Entries

ITCメカ:サンダーバード2号

また新しいカテゴリが増えました。

キャラクター模型好きには外せない、王道。
サンダーバードの人気もの2号です。

090114サンダーバード2号1

タカラ社末期の大傑作 THUNDERBIRD 2
フルアクション サンダーバード2号です。

この時期は新作NEWサンダーバードの
劇場版が公開とあってテレビでも再放送やってたり
おもちゃもブルー地のロゴとともに沢山発売してました。

40cm以上あるかとういう大型おもちゃ。
きちんと汚しも入って本物みたい。

特徴は、なんといっても子供がみんな憧れた
着陸脚の電動伸縮!うしろの噴射口をひねると
ガガガと、ものすごい音がして脚が伸びたり縮んだり。
プラ製のこころもとないフラフラ脚ですが
ちゃんとコンテナを吐き出します。

090114サンダーバード2号2
箱絵とサイドの説明写真

ムムムすばらしい。高額だったのですが、迷わず購入。

4号コンテナは内部フレームも精密な再現仕様。

090114サンダーバード2号3

おぉ本物?みたいな細かい造り。
中国の人の技術の頂点の時期ですな。

090114サンダーバード2号4

斜めはこんな感じ。

電飾があったりコクピットも再現されています。

他に別売のコンテナメカも発売していて
だいたい購入。並べてみました。

090114サンダーバード2号5

全て発売されなかったのは残念ですが
ほぼ同スケールでいろんな種類があります。

磁力牽引車はラジコンになっていて
ちゃんと前後左右操縦できます。
アンカーも遠隔操作で発射できます。

キャタピラボディはほかのメカに換装できて
同じように遊べます。
ブレインズはここを共通にしていたようですな。

高速エレベーターカーはリモート仕様が
1個しかなく他のについてくるかと思いましたが
打ち止め。番号は役立たずの3番機。

予備も含めて最低4台コンテナに入っているのですが
ちょっと入りそうにありません。どういうこと?

第一話はいつ観ても目頭が熱くなります。
エレベーターカーがケナゲで…。涙。

イマイのプラモから数えて
いくつ2号を買ったでしょうか。
ゼロXもすごかったな~。買えなかったけど。

本編のコンテナ搭載シーンは白熱!
今日は何番か心のなかでカケをしていましたよ。

出撃シーンに凝るあまり
お話が間延びしたりしていましたが
現在あるあらゆるものに影響を与えた作品。

だいぶ時間がたちましたが
兄弟で結婚した人はいるのでしょうか。
ペネロープを狙っていたが。
永遠の20代?

そのうちヤッターワンかヤッターペリカンを
買ってこようかな。?

To be continued
  
スポンサーサイト

ITCメカ:ジェットモグラ

申し訳ない。
メリー号はあんまり進んでいません。
ちょっと仕事がいそがしかったと言い訳。
正月がすでにすごく前にあった感じ。
時間の感覚がなくなります。

本日は材料を買い出しにいってきます。
ちょっとは進むでしょうか?

