにします。
糸をチョキチョキ、もう黄色の彼奴にはあえません。

パーツごとにわけたら平にして
紙に形を写します。
このときにラインの修正とかもして清書します。

ようやく型紙ができたわけですが
これをモヘアに写して切り抜き作り始めます。

このときいつもモヘアの毛並みの方向に悩みます。
繊維のタテヨコで決まるのだと思うのですが
最近は斜めにしかみえないものもあったり。
こういうときは見たとおりにしますよ。

せっかちなので、とりあえずアタマを作っています。
フェルトで雰囲気を見たとはいえ
ワタをパンパンに詰めたり
毛のボリュームとかでまた変わってしまうので
実際に使うモヘアで様子を見たいのです。

まあ、お試しなので気楽に
まだ生地にも余裕がありそうだし
チクチク縫ってみました。
作った目とかもはめ込んでみたり…。

131007ベア2

口も刺繍?して付けてみました。
ウ〜ン、なんかイメージと違うな。
アタマ全体も毛の長さ分大きくなっているようだし…。

131007ベア1

目の大きさをちょっと大きくしたり
口をへの字にしてみたり
頭を揉んでみたり。
ジタバタを続けます。

131007ベア3

口を小さくしてみたり
目の周りを暗く着色してみたり。
ちょっと悪っぽい顔になりすぎ?
ショッカーに改造されたか?

なんかいろいろ手をかけていると
だんだんものが主張してきて
最初のころの、のっぺりした感じから
意思をもってきているような感じがしてきました。

モヘアはもったいないですが
これは試作テストとして
これは!と思った方向に作り直すといたします。
耳の付け方も失敗しているしね。

また、いろいろ材料を
買ってこなくてはいけないようです。
さて製作はつづく…。
 

アタマ完成!?

今ちょっと忙しいのですが
ちょこっと進行状況のお知らせです。

131009ベア

アタマが二つになりました。

今までテストで進めていたものを参考に
左のが完成品です。
いろいろ変えているのですが
全く同じにならないのは
手作りの醍醐味か。

今回はこんなところで!
 

ようやく完成!?

なかなか製作に取りかかれなかったので
いざ作れるなると
勢いで一気に作ってしまいましたよ。

131013ベア0

最初にイメージしていたものとは
ちょっと違うのですが
実際、立体にしてみたり生地に置き換えたり
ワタを詰めたり、刺繍をしているうちに
こういう物はこうなるんだよ。と
言われるまま作ったように感じます。
工作精度はまだまだなのも理由なのかもしれません。
一応工程が完了して
全体をモミモミしながら立たせてみると
キミってこうだったんだね。と見直したりします。

131013ベア1

131013ベア2

131013ベア3

131013ベア4

ちょっと怒っていますかね〜。

これからの作業としては
服を着せるか、首に巻くか検討してみます。
仲間ももうちょっと増やそうかな。

ーーーーーーーー
春に参加したテディベアフェスティバルが
この土日に京都で開催されていました。

自分はご招待券をいただいていたのですが
伺うことができませんでした。
皆様は楽しまれたでしょうか。

なかなかほぼ旅行的な距離なので
参加は難しいかなと思っていましたが
来年とかでも機会があったら
申し込みをしてみようかなと思っております。

京都って修学旅行でも縁がなかったし
もちろん観光もしていません。
昔、仕事の出張で乗り換えだったのですが
空いた時間は模型屋さん目当てのでしたので
有名な金閣寺とか清水寺もどこにあったのか!?
という次第です。

美味しいものも沢山あるとお聞きしているので
そのときは調べて満喫したいと思っております。
 

手を出すまいと誓っていたのに。

漢たるもの編み物には
手を出すまいと思っておりました。
なんとなく女子限定の趣味っぽいし
おじさんがやっていても格好良くない!って感じで。

実家の母親が編み物を趣味にしておりまして
子供の頃からセーターやカーディガンはお手製でした。
お洒落な弟はもちろんイヤがって
着ることはなかったのですが、
無頓着な自分は暖かければ良いとばかりに
愛用していました。
ちょっと前にテディベア用のセーターを
作っていただきました。
今は目がわるくなって作るのが難しいそう。

▶ぬいぐるみの記事

自分は子供のころから工作趣味でしたので
編み物にも興味があって
母親に教えてもらったことがあります。
しかし、魔法のような複雑な指さばきは
自分には解析できなくて
最初の作り目から挫折していたことを思い出します。

