Entries

羊毛チクチク1

本日、台風が縦断していきました。
久しぶりの台風らしい台風でした。

自分のところは夕方通過だったので
電車が止まったり大変でした。

皆様はご無事でしょうか。


まったく話題が違うのですが
「羊毛フェルト」というものに
手をつけてしまいました。

今はブーム的には落ち着いてきたのでしょうか?

今まで作品を拝見していると
マスコット的な小さいものばかり。

ぬいぐるみとか作っていると
ニャンコ先生の実物大くらいは
難しいのかと思っていました。

ですが週末お見せで
あるフェルトキットを見掛けて
「おお!案外大きいじゃん」と
一度作ってみたくなりました。

前に普通のフェルトを使った
ナゾ人形を作っていて
どうしても縫い目が気になったのです。

友人の奥様も本格的に勉強されていて
達人から見たら笑われないか不安だったり
皆様がやられているのだから
手軽で簡単で楽しいのかとも思っていました。

で、さっそく勉強のつもりでキットを購入しました。

110922フェルト1

No.441-244マフラーテディベア ハマナカ社

いろいろ種類があったのですが
ベーシックなクマが作れるキットを選択。

キットといっても入っているのは
使う分の色の羊毛と目とかのパーツのみ。
肝心のフェルティングニードルやマット、
芯となる「ニードルわたわた」とかなどは
また別に購入しなくてはいけません。

まったく知識がないので
書いてあるとおりに
3本並列と1本タイプのニードルと
マットを購入しました。

作るクマは身長18cm。
そこそこの大きさです。

完成写真を観る限り
しっかりしていそうですし…。

早速説明書を読み製作開始です。

この説明書は解ったような解らないような
微妙なところもありますが
まずは作業を進めて雰囲気をつかみます。

110922フェルト2

まずは頭、胴、手足それぞれのパーツごと
指定された大きさに「わたわた」をちぎり
丸めながらチクチクして形を作っていきます。

最初は3本タイプを使用していましたが
1本タイプのほうが使いやすいようです。

ひたすらチクチク。

慣れないのか案外疲れます。
時間をわすれ無心になれるし
案外ストレス解消になるかも?

もう、ひたすらチクチク。

110922フェルト3

やっと形っぽくなってきました。
独学でやっていると解らないのが
どこまでやればよいのか、止め時が
解りません。

すでに1本ニードルを折ってしまいました。
勢いにのりすぎたか?
しかも3本タイプも少し曲がっています。

とりあえず、しっかりした感じになるよう
固めにしてみました。
弾力はゆでタマゴくらい?やりすぎ?

あとはイメージした形になるよう
部分的に足したりして
またチクチクします。

まあ自分のことですから
キットを買ってもそのまま同じものを
作るはずがありません。

そう!今回のイメージはこれです。

110922フェルト4

「じゅらるみん」です。
「よつばと!」に登場するテディデア
(ゲリーベラ、ベリーゲラ?)
なのです。普通のテディベアですが!

この感じを目指します。

さらにチクチク。

110922フェルト5

ようやく形になってきました。

案外自由に造形できるようです。
粘土に近い感覚か?

110922フェルト6

なんとなく子供の頃作った
酵母発酵実験で作った蒸しパンを思い出します。

子供が練るからしだいに色が真っ黒に
それを「おいしい」といって食べていた
友達のお母さんに驚愕した記憶が蘇りました。
母は強いですね。

話がそれました。
大きめで購入したのですが
作っていたら15cmと小さくなりました。
そんなものかな~

次は羊毛をチクチクします。

さあ~てまたもや完成するか。
お楽しみに。

つづく


ーーーーーーーーーー
ハマナカ マフラーテディベアハマナカ マフラーテディベア
()
ハマナカ

商品詳細を見る

 
 
スポンサーサイト

羊毛チクチク2

前から気にはなっていた「羊毛フェルト」。
ニードルフェルトという針を使う方法です。

前回は芯となるワタワタをチクチクしてみました。
思ったより形が自由にできるので
粘土感覚で作っていけます。

今回は色つき羊毛をチクチクします。

こちらの羊毛はワタワタと違って
キチンと毛並みが揃っています。
方向性があるというか…。

110926フェルト1

これは腕の部分。
固めたワタワタを敷いて
適度な大きさにちぎった色羊毛を乗せます。
寿司ネタみたいです。

110926フェルト2

これをチクチクします。
どんな感じになるかわからず不安なのですが…。
ひたすら巻いていくようにチクチクします。

110926フェルト3

端にきたときに羊毛の量を調節して
まるく形にチクチクします。

ほぼできあがり!?

こんな感じで全体をくるんでいきます。
ああ!チクチク。


次は耳をつけます。

110926フェルト4

色つきフェルトをちぎり丸めます。
マットに置いてまたチクチク。
形をイメージしながら
こちらも固めていきます。

ワタワタのときと若干繊維の感じが違うので
また、どおなるか不安ですが
ひたすらチクチク。

出来上がったので頭に付けます。
ここも取り付け面はフサフサのままにして
そのフサフサをチクチクします。

110926フェルト5

取り付けおわって
目と鼻とか仮につけて様子をみます。

耳の大きさって結構重要なんだな~と
思いました。

小さいと「カワウソくん」風だし
大きいと「ネズミくん」だし。

この大きさ決めは3回くらい
やり直しをしてしまいました。

取り付けでチクチクしていると
ちょっとパーツが小さくなるようで
こういうところも予め予想して
作らないといけませんね。
小さくするのは針で調整できるので
大きめでよいのかも。

110926フェルト6

だいたいこんなものでしょうかね?

チクチクやりすぎて
なんだかコルクくらいに固くなってしまいました。
本当はどうなんでしょう?

さて全体を見ながら調整して
今度は細かい部分をつけて仕上げといたします。

案外面白い羊毛ニードルフェルト。
いろいろできそうなので
他のものも考えてみますか。

まずは完成することを目標に…。
 

羊毛チクチク3

羊毛フェルト。チクチクしています。
チクチクしすぎて、たまに
指もチクチクしていまいます。
これまた痛い!
生き血を吸い込んだ
クマの人形。
そのうち動き出すのでしょうか?


