Entries

羊毛チクチク第2章 1

なんだかんだといろいろあったので
すっかり工作をしていませんでした。

いけませんね。

前に務めていた会社より
人形制作のご依頼をいただきました。

こういう「お仕事」だとグダグダしていられません。
怠け者の自分をふるいたたせます。

120328フェルト

まずは大物から。
今回は大小あわせて4体の制作。
あまり時間がないのでサクサク進めます。

さてはて。
 
スポンサーサイト

羊毛チクチク第2章 2

120329フェルト

終わらね~。

なんとも1日みっちりやれば1匹くらいずつ
できると思ったのですがなんとも大変です。

これは一大事。

どうやら土日が潰れそうです。
フリーランスってこんなものよね。

ーーーーーーー
そんなところで
Webショップも最終確認がなかなか出来ない状態です。
大丈夫でしょうか?
もしやもしや最悪延期ということもあるかも
明日のブログでお知らせいたしますね。
楽しみにされている方もいらっしゃるかと思うと
頑張らねばいけません。

拍手コメントありがとうございます。
携帯電話よりのアクセスのお問い合わせがありました。

カートの設定では携帯用もありましたので
携帯電話からカートは使えると思います。
しかし何分検証ができていないので
どんな画面になっているか解らなかったりします。
これから観てみようと思います。
スマートフォンはPCと同じで大丈夫かな?

いい加減で申し訳ありません。
 

羊毛チクチク第2章 3

雅太郎玩具店でのお買い上げありがとうございます。
現在発送を終えたものや梱包作業をしていたり
案外大変です。

こういう作業で1日がかりだったるするので
もう少しスピードアップしなくてはね。
初めてのことなので送り間違いがないか
心配だったりします。

今日は雨風がものすごかったですが
問題なければ早くて明日、遅くても週末には
それぞれのお宅に到着予定です。
よろしくお願い致します。

なんとなく気分を良くして
また作業していました。

120404羊毛1

今度はMixグリーンです。現在はキノコ状態。
早くに完成するとよいのですが。

ーーーーーーーーーー
それと日曜にうかがった「手づくり市」で購入してきました。

120404羊毛2

自分はこういうところにお邪魔しても
観るだけなことが多いのですが
ちょっと気になったもので。

商品はガラスのピアスなのですが
なんかクマも目に使えそうかなとか思って
瞼のあるような模様のものを購入しました。
本当はもっとカラフルなものにしておけばよかったと
チョッピリ後悔。
また出逢えましたら購入させていただきます。

まったく本来の目的での使用でなくて
作家さまには申し訳ありません。

ガラスの粒とかも他にいろいろ扱っているお店も
吉祥寺にあるらしい。
今度,探検に出掛けてみますか?楽しみです。

ーーーーーーーーーー
前に紹介したマンガ本。

120404羊毛3

「よつばと!」と「3月のライオン」です。

ここにあるストーリーで共通なこと。

「よつば」には「ジュラルミン」。
「モモ」には「リスポッケ先生」。

いつも一緒で大好きで親友で
いなくなったり壊れたりすると
本気で落ち込んだり探したり。
そうなれるものを、
いつか作ってみたいっていうのが
なんとなくの目標だったりします。
 

