Entries

日常:阪本さんもつくるぞ! その1

110714阪本1

現在放映中のアニメ「日常」に登場する
「阪本さん」です。

今回はこの阪本さんを作ってみる事にしました。
突然ぽいですが、前々から気になっていたのです。

なんか普通の黒ニャンコっぽいし、簡単そう!?
ここはひとつ猫のぬいぐるみでもと…。
ジジのぬいぐるみに
赤いスカーフでイイじゃんぽいですが。

あれ~この間テディベアの生地買っていなかったけ?
とか深い詮索はなしでお願いします。

まだ生地も決まっていないのですが
まずは型紙から…。

110714阪本2

画像を集めてイメージを作ります。
HPなどの画像を開いて画像を拡大
画面にトレペ紙をおいて写すという
なんとも大雑把なやりかたで大きさを決めます。

ちょっと小さい猫くらいか?

それをいつものように
スポンジに写します。

大体こんなものでしょうか。

下図が決まればハサミでチョキチョキしていきます。

110714阪本3

始めは大胆にカッターで削り
あとは角を落とすようにハサミでチョキチョキ。

大体こんなものでしょうか?
顔の幅がもう少し欲しいところ?
意外に目のまわりが複雑です。

まずは顔から試作中です。

アニメイトでソフトを全巻購入すると
特典で「1/1阪本さんぬいぐるみ」が
いただけるようです。
プロの作った製品も楽しみですが、
しかし最終巻の発売は来年の今ごろ?
その前に形にしなくては!
へんな対抗意識ですね。

最後まで根気がつづくでしょうか?
 
スポンサーサイト

日常:阪本さんもつくるぞ! その2

なんとも暑い日々が続いています。

外にいってくると、もうヘトヘトです。
異常に体力を使います。
最近は冷たいものの飲み過ぎと
運動不足か年のせいか
体調が悪くなるほど。
工作もままならずすみません。

さて暑い中での「阪本さん」製作。
さっそく生地を探してきました。

110715阪本1

黒猫の気品ある毛並みを再現するため
マイクロムートンを選択。
といってもあまり生地の種類がなかったのです。
今回はふにゃふにゃにするつもりなので
普通のボアなんですが大丈夫でしょうか?
顔とかは接着芯とかで裏打ちするつもり。

あとは「しゃべれる首輪」用に赤い生地。
これも普通の赤でなくて微妙な色あいなのですが
画像では再現されていませんね。

生地も揃えたのですが
まだ型紙はできていません。

まだ悩んでいるのです。

こういう犬や猫はさまざまなキメポーズがあります。
お座りや普通の立ち姿、横になって寝ているとか。

特にお座りと立ち姿を両方再現するのは難しい。
手の長さとか足の形、首の角度とか。
特に今回はふにゃふにゃにして
うまく組めがいろんなポーズが再現できるようにすると
それぞれのパーツの長さや形を決めるのが大変なのです。

特に阪本さんはシンプルな造形。
あんまり実物っぽくしても違うイメージだし
悩ましいところなんです。

とりあえず検討ように胴体を作ってみました。
脚の角度とかどうしようか?

110715阪本2

本当は手足をもう少し短くしたいのですが
お座りすると足りなくなるし…。

型紙をとるときは
もう少しシンプルにするつもりです。

とりあえずピンで固定するとこんなポーズも

110715阪本3

なかなかナー!
あんまり深く考えなくても
シンプルでよいのでしょうか?
ああ!悩ましい!
 

日常:阪本さんもつくるぞ! その3

ウェ~ん!連休終わっちゃいました。
相変わらず特に変わったこともしませんでした。

なか日、鬼子母神のフリーマーケットに
ストームマシーン夫妻が出店されていると聞き
涼しくなった夕方4時ごろうかがったら
もう終了していました。
なんとか片付けているところでお逢いできましたが
タイミングとか読みがわるいですね。
久しぶりに少しですがお話できました。

そして帰り道に100均で黒いフェルトを買いました。
阪本さんのテスト用です。
70×60cmと大きいのに100円。
思いっきりチョキチョキするのに便利です。
黒色がなかなかなくてお店を梯子しましたが。

