Entries

ベアフェスへの道 第1話

趣味でぬいぐるみを作っておりますが
皆様にご覧いただけるように
テディベアフェスティバルに
参加しようと思っております。

目標もないとダラダラな自分なので
気を引き締めて製作いたすといたします。

121104ベア

夏に購入していたモヘアでさっそく
作り始めました。

前に講習会で教えていただいた
ノウハウも活かしていきますよ。

フェルトも製作して参加するつもり。
はてさてどうなるかはお楽しみに。
 
スポンサーサイト

ベアフェスへの道 第2話

クマ作っています。

前に作ったベアのモヘア違いなのですが
その違いによって雰囲気が変わるのが
面白いです。
さて今回はどんな性格のクマができるやら。

121105ベア1

前回であたまの縫いは終了。
目ハナを付けていきます。

いざ作り始めると
刺繍糸やグラスアイの色など
足りなくて買ってこなくてはいけなくなります。
最初にイメージしているのではなく
その都度の感覚で決めているので
案外製作以外の時間がかかってしまいます。

今回ハナはモスグリーン色の革にしました。

革の色って染料で染めたり
ほとんどは表面に塗装をしています。
まあミドリの革ってないわけですが
天然素材なのだけれど
見えている部分は合成樹脂という
不思議なかんじですね。

これを縫って頭に取り付け。

121105ベア2

今回は素直に製作できています。
画像は明るく写っていますが
モヘアはエンジ色
鼻はモスグリーンです。
なんとなく「赤オニ」くんな感じ。

121105ベア3

自分的に可愛くできたようです。
気分良く胴体の製作にかかります。

さてはて。
 

ベアフェスへの道 第3話

本日は小雨の中
銀座三越にいってきました。

「ほぼ日」フューチャの
タカモリ・トモコさんのあみぐるみを観に。
最終日だったのでギリギリでした。

手作り感あふれる素朴なかわいさなのに
重厚な高級感を感じたのは
銀座三越だからか?

そういえは東銀座に続く地下道ができていたり
三越も新館ができていました。

気になったのはデパ地下のお菓子コーナーが
化粧品になっていたこと。
これも時代なのでしょうかね。


121107ベア

クマちゃんは胴体が縫いおわり
現在は手足の肉球を作っています。

腰まわりは足の付け根の角度や
かわいいおしりを表現するために
複雑な縫い方をしているのですが
効果はあるのでしょうか?

チャクチャクと
ああ、着々と。
 

ベアフェスへの道 第4話

クマを作っているのですが
普段はなにげにお仕事の工作を
1日中進めていたりします。

ここはあえて退社時間みたいに
定時を決めて趣味の工作時間を
作るようにしています。

ナゼか気持ちが違うのか
仕事疲れでも作業は進められるものですね。
不思議。


そんなこんなでようやく完成しました。
お披露目です。

121111ベア1

エンジのモヘアのクマの出来上がり。

こういう生物フォルムのものが
出来上がると嬉しい気持ちになりますね。

121111ベア2

なんとか自立もします。

121111ベア3

後ろ姿も可愛い!
親バカですか?

とりあえず、ぬいぐるみ製作のカンを
取り戻せそうです。
この調子でもう何体か製作していきます。
今度は黄色のクマかな。

121111ベア4

モヘア素材の違いか
作り方がいいかげんなのか
毎回微妙に性格が違うクマが
出来てきているように感じます。

なんか部屋にクマが沢山になってきました。
愛情の配分も大変です。
 

ベアフェスへの道 第5話

季節の変わり目なのか
自分のまわりでは
毎日のように訃報が届くようになっています。
寂しいな〜。


ーーーーーーーーーー
あいかわらず時間を作っては
クマを製作しています。

121115ベア1

今度はキツネ色にしてみました。
暖色系にして元気な感じ。
とりあえず頭が完成。
眺めています。

121115ベア2

クマなのに「キツネ色」とはどうなんでしょう。
ホットケーキみたいな
メープルシロップの香りがしそうな
おいしそうにできたかな?

