Entries

宿題!

数日前から急に秋っぽくなってきました。
肌寒いくらいです。
気がつくとあと3ヶ月くらいで
今年も終わりですね。ああどうしょう。
なんかそう考えると慌てますね。

前にお願いしていたぬいぐるみの講習会。
このあいだ、選んだ生地と型紙をお届けいただきました。

120924ベア

講習を受ける前に宿題があります。

アア!「宿題」。
なんか久しぶりな響きです。

事前に型紙より切り取り
縫いあわせまでやっておきます。

講習会自体は2時間くらいか?
先生に観ていただくので
ちょこっと緊張します。

さて、とりあえず丁寧に作業するといたします。

選んだ生地は特殊な感じです。
見本そのままは在庫していなくて
似たものをと選んだのですが
どちらかというと「はりねずみ」風。
毛先が固めてある生地です。
難しくないかな〜
ちと不安です。

現在はなかなかぬいぐるみを作る心構えでは
ありませんが宿題なので
キチンと期限までに終わらせることといたします。

子供のころは宿題なんて
してきた記憶がありません。
いったいどおやって今までやってきたか
不思議なくらい。

この年になっても同じなのでしょうか。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
同じく申し込みをしていた
レザークラフトの講習会は申し込み多数らしく
抽選でもれたようです。残念。

またよさそうな講習会を
探してみますかね。
スポンサーサイト

宿題!!

模型の素材探しに渋谷へいってきました。
ちょうどお昼なので
いつもと違うランチもよいかなとお店を探しました。

なんか焼き魚な気分だったのですよ。
秋だしサンマなんかよいかなと思ったしだい。

しかし街中にサンマ定食なんておいていそうな
お店がないことに愕然としました。

ひと昔前なら居酒屋さんが
昼定食をしていたりしましたが、
今では夜専門としているようです。
あっても肉系ばかり
「焼き鳥屋はこんなにいらんだろう」とか
「韓国料理気分」でもないし
寿司とか刺身丼ぶりのお店はあるんだが!
普通の焼き魚は発見できませんでした。がっかり。
多分、自分の探し方が悪いのかもしれませんが
なんだかサラリーマンさまのランチ事情も
変わってきているのかもしれません。

さて、宿題です。
ようやく製作にかかりました。

121006宿題1

型紙を複写して切り抜き生地に並べています。
毛並みの方向とかあったり
複雑な形が多いので
型紙では省略されている
同じ形のパーツとか反転しているものも
全部作って並べています。
入れ子状態にして、なるべく無駄のないよう
それと失敗しても予備がでるくらいに
配置を考えています。
コピー機でもできるのですが
今回は自宅のスキャナーでとりこみました。
「不許複写」の文字がちょっぴりドキドキです。

今回はパーツ数が多くて大変でした。

サインペンで書き写すのですが
作業精度がいい加減になり始めた頃終わりました。

それをハサミで切り取ります。
今回の宿題は縫い合わせまでをやっていきます。

121006宿題2

足の裏はモヘアを刈り込んでおきます。
ジョイントの部分もカットするのですが
この短くなった部分は
この2〜3年で薄くなった髪の毛のようで
心が痛みます。

それと選んだモヘア。
はりねずみ風な感じで
毛先をラッカーで数束固めた風合です。
この束なった感じが扱い辛くしています。
縫い込まれたとき修正が大変そうです。
鼻先なんかはあらかじめカットしたいところですが。
縫い代部分をカットしたり
なるべく巻き込まないように縫っていきます。

121006宿題3

しかし、修正に「毛立器」を使ったのが
いけなかったのか
固まっていた毛先がほぐれて
風合が変わってしまいました。大変!
しかしやり直しも面倒なので
もう全体に毛立器をゴシゴシかけてしまいましたよ。
全身をほぐしたわけです。

でも雰囲気はこちらの方が良さそう。
クマ!って感じです。

気を遣うことなくできそうなので
こちらの仕上げといたします。

しかしゴシゴシやると凄いホコリです。
なんかニオイも苦い感じだし。
大丈夫でしょうかね?
 
つづけます。
 

宿題!!!