今回はITCメカの2回目。

090117ジェットモグラ1

R/Cフルアクション ジェットモグラ:タカラ社製です。

男の本能が血湧き肉踊る熱血ドリルメカ。
でもモグラって。完全に日本語名ですね。

このメカのおかげで、地面にもぐるときは
ドリルでっという感じが定着したようです。
サンダーバードでは2号と並ぶお気に入り人気メカ。

プラモとかおもちゃとかいろいろでていたし
買ったりもしていました。

そのなかでとても気になるおもちゃが
昔発売していました。

食玩サイズなのにラジコン。ゴムキャタピラが
外れそうになりますがちゃんと操縦できます。

しかも専用代にて本体のみ地中潜行。
その後また土台部に連結。後進と一連の
劇中動作をするというもの。

090117ジェットモグラ2

まるでカラクリ人形のよう。
にわかに信じられなかったのですが
ものは試しと購入しました。
2号のシリーズだったしね。

しかし、未だ開封すらしていません。
なんでか自分でもわかりません。

子供も頃からの憧れや望みって
実現しているとちょっと怖いような
まだまだっていうような複雑な気持ち。
2号の伸縮脚もそうでした。

まぁ買ったのだからいつか操縦してみなくては
おもちゃもかわいそうですし。

操縦送信機も劇中のコントロールセンターを
イメージした意外にあつかいづらいものの
雰囲気は大変すばらしい。

そのうち遊んだら紹介いたします。

まず部屋を掃除してお風呂に入り
身を清めてから正座して望まなくては。
そんな神妙に気分にさせる
おもちゃなんです。

To be continued
 

ITCメカ:FAB1とか

注文していたディールズの
プラモが入荷したと連絡がありました。

面倒くさがっていたわりに素早い対応。
これだから模型屋の親父はあなどれません。
どうもありがとうございます。
早速週末受け取りにうかがいます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回はピンクのロールス

090130ペネロープ号



秘密情報部員ペネロープの所有車「FAB 1」です。
日本ではペネロープ号として有名です。

タイレルよりずっと前に採用していた6輪車。
女性らしい選択のカラーリング。
ちっとも隠密行動できなそうです。しかもデカい!

なぜかキチンとロールスロイス製で
英国の誇りを感じます。

スパイカーらしく、煙幕やオイル噴射
マシンガン装備で水陸両用。
ひととおりのフル装備。

トレーシー兄弟はもっぱら救助専門なので
諜報活動は彼女のおしごと。
山奥の敵アジトの潜入にドレスとヒールで
出かけたりするポリシーの持ち主。

執事のパーカーがいなかったら
どうなっていたことやら。

この車の装備で欠かせないのが
このパーカーです。FAB1だけもらっても
パーカーが付いていないともの足りません。

あぁ(妄想タイム)仕事おわりに
お迎えにきてもらい。
どこか楽しいところへ
連れて行ってもらいたいものです。
ねぇパーカー。

写真は今はなきイマイのプラモデル。
末期にコクピットを作り直したり
ホイールがキチンとしていたものが
発売されましたが
これは、その前のもの。モーターで走ります。

車体下にレバーがついていて
ここに障害物があたるとミサイルを発射します。

電池が入るので車内はバスタブ状態。
バブルキャノピーはブルーの成形色ですが
作ってみると気になりません。

ピンク色はかなり悩みました。
普通はちょっと明るい紅ピンク色が
多いのですが、
映像や写真をみても濃かったり薄かったり。
色もミニチュアによって違っていたでしょうし
写真も印刷で変わってしまいます。

ここはイメージで黄色味がかった濃いめの
サーモンピンクとしました。

画像の色味もちょっと違うのですが
難しい色です。

あいかわらず、取り付けていない
パーツがありますが気にしないでください。

おっと長くなりました。手早く次は、

090130ジェットモグラ

DXジェットモグラタンク/バンダイ社製

こちらはおもちゃとして発売していたもの。
箱写真をみたらなんか連結キャタピラっぽかったので
購入しました。でもポリ製の成形モノ。グスン。

電池でドリルとランプが点滅。
台車部に動力は有りません。
イマイのプラモのギミックに負けている
新しい方のおもちゃです。

まだまだこの手はあるので
お楽しみに

To be continued モグラの解説あっさりし過ぎ?



ITCメカ:スペース1999/イーグルいろいろ

今回は「スペース1999」に出て来た
イーグルトランスポーター。

ちょと前に青島文化教材社からでていた
1/72のミニカー?です。

バリエーションが沢山あり
月基地ムーンベース・アルファには
数多くのイーグルがあったよう。
積荷を変えてるだけですが。

090204イーグル1

まずはEAGLE TRANSPORTER。
最初に発売になったものです。

イマイのプラモとかamtとか
海外のガレージキットでしか観た事がなかったので
昔の模型雑誌に乗っていたすばらしい作例みたいな
精密なデキにほれぼれ。イーグルの決定版でした。