121115ベア3

毎度のことながら
モヘア違いやワタの詰め方
単に技術不足だからか
意図的なのか
同じ感じになりません。

思っているのは自分だけかも
しれませんが…。

121115ベア4

いつも自問自答状態です。

ウ〜〜ムムムム。

ーーーーーーーーーーー
今まであたりまえだったものが
そうではなくなったとき
変わっていきます。

今という時が本当に
絶妙な偶然とバランスで成り立っていたのだなと
失ってこそ
気づかされるものなのですね。
 

ベアフェスへの道 第6話

「デザインフェスタ」というアートフリマに
参加しようと本日からはじまる
Web受付にアクセスしているのですが
すでに12時間経っていますが
いまだにアクセスできず。
アーティストが沢山いるのだな〜と
びっくりしています。

もう満員かな〜
それともサーバのパンクか?
運良く申し込みできたら
またお知らせしますね。

121117ベア

現在ホットケーキくんは
胴体を縫い終わり
足の肉球をチクチクやっております。
スーパースエードを巻き込むように縫い
軽くワタを詰めます。

ベアフェスには参加費用を入金しました。
もう後戻りできない
ウカウカしていられません。
 

ベアフェスへの道 第7話

今回始めて「デザインフェスタ」に参加しようと
HPから申し込みしていたのですが
どうもサイトがダウンしているらしく
つながらない状態が続いていました。

人気のフェスなので
あたふたしましたが、
直接オフィスに申し込みというアドバイスを
いただき、申し込みは出来たのですが
現在は対策のために
受付をストップしているようです。

自分のは大丈夫かな〜とか
一抹の不安はありますが
とにかくマンモスフリマなので
アーティストさま達が沢山いらっしゃることに
驚きと嬉しさがありますね。

自分も負けていられません。

121120ベア1

ホットケーキくんは手足ができたので
胴体にジョイントで接合中です。
ピンをクルクル。
この作業が好きだったりします。

そして完成!!

121120ベア2

121120ベア3

全体の色も明るいのですが
お腹やハナの白とのコントラストで
いままでのベアとまた雰囲気が違いますね。

121120ベア4

「さ〜て!なんかするぞ!」
大志をいだいている感じですか?


テディベアフェスティバルは来年3月、
デザインフェスタは5月。
自分はやっていけるのでしょうか?
観ていただける作品ができるか
なんとなく不安であります。

121120ベア5
 

ベアフェスへの道 第8話

お仕事も落ち着いたので
趣味の世界にまっしぐらです。
それでも突っ切れないのは
フリー職業の悩ましいところ。

121201ベア1

もう何十年ぶりくらいでしょうか
このお店に寄りました。
レモン画翠」御茶の水店です。
芸大店はまだ健在でしょうか。

よく浪人生や学生のころ利用しておりました。
黒いロゴ入りのポートフォリオが流行って
みんなもっていましたっけ。
自分はクラフト色でしたが。

久しぶりに入店すると雰囲気は変わらない感じですか。
なんか妙に奥行きが窮屈な感じはかわりませんね。

生粋の絵画用品はすくなくなっていて
建築模型材料とかが
すご〜く充実していました。
近くに大学の工学部とかがあるせいでしょうか。
なんとなく時代のながれを感じてしまいます。

ずっと探していた細かいプラ製浪板、
それも透明なんかがあったりしてビックリ。
あれほど探していたのになかったのですが
終わったとたんに発見ですよ。トホホ

今後、ご贔屓にさせていただきます。

このお店ではないのですけれど
今回は紙を買いに御茶の水にきました。

121201ベア2

実は自分テディベアを作っているのですが
シュタイフ社のような市販のベアを購入したことがなく
無論ベアフェスとかでも
作家さまのベアの里親になったことがありません。
もっぱら拝見するか、触らせていただくか
くらいなので

「テディベアってどういうふうな包装をされているの?
 箱とかにはいっているの?どんな箱?」


すごく疑問なのです。
今だってわかりません。

市販の箱はぬいぐるみ用なんてものは少なく
なかなか合うサイズがありません。
フェルトベアのときは家型ボックスを
自作していました。

今回もカルトナージュとまではいきませんが
クマたちを納める箱を作りたいと思います。

ですが普通の画材屋さんの紙は
どちらかというと描くための紙。
箱用になんか良い紙はないかな〜と思っていました。

よくある卒業証書を入れている紙の筒。
あのうろこのような質感の紙ってなんだろう?
どこかにうっているのでしょうかと
探していました。

キチンとカルトナージュ専門店とか行けばよいのですが
ここは思い立ち製本用品を扱うお店に行ってきました。

よくハードカバー本の布クロスとか
革風なエンボスの入ったものとか。

お店に行ったらあるではないですか!
大感激です。
そこで質感違いでいろいろ購入してきました。

121201ベア3

スカイバーテックス

紙の表面を樹脂加工して
革風な落ち着いた風合を再現したものだとか。

たくさん種類と色があるのですが
多分製本用がメインなのか
あまり変わった色がなく
種類が多いのに選べない状態でした。

サイズも本に丁度よい大きさなので
ベア用箱だとちょっと大きいのは難しい?