最近、ずっと使っていたモノたちが
どんどん調子が悪くなっています。

まずテレビの警告灯が点灯しました。
問い合わせたら
画像処理回路の不具合か劣化だそう。
早急になにかある訳でなさそうなので
普通に観ていますが
ブラウン管なので
そろそろ新しいのにしろってことか。
家電量販店をみたりしています。

車のスピードメータの不作動。
どうやらワイヤが切れたみたいで
どんなに走っても「0km」。
修理にだしたいとこですが
なかなか乗る機会がないので
後回しになっています。

バイクのタイヤ交換時期?
かなりダマしだまし乗っているのですが
空気の減りが早いようです。
ウ〜ム交換か!

こういう高価な修理や交換は
早めにやった方がよいのですが
貯めてしまうと余計負担に感じる始末。

とりあえずテレビは薄型になり
場所もとらないようになりそうです。
ついでに部屋の模様替えも考えていて
ちょっとワクワクなんですが…

どうなることやら。

121008宿題

クマの宿題は
時間を決めてシクシクと進めております。
縫い終わると若干膨らませて
並べてみたりしています。

なんとなく雰囲気がわかるようになってきました。
アァ!早くワタを詰めたい!!
日曜の講習会までお預けなのですが
完成が楽しみです。

既製の型紙で作るのは久しぶり。
完成形が読めないのでワクワクです。
作家さまの型紙はキチンとしていて
縫っていても安心感がありますね。

なんとか間に合いそうかな?
あとは耳とか細かい部分です。
 

1日講習会いってきましたよ

最近はお仕事の工作でヘロヘロな日々です。

そんな中、
テディベア1日講習会当日になってしまいました。
楽しみなはずでしたが
すでに工作熱意飽和状態。
若干気分がMAXでなかったのですが
行ってきました。

目黒はプリメーラというお店での講習です。
宿題も無事間に合いました。

121015ベア1

会場はすでに沢山の受講生の方々。
全員女性なので、おっさんな自分は
ちょっと恥ずかしい感じではあります。

先生の丁寧な説明をお聞きして完成作業にかかります。

今回の主題は首部分のダブルジョイントの説明。
足のステッチによる肉球の再現。
ちゃんと自立する製作のポイントです。
盛り沢山。

午後から夕方くらいの時間でしたが
先生にチェックいただけるくらいまで製作するので
精一杯でした。
ほとんど作業に集中しすぎて
皆様とお話もすことができませんでしたよ。。
自分に余裕がなかったからかもしれません。

先生もおっしゃっていたように
質問とかは予め用意しておくこと。
時間を有効に使うためにはそうするべきでした。

教えてもらうのではなく
学びにいかないと。

こういうワークショップで
せっかく有名な先生にお教えいただくのだから
聞きたいことをまとめて置けばよかったです。
こういう感じ。すっかり忘れていました。

とにかく入れるはずのジョイントを
忘れて縫い直したり
失敗ばかりでしたよ。

で、4時間がんばって

121015ベア2

頭と足か他方ができたのみ。
ムム修行がたりませんな。

しかし短い間でしたが
ちょこっとしたコツなんかもお教えいただき
今後の参考にするといたします。

実際に完成見本に触れながらの製作は
ワタの詰め加減や形の作り方など
自己流では気付かないことが
わかるような気がします。

先生はあくまで参考で
これをもとにオリジナルに活かしてください。
ともおっしゃっていたように感じました。

とかくこういう講習会って
まったく同じに作る事に懸命になるので
この部分もハッとしたしだい。

121015ベア3

実際完成するとこんな愛らしいクマになるはずです。
もう一度ワタを抜いて最初からやり直すかな。

首のダブルジョイントで
ポーズに表情やバリエーションが出ます。

リボルティックの山口式に近いのか?
いつか製作予定の「斑さま」にも
応用できそうな感じです。

なかなか緊張しすぎてしまいましたが
今後の製作に反映させたいと思います。

はてさて
 

おうちで

121016ベア1

昨日は急遽製作していた
模型を納品してきました。

帰りにはいい感じの夕焼け。
明日も晴れですね。

ひとつ仕事が終わったので
ヤッターな気分です。一安心。

次のお仕事が始まるまで
なんとなくお休み気分なのです。快放感!

