Entries

自転車:グリフォンTypeR

今では近所のコンビニまでくらいしか
いかなくなったMy自転車のこと。

クワハラ社のグリフォンTypeR改造です。

080807グリフォン
中学生時代スーパーカーブームのころ
自分の地元には自転車改造が流行っていました。

地元の自転車パーツ問屋さんが子供にも
安くパーツを売ってくれていたせいもあるかも。

当時時代遅れのセミドロップハンドル車を
ドロップバーや10段変則に買えたり
フレームを半ツヤ黒からカラフルな色に塗ったり。

パンク修理に自転車屋へ持っていっても
修理させられましたもの。トルエン危険!

いけないのでしょうが、捨ててある自転車で
高級そうなものを修理改造して乗っていました。
もったいない精神でしたが、
お巡りさんにご厄介になったことも。

昔、セキネ社からブーンバイクという
お遊び自転車が出ていてずっと憧れ。
学生時代、都内のゴミ捨て場で
ボロボロになっているのを発見したときは
すぐにレストア開始。ホンダモンキーみたいな
太いタイヤは無理いって近所の自転車屋さん
に大阪の問屋まで探していただきました。
3段変速にカンパをつけたりして。
キレイに直しましたが速攻盗まれました。

しばらくバイクの方だったのですが
小径車の本格的なものをさがしていて
(ブーンバイクの呪縛か)
見つけたのがこのグリフォンでした。

もともと生産数も少なく末期のころでしたが
なんとか購入。タイヤ変えたりFサス変えたり
ペダル変えたりしていましたが…
そういえば西荻の自転車屋さんなくなってたな。
主人、元気だとよいが…

バイクのキャンセル待ちでの購入が
難しくなった頃、予算を大改造につぎ込みました。
とりあえずオールデュラエースに変更!エッ
タイヤのWOに変更。ブレーキ台座も
後ろはいただいたり、作ったり。
(アルミ角材を渋谷のDIYショップで穴開けカット
加工依頼。今思うとよくやってくれました)
すっかりロードレーサーです。

残ったパーツはフレームのみです。
組むのが結構おもしろい。
乗っておもしろい。
でもフレームが重い。
今は買い物チャリ。ウ~ム。

モールトンのスピードSステンレスと
悩みましたが自転車に100万は
他に使い道がありそうで断念。
でもいつかはお城製を…。博士の存命のうちに。

62TのチェーンリングのみAM製。

そんなこんなでちゃんと紹介したいのですが
またの機会に。

子供のころ3泊4日のサイクリングに仲間と
出かけたのですが自分のは700C細タイヤで
1日パンク4回。ポンプも壊れてエア圧がかからず
パンクしやすくなるという悪循環。
TPOで使い分けましょう。
みんなにご迷惑をお掛けしました。
夜峠のトンネルでパンクしたときは
死ぬおもいでしたよ。
ちょっと思い出しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

現在はご存知かもしれませんが
Gaapという、より洗練された長寿モデルに
変わっています。よろしければ。
タイレルもいいよ!
 
スポンサーサイト

自転車の思い出:ブーンバイク/セキネ社

いままでもちょろっと書いてきましたが、
大好きだったセキネサイクル社の
ブーンバイクっていう自転車。

090128ブーン1

中学生のころ友人がオレンジ色を
所有していました。

当時はセミドロップハンドルの
フラッッシャー付きの子供用スポーツ車が
落ち着いて来た頃。オイルデイスクとかね。

自分もセミドロップをドロップハンドルに
変更したり、黒い車体の色を剥離して
なんか黄緑色に塗ったりしていました。
近所で改造ブーム。

アップハンドルにしたり自由に楽しんでいました。

そんなときにヤマハ?からクッションバイクという
オートバイ風フルサス自転車や(最近再販してた?)
ブーンバイクのようなレジャー自転車が
登場してきたのだと思います。

090128ブーン2

ブーンバイクの特徴はなんといっても
小径極太タイヤ。ここがチャームポイント。
ホンダのモンキーか工事現場のネコ?かという
プレスホイールのゴツゴツタイヤでした。
走るとゴーとかブーンって音がする。
ロスが多く決して走り易くはないですが
これが名前の由来かと勝手に解釈してました。

昔タイヤ違いで再発売していましたが
やっぱり魅力半減。バギーっぽい
70年代風がよいところです。

次がセンターのコイルサスペンション。
もともとバルーンタイヤで柔らかいのに
よけいグニャグニャです。

しかもアームの支点がペダルの後ろにあり
漕ぐとその力がサスを縮める方向に作用して
車体が上下に揺れてしまいます。
進む力がロスする設計ミスともいえる
のんびり行こうよ仕様。