まあ。とにかく手に入ったので
これを巻いて化粧箱を作るといたします。
とりあえず上蓋用かな。

調べたら銀座の大型文具店にも
カルトナージュ用品コーナーがあるらしいので
今度みにいってきますかね。

なんか本体作らずに箱に拘っていますね。
どおなんでしょう。
 

ベアフェスへの道 第9話

もう12月です。
より寒くなってきました。
ちょっと気を抜くと体調を崩しそうな
微妙な感じですね。
皆様もお忙しいでしょうが
頑張って乗り切りましょう。

121202ベア1

クマの箱を作っています。
1mmくらいの厚紙を切り出し
接着して組み立てています。
元の紙が大判なのでカットも大変。

今回の箱はフタつきなのですが
これをキチンと合わさるように作るのが大変です。
カットのときに紙自体の厚さを考慮しつつ
箱本体とフタのサイズを決めます。
今回はこの周りに化粧紙を巻きますので
この紙の厚さやコシを考えつつ
フタとの隙間をどのくらいとれば
キチンとフタが収まってくれるか。
この辺は勘だのみなのですが
工作精度もいい加減なので
ほとんど偶然を狙うしかないのです。

よくできた和ダンスのように
空気の抵抗を若干感じるくらいの
フタのハメ心地。
こういうところで箱というものの
高級感ってでますもんね。

とはいえ自分では偶然狙いですよ。

まずは基本となる下準備の箱製作。
接着剤で組み立てていくと
まるで木工工作をしているような
気分になります。

121202ベア2

なかなかミリ単位の調整が大変なのと
サイズを間違えてカットしてしまったり
ようやく2個組み上がりました。
接着剤が乾くまで
テープで固定しています。

なんとも、大きめの紙だったので
余裕かなと思ったのですが
紙の目とかの取り都合とか
失敗で足りなくなってきています。
なんとも。

大きな紙って買ってくるときに
荷物が大きくなって
風に飛ばされそうになります。
ちょっと面倒だな〜

さてはて。
 

ベアフェスへの道 第10話

自分のいけないことは
計画性がないこと。

いつも大体お店で考え
有る材料を組み合わせて購入してきます。
いざ作るときになって
必要な量が足りてなかったり。
また次の日同じお店にいかねばならず
「毎日来てるよ、このお店」と
自分のふがいなさに溜息をついています。
これもボケも始まりでしょうか。

まあ、計画していっても
思っていた材料がなかったり
計画的にはいかないものですが…。

さて今回も足りなくなって
また出掛けたりしていました。
箱作りの続きです。

121203ベア1

接着剤が乾いたので
接合面をヤスリでキレイにしています。
ゴリゴリと。
まるで木工工作のようです。

この上に化粧紙を貼っていくので
段差がでないようにしています。

121203ベア2

まずは、この前購入した
革風紙をはってみます。

自分はスプレーのりを全体に使って
部分にボンドを使っています。
お手軽だからですが
もうちょっとパキっとした
接着力がほしいところです。
一部を巻き込みながら貼って行きます。

表面が樹脂加工されているからか
固くはないのですが
やはり普通の紙と違い
コシがありますね。
しかし専用紙なので強度もあって
使いやすいです。

121203ベア3

箱本体はマチも深いので
上フタの用紙だとサイズが足りませんでした。
継ぎはぎもキレイにいかないと思い
色を切り替えるイメージで
思い切って黒としてみました。

121203ベア4

中はクッション性も考え?段ボールの
波々紙としています。
ぬいぐるみが映えるように
色も考えます。

サイズを計ってそれぞれの内壁面に
貼付けていきます。

121203ベア5

ーー寝心地はいかがですか?

「なかなかイイようです。」

色のせいかドラキュラみたいですね。

121203ベア6

今回使用した用紙のせいか
ゴージャス感がある箱になりました。
ケリーバックが入っているよう?