羊毛チクチク第2章 4

羊毛フェルトをチクチクしています。

今回は先週ずっと作っていた
ご依頼仕事の修正をしています。

120405羊毛1

ひとまわり大きくしてください。とのことで
一旦分解して羊毛を足していきます。

アタマとかのホワホワは
接合用の麻糸を抜いたところ。

そこに羊毛を足して大きくしていきます。
羊毛フェルトってぬいぐるみと違って
完成してからバランスをチェックできて
しかも修正が容易なところがイイですね。

まずは、アタマを大きくするため羊毛を足してみます。

120405羊毛2

まだ途中なのですが
こういう方いますよね。誰かに似ている。

ちょっと面白かったので撮影してみました。
こういう植毛をしたものも作ってみたいな。
 

羊毛チクチク第2章 5

120411羊毛

最近は羊毛フェルトを作っています。
仕事としていただいている物とかショップ用とか。
前にチクチクしていたクマがカタチになってきました。

毎回足の関節とか全体のフォルムを
試験的に変えています。
そのため個性が出てくるクマが出来上がる訳です。
単にキチンと同じことが出来ないだけなのですが。

なんとなくこのタイプのクマを作るのは
久しぶりな感じです。

今や懐かしい「クマ十番勝負」。
すでに何匹目かわからなくなりましたが
再開したようです。

今回は首輪や箱でなくて
別のものにしようと検討中。
さて、より大変になったりするのでしょうか。
 
4月はWF用に本申請用にサンプルを作らなくてはいけません。
完成していないものや、作り直しなんかもあるので
次回のショップの入荷が心配です。
 

GWなので…

GWなのに後半は雨模様ですね。
せっかくポカポカ陽気なのにちょっぴり残念。
まあ、毎日がお休みみたいな状況なので
複雑な気持ちですが。

ようやくWFの申請書も送付できましたので
少しはのんびり気分です。

外は雨なのでお部屋で引きこもっています。
こういうときは工作をしてみることに。

120502バック1

前に購入しておいた革のハギレを使って
カバンでも作ってみようかと思いました。

以前もクマ用に首輪を作ったりしていましたが
この革工作は昔から自己流でやっていました。

古くは学生の頃ショルダーバックを作って
学校に通っていましたし、
Lomoカメラを買ったときは
首からさげられるようにケースを作ったりしていました。

そのときから用具等が販売されていましたが
自分は家にあるキリとか適当なもので作っていました。
キチンと穴あけができていなくて
糸縫いに凄く苦労していました。
マメもたくさん出来ましたし。