そういう理由もあってかの
悔しさまぎれの敬遠なのですが…。

この、ひとまず完成したKUMAなのですが
ふと思い立ちマフラーを装着させることにしました。

既製のニット生地を縫うのもよいのですが
以前、拝見した編み物の記事を思い立ち
読んでみたら今の自分だったらできるかなと思い
手編みに挑戦することにしました。

小さいものだしマフラーなのでササッと簡単かなとか
安易に考えていたのです。

参考記事
ほぼ日刊イトイ新聞「目薬ポーチであみもの入門」

基本は細長く編むのでちょこっと変えるだけで
参考になりそうです。

早速、毛糸と棒針を
街の手芸屋さんへ買いにいってきました。
ちいさなお店なのですが講習会とかもやっているよう。
店内では「おばさん」!?たちが楽しそうです。
最近こういう女子のお店へ入店することの
恥ずかしさが薄れてきています。
これも年なんでしょうかね。
しかし毛糸も道具も案外高価ですね。
手作りセーターなんて超高級品です。

早速、動画を参考に作り始めます。

131015手芸1

作り始めるのですがまったく要領がわかりません。
何回の失敗します。
これはかなりの練習が必要なようです。
超初心者なのに細い棒針、扱いにくいモヘアの入った
縒りの浅い毛糸。気持ちがメゲて投げ出しそうでしたよ。

131015手芸2

失敗の山。
上から下から工程を思い出しながら作っていると
すっかり忘れてしまって途中で失敗するのです。
これは長丁場。
絶対失敗なく完成するのは不可能な感じがします。

あれこれ考えて他の作り方も検索して
「1目ゴム編み」にするも、単純な裏と表と編むのでさえ
途中でどっちだったかすら忘れてしまいます。

これはなんとかせねばと
基本同じ工程を繰り返す
「ガーター編み」ですることにしました。

なかなか糸テンションの入れ方がわかりません。
それでもなんとか1日がかりでここまで…。

131015手芸3

毛糸の特性のおかげか編み目がバラバラでも
なんとか雰囲気で誤摩化されている!?
このペースだと、あと3日はかかりそうです。
本当はもうちょっと太い棒針でザックリ編めば
工程も少なくて早くできたかも。

まだまだ流れるようには編む事ができませんが
これは大変な作業ですね。

自分が学生の頃は
女の子が大好きな先輩のために編み物を編んでいました。

いざ自分が作ってみると
憶えることの大変さ、手間のかかる工程を
実感します。慣れないと1日かけても数センチしか
進まないのですが
出来上がったのを見ると、
その作っていた時間や想いなんかが
編み目に反映されていますね。

その分「重い」のですが
昔ケンカしてもらい損ねた手編みの作品
もしいただいていたら、単に嬉しかったり、
逆に怖かったり!?していただけと思うのですが
自分が作った今だからこそ
そのモノのの意味がわかってきますね。

作っている時間とそのとき考えていたこと
それがそのまま表現されているものだと感じます。
昔の写真のような手紙のような
積もった地層みたいなものとして。

現代では若い方はあまり編み物ってしないのかな〜
昔を思い出していろいろ懐かしくなったりします。
 

特訓の結果

ちょっとマフラーをつけさせたいと
簡単な気持ちで始めた「編み物」。

前回、苦闘ぶりはお伝えしましたが
ようやくなんとか完成しました。

3日間の集中特訓でした。

11019ベア1

気がつくと2本できています。

まあ棒針も細いので工程数的には
人間サイズのものと変わらなかったのかもしれません。

最初の色毛糸はモヘアが入っていたりする
縒りのゆるいものでした。
糸滑りも悪く
針でくぐらせるときに他の糸部分も持ってきたり
変な引っかかりがあったりして
初心者としては大変編み辛い糸のようでした。

それで街に出掛けたついでに
別の糸を購入。それが白い方の毛糸です。
なんでもベビーアルパカだそうで
大変しなやかで柔らかい。
縒りもキチンとしていそうです。

思ったとおりバツグンの編みやすさ。
逆にしなやかすぎて
結んでもすぐに緩くなってしまうくらいでしたよ。

やはり基本はキチンとしたモノで学ぶべきですね。

とはいえ途中で間違えたのか
コマ数が増えていたり、糸が棒針から抜けてしまい
リカバリー方法がわからずに
もう一回最初からやり直しとか
失敗は両手の指の数ではおさまらないくらいでしたよ。
何度くじけそうになったか!