ずっと気になっていました。

上京して学生のころマンションの
ゴミ捨て場でボロボロを発見、修理しました。

なぜか銀色に。メッキもサビていましたので
ヤスリをかけてブラックに。
ポイントはコイルスプリングをオレンジに。
お遊びで変速機にカンパニョーロつけて。
道路の段差にガツガツぶつけていたり。
けっこうお気に入りで乗っていました。

会社に乗って来てそのままお使い用に
していたら2日目に盗難。悲しい。

発見したら教えてね。といっても20年くらい前ですが。

090128ブーン3

その呪縛からか今はミニベロを所有。
オークションでもちらほら大事に乗られてきた
キレイなものがでていますが、意外に高額落札。
人気あるのでしょうか?

多分、修理している時点でもう
チャームポイントのタイヤが
生産中止だったのですが
今はどうなんでしょう?

今回の画像はイタズラ書きで
自転車の写真を合成してつくりました。

問題は子供用BMXのタイヤに
魅力があるか?ドロよけもボリュームでるか。
が心配ですが。
ハンドルまわりはやっぱりアップハンドルだよね~。

だれか作ってくれないかな~

自分で作るかな~

宛はあるのでメリー号の後くらいにでも
挑戦してみますか。

いくら掛かるやら。
モールトン買った方が安いくらいか。

自分もバカだとおもいます。

つづく エッほんとにやる気?だったらいいよね~
 

東京モーターショー;始まりましたね。

東京モーターショーが始まりました。

もう折り返したこの業界の祭典。
それでも知恵をしぼったすばらしい技術とデザインを
毎回楽しみにしています。

091024モーターショー

通勤圏の駅のポスター。
ワールドプレミア車の台数が訂正張り紙してあったりと
ゴタゴタした印象です。

今回も「エコ」キーワードしかないようなイメージです。
まだやっと「ハイブリッドが定着してきたかな」くらいなので
まだパッとしない印象です。
燃料電池や電気自動車は手に入り安い身近なものには
まだ遠そうですが、それが当たり前になってから
個性を発揮して面白さがでるのかな~と。
印象ではあんまり前回と変わらない感じ。

面白いのはそういう環境技術のなかで
なにを思ったのか普通の車「レクサスLFA」。

3000万円もする国産スポーツカー。
V10で4800cc。560馬力。
もうこういうの最後だよといわんばかりの
スーパーカー。こういう感覚、自分は大好きです。

トヨタってこういうことをタマにする。
オリジンやクラシックみたいな限定車。
多分LFAは昔の2000GTとかみたいにはならないだろうな~。

フェラーリもポルシェもこないモーターショー。
どうなんでしょうか。
意外にロータスやケーターハムなんかがガンバっていたりして
エコ、クリーンとは全然関係ない車が対局に。
まあ、ある意味軽量コンパクトですが。長く乗れるし。

そういう自分は一度もモーターショーに
いったことがありません。雑誌やネットの情報がたより。
いったらトラックとか面白いものが
いっぱいありそうですが。

ナゼか好きなくせに行ったことがありません。

気になる自転車:PECO

桜も咲いて春らしくポカポカ陽気です。

良いお天気にはサイクリングなんかもよいかも。

自分も自転車を持っているのに
あんまり乗っていません。 My自転車の記事
そんな自分は小径車の本があったりすると
立ち読みしてしまいます。

前にお話ししたブーンバイク。前記事
そろそろ誰かが似たようなものを
作っていないかなとか
他力本願なことをしている訳ですが
ちょっと気になる自転車を発見。

1104088s

PECO-8s(3s) オーエックスエンジニアリング社製

なんともタイヤの太さがブーンバイクっぽい?
ちょっと小さいけど。
ディスクブレーキもムダっぽくてよいですね。
欲をいうと折りたたみでなくてもよいのですが…。

ムム!グリフォンがいるしな~。
ちょっと気になります。
内装3段のでもよいかな~。とか。
フツフツと。
 

タイヤの交換

涼しくなりました。
最近では遠距離だと時間が読めるので
電車を使うことが多くなっています。
バイクやクルマは停める場所がないし。
自転車だと手軽なのですが
長期間の停車は心配だし
いつも家に入れているので
出し下しが面倒だったので
あまり乗らなくなっていました。

久しぶりに引っぱり出したのですが
もう10年くらい経つので
タイヤがツルツルカチカチでした。
空気もすぐに少なくなるのが
気になっていたので
交換することにしましたよ。

