Entries

うさぎのぬいぐるみをつくるぞ!其の0

お仕事もまだまだおわらずに
相変わらずですが
とうとうやってきました。
ぬいぐるみ製作依頼。

といってもお友達からなのですが。

091117ぬいぐるみ

夏くらいに吉祥寺で飲んだ友人作家?ご夫婦から
ぬいぐるみの製作を引き受けました。

前回アートマーケットの記事------こちら

楽しそうにマーケットに出店しています。
もう都内のあちこちにいっているみたいなので
見かけた方はいるのでしょうか。

3面図をお願いしたのに2面図です。
ニャンコたちも心配そうです。
「また雅太郎は他に途中がいっぱいなのに
カテゴリを増やしておるな。
完成できるのか?」ムムム

自分も好きなキャラなので
なんとかカタチにしたいと思っています。
承諾していただいたので
製作風景でもこれから紹介していきます。
できるかな~

短毛で木毛を使用してくださいとあります。
これはワクワクの新素材?

まずは立体把握から始めますか。
できるかな~


---------------------
Storm Machine Graphics
ストーム・マシーン・グラフィックスの
HPもご覧くださいと宣伝しておきます。----こちら

あっ絵本もらいにいかなきゃ!
 
スポンサーサイト

うさぎのぬいぐるみをつくるぞ!其の1

091109ぬいぐるみ1

露神も完成間近なのに
こっちを始めてしまってます。

まぁ気になる事は気分の熱いうちに
やっときます。

前のニャンコ先生のように
型紙をおこすためにまず立体物を作ります。

いちいち面倒くさいのですが
平面を立体に一度起こしたほうが
いろんなことが気づきます。

ちゃんとした方はそんな事しなくても
型紙を起こせるからスゴいと思います。

091119ぬいぐるみ2

まだまだあまっているスポンジを
図面の形を写して切り出します。
最初はカッターで大まかに。
その後ハサミでチョキチョキします。

091109ぬいぐるみ3

もう、ひたすらチョキチョキ。
切るたびに形に近づくよう。
中途半端はいけません。

最初はなかなかイラストのイメージに
近づきませんでしたが。

091109ぬいぐるみ4

こまかいパーツも接着。
撮影してイラストと比べます。

ちょっと胴長ですかな?
写真の撮り方もありますが。

今回のもとイラストは左右比対称。
ちょこっとした歪みが
作家さんの個性やキャラの雰囲気を
造っているのだと気づかされます。

091109ぬいぐるみ5

ウ~ムどうなんでしょかね。
またまたチョキチョキ。

091109ぬいぐるみ6

シッポも付けてチョキチョキ。

ちょっと胴体を詰めて
先生にチェックをお願いいたしますか。

まだこれがそのまま使うのでないのが
なんともなところ。
 
つづく
 

うさぎのぬいぐるみをつくるぞ!其の2

091113ロビー3


とりあえず週末、先生チェックのため
前回の修正点の胴体長さを調節と
左うで?をつけてみました。

スポンジってすぐに酸化するのか
色が黄ばんできます。
部屋の空気がわるいのか?
新しいところだけ白さがまぶしい。

また恥ずかしながら原画との比較チェック。

091113ロビ-2


ほぼ合ってきましたでしょうか。
ベストをきていないと雰囲気でませんね。
うでの曲げている角度がむずかしい。
ここが2次元と3次元の超えなくてはいけない部分。

ずっとこのうさぎの名前はなにかと思っていました。
HPを観てみたら「旅うさぎのロビー」とありました。
旅しているのか…。

今度作者さんにお逢いしたらこのロビーのことを
くわしく聞き出したいと思います。
旅をしている理由とか
なぜニンジンを引きずっているとかね。
性格はあんがい重要。
表情にも若干の違いがでてきます。

それでは週末よろしくお願いいたします。

チェックの模様とかレポできたらお知らせします。
自分あまりのダメ出しに泣いていないとよいのですが。

つづく
 
 

うさぎ(ロビー)のぬいぐるみをつくるぞ!其の3

091116ぬいぐるみ1

「そんじゃぁ、いってきま~す。」

ちょっと「くじ」に集中してしまいましたが、
お休みの日の夕方
ロビーのチェックをしてもらいに行ってきました。

他にも参考になればとニャンコ軍団も引き連れて…。

普段適当な定食屋さんでメシをたべているので
地元にお洒落なイタ飯屋さんがあるなんて
知りませんでしたよ。

なんでも雑誌にも紹介されていたピザの
おいしいお店らしい。なんでこんなところに出店?

食事でもしながらと
ワインでも飲みながらチェックいただきました。

091116ぬいぐるみ2

ヒヤヒヤ。ニャンコたちも心配そう。
でも無事一発OK?をいただきました。

これから分割ラインを決めて型紙作りです。
型紙用の布もいただけるそう。
さぁ、これからです!!

ブログをご覧いただいたようで
ロビーの設定を可愛い巻物でいただきました。

091116ぬいぐるみ3

お家に帰って読み込むといたします。
なんでもロビーの長靴は「長靴をはいた猫」から
もらったもののよう。旅は憧れているがしてないとか
いろいろたのしい逸話がありそうですね。
そのうちHPにでも公開されると思います。

091116ぬいぐるみ4

ようやく絵本もいただけました。
ダンナ様の丁寧な手作り装丁。
サインをおねだりしましたが拒否されました。
こんど考えておいてね。

これも帰ってから読むとします。楽しみ。

最後のデザートはチョコレートのピザ。

091116ぬいぐるみ5

大変美味しゅうございました。
 

うさぎ(ロビー)のぬいぐるみをつくるぞ!其の4

仕事は最近、はざ間なのか
久しぶりに早め(といっても遅いですが)に
帰ってきます。

コンビニのニャンコをチェックしに
道草したり、真直ぐ帰って来たり。

でも時間があるのに生活習慣は怖いもので
普段とおんなじようにブログを更新したら
すぐ寝る生活。結局寝るのが早まるだけです。

♡だって眠くなっちゃうんだもん。

そんなこんなでぬいぐるみ製作を続けています。
スポンジ原型チェックでOKいただき
白い布もいただいたので型紙づくりを始めました。

091118ぬいぐるみ1

このやり方はまったくの自己流なので
あまり参考にならないかも。

まず、スポンジ原型に大体の
分割線(縫うところ)に印を引きます。

布を大きめに切り出し、
スポンジ原型にあて、ピンで仮止めしていきます。

分割線を透かしてエンピツでラインを引き
布をあちこち引っぱりながらピンで留め
布をカットしていいきます。

どうしてもシワになったり浮いたりしたところで
また分割線を足しスポンジ原型に馴染むように
全体を布で包んで行きます。

市販のぬいぐるみとか参考に
カット分割していくわけですが
分割が多ければ原型に近いカーブがでるのですが
今回は毛足が短いので縫いあとが目立ってしまいます。
なるべくなくしてツルンとしたほうが良いのですが
そこが悩ましいところ。
ニャンコ先生も顔の分割でリテイクくらいましたし…。

