Entries

参加マニュアル入手

1年半ぶりに参加しようかと決めた
ワンダーフェスティバル2012[Summer]。
こんどは夏です!

まずは、「参加マニュアル」を手に入れます。
切手を送って郵送していただくこともできるのですが
気がつくともう締め切りギリギリだったので
海洋堂のショップへ直接買いに行ってきました。

半年前も購入して結局参加しなかったことがあります。
今回はちょこっと頑張ってみようかと思います。

それこそ半年ぶりの秋葉原。
あんまり変わっていませんね。
WFに参加するのに
自分ではあまり用のない街となってしまいました。
これはいけないことですよね。

それでもドール系のお店が気になったり
買えもしませんが「ECT-1」のエリートシリーズが
欲しくて観に行ったり、楽しめました。
意外にデカかった!
やはり物欲の街。お金がないとねという感じです。

120225wf

早速参加マニュアルを読み込んでいます。
以前もやったことですが、すっかり忘れています。

まあとりあえず申し込みをしないとね。
まずは卓を確保するために
「当選」をいただかなくてはいけません。

今回販売予定は
・ニャンコ先生(再販)5体くらい?黒はなし。
・1/6?「柊 お面キット」 キャスト複製品
・展示見本で「柊」
・おなじく「露神」(再展示)販売するか?買う方いるのか?
・1/1?日常「阪本さん」ぬいぐるみ
くらいでしょうか。

当日版権は1卓5種類までなのです。
間に合えばオリジナルなものでも
紹介できたらと思っております。

ど~でしょうかね。

なんかワクワクと不安が入り交じっています。

これから経過報告をしていきますので
皆様の参考になればと…。

続きます。
 
スポンサーサイト

夏目友人帳:ウ~ムどうかな

ワンフェスの申し込みはボチボチ進めています。

Web申し込み締め切りの3/16日までに
商品内容を検討変更したり
登録内容を確認したりできるのですが
どうもMacだからでしょうか
ログインがなかなかうまくいきません。
自分だけなのでしょうかね?
ちょっと心配です。

そんないろいろやらなくてはいけないことが
沢山あるのですが
そんな材料の下見をかねてお店を巡っているのですが
こんなものを買ってしまいました。

120303羽

Black Wing SSサイズ プレイアベニュー社製

仮装用の天使の羽のブラックヴァージョン。
大きさは左右で18cmくらいなので
人間用でなく犬猫くらいが丁度よいくらいか?
背中に背負う用の紐もついています。

なんでこんなのを買ったかというと

120303天狗

夏目友人帳の第8話、七瀬と仲良しの天狗?さんです。

この回はアニメオリジナルなので
原作には登場していません。
デザインもちょっと?な感じなのですが。
でもねなんかチャッチャと作れてしまいそうなので
気になっていました。

下駄は木製にして足腰をしっかりして
ハの字にすれば自立できる?
服装は銭形平次参考か?おかっ引き?
羽はなにか利用できるものがあるはず?

とかまたまた製作妄想に取り憑かれて
調べたらちょうど良いものがあったので
とりあえず材料として押さえておきました。
ちょっとポアポアでゴージャスなのですが…。

まあいろいろ作りたいものがあって
その一つなのですが
作るのかな~どおかな~

まあそんなところです。
 

ワンフェス日記:PRカード

ネットショップのお知らせをしたばかりですが
こちらも平行して進めています。
ワンフェス参加計画第2弾!!。

販売するものは前回お知らせしたことを
オンライン参加申し込みにログインして
書き込みました。
締め切りまではまだあるので
チェックを入れながら加筆していきます。

今回はすっかり忘れていた
PRカードを製作いたしました。
前回も作りましたが
申し込みと一緒とは。忘れていました。

自分は版権商品が多いので
未だ権利者様にOKもいただけていないし
しかも根本的にWF参加の当選もいただく前だし…と
キチンと書いてよいやら迷うところであります。

まあ軽く未定という感じで…

120305WF

前回の使い回しですね。
とりあえず前にOKいただいたものを書き込みました。

露神様を売りに出そうか悩みましたが
どうもお顔を拝見すると
売らないでとお願いされているようで
こちらが恐縮いたします。

「詳しくはブログで!」と書いてしまいましたので
おいおい製作状況などをお知らせしていきます。

前回はなかなか許諾がいただけずハラハラいたしました。
今回は期限どおりにいただけることを祈るばかりです。

そろそろ暖かくなってくるので
フリースとかボアなんかも
アタリをつけておかねばなりません。
どうかな?
予定では5/7に当日版権の
申請をしなくてはいけません。(必着)
それまでにはサンプルが完成して
写真を撮影しなくては!!
どうかな?
大丈夫か?
 

ワンフェス日記:気がはやくて

週末もまた街へ出掛けました。
本当は本を立ち読み程度にしようと思ったのですが
いろいろ誘惑が多くて大変です。

ゲームセンターにはニャンコ先生グッズが
ほぼ常設されるようになっています。
ぬいぐるみやマスコット。
そのどこにもちゃんとお客さんがいて
つぎつぎとコインを投入していました。
なんとも
ちょっと前では考えられないくらいな
状況ですね。

無事捕獲できた方を観ると
自分もウズウズしてきますが
ここはグット我慢しておきます。
だって皆様もそうだと思いますが
もうすでにニャンコが何匹いることか!

ふと我にかえると
どうもとりつかれていたようです。
「ハッ、今、オレなにしていたんだ!?」
(手には沢山のニャンコグッズ or 空っぽの財布)

そんなとりつかれついでに…

120313wf

材料を買ってきました。
ニャンコ先生色のフリースです。

そろそろ暖かくなってくるので
この手の生地が店頭に並ばなくなるやと
心配だったので。

まったく、まだ承認いただけていないのに
材料を揃えてしまうのはいかがなものか。
先物取り引きなんでしょうか。

まあ、これでニャンコ分はひと安心!?

色合いはメーカーでも毎年微妙に違うので
困りものです。
上のヤマブキ色は昨年のものです。
もうみかけない色となっています。貴重。
グレーは検討用に2パターン。
薄い方で良いかな?