書店には最近簡単にできそうな
革細工の本が並んでいます。
まったくの立ち読みですみませんが
少しはキチンと作ることにしてみました。

革は鞣しの違いで柔らかいものや固いものがあります。
表面の風合も違うのですが
この辺はおいおい勉強していくことにします。

ミニバッグなので最初は柔らかいもので
作る事にしました。
そして大事なのは縫い穴をあける道具。
今回は1本だけですが使ってみました。

まずはデザインを決めます。
シンプルな普通なものをまず作ってみます。
エンピツなめなめ思案中。

120502バック2

今回は穴を空ける幅とか数を計算して
予め空けておきます。
確実に穴あけできれば糸のとおりもスムーズで
まるで編み物をしているような感じになるかも。

あらかじめ裏地はボンドで接着しておきます。
完全に乾くまえに曲げておくと
形もとりやすいですね。

金具は真鍮針金を曲げて作りました。
これも最初に取り付けてあります。

120502バッグ3

針を2本使って互い違いに穴に糸を通していきます。
この辺は以前苦労した部分ですが
今回はキチンと計算しているのでスムーズです。

120502バッグ4

ジャ~ン。出来上がり。
なんだか普通のバッグが出来上がりましたね。
今後は形のとり方や切断面の処理等
お勉強しなくてはいけませんね。

120502バッグ5

さっそくクマに与えてみました。
さて中のなにを入れるのでしょうか。

120502バッグ6

「気に入ったぞ!」
ありがとうございます。
もう少しお勉強が必要ですね。

しかし久しぶりの革工作。
楽しかったので今後もいろいろ作ってみます。

またショップ用に工作を再開していこうかと思っています。
よろしくね。
 

GWだしぃ…

連休後半の始まりはお天気がわるかったので
お金もないし、一日中家にこもっていましたよ。

こういうときは工作をします。
羊毛フェルトのクマを作っていました。

120504フェルト

色は野菜染めシリーズの「しそ」です。
懐かしいかんじのムラサキ色。

しそなのでハナと目をグリーンとしてみました。
植物系です。

しかし制作途中で仮組み立てしてみたら
なんとも勇猛な立ち姿。
目つきも鋭い感じです。

これはなんだか「エヴァンゲリヲン」風味。
色もムササキとグリーンだし…。

そんなつもりで作っていた訳ではないのですが
不思議なものです。
 

カバンの仕上げ

カバンをつくっています。

今回はコバの部分の仕上げをします。
本当は革をカットした段階でやるのでしたが
気になったところだけを処理します。

使用した革が柔らかめだったため
磨くころができないので
コバ用の塗料を塗る事にしました。

120508カバン1

コバスーパー茶  SEIWA社製

革のコバの仕上げ剤だそうです。
塗るとツヤが出て保護する役目があるとか。

写真の製品は多分リニューアル前のものだと思うのですが
これはウレタン系ですが
新しい方はアクリル系です。
なにか違いがあるのでしょうか。

さっそく塗ってみます。

120508カバン2

カバン本体の縫いフチに塗ってあります。
縫い合わせ部分の色が気になったので。

この製品は黒、茶、エンジとか基本色と
逆にカラフルなものがあります。

茶色に関しては色が濃いめになっていて
革に合わせたベージュ色っていうものがありません。

コバを濃くして引き締める。
ちょっと濃いめも様式なのかもしれません。
この辺は好き嫌いがありますかね~。

出来上がったのでクマに持たせてみます。

120508カバン3

色合いが似合いそうだったので
今回は新しく出来上がった焦げ茶のクマに
持っていただきました。

他のクマが羨ましそうに見えるのは
気のせいでしょうかね。

皆さんにも作ってあげますよ。
でも色とかデザインを考えなくてはね。

はてさて
 

またまたカバンを…

カテゴリは羊毛フェルトですが
羊毛じゃありませんね。

今回出店予定の3匹の最後のカバンを作ります。
すっかり最初のカバンは
焦げ茶のクマに取り上げられましたが
可哀想になってきましたので
速攻で作りました。

120511バッグ1

今回のデザインは
学生時代自分で作って使用していたイメージを
再現してみました。
全体に丸みがあります。

前にコバ処理の塗料を買いに行った時
気になっていた物を使ってみます。

トコノール無色 SEIWA社製

トコ(革の裏面?)の処理剤です。
裏はスエード状態なのですが
柔らかい皮とかだと特にバサバサ毛羽立ちます。
それを押さえてツヤを出すものらしい。
乳液状で塗った後半乾きのとき磨くらしい。
コバにも使えるとありましたが
そこそこ厚めで固い革でないと難しいですね。

今回は切り抜いてから塗ったのですが
本当は切る前に処理したほうが
当然よいのでしょう。

革は最初のカバンと同じものです。

120511バッグ2

チクチク縫って出来上がりました。
シンプルなデザインです。
今回は革が柔らかいので内縫いにしてみました。
裏から縫って、ひっくり返します。

ボタンで止める可愛く出来たでしょうかね。

早速装着していただきました。

120511バッグ3

けっこうお似合いなんじゃないですか。


自分の学生のころが思い出されます。
こんなバックをタスキがけして学校に通っていました。
知識も中途半端だったので
縫っている途中で糸が切れたり
手にマメを作ったりしていました。
そういえばそのバックは最後どうしたのだったか?

120511バッグ4

ピュ~

また奪い取られるのかと逃げていきました。
早く捕まえてそろそろ箱詰めの準備をしますかね。
それと記念撮影も忘れずに…。
 

箱作り…

またまた羊毛フェルトじゃありませんね。

クマとカバンが完成したので
それを入れる箱を探しに行ってきました。

前も行ってきたのですが
浅草橋は「シモジマ」へ
ここは店舗用品の種類が豊富で安い。

クマに丁度良い箱はあるでしょうか?

お店には沢山の種類の箱が一杯です。
しかし、いざサイズや仕上げを考えると
なかなか「コレは!」というものがありません。

前回は手作りで家型箱にしましたが
今回はかわりにカバンなので
既製のものをとおもっていたのでした。

だいたい箱というものは
入れるものが決まって、
その大きさに合わせて作るようで
既製品はだいたい中のものが決まっています。

タオル用とかベルト用とか
粒チョコ用ってのもありました。

さんざん迷って簡単なダンボール式のものにしました。

120512ボックス1

ノリのいらない折りたたみ式です。
まあ、ナチュラル系でよいかと。
しかし、ちょっぴり大きいのです。
なかなかむずかしい。

ダンボール箱にコロンと入っているのも寂しいので、
すこし追加工作を…。
今回はするつもりじゃなかったんですが…。

120512ボックス2

よく、お中元のギフトセットの中にある
底上げ用の紙の仕切りを作ります。
これでクマ達が箱の中でコロコロするのが防げます。

前に家箱を作ったときに残った
コットン紙を計ったサイズに切り取り
両面テープで組み立てていきます。

120512ボックス3

そこに、出力したシールを貼って
それ風にしてみます。
今回は「MASATARO TOYS」のロゴとイラストを
それぞれクマカラーでわけて貼ってみました。

できたら既製の箱に入れます。

120512ボックス4

箱のフタを開けるとこんな感じです。
少しは雰囲気アップしたでしょうかね。
クマ達もおとなしく収まっているようです。

なんとか今月用のクマが出来上がりました。
これからショップ用に撮影して
商品を納品するといたします。

毎月末納品としておりましたが
今回はWF準備もありましたので
なんとか16日くらいにできればよいな~と
思っております。

今回も無事里親さまがみつかりますよ~に。
 

無事到着したようです。

Webショップで里親さまを募集しております。
一点一点の手作りなので
偶然というか技術がないのか
それぞれ生まれてきてから
それぞれ表情に個性が出てきています。

おかげさまでそれぞれ里親さまも決り
全国へ旅立っていきます。
いつも、お別れは辛いところがありますね。
癒しをふりまいているとよいのですが。

羊毛フェルト「くま」の里親さまより
写真をいただきました。
ブログでも紹介いただいたようです。
また、おねだりして掲載の許可をいただきました。

120726ベア1

里親さまは「ぴんくまひつじ」さん。
ドールや食玩をコレクションされているようです。

あまりにキレイな写真でビックリしています。
キレイなお姉様といっしょで
ちょっぴり緊張ぎみでしょうか。

120726ベア2

あつい抱擁。
ベアだからベアハグでしょうかね。

120726ベア3

戸惑いもあるのでしょうか
コシがひけていますか?