091118ぬいぐるみ2

お腹はこんな分割。
真ん中にラインがはいるのですが
イヤでしょうか?先生。
丸くするには必要ですが、まぁ作ってみて
様子を観る事にします。

足は小さいのに複雑な曲線。
地デジカみたいな水着っぽいラインが
でますがごれはイヤでしょうか?先生。
とりあえず様子をみます。

ここは案外一番大事なところ。
納得ができるまでチビチビ進めます。

ーーーーーーー
ロピーにまつわるお話を書き留めた
巻物がこれ、

091118ストームマシーン

キチンとレイアウトされた世界感のあるイラスト。
知りたいことが今イチ書いてなかったりするのですが
宝ものになりそうです。サインもほしいとこですが。

なんでも「長靴をはいた猫」につかまったけど
王様に献上しなかったウサギらしいです。

この「長靴をはいた猫」のお話ご存知でしょうか。

物語で、この3男は、はたして幸せになったのか。
猫とそこそこ食べていければ
それでよかったのかもしれません。
案外これからが大変だったりします。

こんなことを考えてしまうのは
歳をとったのか、不況なご時世のせいか。

とりあえず自分、工作できれば幸せです。
 

うさぎ(ロビー)のぬいぐるみをつくるぞ!其の5

ブログのジャンルを「模型・プラモデル」に
しているのですが、最近はすっかり
「手芸・ハンドクラフト」にしても
いいくらいの内容です。

変更するかな~男の子だしな~

091120ぬいぐるみ

前回と変わっていないどころか
なんかやり直ししています。

足の部分の分割を変えてみました。
前はレオタードを着ているような
分割線が出る方式で(それはそれでカワイイですが)
足の部分が美しくできそうになかったからです。

お腹はとりあえず分割なしにしました。
ちょっと型紙にシワができていて心配ですが。
生地がなにになるかわかりませんが
いい感じに丸みがでるよう
布にガンバってもらうことにしました。
(分割するかもしれませんが)

ちょっぴり作業が後退していますが
なんとか進めています。

人生はワンツーパンチです。

ーーーーーー
今度のお休みに前回書きました
原優子さんの展示即売会にいってきます。
プロのお仕事。勉強してきます。
楽しみ楽しみ。
 

うさぎ(ロビー)のぬいぐるみをつくるぞ!其の6

いろいろ問題ありますが
とりあえず型紙を作ってしまわないと。

ということでほとんど布でくるめました。

091124ぬいぐるみ更新1


ハンニバルレクター博士が拘束されているようですが。

やはり悩むところは足下の複雑さかな。
足だけで4分割してしまいます。ムム

市販のぬいぐるみを観察すると
案外簡単に前後で2分割くらいで
雰囲気よくできています。

これをまた剥がして広げて型紙の参考とします。
そのときに多少の省略やラインを直してみます。

次はこの型紙がちゃんとしているか確認のため
フェルトとかで仮縫いをして綿をつめ
プロトタイプを作り全体のバランスを観る事にします。
ストーム・マシーンさんにフェルトを
お願いしておかなくては。

うまくいっているとよいのですが。

とりあえず腕をニャンコ先生のときに
あまったフェルトでテストしてみることに。
(案外せっかち)

091124ぬいぐるみ2

スポンジからとった型紙からフェルトに
印をつけます。こんときはエンピツ。

091124ぬいぐるみ3

チクチク半返し縫いをして裏返します。
そしてとりあえずの化繊綿をグイグイ
わりばしで詰めていきます。グイグイッと。

091124ぬいぐるみ4

そしてできたのがこれ。
なんとかスポンジ型と同じように出来ているようです。
しかし綿を詰める圧力に縫い目が負けて出て来ています。

ムム
ちゃんと手縫い用の糸でもうちょっと
きつめに縫わないといけないようです。
あんまり縫い目が揃っていないしね。
修行が必要なようです。
ミシンにしようかな。

テディベアのように金具を仕込めば
腕とか首とか回転できるのだが
やってみたいですかご依頼主様?

またあとで相談させていただきます。

そんなこんなで、とりあえず進行中。 
 

うさぎ(ロビー)のぬいぐるみをつくるぞ!其の7

あいかわらずロビーのぬいぐるみを作っています。

ストーム・マシーンの先生に
無理をいって色イメージの合う
フェルトを買ってきていただいちゃいました。

色ってなかなか難しいですよね。
大体、これだ!というイメージどおりの
色があったことがありません。

これとこれの中間があればな~とか
メーカーさんはワザと避けているような
感じすらあります。

印刷用の見本につける色チップがあるのですが
数千色以上も色数があるのに
イメージの色がなかったりすることもしばしば。

単純に数値で出るものでもないようです。
素材や風合によっても違ってくるし…。

天然の染料やムラ染めのものは
視神経を適度に刺激して
よく見えたりするのかな~
結局光線の反射なので
観る場所によっても違って見えるのですが。

それで、本日いただいたのがこれです。

091127ぬいぐるみ1

型紙調節用にフェルトをいただきました。
まだ仮のプロトタイプなのですが
ある程度色があったほうがイメージしやすいかと
それぞれお願いしたのですが
ボディ色とか靴とかで悩まれたようで
それぞれ2方向いただきました。

仮だったので、そこそこでよかったのですが
お金を使わせてしまいましたね。

気がむいたらミニマスコットでも作る事にします。

ここで靴はターコイズ系の色と判明。
最初にいただいた図面と違いますが…

大事な靴ですのでこれが正解のようです。
スカーフとお揃い。

ーーーーーー
スポンジに貼付けていた型紙用の布を外しました。

091127ぬいぐるみ2

かなりのパーツ数。
これを紙に写してカーブを清書します。
原型のサイズを測って計算で修正もしたりします。

まだまだこれからですが
早くチクチクしたい衝動をグッと堪えて
型紙の製作に入ります。

今度のお休みで進めてその次の週末には
プロトタイプの完成お披露目できるといいのですが。
 

うさぎ(ロビー)のぬいぐるみをつくるぞ!其の8

フェルトをいただいたので
早速製作に入る事に。

使用する色を確認すると
色選定にかなり苦心されているようです。

フェルトは色が沢山あるのですが
同じ色系だと微妙な色の違いで
困る事も。

指示いただいている色だと
若干薄いようなのですがどうでしょう?