すでに出来の良いニャンコグッズは沢山あるし
自分の役目も終わった感じなので
今回は少なめの5体を予定しています。
サンプルが必要かもしれないのでどうなることか。
基本は「再販」のつもりですが
手作りなので同じにできるかな~と心配です。

本当は「阪本さん」用の品の良い毛並みの
黒いボアの方が心配なのですが。
どうかな?あるかな?
 
ーーーーーーーー
そろそろWebでの申し込みも締め切り間近。
ヌケがないように確認したりしています。

今回は展示だけですが
「露神様」と「柊」を予定しています。

露神様は再展示なのですが
柊はこれから着物をつくらねばなりません。
失敗しないとよいのですがね。
完成するかな!?

露神様も何れキット化を検討したいところですが
服はほとんど裁縫な感じなので
布だけ入っているのも
また、イジワルな感じでどうしたものか。
昔の木製模型みたいですね。
まあ、羊毛フェルトキットも同じ仕様ですが。

さてはて、つづきます。
 

参加申込書到着

お知らせでもお知らせしましたとおり
無事参加当選をいただきました。

幕張メッセに戻ってから会場も広くなったので、
よほどヤンチャをしていなければ
落選はないとは聞いていましたが
まずは一安心。

書類関係が送られてきました。

120407ワンフェス


ディーラー参加申込書と当日版権受理通知書。

4/16までに参加料を入金します。
その書類です。さてお金を確保しますか。

それと申請していた版権ものの確認書。
著作権者さまへ手続きをお願いしていただく
大事なものですので
間違いがないかチェックします。

ニャンコ先生は前回の再販としていましたが
商品名がうろ覚えで記入してしまって
前回と違うようでした。
実行委員会の担当者より確認のメールをいただき
お手数をお掛け致しました。すみません。

本来であれば表情違いとか
バリエーションを増やしたいところですが
その都度1点分の申請が必要となってしまます。
1卓あたりの版権商品が5点までと数が少ないので
なかなか難しいところなんです。

さて、そろそろ本申請用の商品サンプルを
作らないといけないですね。
作り方を忘れていないとよいのですが…。
 

サンプル作り覚え書き

ようやく参加料金を納めてきました。
これで4/20には正式な登録通知がいただけるはずです。

この次は5/7に版権本申請書などの
書類をまた提出します。
ここに商品サンプルの写真を同封貼りつけするわけですが
そのサンプルを作らないといけません。

100921wf2

まずは、「露神」さま
露神さまは再展示なので
前回使用した写真を再利用するつもりです。

101115柊4

「柊」
ムム~柊はメリー号同様止まったままですが
こういうことがないと完成しません。
よい機会として制作完成いたします。
どうなるかな~。

120229蛍火7

「柊 お面キット」 画像はBDのおまけといっしょに
柊が被っているお面のみのミニチュアキットです。
展示する人形が被っているのと同じものです。
ストラップをつけてもよいかも。
シリコンで型取りして樹脂を流し込み量産いたします。

組み立てや塗装しなくてはいけない
プラモ状態での販売ですが
これまたキット状態にしなくてはいけないのに
許諾がいただけるまで量産できない、
大いなる矛盾のある申請ですね。
完成品を撮影すればよいのか?
やはり商品形態の写真が必要か?

これも月内に作ります。できるのか!?

110804阪本2

「日常 阪本さんぬいぐるみ」
これはすでに作ってあるものがありますが
若干修正したいところがあるので
また作りなおしか!?
前の型紙をどこにしまったか探さないといけません。

110203wf2

「ニャンコ先生 ぬいぐるみ」
これも前回の写真があるので大丈夫かと思いますが
やはり作り方を思い出すため
もう一回つくることとしたします。
これも型紙を探さないと。
優先順位は低いかな。

さてはて、忘れるといけませんので
書き留めておきます。

一番の難関は「柊」関係か!?
大丈夫か自分!!
出来るのか自分!!
 

ワンフェス日記;作り始めました。

考えたらあまり時間がない版権申請。

とりあえず柊のお面キットを
作り始めました。

120414wf1

前にせっかく修理した角を
人形に被せることもなく、
またカットしなくてはいけないのが
今まで踏み出せなかった原因だったりします。

本来なら一体で型抜きしたほうが
角度の付け方とか不要だったり
強度がでるのですが、
ここはちょっと拘ってみることにしました。

なぜにプラモのランナー(枠)かといいますと
「キット」なのでキチンとランナーに付いていないと…
まあ、プラモデル感覚にしようかと思いました。

樹脂を流し込むときに経路が作りやすいかと思って。

実際は気泡とか入って流し込みに失敗する方が
多いかもですが…。

ちなみにランナーのもとはモトスレイブです。
これもとまっているな~。

120414WF2

お面のツノを複雑な思いで取り外しました。
そして、ランナーをニッパーでパチパチ切り取り
長さを合わせて接着つないで行きます。
パーツ番号も流用してみたり。

なんとなくプラモデルキットっぽくなったでしょうか?

キット自体をつくる。
なんとも不思議な感じです。
いままでランナーにヤスリなんてかけた事なかったので。

こういう演出も必要かと。

さてすぐに完成するかしら?


ーーーーーーーーーー
<訃報>青野武さん75歳
=ちびまる子のおじいちゃん役声優

(2012/4/10毎日新聞)

友蔵さんの声が変わったなと思ったのが
だいぶ前のことでした。
夏目友人帳でも人気のあるキャラクター
「露神」さまを演じていらっしゃいました。

自分はこの露神を作ったあと
近所ですが撮影をしてまわりました。
そのときはなんとなく会話しながら写真を
撮っていたので、
青野さんのお声といっしょに散歩をした
気分になったりしていました。
楽しかった思い出です。

謹んでご冥福をお祈り致します。

120414WF3

「そろそろキチンと仕事した方がいいんじゃないかの~」

露神さまはウチに居ます。
いまでも青野さんの声で語りかけたりしますよ。
 

ワンフェス日記:制作中

現在、お面キットを製作中ですが
溶剤系とか接着剤とか使っています。

こうして考えると
羊毛フェルトって天使の趣味のように
キレイなものだったと再認識。

手がグレーなんてないですものね。
血だらけなことはありますが…。

120418wf1

なんとか原型が完成しました。
全体にグレーの下塗り塗料をぬってあります。
右上に延びているのは
そこから樹脂を流し込む経路です。
上のラベルにたいなものは
気泡を逃すためのスペースと
(C))表記を入れる部分です。