121016ベア2

早速講習会でのベアの修正作業にかかります。

せっかくなので完成しなくてはね。
ステッチで肉球を作った糸を切って
中のワタを出しています。

つめ口の綴じはすごくしっかりしていたようで
開けるのが大変でした。

しかし出るは出るは、凄い量のワタです。
前回はちょっと詰め過ぎたようなので
詰め直しです。

詰め直して閉じようと思い
講習会でいただいた糸「目用糸」。
おもに目のパーツや閉じる時に使う
太めの丈夫な糸なのです。
若干糸がざらざらしているので
締めるときキチンと止まる、
さすが専用糸と感じる製品です。

いままでは革用の糸を使っていましたが
これは逆に滑りがよくなるように
ツルツルでしたから。

糸巻きでなくて束ねていただけなので
必要な量をとるとき
絡まってしまいました。

ちょうど空いていた糸巻きに巻く事に

121016ベア3

ウェ〜ン
余計絡まってしまいましたよ。

こういうのを解くの
大変ヘタなのですが
結局これを巻くのに本日が終わりそうです。

ウ〜ム
 

ぬいぬい

部屋の片付けも
残すは細かい物をしまうのみとなりました。
必要なものはすぐに場所がきまり収まるのですが
最期まで残る物って必要かと残していますが
本当は使わない物なのかも。

とりあえず画像で紹介しました
テーブルの上にスペースを作って
ぬいぐるみを再開しています。

講習会のときに詰めたワタはすべて出して
詰め直しをしています。

いつもはカチカチに詰めてしまうので
刺繍をしたときに針が通らないくらいに
なってしまいます。

刺繍して絞られたときに固くなるよう
いっぱいに詰めずに微妙に残す。
手足とかだと左右同じくらいに詰めるのが難しい。
つめ口を閉じてから気付こともあるので
何回もやりなおしてしまいます。

121019ベア1

自分の作った型紙でないので
いったいどんな感じに仕上がるか
早くみたくて
手足が詰め終わったらすぐに
ボディに取り付けてしまいました。

足に肉球刺繍をするので
本当はそれを先にした方がよいのですが
せっかちなんですね。
先生に叱られそうです。

121019ベア2

ボディ部分もワタを詰めて閉じます。
そのときにいただいた「グロウラー」を
始めて仕込んでみました。
たまに「モ〜〜ウ」と鳴きます。

現在顔部分を検討中。
目は100均で買ってきた安いプラ目のお尻をカットして
マチバリを接着して目の位置を検討しやすくしています。

ハナも刺繍してみました。
オリジナルは焦げ茶の刺繍糸をいただいたのですが
自分流にオレンジ色にしてみたりしているのですが
どうなんでしょうね〜。
もうちょっと大きめのハナが良いかな?
ここもすでに3回くらいやり直ししています。

なかなか思ったような感じにならないクマ。
まだまだ悪戦苦闘です。
 

まあなんとか

週末は久しぶりにのんびり気分。
こういうときはお散歩とかしています。

買い物なんかもわざと遠いスーパーを
目指したりして歩く距離を延ばしております。

あまり電車の乗るのが好きではないので
急ぎの時以外は歩いております。
別に健康のためでなくて
途中で発見するお洒落なお家や
不思議なお店を発見したりして
結構楽しいのです。お天気もよいしね。

自宅では講習会で教えていただいた
課題のクマを作っています。

ほとんど出来ましたよ!(ほとんどが怪しい)

121021ベア1

こんな感じです。
どうすれば自分好みになるか
何度もやり直しをしましたが
なかなかうまくいきませんね。

目は基本、黒のアンティークグラスアイですが
自分のは色つきのグラスアイとしました。
黒一色はとぼけた感じで良いのですが
色付きは使い方が難しい。

鼻はオレンジや焦げ茶を検討しましたが
黄土色にしてみました。大きめ。
当初色が明るすぎかなと思いましたが
固める樹脂を塗り込むと湿るのか
色がかなり濃くなりました。