実際の生地選定では思い切ったことをしないと
いけないようです。色も大胆に変えるとか。
作ってみてわかることもありますが…。
ぬいぐるみとしての存在感が大事なようです。

091130ぬいぐるみ1

剥がした布を紙に写して行きます。
ハサミで切っただけなのと
スポンジが正確でないので歪みとかあります。
そのカーブを修正していきます。

写真は解りづらいですが写した紙を
切り抜いています。

これを型紙としてフェルトを切り抜いて行きます。

091130ぬいぐるみ2

そしてチクチク縫って行きます。
今回は型紙のチェックなので
ライン通りに手縫いしています。
正確に縫うため。

苦労した足下とかキチンとできているでしょうかね。
生地の伸びなんか考慮すれば
ここまで細かくしなくてよいのかな~
縫うのも面倒です。
ワクワクなんですが今日はここまで。

次回もつづきます。
さてはてどうなることやら。
 

うさぎ(ロビー)のぬいぐるみをつくるぞ!其の9

091201ぬいぐるみ1

実はまだ耳と靴の部分を
どういう風に作るか考え中だったりします。

アタマで考えるのですが裏返したりすることを
思うと、どお縫おうか難しい部分もありますし
こんがらがってしまい、まとまりません。

とりあえずボディだけでも様子をみます。
(ここが自分の悪いクセです。全部作ればよいのに…)

091201ぬいぐるみ2

昨日チクチク縫ったものを裏返します。
「細いところに縫い代が沢山あると裏返せなくなりますよ」と
原さんもいっていたような…。

ちょっとキツいところもありました。まだ大丈夫そう。
でも靴とかは裏返してからでないと無理そう。ムム

これに化繊綿を詰めていきます。
今回はギューギューに詰めてみました。
すごく入るは入る。生地もはち切れんばかり!

091201ぬいぐるみ3

こんな感じです。なかなか良い感じ?

縫い目の位置とか先生と相談しなくてはいけないかも。
口もとは縫い目を減らすことも可能で、改良するつもり。
ちょっと受け口ぎみになってますし。

091201ぬいぐるみ4

目と口をつけたらイメージしやすいかも。
綿をきつめに詰めるのでひとまわり大きくなっているかな~
型紙を修正しないといけない部分とかもありそうです。

スポンジ原型に合わしても若干無理な部分もあるようで
やっぱりぬいぐるみらしくなってしまいますね。
そこがよいところなのかな。

あと耳と手足を考えて取り付けします。
口まわりも取り替えるつもり。
でもうまくいっているのかな?

またこれが本番でないのがなんともなところ。

次はいつかな?
 

うさぎ(ロビー)のぬいぐるみをつくるぞ!其の10

あんまり進んでいないぬいぐるみ製作。

本日はまたあの日暮里に
ストーム・マシーン夫妻と買い出しに。

イメージに合う生地を仕入れてきました。

これも拘るとなかなか決めかねてしまう
店頭で泥沼状態に
頭をかかえることになりかねません。

091205ぬいぐるみ1
細かいコーデュロイ生地を選択。
これは本体色です。

091205ぬいぐるみ2
こちらはサブの色。
迷ったときは両方買ってみました。
あとお腹の色。
ベージュ系の色が揃っていてよかったです。
この生地で製作します。
その前に型紙の微調整もしなくては。

091205ぬいぐるみ3
これはチョッキ用のオレンジ。
やはりちょっと違うコーディロイ生地。

091205ぬいぐるみ4
あとは意外な水玉模様。これはスカーフ用です。
薄い生地は大丈夫か。ちょっと心配。


それと自分用にこんな生地も購入。

091205ぬいぐるみ5
おぉ!これはアレ用の生地では。
藍染めで案外高価でした。

こちらはそのうちに紹介します。

※生地の色あいはお使いのモニターによって多少違って見えます。

ーーーーーーーー
やはりここは種類がありすぎるのと
あまり解り易く展示していないので
探し回ってしまいます。
しかもお客さんが凄く多い。

かなり計画的に回らないと
買いそびれるものも出てきそう。

日暮里駅もキレイになりました。
駅中でこんなイベントも。

091205ぬいぐるみ6

スゴい数のぞうさんのぬいぐるみ。
しかもツリーになっています。これが2基ありました。

なんでもファッション雑貨メーカーの
フェリシモ主催のチャリティイベント。

091205ぬいぐるみ7

思い出の布や毛糸などでぬいぐるみを手作りして
世界中の子供たちに贈るイベントらしいです。
毎年テーマの動物が違うようで今回は「ぞう」。

以前、捨てられないぬいぐるみを海外の子供達へ
というご提案をいただきました。
そのメーカー版なのかな。

これだけ沢山のしかも個性的なモノの集団も
迫力があります。しかも楽しい。

自分もうかうかしていられません。

これからお風呂に入り身を清め
製作に入るとします。


追記ーーーーーーーー12/7
以前240色の色鉛筆が発売と大騒ぎしていましたが、前記事
今度はさらに倍の500色が発売らしいです。
フェリシモで発見。キレイなHPなので
興味のある方はご覧ください。

もうこうなると隣の色との区別がつくのでしょうかね?
 

うさぎ(ロビー)のぬいぐるみをつくるぞ!其の11

いままで手をつけていない部分で
難航しています。

あんまり悩まなくても
サラッと作ってしまえばよいのかな~

まず靴の型紙を起こして
フェルトで試作してみます。

ここは後でレザータッチにする予定なので
生地待ちの状態。
(後で追加で買うものがまとまったらお願いする予定です)

091208ぬいぐるみ1

かなり小さい割に細かい部分です。
こういうところがキチンとしていると
全体が引き締まるので丁寧に作ります。
結構やり直ししました。ムム

踵の部分の高さはもう少し低くなる予定。

ここは落ち着いた作業でクリアできました。
縫い付ける順番もあって、慣れるまで大変でしたよ。

しかし!
もっと大変な難関が!!