120418wf2

原型の型を作るため粘土に半分埋め込みます。
これは2分割型にするため。

原型を粘土に押し込めばすぐにできそうですが
細いパーツなため、どちらかというと
まわりに盛りつけていく感じなので
ちょっと面倒ですね。

120418wf3

厚紙で囲ってシリコンの受けを作ります。
このときに型を合わせたときにずれないよう
凹みを何カ所か入れておきます。

ここで型の最終チェックとクリーニング。
粘土とシリコンは同じケイ素なので
くっ付かないようバリア剤を塗っておきます。

120418wf4

さて、バリア剤が乾燥したら
シリコンを流し込みます。
本当は重量をキチンと計って
硬化剤を混ぜるのですが
いつも適当だったりします。
大丈夫かな~。

最初は気泡が入らないように少しずつ入れます。

120418wf6

さて一杯になりました。
これから8時間以上、シリコンの硬化を待ちます。

うまくいっているかな~
今日の作業はここまで。

もうシリコンとか硬化剤とか粘土とか
手が汚れるものがいっぱいです。

テーブルもラップや新聞紙で保護したり
なんだか部屋もよけいに汚くなったよう。

つくづく羊毛フェルトってきれいだなと
思うしだいです。
まあ細かい毛が飛び回り
鼻がフガフガしますが…
 
明日はもう半面を作ります。
  

ワンフェス日記:まだ制作中

型取り作業は準備自体はすぐにできるのですが
シリコンの硬化時間がかかります。
机の作業面積もあったりするので
固まるまで工作ができません。
これも別のことをキチンとやる
よい機会なんでしょうか。

120419WF1

実は前回流し込んだシリコンなのですが
硬化剤の比率を間違えたのか
昨年のナゾ人形用の余りだったので劣化していたのか
うまく硬化しませんでした。(多分硬化剤が足りなかった)

もともとあるもので作るつもりでしたが
やはりキチンと新しいものにすることにしました。

なのでドロドロの中から原型を取り出し
キレイに洗ってまた同じ作業をしました。
安易なことはいけませんね。

やはり新しい材料は不安がありません。
キチンと硬化を確認してから
ひっくり返して粘土を取り出します。

裏側ですがズレ防止のブツブツもキレイに
型取りできたようです。

2面型なので、ここにまたシリコンを流し込みます。
その前にシリコン同士くっ付かないように
バリア剤を塗ります。

120419WF2

前と同じようにシリコンを流し込んでいます。
うまくいっているかな。

こういう物って流し込んでから
漏れ防止のテープを貼っていなかったり
バリア剤の塗り漏れがないか心配になったりします。
いずれもヌケがあったらまた手間がかかるのですが
こういうところは
出掛けるときのカギとか火の元が気になってしまい
何度も引き返したりするのと同じですね。

120419WF3

いっぱいになりました。
これでまた硬化を待ちます。
今度はうまくいくでしょうか。
一度失敗しているので心配です。

なんだか豆腐のような感じです。
これでまた半日静かに待つといたします。

そういえば型に流し込む樹脂の方は
大丈夫でしょうか?
同じように劣化しているのでは?
これまた心配です。
 

ワンフェス日記:まだまだ制作中

4/20に登録通知(ハガキ)が届く予定でしたが
まだ届きません。
本日受け取れるでしょうか?

5/7に本申請なのでうかうかしていられません。

いろいろあった「1/6柊 お面キット」
無事シリコンゴムも固まったので
原型を型より取り出すことにしました。

120421WF1

まわりの厚紙を取り外し
バリア剤を塗った真ん中あたりから
メリメリ割っていきます。

特に欠けた部分もなくうまくいったようです。
若干細かい気泡は多いですが
型自体はもんだいないようです。
なかなか難しいね。

中の原型を取り出しキレイにしてから
まだシリコン型を合わせます。
軽くテープで固定します。

120421WF2

中に入れる樹脂はポリウレタン樹脂。
A液とB液があって混ぜ合わせることで
液状からプラスチックのような樹脂成形物が
出来上がります。
化学反応による硬化なのですが
シリコン同様原理がわかりません。
接着剤なら乾くって感覚でわかるのですが。

使う量はとても少ないので
写真の量でも多いくらい。

混ぜ合わせたあとすばやく
カッターで広げておいた注入穴より
樹脂を流し込みます。

下に溜まって上に上がってくるので
空気の逃げ穴を数カ所あけておきました。

120421WF3

液体を注入すると別の穴からも出てきます。
これで満タン状態。
あと気泡がたまっていないか
型ごとトントンたたきます。

120421WF4

気温にもよりますが
1~2分すると、中の液体の透明感がなくなってきます。
科学反応するので樹脂も熱くなっています。
それが冷めると硬化終了です。

120421WF5

ゆっくりやさしく型を割ってみます。
なんとか複製品ができたようです。

型自体には問題はないようですが
どうもランナー(枠)上部に大きな気泡が入ったようです。
ムム~。トントンが足りなかったか!?

これもプラモ風に拘らなけりゃ
お面部分は問題ないのですがね。

困ったな~。これも数を試して
出来のよいものを選ぶことにいたします。
さてはて。
 

ワンフェス日記:まだまだまだ制作中

なんかずっと作っている「柊」お面キット。

サンプル用に何回か樹脂を流し込み
型抜きしたのですが、いつのまにか
沢山になってしまいましたよ。

120422WF1

なかなか気泡が入ってしまい
なかなかうまくいきません。
特にお面に支障がないようだったら
OKとしましょうか。
本番が不安ですが…。

とりあえず台紙を作って
商品ぽくしてみました。

120422WF2

ご購入いただけるでしょうかね。
これは申請用のサンプルです。
台紙の裏には作り方説明図と(C)を入れるつもりです。
あとはヒモが付属予定。

ようやく1個完成かと思ったのですが
申請方法を再確認したら
申請書に添付する写真は完成品のようでした。

エッ!!