前回は大体全体を
色フェルトでくるみました。

ここから細かい部分の工作です。

110928フェルト1

鼻と口をつけました。
まず、口のラインをつけます。

焦げ茶の羊毛フェルトを少しとって
糸のような細い状態にします。
ニードルに2つ折りにかけて
そのニードルをそのまま差し込みます。
そうすると糸状になった繊維の端が
中に埋め込まれる感じで固定されます。
直線ですし距離もないので
両端を同じように埋め込むように固定。
あとは軽くチクチクします。

鼻は小さいのですが
ある程度マットの上で固めてから
顔に乗せチクチク固定しました。

初めてにしては巧くいったでしょうか。

結構テンションもかけられるので
口もとも立体感がでます。
まあ、あらかじめ形をつくることもできますし。

110928フェルト2

それから目の取り付け。
キットに付属していたパーツです。
黒いボタン状です。
ここはぬいぐるみの付け方と同じか?

対角に糸をさして後頭部で止めるのですが
いつもは隠れる部分につくりますが
フェルトは部分盛りつけもできるので
見えなくすることも可能です。

110928フェルト3

引っぱられて凹んだところに
フェルトを追加盛りつけ
チクチクすれば解らなくなります。

これはすばらしい。
まるで模型のパテ補修のようです。

こんな感じで現在進めております。

完成まで後少し?
 

羊毛チクチク4

相変わらずチクチクしています。

完成に近づき全体が見えてくると
どうも色合いが思ったような感じになっていません。
キットの改造なので仕方ありませんが
今度は色なんかも拘ってみたいものです。
色羊毛を混ぜたりね。

顔が終わったら今度は
手足に色をつけます。
テディベアのスエードの部分です。

110930フェルト1

剛毛がはえたような感じ。
適量を丸めてパーツに乗せます。

それからチクチクしていきます。

110930フェルト2

ちょっと色を間違えて
濃い方の茶を使ってしまいました。
メリハリがでるからいいか!?

真ん中からチクチクしていき
形の部分(色の際)までチクチクしていると
なんとなく思う形に色を変えることができます。

もう一方もチクチク。
脚の裏はもう終わっています。

最初はどうやって形になるのか
悩みましたがやってみたら形になるもんです。


クマのパーツはこれで出来上がり。

それぞれをボディに取り付けます。

キットがボタンを使った取り付け方法なので
同じようにやってみます。

長めの針にテディようの強い糸で左右を通して
ボタンで固定するのですが

110930フェルト3

これがなかなかうまくいきません。
糸にコシとワックスが塗ってあったりして
結んでもほどけてしまいます。
どうしたものか!

110930フェルト4

なんとか取り付けができたのですが
クマの大きさが小さくなったのと
腕のボタンの角度がついたりして
なんかヘン!
ロボっぽくなったので違う方法に。

ちいさいボタンを買ってくればよいのですが
ここは目をつけたときに発見したやりかたで。

110930フェルト5

ボタンなしで手足を止めます。
少し幅をもたせて抜けないようにしていますが
結構キュ~キュ~なので点のような感じです。

110930フェルト6

くぼんだところにフェルトを少しとってチクチク。
ほら!目立たなくなりました。

最初からこの方法にすればよかったか?

ようやく完成しそうです。
かわいくできたでしょうか?

羊毛チクチク5

街に出掛けるとハロウィンの飾り付けが沢山。
季節も秋ですね~。
サンマはいただきましたので
今度は牡蠣フライでしょうか。楽しみです。
衣替えのシーズンだからか
なんだか寒くなったりしています。
咳をしている方も多いような。
お気をつけて温かくしてくていてください。

そうそう、すでに「おせち」の予約も始まっています。
もう今年も終盤ですね。

自分はあいもかわらずチクチク。

大体クマが出来上がったところですが
やはりなにかが足りない感じがしましたので
キットにもあるように
マフラーを作ってみることにしました。

キットにある白というより生成の羊毛をとり
チクチクしていきます。

111002羊毛1

今回は細く薄く作ります。
マフラーなのでフンワリ感も必要かなと思い
そんなに固くしないようにします。
カタチがとれなくて難しいところですが…。

111002羊毛2

赤い羊毛も入っていたので
キットと同じく一部色をつけます。

薄い場合は裏面にチクチクの影響が出るのですが
本当はどうすればよいのでしょうか?
表面優先で進めます。

さてクマに装着。

111001羊毛3

「ヨッ!」

巻き付けて軽く固定するため
一部チクチクしてあります。

手足は糸で止めているので
テディと同じくある程度可動します。

寒いかなと思いマフラーを装着したのですが
彼はそれ以外はスッポンポン。
風邪をひかない元気ものですね。

ようやくの完成です。
でも実際は先週末の連休で完成していました。
お手軽でイメージに近い感じに
形を作る事ができます。
結構楽しかったので熱中してしまいました。

説明を読んでも実際にやってみないと
わからないところもありましたが
初めてにしてはうまくいったか。

こんな調子でまた次回作も考え中。
さてどうなることやら。

111002羊毛4

ウィ~。落ち着くな~。
 

羊毛チクチク6

クマが思いのほか可愛くできたので
気分を良くして次の製作に入りました。

今度はちょっと大きくしてみようかとも
思うのですが
やはり人によって作りやすい大きさがあるようです。
どんなもんかな~。
モチーフにもよるかな。

111006フェルト1

クマに使ったワタワタが余ったので
とりあえずアタマ用に
球体をつくっています。

とにかくチクチク。
こんなにチクチクしたっけなと
思うほどチクチクしています。

ある程度固まってきたら
またワタワタを足して
またチクチク。

111006フェルト2

どんどん大きくしていきます。
固くなってこないと
カタチがとり辛いので
ひたすらチクチク。
チクチクしていくと
だんだん小さくなるのですが
どおでしょう。

なにができるかお楽しみに。

その前に色羊毛を
買ってこなくてはいけないのですが…。
 

羊毛チクチク7

最近あんまりチクチクできていません。

前回までは丸いワタワタを固めていました。

111006フェルト2

色羊毛も買ってきました。
こんどは人物なので肌色を選びます。
この肌色ってなかなか難しい。
色白だと白すぎるし
丁度よいかと思ったら
酒に酔っているようになるし。

色もお店に種類が少なくなっているような。
もしや羊毛フェルトもブームが終わりか?
こういうのも困ったものです。
材料がなかなか手に入らなくなるし…。

とりあえず未だ初心者なので
作業を進めて様子をみることに。

表情はどおするか?
とりあえず口を開けて笑っているのにすることに。
目も綴じているので作りやすいか?