耳のパーツです。とにかくご覧ください。ムムン

091208ぬいぐるみ2

耳はラウンドしていて内側がへこんでいます。
イラストどおりにつくると平面的。
ワタを入れるとへこみがなくなります。
ぬいぐるみって基本膨らむ方向だし。

針金で形を出したりしていますが、どうでしょ?

ワタのかわりにスポンジをコの字断面に作り
部分的に接着してみましたが効果なし。ムム

今日思い立ち、フチを筒状にして後ろの布を張るという
複雑な工程で作ってみましたがなんだか今イチ。

縫い方の熟練なんかも足りないのですが
どうしたものか。

良くあるうさぎのぬいぐるみなどは
裏表を色違いで縫い合わせて
根本をキュッと絞ってあるくらいなのですが。

コーヂュロイなのでシワになりやすいし
カタチにならないで困っています。

またうまい方法を考えないとな。

耳を縫っていて気がついたのですが
コーヂュロイはラインが入っています。
このラインを揃えて自然に縫いあわせるのは
実際至難の業かも。

今回は立体裁断でやっているので
縦のラインが途中で横になったり。

とりあえず進めてみて様子をみます。
先生にも相談しなくてはいけないかも。

もう少しなような気もするけど
ガンバってみるとします。修行中。

もっと気楽に作った方が
キレイにできそうですが…。
  

うさぎ(ロビー)のぬいぐるみをつくるぞ!其の12

なんともアマくみていました。
ワンピース劇場版。
この土日のどこかで観ようと思ったら
近所の映画館は何処も満席。
指定席なので立ち見もできません。
来週予約してみるか…。

大盛況なのは大変嬉しい事です。
劇場で観ると涙を流すのがはずかしいのですが。

ーーーーーーーー
あいかわらずロビーを作っています。

地味な型紙修正作業を終わり
ちゃんと出来ているか確認のため
またまたテスト製作してみます。

091213ぬいぐるみ1

耳は最後に試したやり方にしてみました。
内側のフェルトは浮いてこないように
接着シートで貼付けます。

091213ぬいぐるみ2

耳のふちに綿を詰めていきます。
細いので大変。なんとか完成しました。

091213ぬいぐるみ3

ここから日が暮れてしまったので
写真の色が変わってしまいました。

胴体とかどんどん作ります。
裏返しに縫って行きます。
最後には頭の中に収まってしまいます。
これをグリグリ裏返します。
とってもワクワクする瞬間です。

091213ぬいぐるみ4

ひなびたNOVAウサギみたいですね。
ここから綿をギューギュー詰めて行きます。
もれもまだ難しい作業です。習得しなくてはいけません。

091213ぬいぐるみ5

仮の目口を付けて様子をみます。
写真を撮るとレンズの関係か
イメージがちと違ってみえますね。

それから細かいパーツをつけて出来上がり。

091213ぬいぐるみ6

いかがでしょうかね~

091213ぬいぐるみ7

くつはまだフェルトの仮生地です。
まだちゃんと作っていない部分もあるのですが
生地イメージとか形状を
明けた日中にでもストーム・マシーン先生に
ご確認をお願いしょうかと思っております。
あと細かい部分とか打ち合わせしてきます。

どんな感想が聞けるか楽しみ。

まだこれが本番でないのが
なんともなところ。
縫製技術も向上しなくてはいけません。

どうもミシンの糸の渡し方が違うようで
糸にテンションが掛かりません。
やはり早く説明書をみつけなくては…。

なんとも
ほんとに良いミシンがほしいな~
今のミシンがわるいわけではないのですが。
 

うさぎ(ロビー)のぬいぐるみをつくるぞ!其の13

091214ぬいぐるみ
ホットケーキってときめきます。メープルとバターの甘さと
やわらかでいい香り。大好きです。思い出もいっぱい。


いきなりのおいしそうな画像。
ホットケーキです。

本日ぬいぐるみチェックをお願いに
駅前の喫茶店で待ち合わせました。

とうの昔にホットケーキ(パンケーキじゃないよ)を
だしてくれる喫茶店(これも少なくなりました)なんて
なかなかありません。

ホットケーキの話になると、いろいろありすぎて
長くなりますので、またの機会といたします。

091214ぬいぐるみ2

ご確認いただいております。

ほぼOKだったのですが耳の修正がやはり入りました。
後はミシンの練習です。

追加でパーツなどをお願いしました。

毎度ご馳走になってありがとうございます。
なんとか完成させねばというプレッシャも掛かります。

ーーーーーー
前回ブツブツ言っていたミシンの調子。
メーカーのHPで調べられますよと情報をいただきました。
いってきました。でも
自分のミシンは30年以上前のいただきものなので(前記事
なかなかそんな昔の商品まで
サポートされていませんでした。残念
情報ありがとうございました。

一般的な使い方のHPもなかなか細かいところまで
説明してありません。

しかしようやく説明書を発見しました。

091214ぬいぐるみ3

これで滞っていた作業も進められます。

しかしこれもそんなに詳しく書いてありません。ムム
多分糸を挟んで縫いのテンションを調節するパッドが
浮いていて糸をホールドしません。

091214ぬいぐるみ4

しかしつまみを回すと張り調整ができるとわかったので
クルクルいじっていましたら
パチンと音がしてなんとか直ったようです。
今までスカスカでした。
でも、いい加減でも出来てしまうものだな~
前作のニャンコ先生たちも大丈夫でしょうか。

説明書になんとジグザグミシンと書いてありました。
良く読むとこんな写真も、

091214ぬいぐるみ5

ずいぶん昔っぽい写真ですが
お花やネーム(アルファベット)の刺繍をしています。
右のレバーをうまく調節しながら
ジグザグの幅をかえてうまく製作しています。スゴイ!
かなりの練習が必要なのでしょうが
自分でもできるのかな~。


もうミシンの説明書のせいに出来なくなりました。
とうとうアレも再開か?