なんとも型取りする前に写真をとっておけばよかった。
分解する前のものでよかったようです。なんとも。

それで急遽完成品を作ることになりました。
そんなに手間ではないのですが
自分の勘違いで手間ばかり増えていきます。

120422wf3

失敗したものでお面に影響のないものを選び
実際に制作してみます。

それぞれパーツから切り離します。
そして余分な部分をカッターとヤスリで
削っていきます。

120422WF4

お面本体はガンプラで使われている
アンダーゲート方式を採用?してみました。
でも裏を削るのは結構難しいことが判明。
購入された方々にはお手数かけてしまいます。
ここは彫刻刀を使用。

120422WF5

あとはツノを接着して
ヒモをつけるための穴をあけてできあがり。
ツノに隙間ができたのでパテで埋めています。
真鍮線を埋め込むと
ツノの強度があがります。
今回はツノを接着後ウラからドリルで穴をあけて
押し込み接着するつもりです。

さてはて次は塗装です。
やれやれ。
 

ワンフェス日記:まだまだまだまだ制作中

タイトルがしつこくなってきたので
次回で変えることにします。

ワンフェスの旬日中で
5/7(必着あ)までに版権申請しなくてはいけません。
この5/7ってゴールデンウィークがあるので
郵便事情が解りませんので
事実上今週中には送りたいところ。

気付くとあまり時間がありません。

できるのでしょうか。

120425ワンフェス1

前回組み立てたキットを塗装しています。
まずは下塗り塗料を全体にスプレー。
キズや気泡がわかりやすくなるのと
樹脂に塗料との密着性を高めるためです。

120425ワンフェス2

裏面も塗装しておきます。
ツノの部分は接着後ウラから極細ドリルで穴をあけ
虫ピンを短く切ったものを差し込み接着して
強度をあげています。

120425ワンフェス3

乾燥したら白目の部分を白で塗装して
これまた乾いたらマスキングします。
(Mr.COLOR156使用)

120425ワンフェス4

その後全体にお面色を塗ります。
今回は肌色に近い色でなく
ちょっと青っぽい濁った色にしてみました。
使用している木材の色と認識して。
(Mr.COLOR313使用)

120425ワンフェス5

最後に黒目をマスキングします。
太めのマスキングテープを
丸く切り出すのですが
ちょうど事務用品の穴あけポンチが
大きさで丁度よかったので使用しました。
なかなか目の真ん中の位置に貼るのが難しい。

他の部分も隠して黒い塗料を吹き付けます。

120425ワンフェス6

軽くスミ入れをして裏を黒く塗り
仕上げにつや消しクリアをスプレーしました。
ヒモを取り付けて出来上がり。

そんなに組み立ては難しくないでしょ。

ようやくお面キット申請用の原型が出来上がりました。
随分回り道した感じです。

120425ワンフェス7

次は「柊」の着物作りです。

さてはて間に合うか!!
 

ワンフェス日記:やっとこさ申請

120501WF

いままで作ってきた物を写真に撮って
ようやく版権申請ができそうです。

なんかひどく回り道をしてしまったような。
こういうものって完成してから考えた方が良いですね。

正面、左右、後、顔のアップと5枚写真を
添付して検討いただきます。

さてはてOKはいただけるでしょうか。
本日は郵便局やってるよね。心配です。

この書類を5/7着で送ってから
結果をいただくのが6/18です。
そこから量産作業にかかるのですが
前回の経験より少しは下ごしらえしといた方が
良いかな~。どおかな~。

また進展があったらお知らせいたしますね。

アッ!それと皆様GWは楽しんでいますか~
 

ワンフェス日記:過去との対峙

先月申請でバタバタでしたが
大分空いた感のあるワンフェス参加日記。

もう2週間もすると版権申請の許諾がいただけるのですが
久しぶりにインフォメーションをのぞいたら
夏目関係の予備調査結果に「○」が付いていました。
許諾の条件もくわしく書いてありましたし…。
前回はギリギリまで結果をいただけなかったことを
思い出して、まだ正式ではありませんが
なんか素早い対応に驚いております。

自分のは完成品なので
再販も多いですが製作時間もかかるので
たいへんありがたいです。

さっそく保管しているはずの型紙を探しました。

しかしどこかにキチンと仕舞ってあるはずなのですが
それがどこに入れたか忘れてしまいました。
普段は部屋のスミに出しっ放しなのですが
ヘタに片付けると探すことになってしまいます。
大体この辺にあるよなというところは
見つからずすっかり1日作業でしたよ。

結局「柊」人形関係といっしょの箱に
入っていたのですが
なんとも、片付けなんてするものではありませんね!?

120604ニャンコ1

やっと探し当てたニャンコ先生の型紙です。
名取さんにもチェックしていただいてます。

それと顔パーツ用のデータから出力してみました。
全部揃っているようです。

前に作っているときに気付いて修正した箇所も
思い出し型紙に手直ししています。

さてはて、なにぶん手作りなので
昔と同じに出来るか心配ですが
なんとかヴァージョンアップしたであろう
技術で乗り越えていきたいところです。
しかも今回は5体という少なめですので
若干気が楽でもあります。


ほんの1年半前なのですが
ご無沙汰でしたのニャンコ先生の型紙。
昔の自分との再会です。
あれから他にぬいぐるみとか作ったり
羊毛フェルトとかしたりしていました。
自分でもあのころより成長したであろうとは
思ってはいますが
他のものでも過去の作品と出逢うと
未熟で気恥ずかしい半面
昔の方がキチンとやっていたなとか
感心したりしてしまいます。

なんか全てが初めての頃の
問題にも沢山ぶつかりながら
それでも出来てゆくことの楽しさの中で
カタチになった物って
若干時間が経ってちょっぴり達観した自分には
眩しいものに見えているのかもしれません。

再販なので同じに作らなくてはいけませんが
時間の分だけ違うものになっていくのかな~とか
思ったりもします。

はてさて完成するかな!?
しかも無事,許諾いただけるのかな!?
 