111014フェルト1

酔っぱらい色を口の中色にすることに。
しかし凹ませるようにチクチクしても
限界があるようです。
ここは芯段階から計算して
作業を進めなくてはいけないようです。
ふんわり感もなくなるしね。

ここらへんは独学の難しいところ。
やめ時がね~。

どおも失敗ぽいので
テストということで…。

肌色のテストもしてみます。

111014フェルト2

前面だけですがチクチクしてみました。
口のまわりの処理をどうしょうか迷いどころ。
羊毛の繊維の方向とかにも気を遣います。

ちょっと惜しいな~。

また週末、違うお店で色を探してきます。


クマのときは、ある程度描いたり
作ったりしていたので
形を把握できていて
うまくいったと思うのですが
今回はまだ自分の中でうまく整理出来ていないようです。
もともと作りやすい形状ではあるのですが…。

ある程度紙に描いてみたり書き取りで
覚えなくてはいけないようです。

はてさて誰を作っているのだったか?
 

羊毛チクチク8

あいかわらずチクチク。

前回作っていたものは失敗したので
気楽にテストをしています。

111016フェルト1

作っていたのは「よつばと!」のよつばでした。
よつばって案外色白なんだと気がつかされます。
髪の毛ももう少しナチュラルカラーにしたほうが
良い感じ。植毛表現にするか悩みどころ。

まあ最新刊が11月27日発売ということで
1年ぶり!うれしくなって
作り始めたわけですが
もうかなり修行が必要なようです。
しかもよつばを再現するにフェルトは
適切な工法なのか悩みどころ。

そんなこともあって軌道修正。

夏のテディベアフェスで購入した
モヘアを使ったものを作るため
検討用にミニチュアを
羊毛フェルトで作ってみることに。

クマなんで作りやすいのも気楽です。
オリジナルだし。

111015フェルト2

まずは「わたわた」を形にチクチクしていきます。
これは頭。随分鼻先が長いクマですね。

111016フェルト3

今回はミックスという色が混じった羊毛を使用。
雰囲気を観るためと
色えんぴつで描いたような感じがでないかと。

111016フェルト4

なかなかいい感じです。
部分で付け加えたりしたら
ムラになるか心配でしたが
なんとかいきそうです。
鼻は色を変えます。

111015フェルト5

今回はガラスのアイを使います。
ダークトパーズ色。
地色の影響が出そうなので
裏に白い生地を裏に差し込んでおきます。
なんか見た目「カモ」ですね。

111016フェルト6

耳も取り付けました。
どうなんでしょう?
前に作ったクマににていますが。

しかしこういうクマはフェルトでも
作りやすいです。
きっとぬいぐるみとかでも作りやすいような
完成されたデフォルメ具合いなのでしょう。

次は前回も課題だった体部分作り。
とくに腰まわりはどおしようか
これも検討部分です。


ーーーーーーーー
よつばと!(11) (DC)よつばと!(11) (DC)
(2011/11/26)
あずまきよひこ

商品詳細を見る


まだ画像が出ていませんね。
 
 

羊毛チクチク9

チクチクが続きますね。

日曜はお天気が良かったので
ちょうど三軒茶屋のイベントで
ストーム・マシーンさんが出店しているということで
見物がてら覗いてきました。

「アート楽市」緑道沿いに沢山のアーティストの作品が
販売されていました。
凄い出展数。人出も凄かったです。
大道芸のパフォーマンスや屋台とか街中で
展開されています。

撮影もしたのですが、すみません。
まったくうまく撮れていませんでした。失敗。

まあ目的は西友でカーズのミニカーと
お昼用にお惣菜を買うことだったので
噂の290円弁当を買ってきました。
なぜかミニカーは売ってなかった。
なぜ?

自転車ででかけたのですが
ストリートは走行禁止で
随分歩くことができました。

さて弁当をいただきながら今日もチクチクします。

いつの間にか、すっかり製作の方向が
変わっていますが
クマの続きでも…。

111018フェルト1

鼻口をとりつけます。

前にあまっていた焦げ茶の羊毛を
少しとって細く糸状にして針の絡めます。
そのまま今回はセンターにザクッっと刺します。

なんかヒゲのようです。偉そう?
こんな感じを揃えて植えれば
植毛風になりますが
今回はあくまで口!左右に分けて
もう1カ所をチクッっとして
ラインをつけます。

鼻は体色と同じミックスグリーン。
小さいのですが、ある程度マット上で
固めておきます。

111018フェルト2

鼻先に乗せて形を作るようにチクチク。
可愛くできたようです。

体も「わたわた」をチクチクしています。

今回はちょっと変わったラインにしようと思います。
羊毛フェルトだからテストで試してみます。

変なクマにならないか心配ですが。

まだまだ完成しません。

チクチクは続きます。
 

羊毛チクチク10

とりあえずクマを10匹作るぞ!