110718阪本1

前回作ったスポンジ型にフエルトを巻き付け
縫いラインでカット。型紙を作ります。

阪本さんの頭は案外複雑なので
切り返しなどどのようにするか悩みました。

110718阪本2

案外複雑だったか?
これを買ってきた黒いフェルトに
型紙を写します。
今回はペンタイプの白い修正液で書いてみました。
あまり押し付けなければ表に染みることもなく
きちんとラインが引けました。

110718阪本3

これを切り取り、最初は手縫いしていきます。
曲線があるのでミシンが難しいのです。テストだし。

110718阪本4

とりあえず出来ました。
仮のボール紙の目を貼って様子をみます。

よい感じなのですが
耳の幅とか全体がふっくらしすぎなようです。
ここから型紙修正で詰めていく方法もありますが
反省もふまえてもう一度作りなおしをしてみます。

110718阪本5

スポンジ型に折り線をイメージして
多面体っぽくしてみます。
これを面ごとに長さを測って
型紙を展開していきます。

直線ぽくなりますが
最小ラインで締まった感じになるかと。

110718阪本6

カクカクしますが
縫っていき綿を入れると丸っぽくなるので
ちょうどよいのか。

ロボットっぽい?

110718阪本7

直線が多いのでミシンを併用して
製作のスピードをアップします。

縫い終わって裏返し。

110718阪本8

おっ!なかなか締まった感じです。
本ちゃんで使用するのがボアですので
これくらいが丁度よいのか?

あと、いろいろ型紙を工夫して
縫い部分を減らしていきます。

さて次は胴体ですかね。
目はどぉしょうか?

アニメ本編「日常」16話は
笑いあり、ヨイ話ありで盛り沢山。
毎週楽しみにしております。


日常のブルーレイ 特装版 第1巻 [Blu-ray]日常のブルーレイ 特装版 第1巻 [Blu-ray]
(2011/06/24)
本多真梨子、相沢舞 他

商品詳細を見る


日常のブルーレイ 特装版 第2巻 [Blu-ray]日常のブルーレイ 特装版 第2巻 [Blu-ray]
(2011/07/22)
本多真梨子、相沢舞 他

商品詳細を見る


日常のブルーレイ 特装版 第3巻 [Blu-ray]日常のブルーレイ 特装版 第3巻 [Blu-ray]
(2011/08/26)
本多真梨子、相沢舞 他

商品詳細を見る

 

日常:阪本さんもつくるぞ! その4

本日正午アナログ放送が終了しました。

最後を見届けるためアナログチューナーにして
お昼テレビを観ていました。

正午になって放送が突然切れて
青いお知らせ画面になっただけ。
気持ちが動くようなこともなく
あっさりとしたもの。
もう少しなにかあってもよかったのでは!
オリジナルの放送を少しするとかね。

さあ!これからデジタル時代なのですが
テレビは変わるのでしょうか。
どうかな~

ーーーーーーーーー
どうも最近工作のスピードが上がりません。
折角のお休みなのに
作る気分にならないのです。

現在まだ型紙を起こすという
ちょっと面倒な作業のせいもあるかもしれません。
ダラダラやっても失敗するしね。

そんなこんなで
今度は胴体部分の製作です。

ここはリアルネコな感じにするか
マンガっぽくシンプルにするか
迷っていることもあって
作業が進めないのかもしれません。

110723阪本1

先日「fumi」さんからのアドバイスコメントを
いただきました。

前回ペンタイプの修正液で型紙を写していたのですが
アドバイスのように早速「signo/銀」水性ボールペンを
購入してきました。
フェルトに書いてみました。
オォ!すばらしい。銀なので隠蔽性があって
黒生地でもハッキリとラインが引けます。
しかも細く描けるので縫い精度も上がりそうです。

ありがとうございます。
達人のお知恵はありがたいものです。
今後もアドバイスよろしくお願いします。テヘ。

しかし、いつもはお店の粗品のボールペンを
使っていてあまり気にかけていなかったのですが
久しぶりに文房具屋さんにいったら
筆記具ひとつでも、もうわからないくらい
進化していてビックリです。
特にボールペン類の種類にびっくりしました。
また、ゆっくり観てみたいものです。