ワンフェス日記:文明のリキ

なんとなく作り始めました。
ニャンコ先生ぬいぐるみ。

順番等もありましょうが
一番神経をつかう部分を
テストがてら作っています。
まあ、過去の記憶を思い出すためでもあるのです。

今回も使用するのは「フロッキーシート」
その中でも延び縮みする「フリーナンバー」という
商品を使います。
名前のとおり
番号をゼッケンやユニフォームにプリントするため
あらかじめ数字型に糊がプリントされています。
今回は使用用途がちがうので
無駄な部分が多いのですが
数字の中でも比較的自由な「ハイフン」を購入しています。

色は白と黒しかないので
赤い模様部分は従来の「フロッキーシート」の
アカを使います。

120606ニャンコ1

今までは図案を決めてから
裏にエンピツを塗って、
シートにカットラインを写していましたが
今回はお仕事用のお絵描きソフト「CS5」を使い
しかも糊つきプリンタ用紙に出力も出来るようになったので
それをシートに貼って切り抜きラインとしています。
手で写すより精度があがり時間も短縮できます。
若干、紙の厚みがでるので
カットするときに注意が必要ですが。

120606ニャンコ2

型紙から切り出したフリースに
作ったゲージをあてて、目や口のパーツを並べていきます。
それから、当て布をしてアイロンがけ。
フロッキーシートを貼付けます。

ここいらへんは前回と同じでしょうか。

そろそろスチーム穴のないアイロンも
購入しなくてはいけない気がします。

120606ニャンコ3

温度が下がって糊がついた後
上紙を剥がしていきます。

剥がすと色フロッキーがキレイに残るのですが
フルース生地はフカフカなので
色もいっしょに剥がさないか
いつも神経を使います。

その後もう一度アイロンをあてて最終接着します。

なんとか昔のカンを取り戻してきましたが
やっとノってきたころに
この作業もすぐ終わりそうです。

ーーーーーーーーーー
少しの位置違いで表情も変わってきます。

前回のときは無表情・無我に仕上げたのですが
最近の作品のニャンコ先生は
うちとけてきたのか表情が豊になってきました。

そんな雰囲気でわからないくらい微妙ですが
気持ちがあるように仕上げています。
わからないかな?

そんな誰にもわからない拘りを
込めております。
 

ワンフェス日記:夏目前!!

夏目前!!

こういうコピーをみて
「ナツメマエ」と読んだ方は
もうニャンコ先生に取り憑かれていますよ。
気をつけないと。

来週には正式に版権申請の結果をいただけるのですが
Webサイトで確認しましたら
どうやら夏目関係は無事許諾いただけたようです。

あらためまして
緑川先生、白泉社さまありがとうございます!

早速ニャンコ先生の製造?にかかります。
とはいえタグをつける関係で
一気には進められないのですが…。

120615wf1

前の記事でフロッキーシートをつけていましたので
今は、布を切り出し
ミシンでチクチク縫っております。

今回は5匹なので
飽き性な自分でも作業がイヤになった頃
次の工程に移れるので
ストレスもなくちょうどよい
清々しい気分で制作しています。

昨今のニャンコブームをみると
もっと個数を増やしたほうがよいのか?とも
思いましたが、まあそれはあれかなとか。

なかなか額の模様の縫い付けは
難しいところ。
ここはキチンとしつけ縫いをして
縫いの精度を上げていきます。

120615wf2

やはり首だけだと
ちょっと怖いですね。

プー生活なので作業も進みます。
今回も皆様に喜んでいただけるとよいのですが。

来週の通知到着が楽しみです。
「阪本さん」の角川プロダクションさまも
ご承認よろしくお願い致します。
 

ワンフェス日記:当日版権

本日18日は当日版権の結果をいただける日。

キチンと書類をお送りいただきました。
お疲れさまです。

120618wf

また沢山の書類です。
しっかり読み込んでいますよ。

夏目友人帳関連商品の許諾を正式にいただきました。
またもや緑川先生や白泉社さまの
お名前をいれさせていただくことを
光栄なことと喜んでおります。

製造にも拍車をかけていきたいと思います。

提出する書類とかもあるので
忘れないようにしなくては。

ただやはり「阪本さん」はいまだ確認中ということで
気がやすまりません。
ぜひともよろしくお願い致します。

なんだかんだと、あとひと月ちょっととなりましたね。
楽しみでもあり、不安でもあり。
 

ワンフェス日記:ちゃくちゃくと

台風やらシトシト雨やらムシムシだったり
真夏日だったり慌ただしい気候ですね。

最近は食料や飲み物を買い込んで
極力出掛けないようにしております。

もっぱらお部屋では工作作業をしているのですが
最近は許諾をいただけた「夏目友人帳」
ワンフェスで販売する商品を製造しています。

露神は前回のそのままだし。
柊は専用スタンドと履物を作らなくてはいけません。
でもほとんど出来ているし。
お面のキットはもう倍の数型どりします。
組み立て説明図兼台紙を完成させなくては。
まだいろいろ沢山しなくてはいけないことが
ありますね~。

あとはニャンコ先生なのですが
こちらは楽しく作っています。

120621ワンフェス1

おなじみ「ニャンコの干物」
縫製もなかなか難しいところもありましたが
なんとか規定数進めています。

袋には4匹しか入っていませんが…

120621ワンフェス2

今現在は肉球を貼付けています。
数が多くて案外神経を使う作業です。


ちゃくちゃくと作業は進んでいます。
こう作業をしていると
他の工作の構想を妄想して楽しんだりしています。
次は「斑さま」にも挑戦してみますか!?
フル稼働ぬいぐるみとか。
今度毛あしの長い白い素材でも探してみますか?

まあ、まずはこれらを出来るときに
出来るとこまで完成することにいたします。
 

ワンフェス日記:注入!!