エアフィックスからも出ていて
007のジャイロコプターの精密さから
かなり憧れでしたがみることができず。
箱が大きかった記憶のみです。

次が出たときは全種類集めてやる勢いでした。

090204イーグル2

イマイのプラモでおなじみの梅図先生カラー。
MEDICAL EAGLE TRANSPORTER。

本体は同じでカラーリング違い。
劇中っていうよりプラモでおなじみなんで
こっちの方が安心します。

090204イーグル3

ようやく本命の重武装タイプ?
LABORATORY EAGLE。

今観ると左右に出っ張りつけた
だけじゃんという感じ。

同時期にこれも

090204イーグル4

なんか危なそうな物を乗っけています。
FREIGHTER EAGLE。

スカスカですな。
ほかと違うのですがあんまり人気なさそう。

090204イーグル5

最後に全部のせって感じの
LABORATORY EAGLE with BOOSTER ROCKETS。

なんかヤケクソです。これはセットになっていて

090204イーグル6

同スケールのLASER TANKとALPHA MOON BUGGYが
付いています。その分ちょっと割高なのですが。

でもちょっとカッコいい。バギーなんて月面で
乗ってみたいです。この6輪車はいろんな撮影用に
使われていて実車がほしいくらい。水陸両用だったかも。
遊園地とかにもあったような。

「スペース1999」本編はほとんど記憶がありません。
田舎なのでネットしていなかったのかもしれません。
子供にはハードすぎたようです。

なので雑誌でイーグルの写真を目にすると
月面ということもあり「アポロってカッコよくなったな~」
なんて勘違いしていたことも。
子供の頃は月旅行が今より日常だったようです。

再放送は深夜に1話だけ観た記憶があり
たしか2回目だったかな。
(以下あらすじ結末まであり)
地球から離れてしまい途方にくれていると
タマネギ型のUFOに乗った宇宙人が
着陸してきて地球方面に行くというもの。

1人乗せていけるのでいかがかと
いう感じだったか。なんとか女子供をとか
地球に連絡!をとか誰が帰るかという話になって
ドタバタするストーリー。
結局ドクタースミスみたいな我がままもんが
力づくで乗せてもらってイザ地球へ。
というところで
時間がかかるのだったか、コールドスリープが
合わないんだったかで辿りつけずに
船内で死んでしまうしかないというオチ。
ーーーまで
よく覚えていなくてすみません。
なんか、イヤ~な感じの終わり方で
次を観なかったようです。

で、なんで知らないのに沢山買う?
という疑問もありますが。
他にVIP EAGLEやメッキEAGLEとかも
ありましたが息切れ。負けました。
おっと長くなりました。

1999年からすでに10年が過ぎました。
よくある話ですが当時は当然このくらいには
月面基地とかあると空想していたくらいの
明るい未来だったのでしょう。

もうすぐかな?
 

ITCメカ:夏だ!海だ!潜水艦その1

夏なのか!?

気分を盛り上げる意味で
潜水艦特集!その1。

もうお盆近いのでクラゲが出て来ているでしょうか?
夏は短い!いい思い出残せたでしょうか?

今回は好きな部類のITCメカ。

090812ITC1

新世紀合金スカイダイバー SKYDIVER
PRODUCT ENTERORISE社製

日本正規版(ミラクルハウス・アオシマ)の
「謎の円盤UFO」に登場する大気圏内の
守りの要スカイダイバー。

潜水艦の先っちょに「スカイ1」という戦闘機を
くっ付けています。
箱写真は堂々の製品写真。

昔ウェーブから出ていたソフビ製のキットを
中途半端にしてしまった自分には泣けてくるパッケージ。

090812ITC2

今回初めて箱から出しました。
スカイ1がキチンとハマってくれません。
歪んでしまったのか、製品の不備か。

ITCメカ特有の微妙なメタリック。
キット版では調合して色出ししていたっけな~。

注意書きとかもうちょっとあるかと思いましたが
案外スッキリした印象。
合金なので重厚な感じ。

しかし船なのだから飾り台とかあればよいのに。
なにも付いていません。床に置くのみ。

090812ITC3

ウ~ム、カッコいい!
でもこういうSFに出てくる潜水艦って
結構巨大なのですが、戦闘機比率では
あまり大きくなさそう。
快適なのでしょうか?
乗っている人も多そうだし…。