どうも顔ほど拘りがないのか
作り直しが多いような。
いまだに胴体、手足はまとまっていません。

そんなときは目処がついている頭を
作り始めることに。

製作の順番を変えていくのは
飽きてきた悪い兆候ですが
今回の目的は、あの赤いマフラーなので
これを作るまで続けていくつもり。

どうも生地のボアもなんとなく
苦手な素材なのかも。
ちょっとお洒落すぎるというか
扱い方がまだつかめていないのかも。

110723阪本2

立て方向に延びる生地なので
対策で接着芯をアイロンがけします。
今回は安い不織布を使用。
使い心地はどうでしょうか。

毛の方向を考えながら型紙を写し
縫っていきます。

110723阪本3

とりあえずできあがり。
耳の一部にスーパースエードを使っています。
型紙も修正をして作ってあります。

あとは胴体をどうするか。
まだ難問多いですね。
 
三菱鉛筆 ゲルインクボールペン ユニボール シグノ Signo スタンダード UM-100 12色セット三菱鉛筆 ゲルインクボールペン ユニボール シグノ Signo スタンダード UM-100 12色セット
()
三菱鉛筆

商品詳細を見る

 

日常:阪本さんもつくるぞ! その5

なんとなくテンションが落ちていた
阪本さん製作。

ナゾ人形が途中から入ってきて
ムリやり作業体勢に入ったからか
いきおい阪本さんも再開してみます。
ナゾも無事メンテが終わりましたし…。

今だに悩んでいる胴体のイメージ。
なかなか進めない理由にひとつでしたが
とりあえず作ってみることに。

110730阪本1

ボアをカットしてみました。
基本はリアルでなくシンプルにするつもり。
ミシンでガンガン縫っていきます。

110730阪本2

とりあえず縫ってみました。
黒いとどこを縫っているのかわかりません。
若干の失敗も見えなかったりするので
助かっています。

110730阪本3

裏返してみます。
ボアの感じが良い感じ。
胴体手足は裏打ちしないで
若干ソフトにしておきます。

110730阪本4

そのままワタを詰めてもよいのですが
今回は前にニャンコ先生に仕込もうとした
ガラスビーズを重りとして手足の先端に詰めます。
少しでもクタ~感が出ればと。

頭は固めに詰めることができるワタを。
胴体はフワフワもワタとか違った質感のものを
詰めていきます。

あまりパンパンにしないようにします。

そして座らせてみました。

110730阪本5

ウワッ!真っ黒ですね。
猫のお座りはできませんが
可愛い感じか?

修正したいところは多々あれど
しばらく眺めて検討いたします。

さて次は目かな…。
 

日常:阪本さんもつくるぞ! その6

ようやくやる気になってきたようです。
今日も製作していました。
とかいいつつあまりお小遣いを遣わないよう
おとなしくしているだけですが。

やっと目を作りはじめました。
当初は前に作ったベアのように
アクリルを削って透明感を出そうと思ったのですが
大きいので接着強度や止め方など悩み、
おもちゃ屋さんで「ジジ」や「ねこバス」を
参考にくるみボタン方式にすることにしました。

110801阪本1

まずは中に入れる土台作りから。
ブラバンを目の形にカットして
エポキシパテを盛ります。
若干の丸みをつけるわけです。

硬化後カッターで削りヤスリで形を整えます。
そんなに丸く厚く盛る必要はなく
少し盛り上がっている程度で十分でした。

最初盛りすぎて作ったら出目になって
ちょっと怖かったです。

110801阪本2

くるむ布は手近にあったトイクロスというもの。
本当はもう少しツルンとしたものが良かったのですが
なんとなく家を出る気がしなくて、あるもので済ませます。

黒目はおなじみのフロッキーシート。
アイロンで接着します。

110801阪本3

土台に簡単に接着剤を塗って布を包みます。
後ろから糸で引っぱるように縫っていきます。
ここは「ぐし縫い」でもよかったか?