最近はちょっとした物忘れがあって
ついこの間したことや物を置いた場所とかを
忘れてしまい、同じようにしようと思っても
その都度大騒ぎです。

今作っているものの材料などは
出掛けたときにまとめて全て買ってくればよいのですが
細かいサイズや色番号などを忘れていたり
目先の作業優先ですっかり頭になかったりして
折角順調に作っていても
ちょっとした材料が足りないばかりに
中断したりします。

最近は気がついたらメモをとっているのですが
それでもヌケているものがあったりしていて
まったく自分が信用できない状態ですよ。

120623wf1

ニャンコ先生作業も順調に進み
今は終盤の中身詰め作業をしています。
ニャンコ干物からデップリニャンコ先生に
変わります。
中身はいつものソフトパイブ樹脂。
300gちょうど入ります。

この作業をするとほとんど完成したイメージになります。
カタチを整えたりするためモミモミすると
愛らしさが増しますね。

120623wf2

とりあえず5匹に魂を注入しました。
ナゼか積み上げたくなります。ニャンコ先生。

さて一気に仕上げ完成といきたいところですが
最後に取り付ける鈴の部品が足りないことに
気付きました。
サイズもいろいろあるので
今度見本を持ってきてかなとか思っていて
後回しにしていました。
また、買ってこなくてはいけませんね。

他のものもないか、良くチェックしてからにしなくては。

ワンフェス日記:あまくみていました。

順調に進むワンフェス準備。

アイテムもしだいにできあがりつつあります。
現在は柊のお面キットを製造中。

120625wf1

シリコン型を作って樹脂を流し込み
複製しています。

今回はキットで完成品ではないので
簡単かなと思っていたのが大まちがいでした。

適当に20個!とかにしてしまいましたが
型取りにもそれなりの高度な技術が必要なようで
作業の半分以上が失敗と
なんとも効率がわるいのです。
もう一度ちゃんと型を作り直せばよいのですが
すでに予算オーバー状態。なんともです。

かなり薄いパーツなので
色むらはしかなたいにしても
気泡がどうしても目立ってしまいます。

専門業者でなく個人でする作業ですので
若干の製品ムラはご了承いただくしかないのかな~。
申し訳ありません。

他のキットと同じように塗装して組み立てるには
問題ないとおもいます。
基本の下地処理や穴をパテで埋めたりの作業は
必要ですが。

しかも5月に作っていた分とかは紫外線の影響か
時間が経ったせいか
若干アイボリーが強くなっているようです。
大丈夫かな~。

120625WF2

台紙もプリントしてみました。
切り抜いてパーツの糸をはさみ、袋詰めです。

組み立て説明図も付いていますが
これは単に様式的なものなので
難しい訳ではありません。

まずはギリギリ樹脂がなくなるまで
型取りにチャレンジして
できるだけ状態のよいものを並べたいですね。

それよりもすでに型が寿命か?ウワ~ン
 

ワンフェス日記:なんかないか

お知らせでも書いていますが
版権申請ののこり1点が不許諾と
なってしまいました。
販売はもちろん、展示もできません。

昨日正式に書類をいただきました。
残念です。

あと開催までの1ヶ月は
これの制作にと思っていたのですが
その作業もしなくて良くなりました。
今回はこれが数的にメインだったので
少々落胆しております。

版権元さまには理由は問えない契約ですので
ひとえに自分の修行の足りなさと深く反省して
次回の参加がありましたら
バージョンアップして再挑戦したいと思っております。

しかしこの商品がなくなると
残りがすべて完売できたとしても、
ほとんど参加料や材料費の元手にしかならず
ちょっとはイベント終了後の
打ち上げなんかもしたいな~と思っていたので
資金が足りない状態ですよ。ていうか赤字?

ですが参加して、皆様にご覧いただくのを
喜びとすることにいたします。
フェスティバルですしね。

ですが…

120629wf1

く~~

なんかないか? なんかないか?

なんかないか! なんかないか!

なんかないか~!!


な気持ちです。

ここは急遽オリジナルなものでも製作して
店頭の空きをうめることができたらと思い
ちょっと考えていますよ。

120629wf2

材料も買ってきたりしています。
間に合うのか?
てか、考えているのか!?

ーーーーーーーー
アニメイト特典のものも配布が延期されているようです。
なにかあったのかな?
 

 

ワンフェス日記:チビチビと

最近はニャンコ先生グッズが沢山発売されています。
複数のメーカー参入されていて
もう、チェックできない状態です。

近頃ではアニメショップだけでなく
あの東急ハンズとかでも
ワンコーナー出来ていたりして
ビックリしましたよ。

120702WF

若干、気持ちがトーンダウンしているのですが
商品製作の細かい仕上げをやっています。

今日はニャンコ先生に首輪と鈴をつけました。
下から覗くとこんな感じです。

なかなか作業を始めないくせに
やり始めるとのってきた時に
作業が終了する感じです。

とりあえず仮にビニール袋にいれて保管、
開催まぎわに最終チェックの後
パッケージラベルをつける予定です。
 

ワンフェス日記:内職仕事

ニュースでは南九州地方が豪雨になっているようです。
熊本の被害映像を観ていると心配になります。
夏目友人帳舞台のあたりは大丈夫でしょうか。

コメントをいただいていた方も凄い雷だったと
お聞きしました。その後被害はなかったでしょうか。
心配です。

東京も今夜から雨のようです。

ーーーーーーーーーー
サマーバーゲンの準備中ですが
ワンフェスの準備もしなくてはいけません。

今回は1点許諾いただけず
販売する種類がへったのですが
その分ちょっと余裕での作業となっています。

120713WF1

柊のお面キットの袋詰めをしています。
台紙をカットして二つ折りにします。

こうして並べると凄い数ですね。
作り過ぎか!?

「氷菓」の文集みたいに作り過ぎて
大変なのでしょうか。
完売をめざして対策しなくてはいけないかも
しれません。

ほとんど内職作業なのですが
こういう単純作業は
慣れてくると無心になれます。
あっという間に時間も経っていたりするのですが
その分集中しているのでしょうか
後で腰が痛くなったりします。

まあ、20個なのですぐに終わってしまうのですが。

120713WF2

キット本体に(C)マークを入れます。
ここはシールで対応しました。

それとお面につける糸は台紙にはさんであります。
メリー号用にと随分前に購入していた
帆船模型用のミニチュアロープパーツです。
(また買い直さなくてはいけませんね)
マンチュア社のリキングコードというものですが
なんとイタリア製です。高級!?


シリコンで型取りしていたのですが
やはり型が寿命なようです。
ギリギリ使えるものが複製できたくらいです。

気泡とかあるのですが申し訳ありません。
パテとか瞬間接着剤とかで
穴埋めをお願い致します。

次は版権元へ納める完成品の製作をいたします。
うまくいくでしょうか。

ワンダーフェスティバル2012夏は
7月の29日日曜日に開催です。
皆様の参加お待ちしております!
 