なんとなくサイズや銘柄を憶えていたのですが
町の自転車屋さんやデパートでは
なかなか在庫していなかったりします。

モールトンのブログも始まったようで
各地の在庫状況が載っていました。

こういう高級自転車を扱っているのなら
タイヤも在庫しているのでしょうか。
実際さわって確かめたいですしね。

打ち合わせで出掛けたので
日比谷のど真ん中にあるサイクルショップに
立ち寄りました。
モールトンの旧型も堪能して
タイヤを探します。

サイズは20inの1 1/8。
メーカーはコンチネンタルとシュワルベ。
自分のと同じものはないようです。
もう流行なのかオープンサイドの
タイヤなんてないようです。みんな真っ黒。
すっかりウラシマ状態で
いろいろあったので店員さんに
問い合わせてみましたら
同じサイズでもリム径で2種類あるらしい。

なかなか面倒ですね。
自分のはどちらかわからずこの場では
購入できませんでした。

なんでもETRTO規格で406と451の2種、
最近は406が主流らしいです。
直径で40.6cmと45.1cmなんですかね。
同じ20インチでも5cmも違ったら
サイズが変わるにではないでしょうかね。

140926自転車1

調べたら自分のは451でした。
昔HE規格から取り替えたときに
随分大きくなったな〜という記憶があります。
ひょっとして401ってWO規格のタイヤを
HEに合わせたものなのでしょうか。

いざ気になると作業せずにがいられません。
久しぶりですが、早く乗りたくなったのです。

近所でミニベロを扱っているお店を探し
在庫してあるのを電話で確認して
買いにいってきました。

たくさんの自転車が飾ってあって
取り付けてあるタイヤを確認していました。

メーカーはシュワルベとパナソニック
パナはカラータイヤしかなくて
自分のには合わない色でした。
価格が安いこともあり
シュワルベに決めたのですが
見た感じなんか今まで自分のより
太い感じがするのです。黒1色だからか?

自分の自転車はもともとVブレーキか
ディスク仕様なフレームなので
ブレーキ台座を無理矢理つけていますので
金具とタイヤのクリアランスはゼロ!
細めのタイヤでないとこすってしまうのです。

レース用の細いタイプも出していただきましたが
お値段が高額。グリップする分、減りも早いとかで
まあ台座を削ればよいかということで
安い方にしました。

140926自転車2

早速取り付けです。チューブも新しい。

久しぶりの自転車いじり。
工程をすっかり忘れていて
時間ばかりがかかりました。

思った通りタイヤがぶつかって回転しません。
思った以上に大きいようです。

同じサイズのタイヤでも
メーカーやグレードで随分違うものですね。
前に自転車屋のオヤジが細いのじゃないと
取り付け出来ないみたいなことを
言っていたのを思い出しました。

リアはメーカー製の台座なので角度を調節して
取り付けられるようにしました。
でもブレーキシューが下限ギリでおっかない。

フロントは自作のアルミ塊なので
ルーターとヤスリで削りました。
しかしかなり削ったのにまだどこか
擦っているようなシュシュと音がします。
もうこうなったらタイヤが減るのを
待つしかないようです。

次回があったら、高額でも細い方に
することにいたしますね。

なんだかんだと大騒ぎでした。
満足のいく結末ではないけれど
気持ちの良い爽やかな季節を
自転車に乗って満喫するといたします。

大丈夫かな〜。

(取り付け後の全体写真は
暗くなって撮影できなくなりました。
また次回の機会に。)

追記ーーーーーーーーーーー6/27

ようやく撮影できました。

140926自転車3

黒々していて強そうになりましたが
サイドの生ゴム色がなくなり
バーテープと共にアクセントだったので
ちょっと寂しくなりました。

乗り心地は柔らかで
重量もあるようなので、
出足は重くなりましたが
走り出せば楽ですね。
 

Appendix

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

広告

Extra

プロフィール

雅太郎1号

Author:雅太郎1号
作るの好きなくせに
絶対完成しない人。
やればできる子。

最近はテディベア製作で
フェスに参加しています。
機会がありましたら
お声掛けください。

メリー号制作記は
カテゴリの「ワンピース2」から

ストーム・マシーンの
ロビー製作は「SMG」。

ニャンコ先生とか
その他もジャンルいろいろ。
まとまりがありません。

最近検索の多い
「ハレパネ貼り方」は
カテゴリの「工作」から
参考になれば幸いです。
 

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリ

柊 (15)
SMG (53)

FC2カウンター