こんなに続くとは思わなかった羊毛フェルト。
形も見ながら修正もできるので
思ったように作る事ができます。
そりゃ粘土の方がお手軽ですが
手触りも柔らかく色もやさしいので
すっかりお気に入り。

とりあえず10匹も作れば
なにかわかることがあるような気がします。

まずはの1匹め。

いろいろ修正しながら
足まで作りました。

111023フェルト1

こんな感じ。
キチンと自立してます。
この後,肉球を付けるので
結局立たなくなるかも?
ハナが長いですね~

111023フェルト2

思ってたより細身になりました。
足のデザインはもう少し考えどころ。

111023フェルト3

お尻はツンとしています。
なんだか少し鳥が入っていそうな感じ。

111023フェルト4

色フェルトを巻き付けて形を整えていきます。

さてドンドン製作するといたします。
飽きないように祈りながら…。
 

羊毛チクチク11

さて、ドンドン進めます。

ほぼ色羊毛をチクチクやって
色がつきました。

今度はパーツを接合です。

111024フェルト1

前のクマは首が回らなかったのですが
今回は挑戦してみました。
大胆な脳天から股まで糸を通します。
キュキュと結んでまた同色の羊毛でフタをします。

これで手足も取り付けて
基本の部分は完成?です。

111024フェルト2

#1ミドリくまさんです。

おなかの下がり具合いが
なんだか着ぐるみをきている
バイトのお兄さん風です。

大きさは13cm。

111024フェルト3

ちょっとアクティブな面も。

111024フェルト4

「斉藤く~ん」

111024フェルト5

なげやりですね。

111024フェルト6

お疲れさまでした。

クマ10番勝負。その1が完成?
なにか足りない気がするのは気のせいか。

ショルダーバックでも持たせてみるか?

追加でチクチクして仕上げるといたします。

さて次はニンジン色にするかな。
羊毛だけは沢山買っておりますもので…。
 

羊毛チクチク12

すっかり寒くなってきましたね。
部屋にいても足下が寒い。

木造アパートなので
すきま風が入ってきます。
構造上の問題なのか?
自分的には辛い季節です。
暑いのもいやですが…。

クマ十番勝負の2戦目です。

この間のお休みに
羊毛フェルトを沢山買ってきました。

手芸店はこの季節割引セール中。
この間は40%引き券が届いたり
別のお店では会員だと年末くらいまで
20%OFFだそう。

すっかり手芸店でポイントカードなんて
作ってしまった、おっさんです。

111027フェルト1

やさしめの色をいくつか。

しかし前ほど羊毛の数が少なくなったような。
羊毛ブームも下火になったのでしょうか?

中には現品限りのものもあったり。
メーカーでも種類を減らしているのでしょうか。

やっと始めたばかりなのに
ブームに乗り遅れた感じなのでしょうかね。

111027フェルト2

今回はオレンジ色を選びました。気分で。

この羊毛は「にんじん」という色の名前。
なんと野菜で染めてあるそうです。
こんなに色が出るのですね。

さてニンジンのニオイはするのでしょうかね。

わたわたをいつものように丸めます。
そこに色羊毛をチクチクしていきます。
ただ、ひたすら。
チクチクチク。

111027フェルト3

キレイにできましたが
大きさが小さくなってしまいました。
もう「わたわた」で盛れませんので
もったいないですが色羊毛で増やします。

これも現品限りの製品なので
ちょっと足りるか心配ですが。

111027フェルト4

次に鼻用の羊毛を丸めてくっ付けます。
少しマットで固めて顔に接合しながら
カタチを整えます。

111027フェルト5

出来上がり。本日はここまで。

比較的普通そうなハナにしてみました。
今回のクマはデブッちょにするつもり。


朝のワイドショーで女の子から見た
「男の子の部屋にあったらひくもの」という
ランキングをやっていました。

そのなかに「ぬいぐるみ」もあったような。
自分の部屋にはぬいぐるみが沢山なのですが
大丈夫でしょうか?
すでに彼女さんを招くような
若い男の子でもないのですが。

部屋はすごい情報量。いっぱいです。
物が溢れかえっている
散らかっているともいいます。
大変な部屋なのですが
なにもない部屋も逆に落ち着かなかったりします。

そういえば昔、部屋の写真集があったな。
そのうち紹介しますね。

羊毛は続きます。
 

羊毛チクチク13

いつまでつづく羊毛フェルト。

他のことも紹介したいところですが
11月に入ると欲しいものが沢山発売されるので
ここは家でおとなしくしているところです。

さてクマ十番勝負も2回戦です。

前回アタマをつくりましたが
胴体を作ったら、やはり大きさがちいさいようなので
大きめのものを作りなおしました。

やはり全体を見ながら作らないといけませんね。

今回は顔の細かいパーツをつけていきます。

111030フェルト1

体がニンジン染めの羊毛なので
ハナをグリーンにしてみました。
ここから光合成しています。

111030フェルト2

目もグリーンのグラスアイ。
目のパーツもいろいろ探しているのですが
あまり突拍子もない色のものって
なかなかないですね。
プラスチックのものはキレイなのですが
鮮やかすぎるし…。
今度ネットで探してみたりしてみようと思います。

111030フェルト3

体につけるとこんな感じです。
今回はちょっとデブッちょに。
今日もチクチクやっています。
また針を1本折ってしまいました。
指もタコが出来そうな今日この頃。


街はハロウィンで盛り上がっています。
今年も近所の商店街に
仮装した小悪魔たちがいっぱい。
楽しそうです。
この日くらいはお菓子を
沢山食べてくださいな。

これが終わるとすぐにクリスマスか!?
忙しい!!
 

羊毛チクチク14

仕事から帰ってチクチクやっているのですが
さすがに作業は進みません。

針を折ってしまったので
新しいものを買ってきました。
さすがに新しいものは使いやすい。
針も徐々に減ってきているのですかね。

クマ十番勝負の2回戦目
ようやく体全体に色羊毛をチクチクできました。

111104フェルト1

今回は足の形を変えてみました。
肉球も足先まで出してツメっぽくもしています。
ここいらへんは、いろいろ検討しています。

さて出来たところで
手足を糸でつなぎます。

111104フェルト2

ほい!出来上がり。

にんじん染めの羊毛なので
微妙なピンクとかオレンジとかの色。

目の感じといい、金魚みたいなイメージです。

111104フェルト3

デブッちょにしたつもりでしたが
ベアにしては普通な体形でしょうか。

111104フェルト4

いちおう手足が動きます。

111104フェルト5

後ろ姿もかわいい。

111104フェルト6

おすわりポーズ。
なかなか足の付け方がむずかしいですね。
取り付け角度によって
開脚気味になっています。

さてはて2回戦終了。
作るたびにちょこっと変更したりして
練習の毎日です。

さて次は3回戦。どういう展開となるか?