ワンフェス日記:届きましたよ

120719WF

昨日届きました。
ワンフェス最後の用品書類たち。

会場で首からさげるディーラーパスと
注意書類の数々。

ああ!もうすぐなんだなと
感慨もひとしおです。

結局、オリジナルなものは
製作することができませんでした。
間際でジタバタしましたが
どうもね。

そのかわりクマのぬいぐるみなんかを
持って行こうかと思っています。
なんとなくワンフェスにそぐわない!?
意外にびっくり高価だったりしますが
里親募集してみます。

すでにガイドブック入場券も発売されていたりして
ディーラーをチェックされている方も
いらっしゃるでしょうか。

それと卓番号が決まりました。

4-19-04です。

前回出店したときと近いでしょうか。
画像で「ここ!」とか書いていますが
小さくてわかりませんね。
皆様のご参加お待ちしております。

さて細かい店舗用品を作らねばいけません。
忘れ物ないようにしなくては…。
 

ワンフェス日記:補足説明その1

ワンフェスの準備をしています。
今は提出用の完成品を作っています。

組み立てて塗装しているわけですが
少しは詳しく作っている工程を載せたら
ご購入いただいた方の補足説明になればと。
特にこういうキットを作ったことがない方に
我流ですが参考になればよいのですが。

■用意するもの その1
 ・カッター、ニッパー
 ・接着剤(瞬間タイプ)
 ・サンドペーパー(400、800番くらい)
 ・虫ピン
 ・ラッカーパテ
 ・サーフェィサー(グレータイプ)
 ・その他 カッティングマット、爪楊枝

120721WF

パーツを切り離します。
ニッパーでザックリ切ってカッターで
細かい部分を削り
最後はサンドペーパーで仕上げます。

角の角度なんかも調節しながら
全体に軽くヤスリをかけておきます。

120722WF1

ガンプラみたいにアンダーゲート方式にして
表に切り口が出ないようにしたのですが
裏を削る部分が沢山できてしまい
余計面倒になってしまっています。
すみません。
ここは小さい彫刻刀で少しずつ削ってください。

120722WF3

ツノを瞬間接着剤で取り付けます。
角度はイメージで。

固まったら裏からピンバイスドリルで
角に向かって穴を開けます。
ここにムシピンを短く切ったものを
差し込み接着して補強とします。
ここも瞬間接着剤。
ピンの太さによっても違いますが
自分のは0.8mmでした。

同様に両サイドにヒモを通す穴を開けておきます。
ここも0.8mmにしました。
よく観るとガイドの凹みがありますね。

120722WF4

自分は取り付けがいい加減なので
ツノの根本に隙間ができていたので
ラッカーパテで埋めておきます。
爪楊枝の先でパテをとり
グリグリ塗り込みます。

乾燥硬化したらサンドペーパーで
はみ出した部分を削り滑らかにします。

120722WF5

ここまで出来たらまず下地塗装をします。
スプレー式のサーフェィサー(グレータイプ)。
これは塗料の付きを良くして剥がれにくくするのと
細かいキズや気泡穴を見つけやすくするため。
それとパーツが薄いので透けにくくするためです。

持ち手を固定して裏側からスプレーして乾燥したら
今度は表面を全体にスプレー。
乾燥を待ちます。

120722WF6

案外気泡穴が沢山ありました。
個体差はありますが
お手数をおかけしてすみません。

穴とかキズの部分にラッカーパテを塗り込み
穴を埋めます。
乾燥後にまたサンドペーパーをかけて
滑らかに仕上げます。

再度サーフェィサーをスプレーして
穴が埋まったか確認。

ここで組み立ては完成です。

次は塗装をしますね。 つづく
 

ワンフェス日記:補足説明その2

柊のお面作っています。

自分で作ったキットを
自分で作っている訳です。

思うにこういう工作って
キット段階が全製作のほとんどという
感覚ですね。

よく「ワークショップ」ってあるのですが
これも講師の方が考えて
楽しく手軽に出来るよう
すごく悩み工夫されているのだなと
考えます。
そこで学ぶ方が
作る喜びを味わえるようにしてある。
そんなイメージなのですが。

今回は塗装します。
塗装は有機溶剤とか有害なものがあるし
案外汚い作業なので面倒な部分ですね。

基本自分はスプレーとかエアブラシを
使いますが、筆塗りでも雰囲気よくできるかも。
木目塗装とかは筆塗りだし
気軽に挑戦ください。

■用意するもの その2
 ・塗料
  説明書ではMr.COLORのラッカー系番号ですが
  アニメとかでも色味が変わるのでイメージ色で
  よいかも。より安全な水性塗料もあります。
  指定色 本体色  No.313(イエローFS33531)
      黒目・裏 No.002(ブラック)
      白目   No.156(スーパーホワイト)
  仕上げ用にスーパークリア(つや消し)を
  吹き付けます。全体のツヤを整えます。
  これをするとちょっと巧くなった感じ。

  ・マスキングテープ
  ・スミ入れ用エナメル塗料
    タミヤカラー(エナメル)XF-1
    溶剤          X-20
  若干グレーとかブラウンがあった方が良いかも。

  ・瞬間接着剤
  ・綿棒
  ・上記のスプレー塗料やエアブラシ設備
   換気付きスプレーブースとか。

120723wf1

下地塗りが乾燥したらまず白目のホワイトを
塗ります。
自分は塗料でなくてスプレー式の
ホワイトサーフェイサーを吹き付けています。

なかなか白とかって隠蔽性がなくて
厚塗りになるのですが、本当に白にしなくても、
周りとのコントラストなので
そこそこで良いと思います。

乾燥したらマスキングテープで
目玉部分を隠します。

120723wf2

次は本体色を塗ります。
ここはエアブラシで塗っていますが
木目調でも面白いかも。
ワンフェスにつれていく人形は
ちょっと木目にしてあります。

乾燥したらマスキングテープを剥がします。
ほら!白目をむいた柊です。

120723wf3

次は黒目を塗るのですが
小さい丸をマスキングするのは面倒ですが
穴あけポンチの大きさが丁度よかったので
幅の広めのマスキングテープに
穴をあけます。

120723wf4

黒目がセンターにくるよう
あらかじめセンターにマジックで
印をつけておきます。
そこを目印に穴をあけたテープを
マスキングします。

スプレーするので他の部分もテープで
隠します。

120723wf5

ここはスプレーで手軽に。
必要以上に真っ黒ですね。

マスキングを剥がすとこんな感じ。

120723wf6

エナメル塗料を溶剤で薄くして
溝に流し込みます。
ポイントは鼻と目の周り、
ヒビのところと角の付け根でしょうか。
メリハリがでます。
はみ出しても、溶剤を付けた綿棒で
拭き取れます。そのためのエナメル系です。

ただ自分はつや消し仕上げをしてから
スミ入れしてしまい苦心しました。
塗料が浸透してシミのようになって
あまりキレイにいきませんでした。反省。

裏側は黒く塗っています。
最後につや消しクリアを吹き付け。

120723wf7

最後にヒモを取り付け。
端を結んでお面の穴に通します。
瞬間接着剤を結び目付近につけて
ヒモを固定します。

さて出来上がり!!