編んだのを解くときは
なんだかいままでの何時間を捨てているようで
大変なむなしさを感じていました。

基本となる編み方が「アメリカ式」だったので
他の解説ページの「フランス式」と
保ち方がゴチャゴチャになったり
結局は自分の失敗のないやりやすいやり方にしたので
なんとかコツなんかつかめるようになりました。

慣れてくると無心になるというか
なんにも考えない方が失敗もすくないようです。

一時は夢でまで編み物をしている自分でしたが
無事完成してよかったですよ。

編み物のスゴさも、まだほんの入り口ですが
理解できたように思います。

131019ベア2

早速装着!!
なんとかうまくカタチになってくれました。
KUMAにもよく似合っていると思います。
これでこれから寒くなる季節が待ち遠しいところか。

今度はカーディガンとかにも挑戦したいところですが
失敗なくずっと編み続けるようなことには
神経が保ちそうにありません。

もっと修行が必要ですね。

はてさて。
 

増殖

131024ベア

2匹になりました。増殖中。

こちらは赤目で暖色系です。
生地の風合も違うので、また個性が出てきています。

マフラーもちゃんと作りました。
時間がかかっていた編み物も最近では慣れてきて
逆に中毒ぎみなのか
無償に編みたくなります。

色バリエーションも試してみたいので
来週、生地を仕入れにいきたいですね。

12月のフェスに向かって製作中。
 

ドールワールド・リミテッドに

131025ベア1

12月15日に開催予定のイベント
ドールワールド・リミテッドに向かって
作業をしています。

ホームページでは今回参加される出店者さまたちの
作品が掲載されています。
多分ご案内ハガキのデザインになると思うのですが
TOPページに画像が公開されています。

その中に自分のKUMAがいることに感激!
ちょっと嬉しくなりました。

これを励みにまた作業を進めます。
 

ネコ!?

131030ベア1

テディベアを製作中。
このタイプは3匹めです。

すでにネコ!?

今後どおいう展開になるか自分でも心配です。

今週土日には「デザインフェスタVol.38」
開催されるようです。
自分は出店応募したのですが
落選してしまいました。
悔しいので、お客さんとして行ってこようと思います。
カオス状態のマンモスフェスですで
ヘトヘトになりそうですが、
材料とかも仕入れてきますかね。楽しみです。
 

木工工作

これまた久しぶりの木工工作。
ノコギリでカットしたり
ドリルで穴あけをしています。

131104ベア1

昔買った卓上ハンドボール板。
スプリングで押しながら穴あけします。
ちょっと精度が悪いのが玉にきず。
穴を2箇所あけて針金をとおします。

131104ベア2

丸太の輪切りにも穴あけ。
棒パーツを木ネジで固定していきます。

さてなにを作っているかというと…。

131104ベア3

新作KUMA(ネコ?)を立たせるためのスタンドです。
ぬいぐるみも3体できました。
なんとかうまく立っているようです。

まだ、細かいパーツは検討中ですが
パチパチ撮影してみました。
次回紹介いたします。
 

KUMAネコ!?

新作テディ3体がとりあえず完成!?しました。
ちょこっと写真を撮ったので紹介しますね。

131105ベア1

最近生まれたKUMAネコです。
三毛にしたらよりネコぽくなりましたね。

131105ベア2

131105ベア3

131105ベア4

たしかに背中にニャンコ先生がいますね。

131105ベア5

最初に製作した子です。

131105ベア6

こちらは精悍なイメージ。

モヘアの違いか当社の技術力のせいか
それぞれ個性がでてきていますね。

よく子供とか猫とか
興味があるのか見つめていることがあります。
自分でもよくあるのですすが
視線を感じたらこんな感じで観られている事も。
別に怒っているわけではないのでしょうが
ナゼか厳しい視線になっている。
そんなところが可愛いなと思って
作ってみました。いかがでしょうかね。