111104フェルト7

「なあ、雅太郎は次も作るらしいぜ。」
「そろそろ飽きてきているんじゃないか?」
「次に違うもの作ったら終わりかな?」
「羊毛フェルトでニャンコ先生なんて
 作り始めたらそうなりそうだぜ。」
「あぶないね。」
 

羊毛チクチク15

羊毛フェルトのカテゴリも
そろそろ整理しないといけませんね。

週末も材料を買いにいってきました。
バイクでいったのですが
駐車場もいつもは空くまでかなり待つのですが
今日はすんなりタイミングよく駐車できました。
こういう日もめずらしい。

お店で買い物をしていると
声をかけられました。
友人のストームマシーン夫妻でした。
なかなか街で知り合いにあうことって
自分は少ないのですが
これもタイミングなのでしょうか。
いろいろお話させていただきました。

聞けば、同じフロアにまた共通の知り合いにも
出逢ったみたい。

案外休日ウロウロしていると
いままでは絶妙なタイミングで
出逢えないだけで
すごく至近距離に知り合いばかりの状態なのかも。

これも日常の奇跡というものなのでしょうか。

111105フェルト1

今回は少し大きめにしようと思い
思いっきり沢山の芯材を取り出しました。
フワフワ気持ちよさそうです。

さっそくチクチク。
しかしチクチクやっていると結局
最初の大きさよりかなり小さくなってしまいます。

胴体部分はもっと取り出して
チクチクやるのですが…

111105フェルト2

固まってくるとこのくらいの大きさに
なってしまいます。

最初のワタは頭くらい。
すでにカチカチそうです。

さてはてどうなる羊毛フェルト修行
ちょっと腕が疲れました。
もっとデカいのはもっと大変なんだろうな~
 

羊毛チクチク16

羊毛フェルトはニャンコ先生を製作中。
なのですが今回はまたクマをちょこっと
いじります。

前々から気になっていました。
なにかが足りないと。

よくテディベアって
首にリボンをつけたりしています。
これはなにか意味があるものなのでしょうか。

野生のクマは当然つけているわけでもなく。
これは人に飼われている、人に近い存在を
示しているのでしょうか。

よく服を人間のように着せたりもしています。
人の心理の奥深くになにか
そおさせるものがあるのでしょうか。

とかブツブツ考えている訳で
自分のクマにも首輪をつけてみました。

ほんとうはマフラーとかスカーフのほうが
可愛いのでしょうが…。

モヘアのクマは大きかったので
犬猫用の首輪をつけていましたが
羊毛フェルトのクマは13cmと小さいので
ドール用のものがあったら合いそうですが
今回は手作りしてみるといたします。

111119フェルト1

とりあえず編みヒモ用の細い革ヒモを買ってきました。
ほぼ3mm~4mmくらいの幅で
沢山の色があります。

体色と反対の色を合わせてカラフルなイメージに
したかったのですが
やはり実際に合わせてみないと雰囲気がわかりません。
今回も決まるまでに
数回お店をいったりきたりしてしまいました。

ほぼこんなものでしょうか。

なぜか部屋のスミに転がっている
真鍮の針金をペンチで曲げます。

111119フェルト2

ベルトの金具です。
これがなかなか小さくて細かい。
あんまり直角に曲げられなかったので
いい加減です。

とりあえず革ヒモの端を薄く削ります。
二つ折りにして金具を巻き込むためです。

111119フェルト3

なんとかセット完了。
ヒモは糸で縫い固定しようと思いましたが
ボンドでもキチンと接着できたのでそのまま。

ほんとうは、小さい1mmくらいのポンチが
あればよかったのですが、また買ってきます。
あるのかな?

そして装着!!

111119フェルト4

光合成用の鼻の色と同じにしてみました。
なぜか落ち着く。

なぜでしょうね。
 

羊毛チクチク17

たまに無性に食べたくなるラーメン。

今や沢山の種類のラーメンが
味を競っています。
グルメ本が出るほどの人気なのでしょうが
有名店の強烈な個性もよいのですが
もっと普通の当たり前なおいしいラーメンって
最近あまり見なくなったようです。
昔あった恵比寿のラーメンみたいな…。

ネットを観ていたらおいしそうな画像があって
それが食べたくなっていってきました。
今回のお目当てはチャーシュー。
厚くてニクニクしいやつ。

前日、ガマンできなくて
会社の近所の別のラーメン店で食べたのですが
イメージと違って残念な結果に。

なので休日に遠出してきましたよ。
飽くなき食欲に動かされる行動力。
2日続けてのラーメンです。

あの「ましまし」のラーメンチェーンなのですが
野菜も山盛りで沢山とれて大満足でした。
まあ、後でお腹の調子が悪くなったのですが
最近ガッツのある食事に負け気味です。
体がついていかなくなってきているのか。
悲しいね。

激辛麻棒豆腐とかも好きなんですがね~。

ーーーーーーー
つまらない話が長くなりました。

その帰りに工具を買ってきました。

111124フェルト1

1mm穴を開けるポンチです。

さっそく穴を開けてみました。
クマの首輪を作っています。
金具の部分のヒモは2カ所穴を開けて
間をカット。細長い穴を開けます。
キレイな穴あけができて嬉しい。

さっそくボンドで金具を固定して首輪を完成します。

111124フェルト2

端の方も穴を開けて装着。
どおでしょうかね?