まずはこのうさぎを完成させるといたします。
 

うさぎ(ロビー)のぬいぐるみをつくるぞ!其の14

お休み中はほとんど家にひきこもり。
工作三昧な日々なのですが
食事を忘れることもしばしばです。

適当に食べているのですが
会社にいるときお菓子の食べ過ぎなので
ちょうどよいのかも。


ストーム・マシーン様より
お願いしていた材料もお届けいただき
早速ロビーの作業を再開いたします。

今回は小物をちょこっと。

目の部分なのですが
どのように表現すればよのやらと
考えていました。

デザイン的には中に黒いパーツが入っていて
クルクル動く動眼なのですが
ちょっと形がちがうし…。

プラのボタンに目玉を書き込むのが
正解のようですが
少し凝ってみることに

091221ぬいぐるみ1

白いボタンを買っていただきました。
これをヤスリで平に削ります。
写真では丸いのですが
デザインにあわせて楕円にサイドも削り
塗装するためマスキングします。

091221ぬいぐるみ2

塗装できたらマスキングテープを剥がし
透明アクリルを切り出します。
ちょっと目玉に透明感がでたらよいな~
という工作をしようとしています。

091221ぬいぐるみ3

今回は高透明のエポキシ接着剤を使用。
A剤とB剤をまぜて気泡が入らないよう貼り合わせます。

ここで待つ事、2時間。

日がくれてしまいましたが
アクリルも削って丸くします。

ヤスリをしだいに番号の多い細かいものにしていき
最後は2000番。研磨剤で磨けばまたピカピカです。

とりあえず完成?

前回の試作に取り付けます。

パーツに糸を結んで取り付け用の
長い針で差し込み首の後ろで引っぱり止めます。

091221ぬいぐるみ4

どうなんでしょうかね~。

ボタンの厚みも出るし
裏側が平でないのでちょっと密着感がないのかな~

091221ぬいぐるみ5

今のところアクリルは角を丸くしただけ。
もっとレンズ型に削らないといけないのかな~
アクリルって透明感があるけど硬いんですよ。

ここはもう少し作ってから
先生にご確認いただくとします。

あと次は耳かな。靴用にブタ皮もいただいたので
検討してみます。靴底入れてみようかな。

そんなこんなでまだまだ検討課題が山積みです。

そういえば「うさぎのロビー」って
他にキャラクターいるのかな?
検索で観た事あるような気が…

ゲームキャラ?ミュージシャン?
名付けも深いな~。
 

うさぎ(ロビー)のぬいぐるみをつくるぞ!其の15

ようやく早めの正月休みに突入します。
まだ会社には私物を運びだしたり
ちょっとしたお付き合いなんてものが
あるのですが、
ようやく工作に取りかかれます。
多少精神的疲れがでて
まだ集中できないでいるのですが。

ぬいぐるみ製作をつづけます。

耳の部分をどぉするか。
いまだ考え中なのですが
今回いろいろ探していたら
バイク・クルマ用に購入していた
固めのスポンジ「CRスポンジ」というものを
発見しました。ちょっとラバー系のスポンジ
なのですが、形がでるかとやってみることに。

耳を半マル断面にしたいのです。
ハサミとヤスリでサクサクと

091227ぬいぐるみ1

耳の形に削ります。
これに布で作った皮を被せる訳です。

091227ぬいぐるみ2

なんとかできました。
耳の中部分の形がちょいと違っています。
ムム。工作精度のないところが出てしまいました。
良い意味で手作り感かな?
平面的ですがこんな感じなのでしょうか。

これから怒濤のように作って行きます。
どうなるのかな?
 
引きこもっているので
不定期更新中。
 

うさぎ(ロビー)のぬいぐるみをつくるぞ!其の16

相変わらず作り続けています。
続かないのがいけないところ
集中力が足りません。でも
気づくともうこんな時間ということが。

毎回作るときに新しいものを
取り入れているので
作り方がその都度変わってしまい
組み立てる順序も変更しなくてはいけません。
新たな問題も発生するのですが。

作っていくときに、こうしておけば
簡単にキレイに出来たにと
学習していきながらの作業です。
これも熟練でしょうか。

091228ぬいぐるみ1

今回は「ジョイント」というものを試してみます。

円盤を割りピンで挟んで固定。
これでテディベアのように首と腕が可動します。

作り方も縫い合わせるより
簡単でキレイにできるかなと思ったのですが
これもこれなりに難しいものです。

前に作った耳と顔に縫い付けて
ジョイントを仕込み綿を詰めて行きます。
なにげに耳は作り直しをしています。

091228ぬいぐるみ2

ゴロン!
とりあえず顔を作ってしまいました。
ジョイントはピンが中に入らないように
テープで止めておきます。

091228ぬいぐるみ3

なかなかシワはとれませんな。
型紙のせいか、布の特性か
縫い方がわるいのか、綿の量なのか。
個体差もでるかも。

まだまだ?マークを出しつつの作業ですが
なんとか進めています。
進みましたらまた報告します。
 

うさぎ(ロビー)のぬいぐるみをつくるぞ!其の17

新年、気持ちも新たに工作をしています。

ストーム・マシーン夫妻と
忘年会とともに出来上がった部分を
チェックいただきました。

あいも変わらず耳の表現で試行錯誤。

ご意見もいただいたので
参考に作り始めます。

100105ぬいぐるみ1

うさぎのぬいぐるみとか市販のものを
調べると耳は裏表で違う生地を縫い合わせて
サラリと作っているようです。

生地にも厚みがあるのですが
中に綿が入っていないものが多いようです。
先生もそんな表現を求めているらしく
お言葉に甘えてその方式にしてみました。
デザイン画とはちょっと違うのですが。

表生地と内側の生地を縫い合わせます。
今までで一番手軽なやり方。
裏返して根本をよせて糸でとめておきます。

作業もすっきりできますので
こんなものかな~

顔を作ってみました。

100105ぬいぐるみ2

目口は仮付けなのですが
こんな感じでしょうか?