箱に貼るラべルのデザインも考え中です。
これはフェス間際まで悩むといたしましょうか。

この調子で他の子の箱も作って行きます。

さてはて。
 

ベアフェスへの道 第11話

箱を作っています。

いろいろ買ってきた紙の色をあわせながら
似合うものを選んでいるのですが
なかなか実際あわせると
選ばなかった色のほうが良い感じになっています。
ムム。

また購入しにいってきますか。

12/4から『フランケンウィニー』アート展が
開催されるようなので
ついでに観てくるといたしましょうかね。

なので箱製作はストップです。

121204ベア

今はちょっと太っちょのクマが作りたくて
原型をいつものようにスポンジでおこしています。
まだ検討段階なんでどおなることやら。
 

ベアフェスへの道 第12話

虫歯になったからか
詰め物が取れたからか
歯医者に通っていました。
今回は最後の仕上げ「歯のクリーニング」
フッ素仕上げもしてもらい
大変きれいになりました。

普段の無精をご指摘されて
歯磨きをキチンとするようになりましたが
いつまで続くのやら。

121206ベア

現在フェルトを巻き付けて
型紙作りをしています。
細かくパーツごとにわけて巻いて
余分な部分はカットしていくのですが
広げると想像しないような形になっています。
これが立体裁断というものか。
いいかげんなところもあるので
これを紙に写す段階で修正もするのですが…。

さて次はこれをまた別の生地に写して
試作してみます。

面倒な作業ですがね
どんな子ができるか楽しみでもあります。
 

ベアフェスへの道 第13話

新しい型紙をおこしています。

スポンジで作ったものにフェルトをまいて
ひろげて紙に写したり
修正を加えてまたフェルトで試し縫いをして
また修正したり。
けっこう型紙作りって大変ですね。

121208ベア1

実際にモヘアで作ると毛足の分だけ
一回り大きくなったりするのです。
ワタの詰め方でも大きくなりますし。
悩みどころです。

キチンとイメージどおりできているでしょうかね。

せっかちな自分はとりあえず頭を作ってみる事にしました。

121208ベア2

どおですかね。
今回はうすいブルーにしています。
ちょっとグレーシュなのですが
汚れているみたいですね。

121208ベア3

なんかあまりに普通なベア?
昔ウチにいたような感じですね。

ハナ、クチはまだですし
目も仮のプラスチック。

はてさてどうなるのかな〜
自分でも楽しみです。
 

ベアフェスへの道 第14話

日曜に毎年恒例で地元のお寿司屋さんへ
いってきました。行列店です。
いつものメンバーなのですが
今回はお腹いっぱい食べてしまいましたよ。
けっこうボリュームがあって
今までは数種類をシュアしていたのですが。

すでにノドもとまでお寿司で満たされた感じ。
夕ご飯もいらないくらい。
なんとも。これは幸せなのか。

軽い仮眠(これも幸せ)の後、
あいかわらずクマを作っています。

121209ベア1

机の上がゴチャゴチャしていますね。
現在は頭と胴体が完成。
肉球を縫い縫いしております。

ここはユビ数をデフォルメしているとはいえ
パーツ数が多い割に
縫いに細かい精度が要求される部分。
単純製作作業のひとヤマなのですが
楽しんで進めています。

121209ベア2

デブちょ体形で色もブルーだし
「ドラ○もん」ぽくなるかと思いましたが
なんとかクマになりました。
なんか難しいこと実は考えている表情か?