あたたかく迎えいれられたようです。
クマも幸せものですね。

画像ありがとうございました。
これからもクマともども
ブログやショップをよろしくお願い致します。
 

再会!?

120917クマ

なんとか模型のお仕事も一段落?ついたので
気分を切り替えるためお部屋の掃除をしました。

削りカスや塗料ホコリ。
随分汚くなっていました。
ラグなんて洗濯をしたくらい。

ずっとやりたかったクマ作りを
ちょっと再開してみました。

まずは羊毛マスコットサイズで
またいろいろ検討しています。

さてはて
どんな仲間ができるのでしょうかね。

画像をはベースのキノコくん。
なんとなくクマでなくてトリさんに見えるのは
気のせいか!
 

やりすぎか!?

時間の合間を見て進めていた
羊毛ベアの製作。

次のお仕事が入ってきまして
つかの間の時間となってしまいました。
また机のモードが変わります。

なんとかここまで作っていました。

120920ベア1

なんとか試行錯誤です。やりすぎか!?
あとは手足なんですがね。
クマというよりネズミくんですかね。

120920ベア2

大きく開いた瞳には
空と大地が写っています。

残念ですがコイツの製作はまたしばらく
お預けになるかも。

模型工作もまた始まります。

それと、ぬいぐるみ講習会の
宿題も進めなくてはいけません。

人生っていそがしい。
自分がそうしているだけですが
完成したりゴールしたときに
出来たものって
これは必要なものなのか考えたりします。
自分的にはその過程を
楽しんでいるだけなんですがね。

流れる時間ってそんなものかも。
 

やりすぎか??

来年3月のフェス参加をめざして
製作をしています。

テーブルに沢山並べて紹介できるとよいのですが
いままでのペースで大丈夫でしょうかね。

そんな訳でなるべく時間をつくって
製作をはじめました。

まずは途中で止まっていた
やりすぎ!?クマを再開しました。

121025クマ1

手足の色羊毛をチクチクやって
手足の肉球をつけています。
これは最初の頃。
最終の肉球形状はシンプルな形に変更しています。

121025クマ2

手足首は丈夫な革用糸でつないでいます。
自由にポーズをとることが可能ですが
腕なんかグルグルまわすとネジレて
大変なことになります。ご注意を。

121025クマ3

サ〜て、出来上がりました。
案外普通か!?
キチンと自立しました。

121025クマ4

後ろ姿。
いつもお尻を可愛くすることにしています。
今回はどおでしょうかね。

121025クマ5

これからなにか付けるか
プラスアルファを考え中。

こんな感じでウジャウジャ増やしていけたらな〜と
頑張りますね。

はてさて。
 

ちょっと頼まれ物で羊毛フェルトを
作っています。

150123とり1

作業机が一杯なので
Macの前でチクチクしています。
精密機械には、どおでしょうか。
故障の原因にならないか心配ですが
かまわずチクチク。

最近流行りといわれている
鳥をモチーフとしていますが
初めてということもあるのか
頭でイメージしていたものを
具体化するのが難しい。
何回も作り直してしまいました。

鳥って空を飛ぶので
無駄のないフォルムをしていると思います。
画像で観るのと実際手に取って作ってみると
曲線とか発見があって楽しいですね。

150123とり2

そんな拘りからはほど遠い
可愛いデフォルメフォルムに落ち着きました。

集中していたらすでに深夜。
続きは明日にしてもう寝ましょうかね。


ぼんやり外を観ていると
鳥たちが地面をついばんでいます。
一体美味しいなにかが落ちているのでしょうか。

ハトは群れでいるので
なんか関係性が見えて面白い。

スズメはいつも友達と一緒楽しそう。

カラスの世界は厳しそうだなとか
いろいろ自分勝手に妄想しています。

こういうぼんやりも楽しい時間です。
 

Appendix

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

広告

Extra

プロフィール

雅太郎1号

Author:雅太郎1号
作るの好きなくせに
絶対完成しない人。
やればできる子。

最近はテディベア製作で
フェスに参加しています。
機会がありましたら
お声掛けください。

メリー号制作記は
カテゴリの「ワンピース2」から

ストーム・マシーンの
ロビー製作は「SMG」。

ニャンコ先生とか
その他もジャンルいろいろ。
まとまりがありません。

最近検索の多い
「ハレパネ貼り方」は
カテゴリの「工作」から
参考になれば幸いです。
 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリ

柊 (15)
SMG (53)

FC2カウンター