物語は断片的に観たのみ。
このスカイダイバーの乗員はすべてメッシュの
コスチューム。子供だった自分は
女性乗務員にドキドキしたものです。

しかし、あまりの強引な設定。
潜水艦が海中から戦闘機の発射なんて!
カッコいいですが…。
任務を果たして戻るときどうするのかが
いまだに謎ですが。
海中にほうり投げたTB2のコンテナ同様。

090812ITC4

ちょっとズングリ目の戦闘機。
ちょっと「コア・ファイター」に似ていたりします。

やはり夏は金魚と潜水艦ですね。
少しは涼しくなりましたでしょうか。

ーーーーーーー
最近は夏らしいというよりも
地震や大雨で不安になります。
被災された方々にはお見舞いを申し上げます。
コンビニでも募金募ってるしね。
 

ITCメカ:夏だ!海だ!潜水艦その2

今ごろ自分はお墓参りも終わり
サイダーを飲みながら高校野球でも
寝転んで観ているころか?

今回初めての「予約投稿」。
ちゃんとアップされているでしょうか?

090814スティングレー1

BIG STINGRAY 原子力潜水艦スティングレー
童友社再販

「海底大戦争 スティングレイ」で活躍する
WASPの主力潜水艦。

マリンなイメージのキレイなカラーリング。
本編自体は全く観ていません。
地元で放映していたかも怪しいくらい。

なのでこの潜水艦自体に思い入れは
無いのですが、なんとなく写真で見た水面から
揚がったときの機体のツヤツヤ感に魅せられて
ついプラモを買ってしまいました。

しかもICサウンド&ライトアップ機能が
プラスされています。
いったいどんな音がするのか
凄い気になっていましたが
未だにきいていません。
というか作ってないし…。

元は今はなき「緑商会」の製品。
金型を譲り受けての再生産品です。

当時のものはモーターとかで走ったのかな~
よく見ると昔のプラモなんで
正確でない部分とかあって作っていないのかも。

それよりも思い出があるのは「メカニカルフィッシュ」!
ほんとの子供のころ縁日の露天で
「これがいい」とプラモを買ってもらった記憶が。
そのころはプラモが作れなかったらしく
年上の従兄弟に親が製作を頼んだようです。
もしかして自分で選んだ最初のプラモかも。
(駄菓子屋の50円妖怪プラモもありましたが…)

画像がないのが惜しいくらいの
カッコいい潜水艦(?)でした。
もろ、リベットばりばりの魚型。
ガイコツメカもビックリの造形。

中身はほとんど覚えていなく
すぐに壊してしまったのか?
ひとつだけ、チューブに入った塗料?で
従兄弟はボディの点々をつけていたような?
そんな記憶。なんかミドリ色の記憶が?

その後そんな仕様のプラモの記憶がないのですが
幻なのかな?
資料によれば魚のようにヒレで泳ぐらしい。
こっちも再販しないかな~
日本訳名は「トラフグ潜水艦」だって。
イメージと違うな~。
ストーリーものんびりしたものなのでしょうかね?

番外編
スティングレープラモ箱の横に

090814シービュー号

シリーズで「シービュー号」も。
ボディサイドにロゴなんて入っていたっけ?
昔のプラモは面白いです。
 

ITCメカ:シャドーモビル

工作はあいかわらず、あんまり進んでいません。
こんどの連休に期待か?休めるかなぁ~。

今回はITCメカの紹介。
前回の「スカイダイバー」につづいて
「シャドーモビルSHADO MOBILE」です。

090907シャドーモビル11

イギリスのメーカー製(実は日本製だったり
しないのかな?)の箱変え商品。
最近はカタログから無くなっていますが
こういう「なぜ今時期?」というような
自分の大好物な商品、これからもお願いします。
最近は高くて買えないですが…。