さてはて。
 

ベアフェスへの道 第15話

最近テレビで
ハンドメイドされる方が多く
それにともない販売するフリマや
Webサイトも次々とオープンしているようです。
大手も参入とか。

たしかに近所で開催されるフリマとか拝見しても
作家さんもお客さんもたくさんですね。
デザフェスのサーバがダウンしたり…

実際ハンドメイド作品をつくられる方って
何人くらいいらっしゃるのでしょうか。
自分もふくめて頑張らないと。

最近はずっとクマ作っています。
新しい型紙で心配と期待が混じって
楽しいのですが
ちょっぴり不安がでてくるのも
自由業のいけないところ。

121212ベア1

ようやく手足ができて
胴体にジョイント固定しました。

お腹空いた〜

空腹のあまりバタン!と倒れています。
大丈夫でしょうか?
さっそくお腹をいっぱいにしてみます。

121212ベア2

オオ!凛々しい。
太陽にほえろ!のボスのよう。
トレンチコートが似合いそうです。
でもやはり、お腹にポケットをつけたくなりますかね。

いままで作っているのもと比べたら
ちょっとポッチャリしています。

121212ベア3

少し太めに作ると
ワタが入るは入る!ちょっとビックリです。

最初期のベアに近い感じでしようか。
新しい仲間ができてワクワクです。
さ〜てお次はなににするかな。
 

ベアフェスへの道 第16話

東京は空気が乾燥していて寒いですね。
外から帰ってくると
手洗いとうがいをしてはいるのですが
少しハナ風邪ぎみです。養生養生。
皆様もお気をつけくださいませ。

現在、3月のベアフェスでご覧いただくための
クマを作っているのですが
ふと、買い置きしていたモヘアと違う色のベアを
作りたくなりました。

黒いクマなんですが
さっそく購入しに行ってきました。

いつもは短めの毛でチリチリカールしているものを
使っています。自分では作りやすいし
クマに合っているかと思っていたのです。

しかしお店でいろいろ拝見させていただいたのですが
同じようなモヘアがありません。

大変高価な素材ですので
失敗は許されないのでかなり悩みましたよ。
染めも考えましたが
今回は真っ黒なので色に深みがでるか不安です。

でも素材の質感を変えることにより
また違った子ができるかなとか
エイ!ヤア!的な気持ちで購入を決めました。

チリチリカールしているのですが
毛足が長い。
デビュー当時の郷ひろみのよう。
(といってもわかる方は同年代)

大丈夫かな〜

121215ベア1

さっそく製作中。
とりあえずアタマです。

型紙は今まで作っていた標準タイプのクマ。
さてどんな感じになるでしょうかね。

121215ベア2

ブラッキーですね。
少しヤンチャな感じでしょうか。

髪の毛がのびて、そろそろ床屋にいかなきゃって
感じですかね。

121215ベア3

身内で不評な長いハナは今回は抑えめ。
どうでしょうかね〜。
全身真っ黒どうでしょうかね〜。

ーーーーーーーーーー
そろそろ最終回の
毎週楽しみにしていたドラマ
「ゴーイングマイホーム」。

今月、ロケ地になったクーナ事務局と
鳥居歯科医院が一般公開されているようで
日曜にお散歩がてら諏訪郡富士見町に
行ってくるかなと思いましたが
日にちを間違え今日まででした。残念。
こういう間違い多いよね。

最終回を楽しみにいたすとします。
 

ベアフェスへの道 第17話

なんとも体調をくずしておりました。
ナゼか週末寝込んでしまうのですが
これもサラリーマン時代の習性でしょうか。
ちょっと良くなると出歩いていたのも
いけないのでしょう。

それでもクマ作りは続きます。

121217ベア1

胴体部分も完成しました。
画像は手足のジョイントを
取り付けているところです。

黒いと何処を縫っているのか
わかりませんし
細かい部分も見づらいですが
その分、技術が未熟な部分も
隠せるメリットもあるのですが…。

長めの毛足はコメントいただいたように
梳き鋏を買ってきて
チョキチョキしてみます。ありがとうございました。
ちょっとカットに緊張しますね。

121217ベア2

今回はマジック用のハンカチを買ってきました。
いつもは革の首輪(チョーカー?)にしていたのですが
今回は赤いマフラーとしたいと思ったのです。

薄い生地はフチをかがりづらいし
面倒なので既製品です。

シルクってかいてありますが
絹ではないんでしょう。
チャラララララン〜て感じです。

早速装着!!

121217ベア3

ウウン!カッコイイ!!
黒に赤いスカーフは「阪本さん」みたいですね。

さすらいのヒーロー気取りです。

121217ベア4

トゥ〜!!
悪い奴らをやっつけます。
頼もしい正義の味方がお部屋にやってきました。

赤いマフラーといえば…

121217ベア5

「怒り新党」でも紹介されていた
ヒーロー特撮「鉄人タイガーセブン」の滝川 剛と
「ハチクロ」のニャンざぶろうは似ている。

みんなナゼか赤いマフラーしていましたね。
 

ベアフェスへの道 第18話

今年の年末年始って
なんだかいつもより静かな感じがしました。
クリスマスのときも感じたのですが
なにかスッキリしてたというか
浮かれた感じがありません。

自分がそういう環境なのでしょうか
感覚の老化でしょうかね。
反省しなくてはいけません。

それよりもそのクリスマス時期より
風邪ぎみで体調を崩していたのです。

ちょっと良くなったら
出掛けたりしていたのがよくないのかも。
年末年始は実家に帰省していたのですが
これ幸いとばかりに
ずっと寝込んでいましたよ。

そろそろ今年も始まります。
それなりに元気を振り絞らねば!