120723wf8

ちょっと塗りが雑になったか。
スミ入れで汚い印象になってしまいました。

袋に入れて提出用といたします。

さてはてチャクチャクと準備は
進行中!
 

ワンフェス日記:参戦!

なんとか進めていますワンフェス準備。

送られてきたスタッフパスを
それぞれ渡してきました。
お手伝いをお願いしてきました。
今回は他のブースもゆっくり拝見できるでしょうか。

120725wf1

現在は細かい店舗用品を製作、
プリントしています。

画像はプライスプレートと
ニャンコ先生用のタグとかです。

こういうことも大事なものですよね。

お買い上げいただいた商品を入れる
袋は前回のものがかなり余っているしとか
忘れ物がないか
思いついたときに作ったり買いに行ったりしています。

そろそろ準備は万端というところでしょうか。



そして予定していた商品が販売できなくなったので
急遽、オリジナルで製作していた
クマたちをつれていくことにいたしました。

120725wf2

お別れするのは辛いけれど
優しい里親さまが見つかることを
お祈りします。
 

ワンフェス日記:明日ですね

120728wf

連日猛暑つづきですね。
外を歩くのも命がけです。

そんな夏らしい天候の明日
ワンフェスが開催されます。
今は荷造りをはじめています。
今回は大きなものがないので
手持ちで持ち込みます。

前日も会場で準備もできるのですが
今回は当日だけにしました。
若干バタバタでしょうか。

これも2回目という余裕でしょうか。
人間そういうものです。


展示予定の「柊」の人形の散髪を
少ししてみました。
首もとが少しは涼しくなったでしょうか。

さ〜て寝坊しないように今日は早めに
眠ることといたします。

ドキドキで眠れなかったりして…
 

ワンフェス日記:お知らせ

120406wf

夏のワンフェスに参加いたします!

開催期日:2012年7月29日(日曜日)
        10:00~17:00

会  場:幕張メッセ 国際展示場 1~8ホール
     〒261-0023 千葉県千葉市美浜区中瀬2-1

入 場 料:2,000 円
    (入場チケット兼公式ガイドブック/小学生以下無料)

主   催:ワンダーフェスティバル実行委員会

卓番号決定!! 4-19-04

雅太郎模型店:参加アイテム

120623wf2
ニャンコ先生ぬいぐるみ  5,000円(個数5)
(制作途中の画像です。今回は黒の参加予定はありません。)

120422WF2
1/6柊 お面キット 1,000円(個数20)
無駄にプラモ風にしてあります。ストラップやドールの小物に。要塗装

120430wf7
1/6 柊 非売品/展示のみ
上記のお面キットを装着した「柊」人形です。盛上げ要員としてお手伝い。

120414WF3
露神 非売品/展示のみ
2011Winterにも参加した露神さま。あいかわらず役にはたちません。

イベント当日に向けて作業中!!
イベントの詳しい情報は  ワンフェスHP
皆様の参加をおまちしております。  こちらも▶WF日記

ワンフェス日記:閉幕!

猛暑の日曜日ワンフェス夏に参加してきました。

120730wf1

前回は冬で今回は初めての夏参加でした。
会場は冷房は働いているのでしょうが
通路が解放されていたり
お客様の熱気で夏らしい暑いフェスでしたね。

120730wf2

毎回参加の露神さまと
今回登場の柊です。
沢山の方々にご覧いただき
評価もいただいたようで大変ありがとうございました。

本当はキチンとこのまま販売できれば良いのですが
怠け者な自分ですが
少しは頑張らないといけませんね。

120730wf3

急遽参加のクマたち。
カワイイといっていただき
クマともどもモジモジしてしまいました。

おかげさまで羊毛フェルトのくまは
里親さまもみつかり引き取られていきました。
可愛がっていただくのだよ。
里親さまありがとうございます。

それと、ニャンコ先生と柊お面を
お買い上げいただいた方々、
大変ありがとうございました。
末永くかわいがってください。
お面はうまく製作できたでしょうか?

120730wf4

フェス終了風景。
今回自分の努力が足りなかったせいで
商品が完売とまではいきませんでした。
今後反省会が必要なようです。

ニャンコ先生も2匹ウチに戻ってきましたし
今後の行く先を考えることといたします。

お手伝いもしていただけたので
会場のあちこちを観る事ができました。
ちょっぴり気を遣わせてしまったようで
申し訳ありません。
また次回もありましたら
ご協力お願い致しますね。

しかし思った以上に体力が消耗いたしました。
やはり夏のフェスは鍛えていかないと
乗り越えられませんね。

打ち上げの後すぐにバタンと寝てしまいましたよ。
また休養のあとバリバリ活動しなくては
いけませんね。

今後ともよろしくお願い致します。
 

Appendix

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

広告

Extra

プロフィール

雅太郎1号

Author:雅太郎1号
作るの好きなくせに
絶対完成しない人。
やればできる子。

最近はテディベア製作で
フェスに参加しています。
機会がありましたら
お声掛けください。

メリー号制作記は
カテゴリの「ワンピース2」から

ストーム・マシーンの
ロビー製作は「SMG」。

ニャンコ先生とか
その他もジャンルいろいろ。
まとまりがありません。

最近検索の多い
「ハレパネ貼り方」は
カテゴリの「工作」から
参考になれば幸いです。
 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリ

柊 (15)
SMG (53)

FC2カウンター