根本をもう少し幅をつけないと
耳にボリュームがでないようです。

ムム

そして、ちょっとこれでは負けた感じがするので
一工夫してみることに。

100105ぬいぐるみ3

作り方は同じなのですが
耳にフチをつけてデザインに近くしてみました。
根本は改良版です。
同じくよせて糸で止めます。

それで顔につけてみます。

100105ぬいぐるみ4

前の写真とアングルが変わってしまいましたが
耳はいかがでしょうかね。
やはりシワとかでてしまいますが。

なかなか難しいものです。

裏に接着芯とか貼ったほうがよいのかな。
多少はボリュームがでるのか。

ーーーーーー
なかなか進まなくてすみません。

本来ならキチンとお見せできるものが
出来上がったら紹介するべきなんですが
なんかウジウジやっているところも
お恥ずかしながら紹介しています。

なかなか仕上がらなくて申し訳ないのですが
お見守りよろしくお願いします。

頭は今回で3個目です。
数をこなせば技術もあがってきます。
それも楽しかったりします。

100105ぬいぐるみ5

生首だ~
 

うさぎ(ロビー)のぬいぐるみをつくるぞ!其の18

1日遅れて昨日からお仕事だったのですが
いつもごちゃごちゃした街が
なんかスッキリしたような雰囲気。
これも新年なのでしょうか。
空気も違うようです。

地球的には人間が勝手に決めただけの
普段と変わらない1日なのですが。

新年そうそうすぐに
納品しなくてはいけない仕事があって
正月気分も飛んでしまいます。

本格的に忙しくなる前に
進められるところは進めておきます。

今回はブーツを作ります。

100106ぬいぐるみ1

素材はブタ皮でイメージの色を
見つけて来ていただきました。

ブタ皮も初めてなのですが
ちょいと針通りが悪いだけで
柔軟性があって面白い素材です。

前回テストで一度作っているのですが
縫う順番を間違えると
非常に作り辛くなります。

すぐ忘れてしまうのですが
苦労するのですぐ思い出します。
いかんです。

今回は自立をめざして
靴底にプラ板を敷いてみます。
さぁ立てるでしょうかね。

型紙と同じ大きさに切り出しているのですが
作っていくうちに2周り小さくしないと
キチンと入らないようです。
丸みもでるし、注意が必要です。

100106ぬいぐるみ2

少し綿を詰めて形を出します。

前回とあんまり変わりませんが
とりあえずの本革スエードの高級ブーツの
出来上がりです。

とりあえず本日はここまで。
 

うさぎ(ロビー)のぬいぐるみをつくるぞ!其の19

連休なので作りたくてウズウズしていた
ぬいぐるみ作りをしています。

仕事をしているとなかなか進められず
時間があいてしまい
作り方を忘れてしまうもとも。

工程が多いので
それぞれに工夫しなくては
いけないところがあって
次々と問題が起ります。

今回はまた思案中の耳部分。

100110ぬいぐるみ1

いろいろ売っているぬいぐるみなんかを
みて参考にしているのですが
なんとか難しくなくてキレイに仕上がる
やり方はないかな~と考えてみました。

縫い合わせをすると
技術的な部分でシワとか出易いので
中の部分は接着してしまいました。
いくらかキレイにできるようです。

100110ぬいぐるみ2

頭部部分ももう4個目。
仕上げもキレイに出来るようになってきました。
とりあえずこれで1羽つくってみます。
(うさぎの単位はこんなんだったか)

100110ぬいぐるみ3

腕を作っています。
腕にもジョイントを仕込み
可動するようにしようとおもいます。
付けるのも簡単そうなので…。

100110ぬいぐるみ4

チョッキは今回裏地にプリント生地を使います。
ストーム・マシーンさんからの
オリジナル生地。
パソコンプリンター用の布らしいのですが。
カワイイチョッキができそうです。

でも簡単と思えたチョッキの製作は
布の伸縮率の違いで単純な縫い合わせで
かなり苦労しました。
またやり方をかんがえなくては…。

そんなこんなで
なんとか完成!

100110ぬいぐるみ5

「でたな!怪人!!トゥ!!!」石森プロ
ちょっとポーズをとらしてみました。

まだ目口は仮ですが
どうでしょうかね。
前回とあんまり変わっていませんね。

胴体部分で足の付け方はまた工夫しないと
いけなかも。やはり自立は難しいようです。
でもまた挑戦。

首とか腕とかは可動でなくてもよいかもしれません。
まだまだ修行は必要ですね。

一度またチェックをお願いしてきます。

どうかな~
 

うさぎ(ロビー)のぬいぐるみをつくるぞ!其の20

ウェ~ン。連休も終わっちゃいました。
楽しい時間はまたたくま。

ほとんどぬいぐるみ作りをしていました。

前回出来上がったものを
チェックしていただきました。

どうも製作中「?」マークが出っぱなしで
出来ているという手応えがなかったのです。

今回最初の原型、スポンジ型も検討しながら
いろいろご指摘いただきました。

まず耳はフェルトとコーデュロイの
縫い合わせ方式にしました。
いろいろ検討したのですが
ぬいぐるみとしての耳として
らしい形なのか。

少しデザインとは違いますが
これで作業を進めます。

あといつも気になっていた
顔のバランス。

膨らむのを意識しすぎて
変な方向に型紙を修正した結果、
スポンジ型に似ていないことが判明。
早く気がつかなくてはいけなかったのですが…。

最初の布型紙を信用しすぎたのかもしれません。

それで今回はすべて型紙をスポンジ型に合わせて
新規に作り直しました。

いままではテストということで
なんとなく作っていましたが
今回は少し(?)魂をこめてみます。

それで出来たのがこれ。

100111ぬいぐるみ1

恐ろしいことにスポンジ型と比べています。

耳はこんな感じ。
目はようやくアクリルお手製が付きました。
口も刺繍済み。
眉も刺繍なのですが
ちょっと太かったか?

100111ぬいぐるみ2

おでことかも丸みが出て来たかとおもいます。
いかがでしょうかね。先生。

100111ぬいぐるみ3

ヨコ向きはちょっとお恥ずかしい。
意外にペタンとした顔なのですが
どうしても鼻まわりがツンと出てしまいます。
顎が長いのかなかな~。

でもこちらのほうがデザインと似ているような。

来週1/17にはストーム・マシーン先生が
手づくり市(渋谷手づくり市、青空個展)
代々木八幡神社?に出店するようです。

そこにこのロビーもお手伝いさせたいそうなので
間に合わすためにこれで作業進めます。

もし機会がありましたら
ロビーにお声をお掛けください。

間に合うかな!?
 

うさぎ(ロビー)のぬいぐるみをつくるぞ!其の21

最近になってまたまた寒くなってきています。

自分の部屋は電気のエアコンなのですが
もうチカラ足りずになってきました。
どこからか隙間風もきているようです。

そろそろファンヒーターの出番なのですが
高熱費も上がります。
まだまだガマンか?