130105ベア

そんな訳でチョクチョク製作していたのですが
いっこうに進まず、
現在は服の型紙を検討しています。

いつものように100均の徳用フェルトを
チョキチョキ。

今回は妖精さん風な感じにしています。
こういうベアの服ってもとの体形が
違うので、なかなかイメージのように
できませんね。

さてはてどおなるのかな〜。
 

ベアフェスへの道 第19話

月曜になってようやく自分の
今年がスタートしました。
クリスマスからの
なんとなく年末年始感が終わって
日常が戻ってきた感じです。

とかいいながら
なんとなくダラダラ気分が抜けないのは
いけませんね。

3月のベアフェス用に
チビチビ作っています。
高級モヘアを使用したベアと
小さい羊毛フェルトのベアの2本立てです。

モヘアと羊毛のベアって
大きさが随分違いますが
製作時間とか手間って
そんなに変わりません。なんともですね。

現在は羊毛ベアを作っています。
作りながら、どおしようか考えたりしているので
途中失敗とかもあるかもね。

130108ベア1

服は通常のシートフェルトで作っています。
縫ったり貼ったり。
生地のコシや厚みで、
腕の動きができなくなってます。ムム

スナップボタンも検討しましたが
キッチリ着込めるように
接着としています。なので脱がせません。

130108ベア2

三角帽子も同じフェルトで作っています。
後ろに縫い跡があるのですが
今回使用しているフェルトが
ウール100%なので
ニードルでチクチクしてみたり
石けんをつけて擦ってみました。
馴染むかな?

お湯を使って
若干変形させてカーブをつけています。
現在乾燥中。

うまくいっているかな?心配です。


それとベアフェスの案内が何時届くのか
不安になってきました。
キチンと受付されているのかな?
 

ベアフェスへの道 第20話

130109ベア1

ようやく完成しました。
羊毛フェルトのクマです。

130109ベア4
130109ベア2
130109ベア3

大きさはクマだけで10cmくらい。
小さいので「とんがり帽」で
虚勢をはっています。(トータル15cm)

服を着せたので妖精風ですね。

130109ベア5

季節はずれのサンタさんが
やってきたようです。

こんなのがワラワラいたら可愛いだろうな〜

つづけます。
 

ベアフェスへの道 第21話

130117ベア

ブラッキー仲間入り。(厳密には焦げ茶)

なんとなく増殖中のベアの妖精。
いったい何匹になるやら。

3月のベアフェスでお披露目予定ですが
スケジュール的に
切羽詰まっているのかいないのか
よくわからない状況。
のんびり楽しく作っていていいものか!?
 
2号から腕は袖パーツと一体化して
別パーツにしたので可動できるようになりました。
日々アップデート中?
 

ベアフェスへの道 第22話

あいかわらずクマ作っています。

羊毛フェルトのクマなのでが
同じものを作っていても
チクチク具合いで変わってしまい
なかなか同じにならないですね。
これも個性が出るってことでしょうか。

130121ベア1

初回のピンクは服を別に作って着せたので
腕が生地の厚みにまけて
回すことができなくなっていました。

次作からは
ソデを腕といっしょにして
腕を動かせるようにしました。
革用の糸でつなげるのですが
糸が肩口表に出ないようにするため
あらかじめ腕だけに糸を通し
あとから袖を被せたりして
けっこう複雑な工程になってしまいました。

洋服はその分簡単になったのですが
体形がそれぞれのクマで違うので
型紙をそれぞれおこしなおし
修正をしています。
これも面倒な部分。

130121ベア2

現在妖精は3匹。
なにか相談しているようですが
なにが巻き起こるのかな。
増殖はするのか?