この固める樹脂液。
本当にカチカチに固まります。
いい加減な刺繍がほつれるのを
防ぐのには良いのですが
なんとなく全体の柔らかさが
なくなるように思います。

この辺は好きずきでしょうかね。

なにごとも体験。
こういう技法も経験となりました。

121021ベア2

このクマの特徴は首の部分に
角度違いで2つボードジョイントがあること。
首の太めなクマ(シロクマとか)で有効とのこと。

首の角度を絶妙な角度にすることができて
ポーズの表情にバリエーションが増えます。

真ん中のパーツを180°回転させると
顔を上を向かせることができて

121021ベア3

このように四つ足ポーズもとれます。
おもわず鮭をくわえさせたくなります。

こういうジョイント方法は
制約もあるかと思いますが
斑さま製作に活かせそうですね。

121021ベア4

足のうらはステッチで肉球を再現しています。
キレイにいっていませんが…。

足のうらの丸みを抑えることで
自立も可能とか。
たしかにしっかりします。

121021ベア5

糸は丈夫な目用糸でギューギュー絞っています。
ほんとうはこの後刺繍糸で
お化粧しなくてはいけないのですが
またこの次といたしましょうかね。中途半端!!


今回講習会に参加して
完成まで観ていただけなかったのですが
途中途中でいろいろ細かいコツなんかもお教えいただき
まだまだ多分あるであろう経験による技法の数々。
とても1日では学べないのだなと思いました。

さすがキチンとした型紙でできるベアは
毛のとり方方向や細かい部分で
感心するほどの工夫が沢山感じられました。

ショップに先生がいらっしゃっている時間に
アドバイスいただけるとのことでしたが
なかなか伺う時間もとれないですしね。

とにかく、止まっているベア製作を
キチンと続けなくてはいけないのだと痛感いたしましたよ。


121021ベア6

そういえば前に申し込みしていた
テディベアフェスの参加。
とりあえず卓は確保できそうなので
入金期限までよく考えるといたします。

これからはベアづくしとなるのでしょうか。
まあ、練習しなくちゃね。
 

ワークショップ

工作なんかしていると
お勉強のためとかいって
展覧会とかを観に行くようになりました。

大きな美術館とかももちろんですが
最近はギャラリーで開催されている個展とかも
作品が身近に感じられヨイのですが
なかなか情報もなくて
気づいたら終わっていたことも多々。
なるべくせっせと出掛けています。

ぬいぐるみの展示もあって
いつも拝見するとうっとりしています。
グループ展などでは、作家さん仲間つながりで
どんどんジャンル問わず
興味が広がっている感じでしょうか。

作品は個性的なものばかりですが
しかし自分はお名前を憶えられない
いい加減さなので
いけないところでもあるのです。

作家さんのブログを拝見していて
友人作家さんを紹介されていると
チェックしています。

新宿伊勢丹で開催されている
ヒグチユウコさんの展示にも出掛けてみました。

ステキな展示で、たいへん勉強になります。
自分はどちらかというと立体作品目当てで
今井昌代さんや梅津恭子さんのクマには
時間を忘れるほど眺めていました。

そのヒグチユウコさんと今井昌代さんの
ワークショップが開催されるというので
多分競争率高そうだなと思ったのですが
今井昌代さんの方を
運試しと素見し半分で応募してみました。

そしたら本日「当選」ですと連絡をいただきました。
ビックリです。
嬉しい半面、他全ての方がきっと女性かもと
思うと大変緊張いたします。
ヘンな汗が出てきそうです。

とはいえ、
折角なので楽しんでくるといたします。
シートフェルトで食虫植物を作るみたい。


ワークショップ。
イベントとかでよく開催されています。

革細工を勉強したくて
財布やカバンを作るのを応募していましたが
当選はいただけませんでした。残念です。
またどこかで開催していないかな〜

ワークショップってそういう
工作の取っ掛かりであったり
入門用としては勉強になって
よいのかもしれません。

しかし初めての方が時間内に作ることは
難しいでしょうし
決してうまくいかないこともあるでしょう。

基本楽しむことがメインなので
開催する先生も苦心するところだと思います。

いきなり先生のようにはいかないので
手を動かすことで楽しんでもらうために
難しいところは有る程度完成していたり
して工夫されています。
完成したものが
魅力的でなくてはいけませんしね。