110801阪本4

できた目を頭に縫いつけます。
黒いからなかなか難しい。
適当にやっても目立たないのですが。

付ける前に顔にメリハリをつけるため
糸を巡らせて引っぱっておきます。

110801阪本6

こんな感じ?
まだ、赤いマフラーをつけていないので
普通の黒ネコですね。

110801阪本5

早くマフラーを巻きたいのですが
ちょっと生地選びに失敗したようです。

もうちょっとお待ちください。

さてはて
 

日常:阪本さんもつくるぞ! その7

阪本さん作りは続きます。

ほとんど本体は完成。
もう黒ねこでOKですが、
大切なアイテムを忘れています。

はかせ発明の「しゃべれる首輪(赤いスカーフ)」の
製作に入ります。

前に黒いボアといっしょに
マフラーように赤い生地を買ってきたのですが
よく知らなくてコットンのベーシックな生地を
選んでしまいました。バンダナ風だし…。

しかし普通に正方形で作って
まるめて首に巻き付けると
生地の厚みやコシのせいで
すごいボリュームになってしまいます。
こりゃ、失敗かなとか思って
シルクタッチの生地にすることにしました。
(マフラーってエルメスとかのシルクでしょうとか)

だけども探しに行く時間がありません。

なのでありものの生地でなんとかしてみることに。

ボリュームをダウンさせるため
ほとんど丸めないよう変形の薄い形にします。

110804阪本1

かなり変形していますね。
丸めも1回転くらいになるようにしています。

結び目の紐部分も大きいのでそれ用の
形にして、胸元の角は鈍角にならないよう
カーブをつけて90度っぽくしています。

カットしてフチをミシンでかがる訳ですが
折り返しが面倒です。
というより、フチかがりの仕方がよくわかりません。
ミシンにアタッチメントがあったようですが
よく調べないとな。
しかし自力で強行です。

あんまりうまくいかなかったけど
なんとかかがっていますかね。

早速装着してみます。

110804阪本2

オオッ!!一気に阪本さんです。

キャラクターデザインって不思議ですね。
マフラーをつけるだけでアイデンティティ。
こんど黒い子猫がいたら
赤いマフラーでも装着してみますか?

110804阪本3

ちょっと手持ちで撮影してみました。

首を持ち上げると…

110804阪本4

う~ん猫っぽい。

なんとか完成ですかね?

修正点としては、
・もう少し耳を長く?
・顔の幅が出るよう上下を詰める?
・手足胴はもう少し長くても良いくらい?
・腰もとをもうすこしムッチリとする?
・バンダナ、もうちょっと大きくても?

なんと、いろいろまだありそうですね。

もう1匹くらい作る生地がありそうなので
改良してみますか?どうだか?

まあ、しばらくはこの阪本さんで
遊んでみることにいたします。

さて次はなにを作ろうかな!?


ーーーーーーーーー
日常6巻オリジナルアニメDVD付き限定版 (角川コミックス・エース)日常6巻オリジナルアニメDVD付き限定版 (角川コミックス・エース)
(2011/03/12)
あらゐけいいち

商品詳細を見る

 

日常:阪本さんもつくるぞ! その8

本当は手芸なんでしょうが
自分的にはフィギュア的な感覚で作っています。
単に作る材料が違うだけとか。
塗料とか科学薬品とかだと汚れてしまうので
最近はもっぱら布ですかね。
前はぬいぐるみっぽいものでないもののほうを
好んで購入していましたが
やはり柔らかいものは柔らかい方がよいしね。

阪本さんの改良をしています。

前回の反省を考慮して
型紙の修正をしました。

全体的には手足胴を長くして
顔の上下を若干詰めています。
耳の部分が縫い辛いですがなんとか。

110816阪本1

切り抜きました。
しかし顔のパーツの裏打ちを忘れていました。
いけません。
実は縫ってから気づいたので
作り直しています。
まったく物忘れが多くなりました。

会社から帰宅してからの作業なのと
真っ黒なので手元がよく見えないので
案外いい加減になってしまいます。

とりあえず直線はミシン。
細かいところは手縫いで進めます。

110816阪本2

フニャーン!
なんとか縫いが終わって裏返し
少し綿を詰めてみました。

綴じ口を小さくしすぎたので
作業がし辛いですな~。いい加減だ。

今回はまぶたがあるバージョンの
目にするつもり。

ちびちび作っています。

つづく

ーーーーーーーー
日常 阪本さんぬいぐるみストラップ日常 阪本さんぬいぐるみストラップ
(2011/11/30)
コスパ

商品詳細を見る


ようやく発売されはじめました。
楽しみです。まけるもんか!?
 