つづきます。
 

ベアフェスへの道 第23話

昨日は節分でした。
豆はまかずに食べました。

皆様、「恵方巻」は食べられましたでしょうか。
不思議な風習が流行しているようですね。
楽しそうなので良いですが。

最近は忙しさにまぎれてクマの制作が
滞っています。いけませんね。

そうこういっているうちに
ご案内の書類をお届けいただきました。

130204ベアフェス

初めての参加でしかも
過去にうかがったことのないフェスですので
よくわからないところもあるのですが
なんとかなるでしょうか。

卓番号は「31:坂井」。
ブースは真ん中くらいです。
皆様のおこしを心よりお待ちしております。

入場券もたくさん同封されていましたので
ご希望の皆様にお送りできたらと思います。

●各記事下のオレンジ部分「コメント:」をクリック。
 Not Displayにチェックいただき
 お送り先(郵便番号・住所・お名前)をご記入ください。

●もしくは「拍手」ボタンよりメッセージ欄に
 お送り先(郵便番号・住所・お名前)をご記入ください。
 かならず「公開しない」に切れ変えてお送りください。

※チケットがなくなりしだい終了します。
 住所をお知らせいただいても
 チケットをお送りできない場合があります。
 ご了承ください。
※個人情報かと思いますのでかならず非公開でお願いします。

入場料がいらなくなるのでお得ですよ。
お気軽にお知らせください。
ハガキにてお送りいたします。

ただ、おこしいただいたとき
店主がトイレ休憩用に店番をお願いするかもしれません。
案外切実だったりしますので
そのときはよろしくお願いしますね。

そろそろ時間が迫ってきました。
あとどの位作れるのだろうか。
不安です。
 

ベアフェスへの道 第24話

130209ベア

最近まったく制作出来ないでいるクマたちですが
今日はちょっと作ってみました。
双子ですね。

ちょっとずつ迫ってきているフェスティバル。
いただいた出展者名簿を拝見すると
凄い作家さんたちばかりで恐縮してしまいます。

こんな素人が同じブースに並べて恥ずかしい。
まあ、初めてなので楽しむつもりで参加いたします。
皆様のご意見もお聞きできたら幸せです。

まだまだ作らなくてはいけないものが
沢山あるのですが
大丈夫か?自分。
なんとかなるでしょうか。

入場チケットをプレゼント中です。
コメントお待ちしております。
 

ベアフェスへの道 第25話

130218ベア1

今まで製作していた
クマの妖精ができあがりました。
オレンジとブルーです。

並べてみると戦隊ヒーローみたいです。

気がつくともう1ヶ月をきった
ベアフェスまでのカウントダウン。
間に合うのですかね〜
今回作っていた羊毛フェルトのクマの妖精は
この5体でフェスに参加いたします。

これからはこのクマを入れる
箱を作るといたします。
また家型に挑戦してみますが
それこそ間に合うのかな〜

そういえばモヘアのクマの箱も
まだ出来ていないし…

ウウム、段々気持ちがあせってきています。

130218ベア2

はてさて、どおなることやら。
 

ベアフェスへの道 第26話

今までいろんなことが同時進行でしたので
お部屋が整理できず
もの凄い事になっていましたが
本日ちょこっと片付けをして
掃除機をかけたりしてみたりしました。

探していても見つからなかったものが
出てきたりしてビックリします。

気分を良くして作業にかかりました。

130222ベア1

現在は途中でストップしていた
モヘアクマ用の箱の製作を再開。
厚紙を切ってボンドで接着。
ドンドン作っています。

なんか作業って始めるまでが大変で
作り始めてしまえばサクサクできるものですね。

サイズとか作り方のコツとか
すっかり忘れていて
失敗作業なんかもありますが
思い出しながら、休みながら…。

しばらくはこの作業が続きそうです。
 

ベアフェスへの道 第27話

暇をつくっては箱を作っています。

ぬいぐるみを作っているのですが
箱を作っているって不思議な感じです。

130226ベア1

大きい方は組み上がったので
今は妖精ベアの家を作っています。

小さいとカチッとするので
作っていて楽しいです。変形だし。

ボンドが乾いたらエッジの部分にヤスリをかけます。
まるで木工工作のようですね。
紙を上から巻くのですが
ここがキレイになっていると
仕上がりが違います。

130226ベア2

最近になってようやく、予め紙をカットしておくと
作りやすいことに気付きました。
沢山作っていると
自分が怠け癖のせいか
なんとか楽してキレイに仕上げようと
工夫しますね。これは洗練という良い例えがありますが。