先生が達人であればあるほど
普通の人の実力を知らなくてはいけません。
なかなかご苦労があると思います。

かと思えば参加する方も
その達人の秘伝を伝授したいって
こともありますかね〜
そういう時は教えていただくのではなくて
予め聞きたいことを
まとめていかなくてはいけない
予習も必要だったりします。

本質はその課題を完成することではなくて
その過程にあるのだと
過去参加したことで学びました。
なかなかの真剣勝負です。

まあそこまで頑張らなくても
大好きな作家先生とお話できるというのも
楽しみのひとつなのかも。

課題も「できな〜い」といって
むりむり先生に作ってもらったり
先生も大変です。
結局先生の作品になったりね。

いろいろなんですが
楽しみ方は人それぞれ。

自分はどのタイプにしようか。
そんな余裕はないか?

とにかくフェミニンな空間に
耐えることが必要なようです。

作り出すと集中しすぎて
気づいたら時間が終わっていたとか
なりがちなんですがね。

さて長くなってしまいました。
レポートできたら、また書きますね。
 

ワークショップいってきました。

先日伊勢丹で開催されていた
GUSTAVE higuchi yuko LABO
~ヒグチユウコの奇妙な空想館~の展示。
うっとり拝見させていただきました。

そんなとき、西荻のショップ
URESICAさんでワークショップが
開催されるとのこと。

自分はぬいぐるみ製作なので
今井昌代さんの回に申し込みました。

大変人気作家さまなので
どおせ落選だよなと
ダメもとで応募したのですが
ナゼか当選をいただいたのです。

土曜日にいそいそ出掛けてきました。

お店は初めてだったのですが
なんとか迷わず到着。

お手伝いに梅津恭子さんもいらしていて
これは伊勢丹イベントの再現ではありませか!
ワクワクな気持ちでテーブルにつきます。

すでに用意されていたステキな材料たち。

貼り箱のウインドウボックス(手作りだとか)に
裁断、一部縫製済みのフェリトと糸、針。
準備に大変ご苦労されたのと想像できます。

作業自体はブランケットステッチで
縫って行くだけなのですが
これがまた細かく集中が必要です。

13時から18時過ぎまでの
講習時間だったのですが
時間内に完成できるか不安で
ず〜とチクチクしていました。
自分の作品でも、これほど集中的に
作業したことがあるでしょうかね。
おかげなのかなんなのか
次の日はちょっぴり
腰が痛いような…。
まだまだ修行は必要なようですね。

普段は本とかを見ながらの自己流なんですが
糸止めの仕方とか
細かいところが確認できて
実際製作するところを見ていただけるというのも
貴重な体験でした。

最後にヒグチさんのハエを設置して完成?

150222ワークショップ

ウツボカズラです。
milky popさんの可愛いクッキーもいただきました。

最後の赤玉を付けるときには
力つきました。
まるで特訓のようでしたが
他の参加の皆様も無事完成したようです。

緊張でもっと作家さまたちと
お話すればよかったなと後悔。

自分はオジサンなので
全員女性という環境で
会場の雰囲気を壊していないか不安です。

でも大変楽しい時間を過ごさせていただきました。
終了の時間がくるのが悔やまれるくらい。

前日までの準備や当日の講習
大変お疲れさまでした。
また機会があれば参加したいですね。
次は会場で紹介いただいたタコですか?
楽しみです。


隣で開催されていたヒグチさんの講習なんかも
小耳にはさみながら
今度は絵でも描いてみるかなとも
思った次第。

それよりはこれから開催される
ベアフェスの製作を頑張れねば。

良い刺激となりましたよ。
 

Appendix

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

広告

Extra

プロフィール

雅太郎1号

Author:雅太郎1号
作るの好きなくせに
絶対完成しない人。
やればできる子。

最近はテディベア製作で
フェスに参加しています。
機会がありましたら
お声掛けください。

メリー号制作記は
カテゴリの「ワンピース2」から

ストーム・マシーンの
ロビー製作は「SMG」。

ニャンコ先生とか
その他もジャンルいろいろ。
まとまりがありません。

最近検索の多い
「ハレパネ貼り方」は
カテゴリの「工作」から
参考になれば幸いです。
 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリ

柊 (15)
SMG (53)

FC2カウンター