なんとなく、こいつらがいると
いい加減なことが出来ないといいますか
戒められている感じがします。

12月15日に連れて行きますので
お楽しみに。

まだ細かいところを変更することもあるかもしれません。
またちょくちょく紹介しますね。

さて箱をどおするかな〜。
考え中です。
 

書類いただきました。

131106フェス

12月15日日曜日の1日だけの小さなブースですが
ドールワールド・リミテッドに参加します。

出店をお願いしておりましたが
ご案内書類をお送りいただきました。
なんとなく迫ってきているのだな〜と実感いたします。
こちらは初めての出店なので
よく読み込んで失敗のないよう心がけます。

なんとPR用なのでしょうかDMハガキを
沢山いただきました。
入場は無料ですので招待状ではありませんし
当日会場でもいただけるものですが
もしご希望の方がいらしたら
お送りさせていただきます。
「当日行けない」という方でも大歓迎ですよ。

記事末の「コメント:」をポチッとしていただくか
「拍手」ボタンよりコメント蘭に
ご住所・お名前をお知らせください。

(個人情報になるかと思いますので
閲覧を管理者のみをチェックいただくか
ロックをかけていただけるとありがたいです。)
画像のDMハガキをお送りいたします。

※このハガキをお持ちいただいた方には粗品ですが
 作品を撮影したポストカードをプレゼントします。
 せっかく足を運んでいただいた方に感謝です。

はてさて、楽しみなのです。
今までのテーブル面積の半分、
今までうかがったドールワールドフェスの
半分のフロアなのでコンパクトなイメージでしょうか。

ちょうどクリスマス前なので
それらしい子でも追加で製作しますかね。
他の作家さまの作品も楽しみです。
 

天然のもの

最近は季節も予定どおりやってきているようで
日中は秋の爽やかなというより
ちょっと暑いくらいの日がありますが
やはり夜となると寒くなってきました。
そろそろコートも必要でしょうか。

通勤もないのでバイクにのらなくなりましたので
そんなに厚着をしなくてもよいみたいです。
普通に歩いていると
駅や街はそんなに寒くない
便利な世の中再認識ですね。

寒くなるととやはり暖房を付けてしまいます。
部屋ではダラダラな部屋着でリラックスしているので
案外敏感なんです。

あまり効かないエアコンを使っているのですが
本当の冬になるとファンヒーターになります。
全日全開だと光熱費もかかるので
チョッピリ我慢も必要です。

そんなことをダラダラ考えていると
部屋から「パキッ!パキッ!」っと音がします。

これは心霊現象か!?と思っていたのですが
原因を探るとどうやら最近作った
テディベアスタンドのようです。

丸太の土台からの音でした。
最初から少しヒビがあったのですが
エアコンを付け始めたことによる
部屋の空気の乾燥が原因かと。
木が乾燥してヒビが広がるときに
「パキン」と音がするようです。

これは真っ二つにはならないのでしょうが
なんとかしなくてはいけません。

部屋をある程度湿度を保てばよいのでしょうが
それはむずかしそうです。
表面にニスを塗ってコートすればよいのですが
それだと折角の自然な風合がなくなります。
ちょっと無粋な感じがするのです。

なので昔メリー号のときに作った
天然ワックスを塗って観る事にしました。
クルミ油と蜜蝋のブレンドです。
クリーム状なのでヌリヌリしました。

131110ベアフェス

油分でコートして保護するのですが
やはりちょっと湿った色合いになります。
しかもちょっとベタベタしている。
ムム、いつも心配になるのですが
前のメリー号のときも時間が経てば馴染んだので
大丈夫とは思います。思いたい。
2週間くらいは様子を観てみます。
後悔しないか心配ですが…。

なかなか革とか鉄、木材のような天然素材って
風合が変わるのがよかったりしますが
保存するのが大変です。
なにかしら加工が必要なのですが
そのままというのが難しいですね。

東京藝術大学大学美術館で24日まで開催中の
「国宝興福寺仏頭展」では
わずか3cmの薄板に十二神将を彫ったものがあるとか。
薄い板とは思えない立体感なのですが
これも天然木なので現存しているのが
奇跡的なのでしょうか。
腐ったり割れたりしないのでしょうかね。
大事にされていたのが大丈夫な理由でしょうが
こういうものって
その地にある環境にピタリとあっていたのでしょうね。
開けたとたんに劣化していくような
古墳の壁画のような…。