111124フェルト3

ちょっとオスマシなポーズで。
気に入ってくれているのかな~。

やっぱり、専門工具ってすばらしい。
 

羊毛チクチク18

なんとなく今年も押し詰まってくると
バタバタしてしまいます。

なにがある訳でもないのですが
世紀末のように次がない感じ。

やることは沢山あるからなのか
実はそんなにあわてなくても
来年まわしにすてもいいんじゃないかと
思う事柄もあったりして。

なんか落ち着かない日々なのですね。

そんなことでブログの更新も
適当な理由をつけて
怠りがちにならぬよう
つまらないことでも報告していきます。

時間がないときこそ羊毛フェルト。
チクチクやっていると時間を忘れます。
ほんとうに忘れてはいけない時期ですが
こんな時間もないとね。

111207フェルト

クマ十番勝負のその3も始めています。
今度は何色にしようか。

本当は完成に近いとこまで
紹介できると良かったのですが…。

まあ止めた訳ではないことをお伝えします。

今は腕の芯をチクチク。
大きな羊毛わたもチクチクしていくと
写真のように小さくなっていきます。

どうもチクチクしすぎるのか
カチカチになるのです。
最近は「もうチクチク終わりだよ」の
カーンという感覚がわかるようになってきました。
ドンドン進めていきます。

ニャンコ先生も実は完成しているのですが
外で撮影もしたいし。でも天気が良くなかったり。

やりたいことは沢山あれど
なかなか進められないことに
ちょっぴりフツフツする日々なのです。
 

羊毛チクチク19

起きたらチクチク
買物行く前にチクチク
月食観ながらチクチクして
ようやく色羊毛を包むことができました。

111213ベア1

今回は青い色にしてみました。
暑いときは爽やかですが
この時期寒い?

毎回形状を試行錯誤しているのですが
ほとんど同じイメージになってしまうのは
ナゼなのか?

チクチクしすぎると芯のわたわたと入れ替わって
白くなったりします。やりすぎか?

111213ベア2

今回のグラスアイは迷ってトパーズ色に
今までは白い生地を挟んだり
アルミを貼ったりしていましたが
今度は銀の塗料を塗ることにしました。
雰囲気はアルミを貼ったのと変わらないか?

色合い的にはオーソドックスな感じか?

111213ベア3

目をつけてみました。
最初はどうなるんだろうと不安でしたが
こうしてパーツがそれぞれつくと
それなりになるものですね。

さて今度は手足に肉球をチクチクしますかね。
 
チクチクは続きます。
 

羊毛チクチク20

あいかわらずチクチク。
まだまだ目標の数になりません。

よく「千本ノック」とか「お百度参り」とか
数がありますが、その数って
「多い」とか「いっぱい」ってことなのかな。

なんでもそうだと思いますが
数とか量とかは必要だと思うのです。
その中でいつも考えます。
時間が空くと忘れちゃったりするので大変です。
そのうち、なにか見つかると良いのですが…。

111214ベア1

いきなりできています。
ちょっとアクティブに。

111214ベア2

毎回ちょっと新しいイメージを
試しているのです。
なんとか思うような感じになるとよいのですがね。

111214ベア3

頭と体は思い切ったキノコフォルムにしていたのですが
まあ、いつもの感じですね。

111214ベア4

後ろ姿はこんな感じです。
今回お座りが安定するよう
お尻を下がりぎみにしています。

111214ベア5

ドド~ン!
こんな感じです。
無心でチクチクやっています。
考えながら作っているのですが
自然と出来上がっていく
神が導く感じ?も大事にしています。

ああ、このままクマが増えていくのか?
いろんな色のクマがワラワラいるのが
可愛い感じがするので楽しみです。

さて首輪は何色にしようかな。
 

羊毛チクチク20

111215クマ1

先日、月食かと思ったら今度は
「しし座流星群」だそうです。
ロマンチックな流れ星が沢山観られるということで
週末また盛り上がるのでしょうか。

訂正追記ーー
「ふたご座流星群」でした。大間違い。
すみません。14日~15日がピークとか。


前のとき深夜コンビにに買い物に行く間
空を眺めていました。
目から火花が出た時のような感じのように
ファルコン号が高速を出す時な感じではありません。
観ていると視線から外れたところでチラリ程度なので
あんまりエンターティメントを期待してはいけませんが
案外流れ星って観るタイミングがないので
観た事がない方はぜひ。
願い事は間に合わないことがわかると思います。

実際は逆で宇宙空間に漂い集まっている岩石群の中に
地球が突っ込んでいくのですが
そんな気持ちで観るとまた
宇宙の壮大さを実感できます。

そうはいいながら自分はもういいかな。
大人になるってそういうことみたいです。



画像は出来上がったクマの3色そろいぶみ。

おんなじかと思いましたが
それぞれ個性があるように違っていますね。

この調子でドンドンいきたいものです。

111215クマ2

すでに4匹目に突入です。
今度は白いクマです。
アヒルさんではありません。
さてどうなることやら。

ここまでガンガンやっていると
自分大丈夫か?と思ってしまいます。
自分を信じられるか?
その挑戦でもあります。

大丈夫かな~。
 

羊毛チクチク21

あいかわらずチクチクしています。

今回は白いクマはどうかと
ニャンコ先生のときに購入した
白い羊毛を使ってみました。

羊毛の種類なのでしょうか
すぐにフェルト化するものと
いつまでもフカフカのものがあります。

同じメリノウールでもちと違う。
不思議なものです。生きているんだね。

111221ベア

この前、クマを披露したら
思っていたよりふんわり感があるとの
ご意見をいただきました。
ブログの画像では固そうに見えるようです。

いつもは、大きめな画像をWeb用に小さくしているので
シャープを掛け過ぎなのかもしれません。
今回は無修正なのですがいかがか?
かわらないか?