最初に付けたときのなにか香ばしいニオイが
ちょっぴり冬のニオイだったりしませんかね。

ーーーーー
仕事が終わってからも
ちょいちょい作業を進めている
ぬいぐるみ製作。
手がかじかみます。

毎日一つずつパーツを作っています。
今日は右腕、明日はチョッキとかね。

毎日少しずつ出来上がってきます。
急いでも失敗したりしていますので。

それで今日まで完成したところ。

腕とかほとんどのパーツは繋げてあります。

100114ぬいぐるみ1

チョッキで隠れる背中から綿を詰めて行きます。
見える金具は首のジョイント。

ここはキチンと仕上げたいところですが
まだ修行が必要なようです。

そしてギューギュー綿を詰めて行きます。
綴じるところももう少しうまくなりたいところ。

そしてどんなものかと立たせてみました。

100114ぬいぐるみ2

どうでしょうかね。
少しは愛嬌が出てきましたか?

まだマフラーは巻いていません。これはまた明日。

100114ぬいぐるみ3

細かいところはまだまだ反省することが
ありますが、なんとか「てづくり市」には
出動できそうです。

見かけたらよろしくね!!
 

うさぎ(ロビー)のぬいぐるみをつくるぞ!其の22

ようやく完成しました。

嬉しくなって記念写真をば。

100116ぬいぐるみ

昨日からの進展はマフラーを巻いたこと。
寒かったことでしょう。

それと押し入れのなんでもBOXから
飾り台を発掘。
やはり自立はまだ難しいので
押さえの台とします。

ステージができたことで
若干高級感?が出ましたでしょうか。

1/17が活躍の日なので
前の日に預かっていただきます。
よろしくね。


とりあえず、土日はロビーがいないので
他のものを(いっぱいありますが…)作って
いることとします。
さぁなにかな?お楽しみに。
 

そうそう「渋谷手づくり市 青空個展」も
よろしくね。
ちょっと観てくるかな。
寒いのでスタッフさんは大変そうです。

うさぎ(ロビー)のぬいぐるみをつくるぞ!其の23

一度完成はした「旅うさぎのロビー」。
耳の修正や顎のライン等修正がありましたので
また作り始めています。

部分的に修正できないのが辛いところですが
その分縫製技術があがってきています。

前は仮縫いをキチンとしなくては
複雑な曲面を縫い合わせるのは
難しかったのですが
最近では仮縫いなしで
いきなりミシンがけでも巧くできるようになりました。
誰しも練習すればある程度は巧くなるようです。

今回はまたもやパーツ作りから
前回苦労した目の作り方を変更してみました。

100121ぬいぐるみ1

プラバンを目の形に切り出し
余っているプラモデルのランナー(枠)に
穴を開けて片方に真鍮線を接着

プラバンに穴をあけてランナーを通して接着。
これで引っぱっても抜けないでしょうか。
接着剤が乾くまで待ちます。

100121ぬいぐるみ2

そこにエポキシパテを盛って丸みをつけます。

ムム、どうも沢山パテを作りすぎてしまいます。
このパテは色の違う主材を同じ量練り込むことで
硬化するもので、作りすぎたらなにかに使わないと
いけません。固まっちゃいます。

余りは「露神」のお尻にでも盛っておきます。

硬化したらヤスリで丸くスベスベに削ります。
アクリルよりかは削りやすいかな。

本日はここまで
固まるのを待ちます。


ーーーーーー
ローカルな話ですがこれから(1/21 26:00)
中山美穂主演の昔の映画「Love Letter」を
深夜TVで放映します。 岩井俊二監督作品。

演じている俳優さんはそれぞれ年齢を重ね、
いろいろありますが(それも味わい深いですが)
良く出来すぎているお話ではあります。
ですが好きな部類の作品です。それも楽しみ。

自分では学生時代に好きだった子なんて
思い出せないくらい。
自分やっぱり、おっさんになちゃったな~と認識。
でもなんとなく塩っぱい思い出なんかあったりします。
 

うさぎ(ロビー)のぬいぐるみをつくるぞ!其の24

だいぶ先が見えて来たぬいぐるみ作り。
型紙の修正も再度やって
あとは技術と愛情を込めるのみです。

週末のお休みになったし
思う存分工作に励むといたします。


テスト用に揃えていただいた
フェルトが沢山余っていますので
気分転換に小さいマスコットむいぐるみを
作ってみる事に。

デザイン画を少し改造して
前後で縫い合わせ、少し綿をいれて
可愛く出来ないかと安易な考えでした。

100130ぬいぐるみ1

大きさは耳までいれて10cmくらい。
フェルトを切ったり目はフロッキーシート。
口は刺繍をしています。
小さいので大変ですがサクサク作れます。

綿が入って膨らむのを考えて少しデブな感じに。

100130ぬいぐるみ2

シッポは考えて絞り込みをして裏から接着。
すでに接着シートで貼り付いているのですが
手作り感を出すためステッチを入れてみました。

なかなか可愛くできているようです。

あとはブランケットステッチで前後を縫い合わせ
綿を入れて完成です。

チクチクチクと

100130ぬいぐるみ3

まだ途中ですが綿を詰めてみました。
ムム、思っていたような感じになりません。

これはこれで可愛いのですが
膨らむことによる形が変わる部分と
そうでない部分の加減が難しそうです。

これはこれで研究修正が必要なようです。
なにごとも簡単ではありませんね。

ちょっと途中で投げ出してしまいました、

気分転換もできたし
さあキチンとロビーを
作ることといたしましょうかね。
 

うさぎ(ロビー)のぬいぐるみをつくるぞ!其の25

本日はじっと大人しくしていました。
(「大人」って書くんだね)

その分工作をしていました。
SMGの先生よりチョッキの裏地の
補給をいただきました。
これでまた製作できます。

しかも美味しいビスケットありがとうございます。
空腹をこれで紛らわす事に。
かなり食べてしまいました。
ベルギーの有名なLOTUS社。
なんかしみじみ美味しいんですよ。