なんとなく部屋が暖かくしているのが
やはり自然に逆らっているってことなんでしょうね。
便利な世の中ですが
自然って正直です。人も自然だったよね。
風邪もひいたりするもんね。
 

箱作ってます。

なんとなく予定がはっきり決まらないまま
ある時期に集中しそうな予感がします。
お仕事や楽しいことなんかなのですが
なんだか不安です。

こういう時は決まっているものから
片付けていくことにします。

131123ベア1

12/15のベアフェス用に製作した
KUMAネコの箱を作っています。

厚紙を組み合わせて箱を作り
そこに化粧紙を巻き付けて貼り箱としています。

フタはイラストをプリントしています。

ちょっと大げさな感じになるのですが
これも愛情があってこそ。
キチンと送りたいのです。

131123ベア2

3匹それぞれ違う色にしています。

なんだか中身より箱の方が立派な感じになっていますね。

気がつくとフェスまで、もう1ヶ月もありません。
またギリギリでジタバタしないように
ちゃんと準備しなくてはいけませんね。
 

タグ付けています。

131125ベアフェス

箱が出来たので今度はベアにタグを付けています。

デザインして厚紙にプリント。
カットして穴を開けて糸で結びつけます。

タグには「STARE!」と表記しています。
「見つめる」という意味ですが
英語力のない自分は文法的にこれでよいのか
不安だったりします。

よく海外で見かけるヘンテコ日本語みたいに
なっていないと良いのですがね。

タグが付くとキチンとした感じがしますね。
 

名刺がわりに

しだいに近づいてきた
ドールワールド・リミテッド。
あと、2週間ですか。
準備をしています。

毎回出展目録として大きな紙に写真を
プリントしていましたが、
今回は名刺がわりにカードを作っています。

131203ベアフェス

今まで生まれてきた子たちです。
すでに里親さまのもとで暮らしている子もいます。

モヘア版ぬいぐるみには製作順に
番号をつけていたりします。
最近の「三毛のKUMAネコ」で18番。

まだまだ駆け出しだな〜と
これから頑張っていかねばと感じましたよ。

このブログをご愛読されている皆様は
すでにご存知のアドレスを紹介しています。

今度のベアフェスに置いておきますので
お気軽にお持ちいただければ幸いです。

そろそろ不安と楽しみが入り交じる
落ち着かない気持ちになってきましたよ。
 

作り直し?

以前、KUMAネコ用に作った
スタンドについて書きました。
前記事

もともと少し入っていたヒビが
最近の乾燥気候のせいなのか
パキパキ音がして大きくなっていました。

ほぼ自然な木材が変形して
ヒビが進んだものと思いますが
それを防止するために天然ワックスを塗ったのです。

かれこれ1ヶ月くらい経ったでしょうか。
どうも沢山塗り込んだのかペタペタが
収まりません。

特に樹皮のところとかね。

ペタペタだとぬいぐるみを立たせたときに
足のウラに油分が移ってしまいそうです。

なので新しいものに取り替えることにしました。
失敗です。

131203スタンド1

輪切りをまた購入してきました。
お店ではやはり乾燥や破損を防ぐために
フィルムシュリンクをしてあります。

KUMAネコにはスタンドを付属しようと思います。
なので、このフィルムを外さないで
一部のみとしてアームを取り付けました。
これも保護するためです。

飾るときはフィルムを剥がしてくださいね。

前回と同じように穴を開けて
木ネジで固定しました。

131203スタンド2

無事、修正加工が完了いたしました。
これもKUMAネコの箱に収めるといたします。

さてはて、そろそろ足りないものはないか
チェックして対処していかねばなりませんね。

緊張してきましたよ。
 

ブースが決まったようです。

♪暦の上ではディセンバー
 でもハートはサバイバー♪

もう来週なんですね。サバイバーです。

申し込みをしていた
ドールワールド・リミテッド。
浜松町で開催です。

卓も小さめで1日だけで
いつもの半分の規模ですが
すっかり出店していなかった自分には
リハビリみたいですか。

もう毎日HPをパチパチチェックしているのですが
どうやらテーブル配置が決まったようです。

131207ベア1

卓番号は B16-1
入り口をまっすぐ奥にいって右手の真ん中辺!?

皆様のおこしをお持ちしております。

出展者リストを拝見すると
みなさまスゴい方ばかりで緊張いたします。
さて、そろそろ忘れ物はないか
荷物のチェックをいたしますか。

こちらからポチッと
■ドールワールド・リミテッドHP
■出展者リスト

よろしくね!
 