新世紀合金シャドーモビルSHADO MOBILE
コントロール車
 PRODUCT ENTERPRISE社製
090907シャドーモビル1

090907シャドーモビル2

090907シャドーモビル4

SHADO地上防衛の要。
いつもは調査任務らしいのですが
いざとなれば交戦装備もあるみたい。

コントロール車は高性能なレーダーか
通信設備がついていて指令車として
活躍するらしい。
090907シャドーモビル3

なにが入っているのか
四角い車体。数台のチームで活躍。
ワラワラ走っていたら結構カワイイから好きです。

しかしこの商品ちゃんとしているのですが
汚し塗装をやり過ぎです。
せっかくのキレイなメタリック車体色が台無し。

新世紀合金シャドーモビルSHADO MOBILE
1号車
 PRODUCT ENTERPRISE社製
090907シャドーモビル5

090907シャドーモビル6

なにが違うのか?
サイドに1号車の「1」がついてます。

ムム。汚しがキタナイな~。
それと天井に武器が!
090907シャドーモビル7

迎撃用の車両のようです。格納もされます。
中は弾でいっぱいなのでしょうか?

新世紀合金シャドーモビルSHADO MOBILE
[限定]2号車
 PRODUCT ENTERPRISE社製
090907シャドーモビル8

090907シャドーモビル9
また何が違うのか。
2号車なんでサイドに「2」のマーキング。

天井にはなにもありません。ツルン。
値段は他と同じなんで、ちょっと損な気分。
限定版なんだけれど、今では売ってなかったりするので
みんな同じか?

090907シャドーモビル10

キチンと操縦者も載っています。
2人とも操縦?頭がつかえそうですが。

とにかく汚し塗装が残念です。
せっかく良くできているのに。

モービルキャリアっていうデカい
輸送機でやってくるのですが
あんまり隠密行動できないんでは。
心配です。SHADOって書いてあるし。

キャタピラが素敵なITCメカたち。
これはちがいますが
戦車プラモでもデカイのは
連結キャタピラでした。

昔の模型雑誌でこれの作例がありました。
チーフテンの連結キャタピラ使用だったか。
チーフテン。昔親父もつくっていました。
舗装路走行用にゴム板をパーツごとに
接着していたものでしたが。スゴイ。

そういえば、こんどのMGガンタンクも
連結可動キャタピラだったか。
ムム。気になる。

写真が多くなると長くなります。
今日はこんなところで。
 

ITCメカ:スペース1999/イーグルいろいろ2

あんがい多い「イーグルEAGLE1」の検索。
今回はプラモデルです。

若い頃、模型屋さんの棚の一番上。
アポロサターンロケットとかと
一緒に並んでいたイーグルの模型。
憧れでしたが、それ以降あんまり観ません。
たしかエアフィックスだったような?
幻なんでしょうか。

090926イーグル1

SRACE:1999 EAGLE1 TRANSPOTER  AMT ERTL社

箱に1998年て書いてある。
比較的最近購入したものです。

これを発見したときは
もしや、あの型が流れてAMT社に
なんて考えて購入してしまいました。

090926イーグル3
箱の完成写真です。

とてもワクワクだったのですが、
中身はこれです。ちょっと作ってありました。

90926イーグル2

まあ大きさはそこそこなのですが
(前回の合金トイと同じくらい)
内容はほとんど日本のイマイ製と同じ。
そのまま拡大コピーでもないのでしょうけど。

090926イーグル4

1/110イーグル1 EAGLE TORANSPOTER IMAI社

そのイマイのイーグルです。
2個も買っていました。
1個は作ったのですがなにか物足りなく
引っ越しのときに粉々に。捨ててしまったかも。

090926イーグル5

中身はこんな感じ。
作ったものがないので
AMT版とコンテナ部分の比較。
結構小さい?

イマイ版の方がサブフレーム部まで
トラスパーツなので小さいなりに
頑張っています。

たびたび再販されていてこれは1994年版?