接着する糊もいろいろ試しました。
最初は障子を貼るような糊や
木工用を薄めたりしていたのですが
紙が延びて苦労しました。

アルコール系の「スリのり」や
油性ボンド、スティックのり等を試しましたが
これもバシッとした接着感がなくて
あとでフカフカになって困ったり。

最近は強力なスプレーのりに落ち着いて
サクサク作業出来るようになりました。
まだまだ研究は必要な感じです。

130226ベア3

中には波々色ダンボールを貼ります。
底面とサイドをクルッとですかね。
色を変えてアクセントとしています。

さて、1個出来上がりました。
いかがでしょうか。

130226ベア4

「ウム!誂えたようなピッタリ感ですな。」

たしかに誂えましたが。
気に入ってくれてよかったです。
家としては狭いですかね。

さてこの調子であと4軒作ると致します。

フタもあるしね。
まだまだ続きそうです。間に合うか!
 

ベアフェスへの道 第28話

ノホホ〜ンとやっていたら
気がつくと作業時間はおよそ2週間強。
大丈夫でしょうか?

あいかわらず「箱」作っています。

なんとか箱の受け部分は紙を貼り終わりました。
今度はフタの部分です。

いままでは切り紙で工作風にしていましたが
今回はイラストを描きプリントして包むことに。

プリント紙は糊付きのラベルシールとして
作業効率と仕上がりを向上させます。

さてはてイラストも出来上がりましたので
色具合いを見るために
プリントしてみます。

130228ベア

なんとかうまく出来たようですが!
なんと!用紙のサイズを間違って購入したようです。
ムム!
A3のつもりがB4だったとは!
また、買い直しに行かなくてはいけませんね。
昨日までカメラの件でお店にいったきたりしたのに。
全くの無計画。いけませんな。

ーーーーーー
最近また歯の調子がよくありません。
大事なイベントがあるので
キチンと歯医者さんに観ていただくといたします。
しょんぼり。
 

ベアフェスへの道 第29話

あいかわらず「箱」作っています。

前回は出力用紙の大きさを間違えて
ようやく買いなおしてきました。
需要はだんぜんA4サイズの方が多いのか
製造はされているとは思うのですが
家電量販店ではA3なんてサイズは
種類が少ないですね。

メーカーや種類によって
色とか文字のイメージなどの
プリンタの仕上がり具合いが
かなり違うので
実際プリントしてみないとわからないことが
購入する時エイ!ヤア!って感じです。

130303ベア1

シール状のラベルシール用紙にプリントしているので
サクサクキレイに作業できますね。

今はフタの部分を巻き付けています。

そして完成!

130303ベア2

5匹用に5軒できました。
落ち着けるおウチがあるって
嬉しいですよね。

これが羊毛クマの箱になります。
なんとか完成できて嬉しい。

中身が負けそうです。

イベント前にキチンと写真を撮って
いずれ紹介しないといけませんね。
 

ベアフェスへの道 第30話

あいかわらず「箱」作っています。
出来る時間に急ピッチで進めます。

前回で羊毛ベアの箱が出来上がりました。
今度はモヘアベアの箱です。
こっちはちょっと大きいので大変です。

130304ベア1

「ウム!ピッタリですな。
 ちょっと接着剤臭いです。」


まだ乾いていないからね。
1匹1匹出来上がったら箱に納めてみます。
中はクッション用?で色ダンボール紙を
貼っています。

130304ベア2

フタだけですが表面に高級紙を貼っています。
革シボのような質感があります。
本当は全体に使いたいのですが
用紙サイズの関係でフタのみとしています。

今回モヘアベアは6匹。
もうちょっとで出来上がります。

ラベルとかも作らないとね。

まだまだ作業は続きます。
 

Appendix

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

広告

Extra

プロフィール

雅太郎1号

Author:雅太郎1号
作るの好きなくせに
絶対完成しない人。
やればできる子。

最近はテディベア製作で
フェスに参加しています。
機会がありましたら
お声掛けください。

メリー号制作記は
カテゴリの「ワンピース2」から

ストーム・マシーンの
ロビー製作は「SMG」。

ニャンコ先生とか
その他もジャンルいろいろ。
まとまりがありません。

最近検索の多い
「ハレパネ貼り方」は
カテゴリの「工作」から
参考になれば幸いです。
 

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリ

柊 (15)
SMG (53)

FC2カウンター