サンタの帽子

次の日曜と迫ってきましたベアフェス。

今はなんとなく平常心。
当日が楽しみだったりします。

テーブルの配置が決まったりして
本番が近づいてきているのを実感しています。

自分はもう中高年なおっさんなのですが
ぬいぐるみを製作されている方や
お客様はほとんどが女性だったりします。

こんなオヤジが「クマちゃん」を
チクチク縫っているとは
思っていただけていないかなとか
今回、お店に出ていても
きっと、作家をしている奥さんの
留守番をたのまれた旦那さんって感じにしか
見えなかったりするのかなとか
思ったりしていました。

そうならないように作家っぽくすればよいのですが
なかなかお洒落でもないし
なにかないかな〜と考えていました。

やっぱり作家といえば「ベレー帽」でしょうと
ちょっと被ってみるかとも思っていましたよ。

ちょっと憧れもありましたしね「ベレー帽」。


この間運営の方より
メールでお知らせをいただきました。
なんと帽子をいただけるようです。

ちょうどクリスマス前なので
関係者に「サンタの帽子」が支給されるようです。
出店者皆さんにコスプレをしようということです。
これはベレー帽どころではありませんね。

131209ベアフェス

こんな感じになっているのでしょうかね。

これはこれで楽しみだったりします。
さてはて、どおなる!?のか!!ね。
 

ドールワールド・リミテッド

今度の日曜、15日にいよいよ開催です。

ドールワールド・リミテッド。
そろそろ、連れて行くKUMAたちに
出掛ける準備をしてもらっています。

ちょこっと紹介いたしますね。

131110リミテッド2

KUMA NEKO

今回のために製作した新作です。
興味があるものを見つめすぎて
ちょっと怒ったような表情になっていますが
けっして怒っているわけではありません。
真面目なんですかね。

目は樹脂を削り出しで製作しています。
クリスマスなので毛糸のマフラーをしています。
これもおっさんの手編みだったりします。

大きさ:約24cm(本体のみ)
素 材:モヘア、ウルトラスエード、
    オリジナル樹脂アイ、ボードジョイント5箇所
付属品:丸太のスタンド(木製、針金)、貼り箱
カラー:全3種
お値段:19,000円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

131213ベア1

TB KUMA

オリジナルデザインのテディベアです。
肉球がプニプニ気持ちイイ。
ハナは皮革、目はガラス製です。
モヘアの違いからか、それぞれ個性が出ています。
ちょっと生意気だったり、ボッとしていrたり
正義の味方だったりします。

大きさ:約30cm
素 材:モヘア、ウルトラスエード、牛革
    グラスアイ、ボードジョイント5箇所
付属品:革のチョーカーorマフラー、貼り箱
カラー:全3種
お値段:20,000円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

131213ベア2

TB KUMA ChiBi

上のKUMAのチビッコ版です。
小さくても大きいものと同じ工程でつくっています。

大きさ:約19cm
素 材:モヘア、ウルトラスエード、牛革
    グラスアイ、ボードジョイント5箇所
付属品:革のチョーカー
カラー:全4種
お値段:9,000円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

131213ベア3

妖精ベア

羊毛フェルトでチクチクした小さなクマの妖精です。
家型の箱が付属します。

とんがり帽子と同色の服を着ています。
脱がすことはできません。

大きさ:約14cm(帽子込み)
素 材:羊毛、フェルト、グラスアイ、樹脂ボタン
    手足首5箇所可動
付属品:家型貼り箱
カラー:全3種
お値段:5,000円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

沢山になっていますが
半テーブル(90cm)の小さな卓に
飾りきれるでしょうか?
ちょっと心配ですかね。

皆様のご来店をおまちしております。
 

終了しました。

15日に開催された
ドールワールド・リミテッド。
沢山の方におこしいただき
大変ありがとうございました。

逆に自身が楽しませていただいたくらいです。

会場の様子を紹介いたしますね。

131216ベア1

やってきました東京産業貿易会舘。

今年は前半のフェスから久しぶりの参加です。
体力もなくなっていますので
お昼始まりはリハビリにはちょうど良いのでしょうか。

この会場はあまり普段こない場所にあるな〜と
思っていたのですが
今では大きくなったワンフェスとかも初期に開催してたりと
意外に毎週このようなイベントが開催されている
有名な会場とか。
来週のもフィギュアフェスが開催されるようで
今度調べて気にしてみるといたします。