合金トイが発売されたので
これら模型版はちょっとさみしい状況。
まあベースとしてなら、ないよりましかなと
言う感じになっています。

当時の組み立て易さを考慮しているので
味わいとして楽しむのが大人なのです。

でも…
昔自分が観たのはかなり大きな箱だったような?
細長い。サターンに負けないくらいの大きさ?

今でもよく模型屋さんの
棚の上を観てしまったりします。

だれか紹介していませんかね~

アポロもイーグルって名前だったか?
 

ITCメカ:FAB1その2

また掃除のときに発見したもの。

しかし2週間くらいすぎると
また散らかってきました。
マメに掃除はしないとねとか思っても
汚すいっぽう。なんともです。

100514FAB1

CDシリーズ FAB1(ペネロープ号) イマイ社

リメイク公開時に買ったバンダイ製かも。
前に紹介した、デフォルメなしのプラモを
作ったと同じくらいに製作。  前記事

100514FAB2

程よいデフォルメ加減が良い感じ。
ちょっとピンクが強めです。

やはりモールに使ったアルミ箔はシワシワ
剥げていました。どうしたものか。

100514FAB3

引っ越したときに箱にまとめてドンと
ゾンザイに入れてしまったので
大事なロールスのマスコット
「スピリッツ・オブ・エクスタシー」が
折れてなくなっていましたが
なんとか探し出し無事もとにもどりました。

我が家ではふんずけた小さなゴミも
なにかのパーツかもしれないので
注意が必要です。 ムム。

100514FAB3

キチンとペネロープとパーカーが
乗っています。
塗装はまだしていませんが。

これはゼンマイでなくて動力なし。
タイヤもプラ製です。


ちょうど同じくらいの大きさなので
こんな写真を撮ってみました。

100514FAB4

モスクビッチ410を追跡するFAB1の図。
逃げ切れるでしょうか。

モスクビッチ410 前記事
ラーダ/Лада 前記事

FAB1はまだまだミニカーとか買ってあったりします。
機会があれば紹介しますね。
 

ITCメカ:FAB1その3

押し入れをガサガサやっていると
またまた「FAB1」が出てきました。

大好きな車ではありますが
こんなに買っていたのかと自分でもビックリです。

その1

100609fab1

LADY PENELOPE'S ROLLS-ROYCE FAB 1
MATCHBOX社製

前にキャラウィールのところで
紹介もしましたが
こちらはマッチボックス社のFAB1です。

ほかにも1号~4号までミニカーで発売されて
いましたが、自分はこれだけ買いました。
(もしかしたら出てくるかも…。)

100609fab2

このマッチボックスのシリーズは
救助隊の隊員フィギュアもあったので
また後で紹介します。

その2

100609fab3

サンダーバードチョロQ ペネロープ号
TAKARA社製

これも買ったとは思っていませんでした。
単に忘れていただけですが。

前に紹介したイマイ社のでなく
チョロQ版のFAB1です。
フタ周り小さい。

100609fab4

100609fab5

100609fab6

チョロQの特徴のウイリー用のコイン取り付け部が
なくて実物重視?
そのわりに車体色がかなり薄いピンクです。
再販版は多少濃くなっていたようですが。

意外な発掘物でした。
実はまだ他にもFAB1を持っていたりします。
なんとも。
ちゃんと整理しないとな~。

Appendix

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

広告

Extra

プロフィール

雅太郎1号

Author:雅太郎1号
作るの好きなくせに
絶対完成しない人。
やればできる子。

最近はテディベア製作で
フェスに参加しています。
機会がありましたら
お声掛けください。

メリー号制作記は
カテゴリの「ワンピース2」から

ストーム・マシーンの
ロビー製作は「SMG」。

ニャンコ先生とか
その他もジャンルいろいろ。
まとまりがありません。

最近検索の多い
「ハレパネ貼り方」は
カテゴリの「工作」から
参考になれば幸いです。
 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリ

柊 (15)
SMG (53)

FC2カウンター