帰宅してからチョコチョコ進めています。
白いクマ。
なんかホワイトクリスマスってな感じですかね。
気分がそうさせているのか?
その日までには完成するでしょうか。

とはいいながら会社で年賀状の準備を
しているのですから
日本人って忙しいですね。
 

羊毛チクチク22

メリ~クリスマ~ス。

111225ベア1

家にもムリムリサンタさんに
いらしていただきました。
押し入れから引っぱり出したので
プレゼントは持ってきていないようです。
ホワイトベアと一緒に写真をパチリ。

前からチョコチョコ画像に出演していましたが
クマ十番勝負のその4「白」が出来上がりました。

111225ベア2

いつものスタンダードな仕上がりです。
目はアメジスト。ちょっぴりピンクなのですが
色は濃くて、パッと見真っ黒ですね。

111225ベア3

後ろ姿もかわいい。
雰囲気はモデルがいたりするのですが
どこにもいる感じでしょうかね。

111225ベア4

お座りも慣れたものです。
これも改良を重ねた結果です。

ここでまだ口の工作が出来ていないことに
気づきました。なんとも。

111225ベア5

急いでチクチク。
今回は口もとを上げてニヤリとさせてみました。

今後仕上げとして、首輪を作って取り付けます。
前のブルークマとともに何色にしようか
悩みどころ。

それと…。

クリスマス休暇の3日間すでに
次のクマに取りかかっていました。

111225ベア6

十番勝負折り返しでちょっと変えてみました。
基本のフォルムは変わらないのですが
目のまわりに色の切り返しをもってきました。
これだけでイメージって変わるものですね。

今回は腕や脚の細さを試してみようかと思っています。

111225ベア7

目はオリーブ色。濁ったグリーンです。
表情が擬人的な感じです。
なので今回はズボンをはかせるつもりです。
今までは動物としてのクマのつもりでしたが
今回はキャラクターに挑戦です。
なんかクマって感じよりマウスって感じですが。シ~。

いろいろ迷走を続けているクマ作り。
ご意見ご感想をお待ちしております。
変な方向に向かうおっさんを
正しい方に戻していただけたらありがたいです。

はてさて
どうなるかお楽しみに。

羊毛チクチク23

とうとう今年も終わりですね。

いろんなことがありました。

タイガーマスク運動のとき
今年は思いもしないことが
起りそうだと書いた記憶がありました。
来年はどおなんでしょう。


年末はさすがにお酒を飲む機会が
沢山でした。3連ちゃんです。
ほとんどこの時期しか飲まなくなりましたが
それぞれ楽しい時間をすごしました。

それでも羊毛のチクチクは進めていましたよ。

111231ベア1

色羊毛を巻き終わり
手足を取り付けています。

111231ベア2

こんな感じです。

手足はこのくらいが細さの限界なのでしょうか。
今度は芯材を入れてみたり試してみたいですね。

111231ベア3

次はズボンを作ってみます。
こちらは久々の裁縫作業です。
型紙を作って糸と針でチクチク。
うまく履きこなしてくれるでしょうか。

111231ベア4

折角のお休みなのに作業はなかなか進みません。
毎日寝てばかり。これも良い物かもしれません。


年末年始はいつものように実家に帰省しています。
最近は雪が沢山降っているようですが
大丈夫でしょうか。
またまたのんびりしてきます。

皆様よいお年をお迎えください。
また来年。
 

羊毛チクチク24

最近はどうも工作が手に付きません。

折角のお正月休みや3連休。
有意義に使っていないようです。

久しぶりに布で洋服を作る訳ですが
新しい事をするときは
なかなか最初の一歩を踏み出すのが
大変です。気分的なものですが。

120108ベア1

とりあえず、短パンをはかせてみようかと
型紙をおこしました。

100均のフェルトで試し無為をしてはかせてみます。
まあこんなものでしょうか。
若干の修正をして布におきかえます。

120108ベア2

縫う部分を減らすためサイド部分は
繋げてしまっています。

最初にセンターの前後を縫って…

120108ベア3

開くようにしてサイドを折り
マタの部分を合わせて縫います。
こうするだけでだいたいズボンぽい形になります。

ひっくり返して試し履き。

120108ベア4

ウ~ムあんまり似合っていませんね。
生地は露神様の上着の残りなのですが
もう少し明るい色にしたいところです。

半ズボンのデザインもちょっと考えねば。
まだまだ試行錯誤中。

ズボンをはかせると
足が曲がり辛くなるので、
ここもどうしたものか。

よくプーさんとか動物キャラって
上着は着ていても下ははいていないことが
多いのですが、こういう理由なのかもね。

まだまだ形になりません。お恥ずかしい。
さてどおしたものかの~。
 

羊毛チクチク25

今回は縫い物をしています。

なかなかキチンとした体形でないのと
小さいことでかなり苦戦しています。
やらなきゃよかったと後悔も。

なにかよいものはないかと
生地の入ったツヅラを探しました。
昔、ニャンコ先生用に買った
ちょっとスエードチックな生地を発見。
あのカチカチニャンコのです。

黒ニャンコ模様用の茶色なのですが
どうかと使ってみる事に。

前回の綿生地とはちがい
ほつれにくいので工作も順調でした。

120113フェルト1

小さいので全て手縫いで仕上げました。
最近は目が悪くなって辛いです。

はかせやすいように後ろにホックをつけました。
ないですがシッポ用に後ろを空けてあります。

小さいので生地が重ならないようにしていますが
やはり腰の部分は厚くなり
ちょっとモッサリしてしまいました。

さっそくはいていただいました。

120113フェルト2

ヒモを付けて吊りズボンにしてみようかな。
柊の刀用に買ったヒモなんですが…。
木のボタンはどおでしょう?
なんかネズミっぽい?

やはり腰のあたりのフィット感が気になります。
もう一度検討してみますか?

ウ~ン悩ましい。
 

羊毛チクチク26

今回も服作っています。

すごい勢いで作っているようですが
実は前の作業は先週のことだったり。

なかなか思ったようにはいかないものですね。
だだ怠けているだけですが。

120115フェルト1

前の単パンを作った型紙はそのままに
別の形にしてみることに。

ここいらへんは以前の「ナゾ人形」の
応用で慣れた型紙です。

さてチクチクしますかね。

120115フェルト2

できあがり。
オーバーオールっていうんでしょうか?
あの洋菓子屋さんの看板娘がいつも着ているのです。

縫い部分を極力減らしているので
スッキリ思い通りにできました。

さっそく着ていただきます。
前にアテが付くだけで気分は履くから着るになります。

120115フェルト3

なんかキチンと着れたようです。
サイズのピッタリか?