ちょうどこの日も芸術的なビスクドールの展示があったり
となりの会場ではミリタリー関係のフェスがあって
まったく違う雰囲気でビックリしました。
自分でも興味はあるのですが
お人形やぬいぐるみの会場に
ナチスの親衛隊や自衛隊のコスプレの皆様が
見にきてくれているその風景に
不思議な雰囲気がながれていましたよ。
それもいと楽し。

いつもてきとうなダンボール箱に入れて
手持ちで運んでいるのですが
そろそろキチンとしたキャリーケースを
作らないといけないでしょうか。

131216ベア2

テーブルにディスプレー。
いつもの半分のスペースですが
自分にはちょうど良いくらいでしょうかね。

あいかわらず黒い子は回転させてみました。

今回も沢山の方にカワイイといっていただきました。
紹介できてこちらも嬉しいです。

131216ベア3

以前Webショップで里親さまになっていただいた方より
一時里帰りした羊毛のクマです。

すごく大切にされているのがわかり
こういう再会も嬉しいものです。
差し入れもごちそうさまでした。

それと当ブロブでぬいぐるみに興味をもっていただいた方
さっそく材料を購入されていましたが
無事完成されることをお祈りしております。
できあがりましたら紹介してくださいね。

フェス会場で知り合った作家さまとの
ふさしぶりのお話、楽しゅうございました。

今回里親さまになられた方には大感謝です。
すごく嬉しいのですが
お気に入りの仲間が旅立って
ちょっぴり寂しい気持ちになるのは
我慢しなくてはいけませんね。
末永く良きパートナーでいられますように。

あと、お店番を引き受けてくださった
友人さまにもありがとうございます。
いつも1人出店なので
随分助かりました。
また次回もよろしくお願いしますねw。

また次回作を検討いたしますかね。
お力もいただきました。

今年は年末ですし
フェス関係は終わりなのですが
来年はちょっと多くのフェスに参加しようと
申し込みをしております。

これからもよろしくお願いいたしますね。

131216ベア4

帰り道での東京タワーイルミ。
ピンボケですみません。
「2020」と書いてあってカラフルです。
たぶん東京オリンピック仕様なのかと思いますが
自分的には来年の2013〜2014だろうな〜と
すでに年末年始気分だったりします。
クリスマスもまだだったか!?
 

往復ハガキ

出店も終了して、いつもの日々に戻りました。
あと2週間もないのに
年末っぽく感じることができないまま
気持ちだけ慌ただしいところ。

131218ベア

今、往復ハガキに記入しています。

人生で往復ハガキって初めて購入したかも。
記入場所を間違えないように注意です。

次回出展の申し込みなのです。
7月に開催される
日本テディベアwith Friendsコンベンション。
都内開催で規模も大きなものなので
恐縮してしまうのです。

昨年うかがったときに会員になりました。
先日出展の募集お知らせをいただいたので
早速申し込みです。

しかし今年から一般会員は抽選になるとのこと。
なんか過去の経験からクジ運のない自分は
大丈夫かな〜と心配です。

とにかく申し込まなくてはなにも始まらない。
ポストにお祈りをしながら投函させていただきます。

来年は今まで出店してきたところも含めて
沢山ご覧いただく機会を増やしたいと思います。

名付けて「ガンガン大作戦」。
新作も作っていきますので
見かけましたらお声をお掛けくださいね。

鬼が笑っている?
よろしくお願いいたします。
 

Appendix

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

広告

Extra

プロフィール

雅太郎1号

Author:雅太郎1号
作るの好きなくせに
絶対完成しない人。
やればできる子。

最近はテディベア製作で
フェスに参加しています。
機会がありましたら
お声掛けください。

メリー号制作記は
カテゴリの「ワンピース2」から

ストーム・マシーンの
ロビー製作は「SMG」。

ニャンコ先生とか
その他もジャンルいろいろ。
まとまりがありません。

最近検索の多い
「ハレパネ貼り方」は
カテゴリの「工作」から
参考になれば幸いです。
 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリ

柊 (15)
SMG (53)

FC2カウンター