日常:阪本さんもつくるぞ! その9

お休みはお天気が悪かったのと
クルマの不調。あやかしうらないの「凶」とで
おとなしく工作をしていました。

阪本さんです。

前回は型紙を修正して縫いあげました。

さて詰め物ですが、前はガラスビーズで
良かったのですが、やはり破けて中身が
出てくると不安なので
今回は別のものをと…。

110823阪本1

ペレットです。
プラスチックなのと粒が大きいので
いくらか安心です。
早速詰めてみました。
手足の先に袋を作って詰めていきます。
他の部分はフワフワタイプの綿を
少なめに詰めました。

110823阪本2

ウ~ム。あんまりペレットの効果が出ていないようです。
綿の弾力にペレットの重さが負けています。

ここは変更してニャンコ先生に詰めた
「ソフトパイプ」にしてみました。

ペレットはあいかわらず効果ありませんが
パイプなのでいくらかクタクタします。
ペレットのかわりにステンレス球にすべきでしょうか?

目は今回怒ったような感じにしてみました。
目の型を丸めにして瞼を同じ黒生地にしてます。

マフラーはミシンのアタッチメントを交換して
「三ツ巻縫い」を試してみました。
これはフチかがりが簡単に出来ます。
基本直線縫いなので変形ものを縫うのは
多少の練習が必要なようです。

この部分画像がなくてすみません。
集中すると撮影を忘れます。
ある程度落ち着きも必要なのですが。

110823阪本3

「ん!なんかヨウか?」

とりあえず完成!?
ちょっと寝相がわるいようです。

ちょっと胴体が長すぎたか?
ネコってむずかしいね。
次は「阪本製菓」の段ボールでも制作ですか。

ーー坂本さんが部屋にいて寝ていたりすると
東雲家のように「今日も平和です。」な感じで
ほのぼのした時間が流れているような気がします。
 

阪本製薬

自分はMacユーザーなのです。
ようやく最近OSをバージョンアップしました。
といっても購入したのが Leopardが発売になった頃。

家にきたときは間に合わなかったのか
Tigerが入っていて Leopardのディスクが付いていました。

新バージョンになるからと待っての購入でしたが
結局そのままTigerを使っていました。
特に不便はなかったのですが
やはり周りが新しくなったり
動きがおそくなったり。

買った当初はサクサク動くと喜んでいたのに
すぐに不便を感じるようになるのは
なにかの陰謀でしょうか。
ようやく Leopardになったのですが
現在の最新はLionです。もう次はないのか?


110904阪本1

今回作ったのは
阪本さんの名前の由来のあのダンボール箱です。

箱には「阪本製薬」と印刷してあります。
これを再現いたします。

自分てっきり「阪本製菓」かとおもっていました。

先週浅草橋で箱を購入してきました。
さっそく製作です。

110904阪本2

阪本製薬のロゴを描いてみます。
老舗なのでしょうか
あまり飾り気のないフォントです。
本編の比較的大きく映る3話を参考にしました。
基本の書体を見本に特徴的なところを修正
あんまり拘ったところはわからないかもしれません。

それをコピーして裏にスプレー糊をつけて
切り抜いていきます。

110904阪本3

それを箱に貼ってマスキングかわりにします。
はなれてしまうヌキ部分は
丁寧に別に貼付けます。

他の部分はとりあえずラップで包みます。

110904阪本4

そこにスプレー塗料をふきつけ。
かる~く色がつくくらいに。
マスキングが風圧でとばないように塗装します。
サイドのマークはアイボリーに。

110904阪本5

マスキングを剥がすときれいにプリントされたよう。
うまくいったようです。

さっそく箱を組み立ててみます。

110904阪本6

阪本さんもいい感じに収まったようです。

110904阪本7

タオルも敷いてみました。
すっかりおくつろぎのようです。

さて部屋の隅にでも置いて
「今日も平和であった。」といきたいところですね。
 

Appendix

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

広告

Extra

プロフィール

雅太郎1号

Author:雅太郎1号
作るの好きなくせに
絶対完成しない人。
やればできる子。

最近はテディベア製作で
フェスに参加しています。
機会がありましたら
お声掛けください。

メリー号制作記は
カテゴリの「ワンピース2」から

ストーム・マシーンの
ロビー製作は「SMG」。

ニャンコ先生とか
その他もジャンルいろいろ。
まとまりがありません。

最近検索の多い
「ハレパネ貼り方」は
カテゴリの「工作」から
参考になれば幸いです。
 

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリ

柊 (15)
SMG (53)

FC2カウンター