これを決定といたします。

木のボタンをつけたいのですが
胸元までくるとちょっと大きいようです。

はてさて新しく買いにいくか
てきとうな木を削ってみるか。

実はすでに木は買ってあったりします!
それではまた次の回で。
 

羊毛チクチク27

ようやく難関の乗り越えたので
サクサク進めます。

使おうかと思っていた木のボタンが
大きすぎたので新しく作ることにしました。

直径7mmくらいのボタンです。
手芸屋さんとかでも売っているんでしょうか?
こういうドール用の衣装って
縮小してあるので本来はドールハウスのように
小さいものが売っていて良いのですが
どこかにお店とかあるのでしょうかね?
今度さがしてみないといけません。

まあ手作りは手作りの良さがあるのかも。

120116フェルト1

前に買っておいた木材です。
本来はもう少し大きめのボタン作りを
想定していたので
ちょっと板の厚さがありますが…。

円定規で適当に丸を書いています。
この円定規ってキチンと性格な円を
描くのが難しいのですがお手軽なんで使っています。
筆記具にもよりますが定規にある
数値どおりには絶対描けませんね。

カットは薄いのでカッターでやっています。
大きめに削って徐々にキレイにしていきます。
ある程度削ったらヤスリで丸くします。

120116フェルト2

次に穴をあけるのですが
ピンバイスで小さな穴を4個あけます。
これがなかなか難しい。

穴が真ん中にこなかったり
木が掛けてしまったり
何回もやり直しちゃいましたよ。

木は柘植とはいいませんが
細工に向いたものを使って
しかも穴は最初にあけて
丸く切り出すのは後にしたほうが
良いみたいです。

まあなんとかできたようです。

これにメリー号の時のワックスを塗って
素材を保護しておきます。

120116フェルト3

早速ズボンに縫い付けていきます。

ヒモはフチを糸でほつれないよう補強してます。

お遊びでボタン止めの糸の色を
変えたりしてみました。

後ろは簡単にクロスで糸止め。

ようやく完成したか?

今ははかせるときにほころんだ
クマ本体の羊毛をチクチク修復中。

時間ができたらキチンと撮影して
完成画像をアップいたします。

なかなか。本日はここまで。
 

カルトナージュ!?

昔の食器とかちょっとした物とかでも
キチンとした立派な貼り箱に入っていました。

包む役目の箱って最近は流通の効率理由で
中が入っていないときは
ペタンとたためるものが多くなりました。
箱屋さんから空箱を運ぶときの空間が
もったいないということです。
その分、沢山一度に運びたい。

ですが自分で作るものですから
キチンとキレイな箱に入れたいと思いました。

いままで作っていたクマを箱詰めしようかと。
いろいろ探していたのですが
なかなかサイズがピタリというものがありません。

それじゃ~ここも手作りしてみますかということで
いろいろ調べてみました。

なんと貼り箱を作る「カルトナージュ」という
ジャンルがあるようです。
箱だけで作品とよべるようなキレイな布貼り箱を
作るのです。いろいろありますね。

今回は紙を貼ってみることにします。

120121ベア1

買ってきたのは1mm厚くらいの黄ボール紙
それと質感のある色紙。
ちょっとコシがあるのですが大丈夫でしょうか?

まずはボール紙を面ごとに切り抜き
木の箱を作る容量で組み立てます。
接着は木工ボンドを使っています。

120121ベア2

キチンとフタが収まるように
紙の厚みを考慮しながら組み立てていきます。
調節しながら削ったりもします。
ここはほんと木工と同じですね。

箱=おうち ということで家風にしています。
三角屋根。 クマも入れてみました。

はてさて、乾燥したら調整して
今度は色紙を貼り込んでいきます。

かわいいお家できるかな~
 

貼り箱!?

貼り箱作っています。

作り方をWebとかで調べても
実際作ってみてわかる部分とかあります。

当初は紙を濡らすことによる張りとかを利用して
障子を貼る水性糊で工芸っぽくできるかなとか
簡単に思っていました。

貼る紙とかも適したやりやすいものが
あるとは思うのですが
画材屋さんにいっても
工作や描もの用だったりして
厚さとかもそんなに選べません。
特に最近の画材屋さんの紙の在庫種類を
減らしているのか、紙メーカーが
作らないのか、面白いものが少ないような。
どうでしょうね?

なので比較的厚めの紙に刷毛で薄めた糊を塗って
ささっと貼ってしまおうと思ったのですが
なかなかうまくいかないようです。

あんがい難しい紙の延び。
箱自体が変形しちゃったりして大変でした。
しかも設計がキチンとしている訳でなく
貼るときにシワになったり失敗続き。
前回のボール紙成形がうまくいっただけに
ちょっとメゲそうになりました。

いろいろ考えて
なるべく紙が延びたり縮んだりしないよう
油性の接着剤を使って丁寧に貼り込むことにしました。

120122ベア1

正面の部分は窓やドアを抜き
裏から別の色紙を貼付けています。

丁寧に長さを測って切ったり折ったり。
なんとか完成しました。

120122ベア2

イメージ的にはこんなものでしょうか。
ウ~ム、もう少し細かく作り込んでもよいかも。
窓とかドアとか。
切り絵風までとはいかなくてもね。

もう一度挑戦です。

実は…。

120122ベア3

最初に作った箱のフタがキツかったので
隙間を多く取ったら貼り方を変えたからか
今度はスカスカになってしまったのです。
なかなか難しい。この辺もキチンと設計しなくては
いけないのかもしれません。

下は水貼りに失敗した箱。

ム~ン。買ってきた紙が無くなっちゃうよ~。
そろそろ経験を生かして
キチンと失敗しないよう完成させなきゃね。
 

Appendix

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

広告

Extra

プロフィール

雅太郎1号

Author:雅太郎1号
作るの好きなくせに
絶対完成しない人。
やればできる子。

最近はテディベア製作で
フェスに参加しています。
機会がありましたら
お声掛けください。

メリー号制作記は
カテゴリの「ワンピース2」から

ストーム・マシーンの
ロビー製作は「SMG」。

ニャンコ先生とか
その他もジャンルいろいろ。
まとまりがありません。

最近検索の多い
「ハレパネ貼り方」は
カテゴリの「工作」から
参考になれば幸いです。
 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリ

柊 (15)
SMG (53)

FC2カウンター