今回はまずパーツの準備から

100201ぬいぐるみ1

耳と靴を製作。

耳は指摘があった幅を増やしました。
タップリした感じ。いかがでしょうかね。

靴は今までと同じ素材のピッグスキン。
伸びるので縫いをきつめにしないと
いけなかったのですが
すっかり忘れていました。
なんとかカタチになったでしょうか。

この皮材料がちょうど2足分で
無くなってしまいました。
補給お願いいたします。

それと今回の修正はやはり顔の部分。
前回良いところまでいったのですが
あと少しです。

とはいいながら別のことを…。

100201ぬいぐるみ2

とりあえずの座りポーズ。

こんなことをしていないで
早く基本を仕上げたら!!っといわれそうですが
いかがでしょうか。

また迷走を続けているようですが。

そんなこんなで製作中。
今後もお楽しみに。
 

うさぎ(ロビー)のぬいぐるみをつくるぞ!其の26

ご無沙汰しておりました。
うさぎのロビーを作っています。

最近仕事が本格化してきて
帰ってもブログの更新が精一杯。
なかなか楽しい工作の時間がつくれません。

この「待て待て」状態が怒濤の進撃を見せるかと思えば
なかなか巧くいきません。

さっきの縫い作業でミシン針が曲がってしまいました。
また買ってこなくてはいけません。
どこかに予備がありそうですが
雑踏にまぎれています。掃除もしなくちゃね。

こういうものを近所で揃えられないのが
なんともなんですが。

顔の型紙を修正して
前回の座りポーズのボディに取り付けました。

100207ぬいぐるみ1

なかなかカワイイ。
ペタンと座っている感じ。
顔の感じもいかがでしょうか。

目口をつけないと
イメージできませんが。

100207ぬいぐるみ2

もう腕がついています。

いままではチョッキごと腕をジョイントで
取り付けていました。

今回はチョッキをなんとか作って
着せ替えできるようにします。
着せ替えといっても他に
お洋服があるわけではありませんが。

ミシンの針は曲がってしまいましたが
なんとか手縫いでしのげるところまで
作業できました。

あと目と口をつけて
ストームマシーン先生にまた
チェックいただきます。

どうかな~。
 

うさぎ(ロビー)のぬいぐるみをつくるぞ!其の27

またまた「ぬいぐるみ」です。

まだまだ試行錯誤の連続です。

前に作っていた目のパーツを
塗装して取り付けます。
黒1色だとつまらないので
若干焦げ茶のグラデーションとします。

眉毛の刺繍糸もお願いして
焦げ茶の糸を買って来ていただきました。

100208ぬいぐるみ1

とりあえず完成。
ちょっとベビーフェイスです。
前とだいぶ顔が変わりました。
目の大きさとかも違うのですが
難しいものです。

目の立体感をつけすぎて
目力が凄い。少し平面的なほうがよいよう。

マユの感じも含めてなんとなく
黒木メイサのイメージ(良い意味で。
先生はあまりピンとこないようでしたが…)

早速ご確認いただきました。
いつもの駅前の喫茶店です。

100208ぬいぐるみ2

チェック中。

目の素材や瞳の位置を変えてしまい
迷わせる結果になってしまいました。

現地で目を取り外し、前の立ちポーズのものと
交換したりしてみてます。目がビョーンです。

お持ち帰りいただき目とか自宅で
テープで貼って検討していただくことにしました。

どんな表情になるか楽しみです。

ストーム・マシーンご夫妻は
2/14「品川手づくり市」に出店予定です。
こちらもよろしく。
 

うさぎ(ロビー)のぬいぐるみをつくるぞ!其の28

うさぎのロビーの健康診断をしています。

顔を検討修正しているところです。

前回の座りポーズのときの顔の形でOKを
いただきました。
あとは目の位置とか仕上げ段階です。

さっそく新しく顔をつくりました。
前の立ちポーズはジョイントで繋いでいたので
もう一度なかのワタを出して
金具を切り取り顔を付け替えてみます。

100116ぬいぐるみ

これが前のロビー。

100216ぬいぐるみ1

付け替え版のロビー。
なにが違うのかわかりませんね。
顔がちょっとしまった感じ。

目とかのパーツは同じなのですが
どんなもんでしょう。
目の大きさも少し大きめなものも
作って検討いたします。

100216ぬいぐるみ2

ここにきて縫いの精度が悪くなってきています。
なんとも。いくつ作っても
ここでというところでミスがあったりします。
まだまだ試行錯誤。
もう少し修行が必要なようです。
 

うさぎ(ロビー)のぬいぐるみをつくるぞ!其の29

週末またもやうさぎを作っていました。

なんとかキチンと仕上げたいところ。
どうもそこのところが
自分のダメなところだと
つくづく感じます、

同じ型紙で作っているのですが
微妙に布のとり方が変わっているのか
同じようには出来上がりません。
単に工作精度が悪いのか。

ここのところは修行あるのみなのか。
あんまり根を詰めないように
進めるとします。


まずパーツ類から作ることとします。

100221ぬいぐるみ1

見慣れたパーツたち。
目のパーツは結構チカラ仕事なので
後で製作することに。

靴は今回フェルトで製作。
色候補の薄い方を選んでみました。

前回、日暮里で購入いただいた
体用のコーデュロイは
試行錯誤で使い果たしてしまい
新しく補充いただきました。
なんか前回より生地の量が多いのですが
先生にはお気を遣わせてしまいます。

ミシンも調子がよく技術もあがっているようで
さくさく縫って行きます。

ほぼ1日作業でここまで

100221ぬいぐるみ2

目口はまだ仮の紙製。

やはり最後の方は疲れが出たのか
ちょこっとしたミスがあります。
やはりある程度検討しながら
じっくりと進める事も大切かな。

しかしなかなか満足なものが出来ないのは
困ったものです。
これも試作品として問題解決用に検討します。

もう少しで締め切りもやってきます。
可愛くしてあげて旅立たさせてやりたいものですが。

間に合うかちょっと心配になってきましたよ。
 

Appendix

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

広告

Extra

プロフィール

雅太郎1号

Author:雅太郎1号
作るの好きなくせに
絶対完成しない人。
やればできる子。

最近はテディベア製作で
フェスに参加しています。
機会がありましたら
お声掛けください。

メリー号制作記は
カテゴリの「ワンピース2」から

ストーム・マシーンの
ロビー製作は「SMG」。

ニャンコ先生とか
その他もジャンルいろいろ。
まとまりがありません。

最近検索の多い
「ハレパネ貼り方」は
カテゴリの「工作」から
参考になれば幸いです。
 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリ

柊 (15)
SMG (53)

FC2カウンター